全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁の塗り替えサイン!?初めて塗装をしたい人が見逃しやすい5つの症状

  • 2015.09.02
  • 外壁塗装コンシェルジュ
外壁の塗り替えサイン!?初めて塗装する人が見逃しやすい症状まとめ

外壁の塗り替えが必要になった時には、必ず外壁がサインを出してくれています。

しかし、塗装が初めての人は「自分の家はまだ大丈夫かな?」「どんなことが起きてたら外壁塗装が必要?」と、どんなサインが出ていたら外壁塗装が必要か判断できなくて、塗装時期を見逃してしまうことがあります。

塗り替えのサインとは主に「粉ふき」「ヒビ」「剥がれ」「汚れ」「サビ」などの症状です。

外壁の劣化が進むと、建物内の劣化や雨漏りなどの原因ともなるので、サインが出ていたらまずは外壁塗装の見積もりから始めて、メンテナンスで大事なお家を守りましょう。

また、最後には実際に外壁を塗り替える費用相場もお伝えします。

このページで分かること・身につくこと 外壁の塗り替えが必要になる症状が分かります。その症状に対して詳しい情報も分かることで外壁に対しての不安がなくなります。

外壁の塗り替えが必要なのに見逃しやすい5つのサイン

外壁の塗り替えサインには5つのサイン(症状)が表れます。まずは、あなたのお家の外壁に出ているサインがどの症状に当てはまるか確認してみましょう。

危険度を★を使って表してみます。5段階で評価で数が多いほど危険度が高いものなので早めに外壁塗装をすることがお勧めです。

外壁の塗り替えサイン1:チョーキング

危険度レベル

 

チョーキングは新築時の塗装や以前塗り替えした塗料の耐用年数が過ぎてしまって、塗られている塗料の粉化が起こり、塗料本来の性質が失われている証拠。

すぐに塗装する必要はないですが、雨風や紫外線等の自然環境からのダメージが直接建物内に渡ってしまうため、大切なお家の劣化が早まる原因にもなります。

この状態をそのままにしておくと、水をはじかず防水性が下がっていますので、放っておけば外壁内部まで雨水が侵食する可能性もあります。

外壁の塗り替えサインの確認方法 外壁を手で触ってみてください。手に白い塗料(粉)がついていればチョーキングを起こしている証拠です。

外壁の塗り替えサイン2:ヒビ割れ

危険度レベル ★★

 

外壁がひび割れている場合も、塗り替えのサインです。「まさか、我が家の外壁にヒビなんて」と思う人も多いようですが、実は意外と珍しくはない症状の一つ。放っておくと、雨水が内部に入り込んで、建物自体を腐らせてしまう危険性があります。

しかし、全てのヒビ割れが危険なものではないんです。ヒビ割れにも3種類ほどあり、軽度のものから重度のものまで存在しています。どのヒビ割れであっても早めに直すのが得策ですが、急がずにきちんと優良業者を見つけてから外壁塗装を行いましょう。

外壁の塗り替えサインの確認方法 外壁の塗り替え後に目視でヒビ割れがあるかカンタンに確認できます。

外壁の塗り替えサイン3:塗膜の剥がれ

危険度レベル ★★★★

これは、塗膜の密着不良によって、剥離や浮きが起こっている状態です。外壁は長期間紫外線や雨水などにさらされているので、劣化が進み付着が低下してこの症状が出てきます。塗膜の剥がれを放置していると、素材の保護機能が悪化しますので、塗料の塗り替えによって保護機能を高めるメンテナンスが必要です。

外壁の塗り替えサインの確認方法 外壁の塗り替え後に目視で塗膜(塗装)の剥がれがあるかカンタンに確認できます。

外壁の塗り替えサイン4:汚れ

危険度レベル

外壁が汚れるのは当たり前だと思ってしまいがちですが、実はこれも塗替えのサインです。塗料には、外壁を汚れから守るという役割もあります。そのため、汚れが目立つということは、塗料本来の機能が発揮されていないという証拠。外壁の汚れが気になりだしたら、塗り替え工事が必要だというサインと考えて良いでしょう。

