全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(平日10~20)

01201649170120-164-917

外壁塗装で助成金が受けられる!その条件と方法を知る

外壁塗装で助成金が受けられる!その条件と方法を知る

外壁塗装では助成金(補助金)が受けられるのを知っていましたか?

あなたが暮らす地域の自治体にて塗装などの住宅リフォームを行う場合の補助金を出してくれるところがあります。

塗装は数十万円と高いお金もかかるので、国が補助してくれるのは大変助かりますよね。

国がお金を出してくれる代わりに手続きなどが難しいので、事前に助成金(補助金)の受け方気をつけるポイントを確認しておきましょう。

このページで分かること・身につくこと 助成金(補助金)を受ける流れを把握することで、慌てずゆっくり余裕を持って外壁塗装が行えるようになります。

外壁塗装で助成金(補助金)は受けられる

外壁塗装では、各自治体によって屋根塗装・外壁塗装などの補修やリフォーム工事に対して、助成金(補助金)を出してくれるところがあります。

知っておきたいこと! 各助成金(補助金)で適用条件や申請方法も異なるので、事前の情報収集が大切になってきます。場合によっては、特定の業者でないと助成金(補助金)の適用ができない場合もあるので注意が必要です。

※全国の地域で助成金・保険を熟知した工事店のご案内が無料で出来ます。
一部地域ではご対応出来ない場合もあるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

外壁塗装の助成金(補助金)について

10年に一度(目安)とはいえ、意外と大きな出費を要する外壁塗装の工事。条件さえ満たせば助成金(補助金)が受けられる場合もあります。助成金(補助金)が受けられる条件と、その方法についてお伝えします。

助成金と補助金があります

住宅リフォームをする際に様々な助成金が受けられることはご存知の方も多いと思いますが、実は外壁塗装や屋根塗装でも使える助成金と補助金があります。

申請することで国や自治体から受けることができるものに、助成金と補助金があります。どちらも返済は不要で、工事終了後に後払いでもらえるお金です。

助成金を受けるには

助成金は決まった特定の塗料を使うなどの条件を満たしていれば誰でも受け取れます。

補助金を受けるには

補助金は受給のための審査があり、合格した場合のみ受給がでます。どちらかというと補助金の方が審査の条件が厳しいことから、支給額が高いことが多いようです。

どこに住んでいても助成金や補助金は使えるの?

助成金や補助金のシステムは、各自治体が定めています。そのため、外壁塗装の際に助成金(補助金)を申請できる条件や、受給できる金額はお住まいの地域によって異なっています

なお、補助金は工事したら自動的に対象になるというものではありません。業者に依頼する前に申請をしなければいけない場合もありますので、詳細は施工したい家がある自治体で確認が必要です(残念ながら外壁塗装に関する助成金制度を行っていない自治体もあります)。

※全国の地域で助成金・保険を熟知した工事店のご案内が無料で出来ます。
一部地域ではご対応出来ない場合もあるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

助成金を受けるための条件や流れは?

外壁塗装で助成金(補助金)を受けるためには、どのような条件があるのでしょうか。助成金(補助金)の条件や申請方法は各自治体で異なるため、一般的な条件や流れを説明させていただきます。

条件:塗り替えるだけでは、助成金を受けられない可能性あり

助成金を受けるには、ただ外壁を塗り替えるだけでは対象になりません。

エコリフォームする工事として認められる以下の塗料(室温を下げることができる効果)を使うことで、一部を自治体が負担してくれるというタイプが多いようです。

助成金の条件 ・遮熱塗料
・断熱塗料

 

また、助成金の申請には、築年数、耐震基準を満たしている、断熱や遮熱などの省エネリフォームが含まれている等の条件がついていることが多いようです。

自治体によっては工事前・後の比較写真や見取り図、平面図などの提出が必要なケースもあるので、事前にお家の情報をまとめて用意しておきましょう。

申請前に屋根・外壁塗装の助成金(補助金)を確認 「外壁を塗り替えた後に申請をしてみたら、助成金対象外だった」などという結果になってしまうと、非常に残念ですよね。お住まいの自治体で使える助成金や補助金の制度について、事前に調べておく必要があります。

