• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装の”浮き”や”パリパリ剥がれる”の原因は?悪徳業者のせい?

外壁塗装は10年も経てば「浮き」や「剥がれ」は発生しますが、数年で発生している場合は、悪徳業者に施工されてしまった可能性が高いです。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー

本来であれば、塗料の耐久性を考えて、10年前後は外壁塗装の状態がギリギリ保てているはずです。 ※ 10年とは、新築か塗り替え直後から計算した日数となります。

しかし、あなたのお家は塗装されてから数年で「浮き」や「剥がれ」など、塗り替えが必要な症状が発生していませんか?

5年も経たずに外壁に現象が発生している場合は、施工不良や手抜きが考えられるので、一旦お家の状態を優良業者に見てもらい、状態を確認するのがオススメです。

10年前後経っているのであれば、経年劣化といって、塗料の耐久性が落ちたことが原因で、浮き・剥がれ・ひび割れ・コケなど外壁の不具合が発生しています。

一度工事がされたとしても、必ず限界が訪れて塗り替えしなければならないのが外壁塗装です。

外壁に不具合が出てしまう原因を確認し、余計な不安を生まないよう、必要な情報を見て頂けると嬉しいです。

外壁塗装の相談、または、信頼ある業者さん選びに不安を感じている場合は、0120-164-917(無料受付24時間)に電話をかけて頂き、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝え頂ければ嬉しいです。※ 事前に情報を伝えた上でご相談されたい場合はフォームをご利用ください。
※ ご利用無料 / どんな小さな事でも相談可(全国対応) / 累計1万人のご利用実績あり(2021/10/17現在)

塗装の”浮き”や”剥がれ”など数年で不具合が出る原因とは?

数年前に外壁の塗装工事をしたばかりなのに、塗装が浮いてきたり、ペンキが剥がれたりという事例があります。

浮きや剥がれは、塗料と外壁がしっかり密着せず浮いたり取れてしまったりする状態です。

塗装業者が本来やるべきことをきちんと行わなかった可能性がある、つまり施工不良の場合が多いのです。

なぜ外壁塗装が浮いたり剥がれたりするのか、下記に原因をまとめました。

外壁塗装が浮いたり剥がれたりする主な原因は、時間の経過による経年劣化ではなく、塗装業者の施工不良による場合がほとんどです。

浮きや剥がれの主な原因となる施工不良の例について一緒に見ていきましょう。

外壁の浮きや剥がれの補修費用の相場

外壁の浮きや剥がれの補修費用の相場は、症状や施工範囲、塗料のグレードによって変わります。

塗料や補修費用、足場代などを合わせると、合計で約60〜180万円になることがあります。

下地との兼ね合いや、耐用年数、金額などを参考に、塗料を選びましょう。

原因1:外壁の洗浄不足

外壁塗装の施工に際しては、塗装前に必ず高圧洗浄を行い、外壁に付着している汚れを取り除きます。

汚れたままで塗装をすると、下地と下塗りの間に埃やゴミなどが挟まった状態となり、剥がれやすくなります。

下請けの業者が、少しでも工程を短縮するために、洗浄を省いた手抜き工事を行うことがあるので、注意が必要です。

予防策 外壁の洗浄時に立ち会うと、塗装業者の手抜きの抑止力となります。
立ち会えない場合は、事前の交渉時に洗浄前と洗浄後の写真を撮ってもらい、きちんと洗浄したことの証拠を残しておいてもらうよう依頼しましょう。
証拠を残したがらない業者がいれば、契約は見送るべきです。

原因2:塗料の下塗り不足

外壁塗装の施工は、下塗り、中塗り、上塗り(もしくは下塗り1回、上塗り2回)と、計3回行うのが基本です。

中塗りと上塗りの役割は、外壁を美しく見せるための美観機能と、紫外線や雨風からの劣化を防ぐ防水保護機能であるのに対し、下塗りの役割は、外壁の下地と塗装を密着させることです。

つまり、下塗り塗料が不足していると密着不良となり、塗装の剥がれが起きます。

また、塗料メーカーが規定する基準塗布量に従って下塗りを塗装しても、剥がれが起こる場合があります。

塗装の劣化状態は、お家や環境によって異なります。

劣化がひどい場合は塗料を予想以上に吸い込むので、基準以上の塗料が必要となるでしょう。

劣化が進んでいる場合は、基準塗布量の倍近くの塗料を必要とするケースもあります。

予防策 手抜きがある場合は、実際の塗装時に発生することが多いため、念には念を入れて、下塗り・中塗り・上塗りと、それぞれ証拠の写真を撮ってもらうように、事前に交渉しておきましょう。