外壁の塗り替えサインの確認方法 外壁の塗り替え後に目視で汚れがあるかカンタンに確認できます。

外壁の塗り替えサイン5:金属部のサビ

危険度レベル ★★★

雨水などにさらされ続けると、金属部分にサビが出てしまいます。金属にとってサビは非常に危険なもので、そのまま放っておけば中が腐ってしまう可能性があります。また、塗膜が褐色化していくため美観も損なわれてしまいますので、サビが目立ってきた場合は、できるだけ早めのメンテナンスをお勧めします。

外壁の塗り替えサインの確認方法 外壁の塗り替え後に目視で金属部のサビがあるかカンタンに確認できます。

外壁の塗り替えサイン6:カビ・苔

危険度レベル

時間が経過して塗料の防水機能が低下すると、雨水や湿気が原因でカビやコケが発生します。放置すると、外壁だけではなく屋根の耐久性まで悪化する可能性があり、雨漏りを引き起こすケースも考えられます。

外壁の塗り替えサインの確認方法 外壁の塗り替え後に目視でカビ・苔があるかカンタンに確認できます。

どの外壁の塗り替えサインも、約30坪の建物の場合は60~100万円前後の金額になります。下記でもっと詳しく金額を出してみるので参考にしてもらえればと思います。

外壁の塗り替え費用相場

塗装項目 平米面積(約30坪) 単価相場 合計金額
足場 118.8㎡ 700円 83,160円
高圧洗浄 118.8㎡ 250円 29,700円
養生 118.8㎡ 300円 35,640円
飛散防止ネット 118.8㎡ 150円 17,820円
シーリング:打ち増し 118.8㎡ 700円 83,160円
下地補修 20,000円
下塗り(シーラー) 118.8㎡ 650円 77,220円
シリコン系塗料 118.8㎡ 2,400円
(中塗り・上塗りの合計2回)
285,120円
廃棄物処理・ゴミ処理、雑費 20,000円
  合計651,820円

外壁の塗り替えサインが出て外壁塗装をした場合、上記の費用相場例で言えば65万になり、こちらが30坪の一般的な費用となります。※建物の状況によって塗装・補修箇所が異なるので目安として覚えておきましょう。

建坪別の費用相場を確認したい場合は、それぞれの相場ページ『20坪』『30坪』『40坪』『50坪』『60坪』も合わせてご確認ください。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

外壁で塗り替えが必要なのに見逃しやすいサインについてまとめて書いてきましたが、分かりづらいところはありましたでしょうか?不明点等あれば以下の塗装の無料相談フォームまたはお電話で気軽に私たちへご相談くださいね。

あなたにとって安心・納得の情報になれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外壁塗装は誰に頼んだらいいの…

「初めてだから塗装業者の比較がしにくい…」
「見積もりを取り寄せてみたけど適正価格か分からない…」

このような業者探しのお悩み・ご不安はありませんか?

塗装の専門知識を持つコンシェルジュ(塗装アドバイザー)がが一緒になって、あなたのお困り事を解決します。

あなたの価値観に合う優良業者の紹介から、見積もり金額の適正診断も行っています。当サービスの利用は全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。※私たちについては、「外壁塗装コンシェルジュとは」ページをご確認ください。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)へ連絡いただくと、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

悪徳業者に騙される前に適正相場を確認する

       
北海道・東北地方 北海道   青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島
関東地方 栃木   群馬   茨城   埼玉   千葉   東京   神奈川
中部地方 新潟   富山   石川   福井   山梨   長野   岐阜   静岡   愛知
近畿地方 京都   大阪   兵庫   滋賀   奈良   和歌山   三重
中国地方 鳥取   島根   岡山   広島   山口
四国地方 徳島   香川   愛媛   高知
九州・沖縄地方 福岡   佐賀   長崎   熊本   大分   宮崎   鹿児島   沖縄