流れ:助成金(補助金)の受け方ついて

助成金(補助金)を受ける流れは各自治体によって多少異なりますが、概ね下記のようなイメージになります。基本的には工事終了後に助成金を受け取る場合が多いようです。

  • 1.お住まいのエリアの自治体で助成金の申請
  • 2.決定通知が届く
  • 3.工事開始
  • 4.工事終了
  • 5.完了した後に報告書を提出
  • 6.施工した住宅の確認
  • 7.決定通知が届く
  • 8.助成金の受給

地域密着の地元の優良業者ですと、助成金申請の手続きを代行してくれるところがあったりしますので、工事業者に確認をしてみるのもよいのではないでしょうか。

高額になりがちな外壁塗装ですが、ちょっとした手続きで返済不要な助成金が受けられるとしたら助かりますよね。

どのような工事が対象になるのか、どの塗料が対象になるのか、申込期間は決まっているのか、業者の指定はあるのかなど、必ず細かい条件の確認は必要になります。外壁塗装の工事業者を決める前に、お住まいの自治体、市報、ホームページでぜひチェックしてみてください。

申請前には時間がかかる? 国の審査となるので、やはり申請には時間がかかります。そのため、ゆっくりと余裕を持って申請を行いましょう。

助成金(補助金)を申請する前の確認リスト

屋根や外壁塗装の前に助成金(補助金)を受ける上で確認しておきたいことをまとめました。

  • 屋根・外壁塗装の前に申請を完了させる
  • 助成金・補助金で条件が違うので事前に確認
  • 住宅の平面図、見取り図などの基本情報を用意しておく
  • 国から補助してもらう関係で税金などの滞納者は受けられない
  • 業者が助成金・補助金の対応をした経験があるか確認する

助成金や補助金を受けるのであれば、ある程度の手続きや時間がかかることは覚悟をしなくてはいけません。

しかし、私たちのような無料サービスをうまく活用いただくことで、助成金・補助金対応ができる業者を素早く見つけることもできるので、無料相談フォームまたはお電話にてお気軽にご相談くださいね。

屋根塗装ではお金を負担してくれる制度がある?

屋根塗装の場合には、火災保険を活用することで、施工費用を無料または費用の一部を負担してもらうことが可能です。

火災保険の中には「風災」と呼ばれる項目があり、主に台風や氷の影響で屋根や住宅に損害が発生した場合に、補修費用を出してもらえます。

この火災保険を使って「無料で屋根工事ができますよ!」と大体的に売り込みをしている業者もいますが、保険の適用範囲のことしかしてくれなかったり、逆に保険適用外の工事をして追加費用を請求してくるケースも見受けられます。

火災保険を利用しての屋根塗装は魅力的ですが、トラブルに巻き込まれないように必ず優良業者に依頼をしましょう。

火災保険については屋根塗装は火災保険で無料になる可能性が高いを合わせてご確認ください。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の助成金についてまとめて書いてきましたが、分かりづらいところはありましたでしょうか?不明点等あれば以下の塗装の無料相談フォームまたはお電話で気軽に私たちへご相談くださいね。
あなたにとって安心・納得の情報になれば嬉しいです。

※全国の地域で助成金・保険を熟知した工事店のご案内が無料で出来ます。
一部地域ではご対応出来ない場合もあるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

かべぬりコンさん助成金を利用した塗装がしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
あなたの地域で助成金を利用した塗装ができるようになります。

悪徳業者に騙される前に適正相場を確認する

       
北海道・東北地方 北海道   青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島
関東地方 栃木   群馬   茨城   埼玉   千葉   東京   神奈川
中部地方 新潟   富山   石川   福井   山梨   長野   岐阜   静岡   愛知
近畿地方 京都   大阪   兵庫   滋賀   奈良   和歌山   三重
中国地方 鳥取   島根   岡山   広島   山口
四国地方 徳島   香川   愛媛   高知
九州・沖縄地方 福岡   佐賀   長崎   熊本   大分   宮崎   鹿児島   沖縄