• 地元密着の優良店さんの募集

4/27~5/6までは一時受付となります。

01201649170120-164-917

第一回高機能塗料展に行ってきました!

外壁塗装コンシェルジュをご覧のみなさん、こんにちは!

スタッフの杉山優子です。10月からここのスタッフとして参加しはじめ、早2ヶ月。

当初は外壁塗装の知識など一切なく、全くの未知の世界だったものの、外壁塗装の大切さや、それを伝えることの重要性を徐々に感じるようになりました。
まだまだ未熟者ですが、まわりのスタッフに助けられながらただ今勉強中でございます。

今回その勉強の一環として、幕張メッセで開催された「第一回 高機能塗料展」に参加させていただきました!外壁塗装コンシェルジュの顔である、建物工事のアドバイザー・いとみね氏にも同行してもらい、一緒に会場をまわりました。

<外壁塗装コンシェルジュ いとみね氏>

まず、会場に入り驚いたのがその広さと、広大なスペースをみっちりと埋めるように建てられたブースの数々。

「これは、会場の案内図をもらわないとどこに何があるかわからない」という話しになり、
入り口付近を2人で探したものの見つからず、結局端から順々に見て回ることにしました。

私たちのお目当ては、もちろん、外壁塗装用の塗料メーカーさんの展示。

しかし、今回の「高機能塗料展」では、外壁塗装用の塗料だけが展示されているわけではありません。さまざまな分野で使われる塗料のメーカーさんが一堂に集まり、それぞれの製品をブースごとに展示していました。

ひと口に塗料といっても、内壁用や、自動車用、スマホの画面用、貿易船のコンテナ用の塗料…などさまざまな種類があり、「そうか、塗料って色んな使い道があるんだ」と素直に驚きました。

外壁塗装で頭がいっぱいになっていただけに、不意を突かれたようでした。だって、いつも四六時中触っているスマホ画面にも塗料が塗られているなんて知ってました?

さらなる驚きは、最新塗料の機能。

防水、防音、防臭、防サビ、防爆、遮熱、断熱…

など塗料の役割にもいろいろあり、それぞれ目的や用途に合わせた機能をそなえています。

例えば、スマホの画面に塗る塗料には防水機能を、家の内壁用の塗料には消臭効果を、といった具合です。

メーカーさんたちは、それぞれの塗料の特徴をわかりやすく伝えるべく、ロボットの実演や体験型の展示も目立ちました。

今回の「高機能塗料展」の肝であり、製品を開発するメーカーさんたちの1番の売りとなる“塗料の機能性”については、みなさん特に力を入れてアピールされてました。

さて、少し歩きまわっていると、本サイトでもよく取り上げる、塗料メーカーの大手、日本ペイントさんのブースを発見!

日本ペイントさんでは、現在開発中の面白い機能の塗料を紹介していました。

ポスターなどを自在に貼ったり剥がしたりできる、表面が吸盤のような機能を持つ塗料や、
表面の塗膜を剥がすだけで新しい塗膜ができる、再塗装の必要がない塗料など、実用化されるのが楽しみな最新塗料がありました。

<表面が吸盤のような機能を持つ最新塗料>

<表面の塗膜を剥がすだけで新しい塗膜ができる最新塗料>

日本ペイントさんといえば、紫外線による劣化を防ぐラジカル制御塗料やバラの香りがする塗料など、
機能的かつ面白い塗料を開発されているイメージが強かったですが、今回の展示でもその一面が見られた気がしました。

<日本ペイントさんのブースをじっくり見るいとみね氏。>

 

また、少し離れたところには、外壁塗料でもおなじみ、関西ペイントさんのブースが。

関西ペイントさんでは、建築用塗料から工業用塗料、自動車用塗料など分野ごとに展示がされてました。
さすが大手のメーカーさんだけあり、幅広い分野で塗料の開発をされているなと感じました。

<自動車のツヤも塗料のおかげ!>

建築用塗料として紹介されていたのは、漆喰を取り扱いやすく加工し、塗料化した「アレスシックイ」
これは内装用の塗料ですが、消臭機能、抗菌機能などを備えた、人に優しい塗料です(外壁用もあります)。

