• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

家の外壁を塗り替えたい!風水から見るオススメの色は?

外壁塗装の色選びを風水の観点から見ることで、違う角度から外壁の色を考えて新しい選択肢を増やすことができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

外壁を塗り替えるときの色選びは、楽しい半面とても悩んでしまうものですが、もしあなたがお家の塗替えを検討しているのであれば、風水を取り入れてみるのもオススメです。

風水は、衣・食・住・行動の「気(エネルギー)」を使って開運する古代中国発祥の考え方で、「環境学」とも呼ばれています。

あなたやご家族でお気に入りの色が決まっている場合は、風水にこだわる必要はないですが、外壁の色選びに迷ったら風水を参考に考えてみると、あなたの生活がもっと華やかになるかもしれません。

ここでは、風水という視点から見た外壁塗装についてお伝えしていきますので、あなたにぴったりの色で外壁塗装をするためにも、私と一緒に見ていければと思います。

風水でオススメの外壁の色は?

あなたを取り巻く環境によってあなた自身の運気が変わる「環境学」と呼ばれる風水では、それぞれの色に意味や効果があると考えられています。

風水における外壁の色の運勢は、以下のように色ごとで運気が変わると言われています。

期待できる運気
ベージュ系
(白系)
気品や高級感があり、誰からも好印象を受けやすい色で、良い人間関係を築くことができると言われています。
グレー系真面目や誠実という意味を持ち、仕事運の上昇が期待できます。気を落ち着かせる効果もあるので、お家との相性もいい色です。
ブラックお金を守ってくれる色という点から金運アップの効果があり、関わりたくない人を寄せ付けないという意味も持っているので、身の回りの人間関係を良好にする効果も。
レッド系積極的な気持ちになれる色で、勝負事や仕事運の上昇に繋げることができます。生命力を表す色でもあるので、厄除けなどの効果もあると言われています。
ブルー系落ち着きがあり誠実なイメージを持つ青色は、勉強や仕事に関する運勢を上げると言われています。
イエロー系金運を上げる効果を持つ色ですが、ほかにもプラス思考になれたり、変化を表す色でもあります。
ピンク系女性的な意味の強い色ですが、人間関係を良くしてくれる色でもあるので、恋愛運や仕事運にも効果が期待できます。
グリーン系木々を連想させ、落ち着きを持つことができたり成長を助ける効果があると言われています。
オレンジ系人との関りを良好にする力があり、出会いや子供に恵まれるといった意味を持っています。
パープル系芸術や気品の高さを表す色で、精神に良い効果があったり、良好な上下関係が期待できます。

このように、色によってあなたのお家や暮らしに期待できる風水効果がバラバラなので、あなたがどんな暮らしにしたいのかを良く考えて、色を選ぶのがオススメです。

家の外壁の塗り替えは広い範囲になることが多いので、全面に塗るとバランスが良くない色でも、部分的に使うことで風水を取り入れることができます。

風水では玄関の色が大事?

お家にとって玄関とは、人の体に例えると「」の部分に当たり、家のイメージを決定づける重要な場所でもあります。

あなたのお家に来たお客さんをお迎えする場所であることはもちろんですが、その家に住んでいるあなたも、毎日出入りする場所。

風水の基本では、玄関付近はとくに明るく清潔に保つことが重要視されており、玄関のある方角によっても使うと良いとされている色は違います。

玄関の方角風水でオススメの色
北西ベージュやクリーム色などの淡い色
アイボリーやピンクなど明るい色
北東黄色、茶色
東南黄色やオレンジ系
西黄色
グリーン系
南西グリーンか茶色の落ち着いた色

上記の色は、玄関の方角に合わせたラッキーカラーですが、これはあくまでも一例で、特に、赤や黄色などその他の外壁の色や周りの景観を考えると使うのが難しい色の場合は、無理に取り入れる必要はありません。

実は、風水で大切なのは、ラッキーカラーばかり考えるよりも「調和とバランス」を取ることなので、あなたと一緒に住む家族の意見も取り入れながら、外壁の色を選んでほしいです。

外壁の色は風水にも関係している?

風水は、室内の小物や置物、カーテンの色にも取り入れることができますが、外壁はお家の中で一番広い面積を持つので、風水に大きく影響すると考えられています。

また、人は家の「中」に住むものなので、言い換えればあなたの身を包み込んでいる場所。

風水は、たくさんの情報や知見から導き出された統計学なので、占いとは違って効果が高いといわれており、外壁の色に風水を取り入れると、あなたのお家に住む家族みんなの運気上昇が期待できるのです。

同時に風水では、汚れている場所は運気が下がるという考え方があるので、外壁は常にキレイに保っておくことを心がけることが大切。

風水を抜きに考えてみても、汚れた外壁の家よりもキレイな外壁のほうが、日々の暮らしも気持ちがいいですよね。

多くの人に見られる場所でもあるお家の外壁は、風水的に考えても風水を抜きにして考えても、実はとても重要なんです。

外壁塗装に使う塗料の色はどんな色がある?