原因3:塗料の乾燥不足

外壁を塗装する際、たいていは水性塗料が使用されています。

水性塗料は半分以上が水でできており、その水を蒸発させて残った樹脂で塗膜を形成します。

たとえば中塗りが十分に乾く前に上塗りをすると、まだ半乾きの中塗りに上塗り塗料の水分が吸収されてしまい、塗膜の形成不良が起こります。

乾燥不足による塗膜の形成不良は剥がれの原因となるので、塗料メーカーの仕様に従って、工程ごとに塗膜を完全に乾燥させることが重要です。

予防策 塗料の乾燥は外壁塗装にとって大切な工程のひとつです。一度、外壁塗装のスケジュールか工程表をもらい、きちんと乾燥時間が設けられているか確認をしましょう。
基本的なスケジュールや工程に関しては、「外壁塗装の工程と期間には守るべきルールがある」を一緒に確認してください。

原因4:塗料の希釈が不適切

外壁塗装用の塗料は、適切な量と塗装方法が定められており、塗料に混ぜる水やシンナーなどの量も細かく決められています。

塗料メーカーが指定している希釈率に従わず、水やシンナーを多めに混ぜることで、塗膜が薄くなり剥がれる原因となります。

手抜き業者はメーカーの定めた比率を守らず塗料と水やシンナーを混ぜるため、ムラができて剥がれが引き起こされるのです。

また、悪徳業者や予算が厳しい下請け業者などは、必要以上に水を混ぜて少ない塗料で広い面積を塗ることがあります。

予防策 塗料の希釈が不適切(必要以上に薄めること)であった場合、たとえプロであっても判別は不可能です。
そのため、最初から信頼できる優良業者を選ぶことでしか防げません。

原因5:見積もり通りの塗料を使用していない

悪徳業者の場合は、見積もりに書かれた塗料よりも、グレード(品質)の低い塗料で、外壁塗装を行っている場合があります。

本来であれば、10年前後保つシリコン系塗料を選んだのに、実際はウレタンやアクリルなどの、グレードの低い塗料が使われていたということもあり得るのです。

予防策 最初から優良業者を選んでおくことと、塗料の出荷証明書と呼ばれる、業者が塗料メーカーに発注した証明書が存在しているので、そちらを見せてもらうのもオススメです。

原因6:品質の保証がされていない業者オリジナル塗料が使われている

外壁塗装で使われる塗料には、塗料メーカーが作った塗料と、OEMと呼ばれる塗料の受注生産ができるメーカーとタッグを組んだ業者が作った、オリジナルの塗料があります。

悪徳な業者は、品質は大手メーカーと同じ、または品質が低い塗料を「自社オリジナル」という謳い、必要以上に高い金額で売りつけてくる場合もあります。

予防策 すべてのオリジナル塗料が悪いわけではないですが、危険度はメーカー品よりも各段に高いです。
安心の外壁塗装を行うためには、オリジナル塗料は避けて頂くのがオススメです。

原因7:雨の中、塗装がされた

外壁塗装の工程では、洗浄をしたり、塗料を塗ったりするため、1回ごとに十分乾燥をさせて次に進めるというルールが存在しています。

しかし、工期に間に合わせようとして「雨」が降っていても塗装工事をする悪質な業者がいます。

乾燥が不十分なまま塗装がされると、すぐに剥がれが起こる原因になるので注意が必要です。

予防策 雨が降ったら作業を中止する。
作業を再開する前に十分乾燥させる。
このような基本を守れる優良業者を選ぶことが大切です。

塗装の浮きやパリパリ剥がれる状態は放っておくと危険

外壁塗装の剥がれは、美観上好ましくないだけでなく、放っておくと、剥がれた箇所がさらに広がっていき、お家の機能性にまで影響を与えます。

外壁塗装を剥がれたまま放置すると、

・剥がれの面積が広がって見た目が悪くなる
・天井や壁からの雨漏りや、内部浸水が起こる
・湿気で結露を起こす
・部材が腐食を起こし、お家の耐性に影響が出る

といったことが起こってしまうかもしれません。

たった1箇所の剥がれでも、放置すると下の層の塗装まで剥がれて来てしまうため、天井や壁からの雨漏り、結露などの実害が出てくるでしょう。

お家は、木材やコンクリート、鉄でできています。

よって、水気や湿気は劣化症状の元になるので、注意が必要です。

それを、セルフチェックや応急処置でしのいでしまうと、今度は建物の腐食が起き、強度不足や破損などによるお家の耐性に影響をもたらします。

お家の塗装は、同じ業者や職人が同じ塗料を使ってしているので、時間が経てばほかの箇所も同じ症状が出てきてもおかしくありません。

剥がれが1箇所だけだから大したことないと感じる場合でも、放っておくとほかの箇所が剥がれて来るかもしれないため、専門の優良業者に点検を依頼し、補修してもらうのが得策です。

外壁塗装がパリパリ剥がれる場合にDIYで補修してもいいのか?

