全国対応見積もりの無料相談ダイヤル

01201649170120-164-917

電話受付時間 10:00-20:00(平日)

0120164917に電話する

見積もり相談

外壁の塗替え時期について

塗装は、紫外線や風雨などから大切な住まいを守ってくれています。外壁や屋根に塗料を塗ると、それが固まって「塗膜」となり、住まいの表面を覆います。この塗膜によって、紫外線や雨水などが直接外壁材や屋根材に当たらないようにガードしてくれるのです。

ところが、この塗膜にも寿命があります。長時間、紫外線や風雨などにさらされることによって、劣化してくるからです。塗膜が劣化すると屋根や外壁にひび割れが入り、そこから雨水が浸入するなどして建物にダメージを与えてしまいます。

建物本体に損傷が及ぶ前に、「塗装」による定期的なメンテナンス、すなわち外壁の塗り替えを検討しましょう。ここでは、塗装の目安やタイミング、塗り替えすべき危険サインなどをご説明します。

塗り替えのタイミングはいつ?

塗り替える時期の目安

毎日の生活ではほとんど意識することのない外壁ですが、じつは紫外線や砂ぼこり、雨水などの刺激を浴び続けています。相当な負担を強いられながら、建物を守ってくれている外壁の塗り替え時期は、一般的に築10年目ごろが目安といわれています。

定期的に外壁を塗り替えることによって、大切な家の美観を維持できます。そのうえ、家の耐用年数が延びるため、住まいの資産価値を高めることもできるのです。

外壁塗装のメリット

外壁を補強し、劣化を防ぐ 外壁は、常に負担がかかっていて思った以上に劣化しています。どうしようもないくらいまで劣化してしまってから塗り替えるのでは遅いのです。
雨漏りなどの水の浸入を防ぐ 今は雨漏りしていないからといって、いつ必要になるかはわかりません。雨漏りしてしまう前に、メンテナンスすることが必要です。
家を長持ちさせる 築10年を目安に外壁を塗り替えることにより、建物全体が約3倍長持ちするといわれています。
トータルの補修費用を抑えられる どうしようもないくらいまで劣化してから補修や塗り替えをしようとすると、その費用は膨大なものになります。多大な費用がかかる前に、定期的に塗り替えをすることで、トータルのメンテナンスコストを抑えることができます。

部位ごとでの塗り替え年数

部位や素材ごとに、塗り替え年数は異なります。もちろん同じ建物であっても、南側と北側では劣化の進み方が違いますし、風通しのよい場所や湿気のこもりやすい場所などの環境によっても異なってきます。塗り替えの目安として参考にしてください。

外壁 吹き付け 6~10年
サイディング 10年
ALC 10年
屋根 カラートタン 5~8年
スレート(コロニアル) 10年
木部 3年
鉄部 3年
確認してみましょう! 塗り替え簡単セルフチェック

適切な塗り替え時期を見逃さないためにも、築8年目くらいから、月に1度くらいは自宅の外壁をセルフチェックしてみましょう。少しでも早く劣化や傷みを発見することが、塗装費用の節約にもつながります。

ひび割れがある
塗装が剥がれている
汚れが付着している
色のあせている部分がある
塗装が膨らんでいる部分がある
コケやカビ、藻などが発生している
サビがある
腐食しているところがある
手で触ると白い粉がつく
木部・鉄部の塗膜の剥がれがある
コンクリートの爆裂がある

ひとつでもあてはまる現象が見つかれば、塗り替えのサインです。そのままにしておくと、劣化や傷みが進んでいきますので、できるだけ早めに塗り替えを検討しましょう。

ひび割れがある どんなに小さなひび割れでも、そこから水分や湿気は浸入し、外壁だけでなく建物内部までダメージを与えていきます。ひび割れがひどくなると雨漏りの原因にもなりますので、早急な対策が必要です。モルタル壁に多く発生し、強度的にも不安が生じます。
塗装が剥がれている 塗膜が劣化すると、付着力がなくなって、剥がれたりめくれたりしてきます。塗装が剥がれると、風雨や紫外線の影響を直接受けるようになり、さらに劣化が進む原因にも。適切な塗料を使用していなかった場合にも起きる現象です。
汚れが付着している 築10年もすると、外壁の汚れが目立ちやすくなってきます。
色のあせている部分がある 建物本体にはダメージは及んでいませんが、劣化がはじまっているサインです。変色したり、つやがなくなったりして、外見が汚れて見えます。とくに外観が気になる場合は、外壁塗装を計画してもよいでしょう。
塗装が膨らんでいる部分がある 塗装時に外壁に水分が残っていたり、梅雨などの湿気が多い時期に施工したりしたことが原因で起こります。素地のサビが膨れたことによって、塗装が膨らむ場合もあります。
コケやカビ、藻などが発生している 塗膜が劣化すると表面がザラザラになり、その部分にコケや藻などがつきやすくなります。付着したコケを放置しておくと、カビになってしまいます。これらは、下地の腐食やサビの原因にもなるため、早めの対策が必要です。
サビがある 鉄部に多くみられるサビですが、外壁に発生することもあります。
腐食しているところがある 外壁の剥がれやめくれ、サビなどを放置しておくと、そこから外壁が腐食してきます。こうなってしまう前に補修するようにしましょう。
手で触ると白い粉がつく 白い粉は「チョーキング」現象といって、塗料が劣化して、防水効果がなくなりつつあることを示すサインです。放置しておくと、塗膜が外壁を保護できなくなり、さらに劣化が進む原因になります。チョーキング現象が起こったら、できるだけ早く外壁塗装を塗り替えるようにしましょう。
木部・鉄部の塗膜の剥がれがある 木部や鉄部の傷みは、外壁よりも早く現れます。塗膜が剥がれて下地が見えていると、雨水や空気が直接下地に接触することで劣化が進みやすくなります。早めに塗り替えを行いましょう。
コンクリートの爆裂がある 外壁の一部が崩れ落ち、内部の鉄筋が見えている状態です。コンクリートに雨水が浸入することによって酸化し、外壁内部の鉄筋がさびてしまいます。サビが膨張することで、コンクリートが崩れ落ちてしまうのです。

かべぬりコンさんあなたの不安を取り除くため

「初めてだから塗装業者の比較がしにくい…」
「見積もりを取り寄せてみたけど適正価格か分からない…」

このような業者探しのお悩み・ご不安はありませんか?

塗装の専門知識を持つコンシェルジュ(塗装アドバイザー)が一人一人専属でつかせていただき、あなたのお困り事を解決します。

あなたの価値観に合う優良業者の紹介から、見積もり金額の適正診断も行っています。当サービスの利用は全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。※私たちについては、「外壁塗装コンシェルジュとは」ページをご確認ください。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)へ連絡いただくと、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

外壁・屋根の見積もり無料相談 (365日受付)


ページのトップへ戻る