お家の外壁塗装に使われる塗料の色は何十色もあり、同じ色でも艶(つや)の出方が違えば、お家の雰囲気も一気に変わります。

年代によって流行の色があったり、塗装業者さんによっては取り扱っている色の種類に違いがあったりしますが、希望の色を調合してくれる塗装業者さんも中にはいます。

外壁によく使われている色や、逆にあまり使われていない色はどんな色なのかを、風水の観点も交えて見ていきましょう。

外壁によく使われる色

お家の外壁に使われている色の中でも、近年で圧倒的に多いのがベージュとグレーです。

  • 外壁に汚れが付いても目立ちにくい
  • シンプルな色なので他の色と組み合わせやすい
  • 周りの景観に馴染みやすい

このような理由で、ベージュとグレーは比較的選ばれやすい色になっています。

色には赤みの強い暖色・青みの強い寒色・暖色と寒色の間にある中間色に分けることができ、ベージュは暖色、グレーは寒色に分類されます。

ベージュ

ベージュは暖色なので、落ち着いた雰囲気の中に温かみがあり、ナチュラルで優しい印象の外観にしたいという人にオススメです。

風水の観点から見てみると、ベージュは他の色とのバランスを取る役割があるほか、方角も選ばずに使うことができる色。

ベージュの色味にもよりますが、白に近いベージュを選ぶと浄化作用があるので、仕事運と家庭運の上昇が期待できると言われており、茶色に近いベージュを選ぶと健康運や家庭運が上昇しやすいと考えられています。

グレー

クールでスタイリッシュな外観のお家にしたいという人にオススメなのがグレー。

グレーは、風水から見ると堅実を表す色で、人の心を落ち着かせる効果があるといわれており、ほかの色と一緒に使いやすい色なので、色を組み合わせて風水の相乗効果を狙うということもできるんです。

ベージュやグレーに次いで、ブラウンやホワイト、ブラックも人気がありますが、海外のお家をイメージして、ツートンカラーや複数の色を部分ごとに塗り分けた外壁塗装をする人も多いです。

外壁にあまり使われない色

風水の中では良い意味を持つ色でも、外壁にはあまり使われない色もあります。

しかし、ここでお話させていただいた色は絶対に外壁に使ってはいけないのかというと、そうではありません。

外壁全体に使うのではなく、外壁の一部や付帯部などにワンポイントとして使うことで、風水を取り入れながらデメリットを打ち消してくれる効果が期待できます。

どんな色があるのか、私と一緒に確認してみましょう。

原色

赤や青、黄色、緑などの原色がお家の外壁に使われない理由として、周りの景観に合わないということが挙げられます。

周りの景観に合わないと、ご近所からクレームが来ることもあるので、周りのお家や景色との調和を尊重するのは大切なんです。

さらに、原色の外壁は色あせが目立つといったデメリットもあり、どんなに良い塗料を選んでも、紫外線や雨による劣化や、長い年月が経つことで自然に起きる経年劣化は避けることができません。

外壁の中でも日当たりが良い部分だけ色あせが早かったり、雨に当たる部分と当たりにくい部分で色の違いが出てきやすいので、あなたのお家のキレイな外観を保つには、ベージュやグレーなどの落ち着いた色味に比べて頻繁に塗り替えが必要になることも。

黒色

は、格式高い印象や高級感、重厚感を出すのに最適な色ですが、熱を吸収しやすいという特徴があるため、夏場の日当たりがいい部分は室内でも冷房が効きにくいというデメリットがあります。

外壁全体に黒色を使いたい場合は、ほとんどのお家の場合、特殊な断熱材や断熱塗料を入れなければ快適に過ごすことができないので、さらに費用がかさむことに。

また、汚れが目立ちにくいと思われがちですが、白い砂ぼこりは黒の外壁では目立ちやすく、キレイに保つためのメンテナンスも実は大変なんです。

外壁塗装の色選びで注意してほしいこと

あなたのお家の外壁塗装で色を選ぶ時は、塗装工事が失敗に終わってしまわないためにも、以下の3つに注意してもらいたいと思っています。

  • いろいろな方法で色の出方を確認する
  • 経験豊富な塗装業者にお願いする
  • 地域密着型の塗装業者にお願いする

せっかくお金を出してお家の外壁を塗装してもらうので、後悔のない色選びをするためにも、風水の効果ばかりに注目するのではなく、必要な知識をしっかりと持っておくことが大切。