<優しい色合いのカラーバリエーションも豊富>

 

数ある展示の中で一番目を引いたのは、イギリスのサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)とパートナー契約を結んでいるということ。
マンUといえば、日本代表の香川真司選手や、クリスティアーノ・ロナウド、デイビッド・ベッカムなど、多くの名選手が在籍したことのある世界屈指の強豪クラブです。

<学生時代サッカー部のいとみね氏も興味津々です。>

 

もうそろそろ帰ろうかという時に見つけたのが、真っ白なブースが印象的な株式会社シンマテリアルワンさん。

こちらのブースでは、遮断熱に優れた特殊塗料「キルコシリーズ」を展示されていました。

<キルコならではの遮断熱性を体感できるデモキットが置いてありました。キルコが塗布された方とそうでない方では、かなり温度が違います。>

<真剣に話を聞くいとみね氏。>


また今回の展示では、塗料そのものだけでなく、塗料を塗るための刷毛やローラーなどを展示しているブースもありました。

例えば、好川産業さんのブース。こちらでは、塗装屋の職人さんたちのためのこだわりの塗装機具がみられました。

<刷毛の展示 好川産業 毘沙門シリーズ

<ローラーの柄を持ち、こういう風に使うんだよと教えてくれるいとみね氏。このローラー、とても柔らかくて気持ちいいです。 好川産業 マイクロキューブ

外壁塗装の勉強をする中で、塗装工事ってメイク(化粧)に通じるところがあるなとよく感じています。

化粧ブラシやスポンジなど、メイク道具にも色々な種類があるように、刷毛やローラーにもさまざまなラインナップがあり、
塗りやすさや、塗りの美しさを追求した、こだわりの塗装用具が並んでいました。

外壁塗装工事において、塗料にこだわることはもちろん大事なのですが、
道具にも気を配ることで、作業の効率を高め、より美しい塗装ができるんですね!

今回の展示会に参加して、多くのメーカーさんたちが、より高性能で高品質な塗料(あるいは塗料機具)を開発しようと、日々努力されていることがひしひしと伝わりました。
また、塗料の世界が多岐にわたり活躍していること、私たちが普段何気なく生活するうえでなくてはならない存在であることもわかりました。

こうした企業の努力が、塗装業界を発展させるだけでなく、私たちの生活をより豊かにより便利にしてくれています。

一方で、塗装業者さんたちは、こういう場所に足を運び、塗装技術の進歩や最新の塗料について学び続け、
情報をアップデートしていかないと、日々進歩する塗装業界にはついていけないなとも感じました。

もちろんプロの塗装業者さんなら、必ずそういう努力をされているはずです。
むしろ、日々の情報収集を怠らず、こだわりをもって塗料から機具までを選ぶプロ意識の高い業者さんこそが、優良な塗装業者さんといえるのではないでしょうか。

私たち外壁塗装コンシェルジュがご紹介する業者さんたちも、
そういった最新の技術や知識を学び続ける姿勢を忘れず、お客さまのニーズに合わせた丁寧な塗装をしてくれる優良業者さんだと確信しています。

そして、私たち外壁塗装コンシェルジュも、お客さまに塗装業者さんを紹介する立場として、
お客さまの想いにきちんと応えてくれる優良な塗装業者さんを見極め、
質の良い紹介サービスとして認識してもらえるよう、こだわりをもって日々の業務に励んでいきたいと思います。

 

その他、今回私たちが見させていただいたメーカーさん

AGCコーテック株式会社

プレマテックス株式会社

アサヒハケ株式会社

 

最後に…。

ここまで第一回高機能塗料展の体験レポートを読んでいただきありがとうございます。
最新の塗料や、塗料メーカーさんたちの日々の努力を目の当たりにし、とても良い刺激を受けました。私たち外壁塗装コンシェルジュも、みなさまの不安を解消できるよう頑張っていきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
何かあればぜひ、お気軽に以下の外装塗装工事に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

かべぬりコンさん外装塗装工事が初めてだから不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外装塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない外装塗装の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外装塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店が選べる。