外壁塗装がパリパリと剥がれている箇所が少しだったり、剥がれているのが塗膜の表面だけだったりする場合、DIYで補修できるのではないかと考える人がいるかもしれません。

もちろん、剥がれた部位をキレイにして、補修材や下塗りをし、中塗り、上塗りという手順で塗装をしていけば、DIYでの補修は可能です。

しかし、塗装がパリパリと剥がれてしまう理由のひとつは、塗料を扱う人の知識不足にあります。

業者や職人でも適切に扱えないことがあるのに、知識も技術もない人がするDIYでの補修には、リスクがあると言わざるを得ません。

知識や技術の問題できちんと補修できなかった場合、またすぐにパリパリと剥がれて塗装し直す可能性があり、余計な手間やメンテナンス費用がかかるでしょう。

よって、最初から専門の優良業者へ依頼し、しっかりチェックと補修してもらうのがおすすめです。

塗装がパリパリ剥がれないように、保証がしっかりしている業者に依頼を

せっかく外壁塗装工事を終えたのに、わずか数年で塗装の浮きや剥がれが発生したらショックですが、保証がしっかりとした業者に依頼しておけば安心です。

ここでは、保証がしっかりしている業者の見分け方や確認方法をご紹介します。

1.保証書の内容がしっかりとしているか

一番大事なのが、保証書の内容です。

チェックしたいのは、保証箇所、保証範囲、保証期間の3つになります。

保証箇所は、保証してくれる範囲のことを指します。

もしこれが書かれていなければ、保証を受けようとしたときに、「その箇所は保証してない」と言われて、受けられないかもしれません。

保証範囲は、どういった理由なら保証してもらえるのかを指しています。剥がれや浮きなど、症状によって金額が変わってくる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

保証期間は、保証を受けられる期間です。

塗料の耐用年数は、グレードによって異なりますが、一般的には10〜20年と言われています。

保証は、不具合や予期しないハプニングをカバーするためのものなので、塗料の耐用年数の半分くらいを目安に期間が設定されるはずです。

よって保証を20年や30年といった長い期間設定している業者には、注意しましょう。

この部分が気になった場合は、なぜ長い期間、保証が可能なのか、直接聞いてみるのもオススメです。

また、施工不良による塗装の浮きや剥がれは、施工後3年以内に発生するのが一般的です。

最低3年間は保証される内容になっているかを確認しておきましょう。

2. リフォーム瑕疵保険に加入しているか

リフォーム瑕疵保険(かしほけん、JIO)とは、リフォーム工事で施工不良があったときに保険会社から業者に保証金を支払ってもらえる保険です。

これはお客様ではなく業者が入る保険で、加入には一定の条件を満たさなければなりません。

よって、瑕疵保険に加入している業者は、一定の実績が認められた会社であるということになります。

また、保証期間中に業者が倒産してしまったという場合にも、保証をしてくれるため、保証期間が長い場合でも安心です。

業者のパンフレットやホームページに、保険の登録者番号が書かれている場合が多いので、気になる方は依頼や契約前に確認してみましょう。

3. 疑問や質問に気さくに答えてくれるか

事前にネットや本を通して情報を集めていても、実際に塗装工事を依頼したり、保証を受けたりする段階になると、わからないことだらけという人が多いはずです。

保証だけに限らず、塗装、外壁工事を通して疑問や質問がある場合は、気兼ねせずに業者に質問するようにしましょう。

そのとき、お客様の立場になって丁寧に答えられない業者は、後々の対応にも不安が残るので、契約について検討し直すのがいいかもしれません。

悪徳業者には気をつけよう!

 

浮きや剥がれが発生した際に、責任逃れをして聞く耳を持たないような業者ではなく、保証がしっかりしていて、誠実に対応してくれるような優良業者に依頼することが重要です。

浮きや剥がれの原因はさまざまであるうえに、複数あったり、原因不明の場合があったりします。

しかし、一度剥がれが起こると、どんどん広がっていき、下地の保護機能を低下させてしまうため、放っておくわけにはいきません。

今回の内容を踏まえて、保証内容がしっかりしていて、問題が発生したときは誠意を持って対応してくれるであろう、信頼できる塗装業者に依頼しましょう。

外壁塗装に不安を感じているあなたへ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
塗装の剥がれの原因ついてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでも無料相談ができるので、お気軽に以下のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。 あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

外壁塗装で悪徳業者は選んでいませんか?あなたの大切な「お家」も「お金」も託すことになる。だからこそ、慎重に選んでほしいと思います。(無料診断中

あなたの外壁の不安、教えて頂けませんか?

普段見ているようで見えていない外壁ですが、突然剥がれや浮きが気になると、不安でいっぱいですよね。

外壁塗装をするタイミングかもしれませんが、ちょっとの剥がれで悪徳業者は大げさに工事を勧めてくるため、本当に工事が必要かを優良業者さんに見てもらって確認頂くのがオススメです。

私たちは、お家のことで不安・悩みを抱えている方のご相談やアドバイス、ご希望を頂いた場合は60項目以上の審査を通過した信頼ある業者さんのご紹介もできます。

累計1万人以上(2021/10/17現在)の方々から、お問い合わせフォームや0120-164-917(無料受付中)でご相談を頂いているため、不安・悩みが1つでもあれば「外壁塗装の相談がしたい」と、お気軽にご連絡ください。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。

コンシェルジュ

トップに
戻る