外壁塗装の色選びの注意点を、一緒に見ていきましょう。

いろいろな方法で色の出方を確認する

外壁塗装に使う塗料の色味を見る方法は、下記の表のようにいろいろな見方があります。

色を選ぶ方法メリットデメリット
色見本帳を見て選ぶ日本塗料工業会が販売していて、大量の色が掲載されている色見本帳に載っている色が必ず選べるわけではない
カラーシミュレーションで選ぶ塗装後の全体像を簡単に確認することができる液晶画面で見るため太陽光の下では見え方が変わる
塗料メーカーのカタログから選ぶ塗料の種類ごとに実際の発色に近い色味が見られるように工夫してある色面積が小さいものが多い
塗板(ぬりいた)から選ぶA4サイズ程度の大きさで色の確認ができるすべての業者が塗板を準備しているわけではない
インターネットで選ぶたくさんの色が手軽に見られる使用するモニターやスマホによって、色の見え方が異なる
実際に建っている家を見て選ぶ一番色の見え方がわかりやすく、イメージしやすい同じ塗料を業者に伝えるのが難しい

このように、塗料の色を見る方法はたくさんありますが、色選びで失敗する人がやってしまいがちなのが、一つの見方でしか色味を確認しないということです。

実は、色というものは私たち人間の目に映るとき、以下のようなさまざまな要因で見え方が変わってしまうんです。

原因1:面積効果

小さい面積に塗ったものと大きな面積に塗ったものとでは、同じ色の塗料を使っていたとしても色の見え方が変わる現象を面積効果といいます。

明るい色の場合、面積が大きいほど色が薄く見え、色が鮮やかに見えますが、逆に暗い色の場合は、面積が大きいほど色が暗く見え、くすんだ見え方をします。

目の錯覚による現象なので仕方のないことではあるのですが、色見本や塗板を見て色を決めた人は「イメージしてた色じゃない!」というトラブルになりすいんです。

しかし、外壁を塗装してから「イメージしていた色と違った」とクレームを出しても、塗装業者は依頼された色を塗装しているので無料で塗り直してもらうことはできず、面積効果による色の見え方の違いはしっかりと頭に入れておく必要があります。

原因2:照明

蛍光灯の下や、日中、夕方、など、明かりの種類によっても色の見え方は変わってきます。

塗板は印刷物やパソコンの画面と違って実物なので安心してしまいやすいですが、屋内屋外で色の見え方が変わるので、建物の中で確認してもあなたのイメージとずれてしまう可能性が高くなります。

また、完成イメージをパソコンで再現できるカラーシミュレーションも、実際の日光の当たり方によって見え方が違うので、あくまで全体の外観の雰囲気を掴むためのものと考えておいた方がいいでしょう。

もし、あなたの中で希望の色が決まっている場合は、「ホワイトとブラウンの2色」という伝え方をするのではなく、イメージするお家の写真などを見せるところから始めることで、塗装業者さんも対応しやすくなり、そこからお互いのイメージを擦り合わせていくことで、塗装後の仕上がりの失敗を減らすことができます。

経験豊富な塗装業者にお願いする

外壁塗装の色選びで注意したいことが理屈でわかっていても、これからの暮らしの中でずっと付き合っていくものなので、実際に選ぶとなると、

「本当にこの色で大丈夫かな?」
「この色の組み合わせって変じゃない?」

このように、迷いや不安はありますよね。

お家の外壁塗装は決して安い金額でできるものではなく、あなたに失敗や後悔はしてほしくないので、経験の豊富な塗装業者さんにお願いするのがオススメです。

施工実績が多く経験豊富な塗装業者さんは、お家の建っている場所を見れば日当たりや角度から外壁の色がどのように見えるのかを、的確にアドバイスしてくれます。

また、使われている外壁の素材に合った塗料の選択はもちろん、玄関ドアや雨樋、周りの景観とのバランスもアドバイスしてくれるので、より満足できる仕上がりにすることができます。

特に、原色や黒色など、あまり外壁に使われない色を使って塗装したいと考えている場合は、施工実績が豊富なプロの塗装業者さんからアドバイスをしてもらってほしいです。

地域密着型の塗装業者にお願いする

あなたのイメージ通りの色で外壁塗装をしてもらうための業者選びは、あなたの住む地域に密着している業者さんにお願いするのがとても大事で、色選びに関わる大切なことの一つに、「景観ガイドライン」というものがあります。

景観ガイドラインとは、街の景観を守るために市区町村で独自に決められているルールのことで、景観ガイドラインが厳しい地域の一つに京都がありますが、京都の一部の地域は歴史的建造物が多いため、その地域で外壁塗装をする時は、特定の色しか使うことができません。

このガイドラインを知らずに好きな色で塗装してもらうと、景観ガイドラインの違反になってしまうこともあるため、地域密着の塗装業者に依頼することがオススメ。

また、外壁の色について的確なアドバイスをくれる優良業者さんは、外壁をキレイに保つコツも親切に教えてくれるので、自分でできるメンテナンス方法を聞いておくと美しい外壁を保ちやすくなり、清潔さを基本としている風水の効果にも期待できます。

定期的に塗り替えが必要となってくるあなたのお家のために、まずは長くお付き合いができて信頼できる、地域密着型の優良業者さんを探してみてくださいね。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
風水から見る外壁塗装の色選びについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁塗装に使う塗料の色選びに関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん希望どおりの色で外壁塗装がしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

色選びの方法が充実している工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付