• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装の相場で知っておきたい5つのこと

外壁塗装の相場とは何か、相場を知る上で知っておくべきことは何か、相場の考え方が分かることで悪い塗装業者に騙されない知識が身につきます。
外壁塗装コンシェルジュ 塗装工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

あなたが外壁塗装は初めて、または、すでに複数見積もりをとっている場合、見積額に関して「この金額って正しいのかな…。」と感じていませんか?

その疑問と不安を解消するためには、外壁塗装の「相場とは何なのか」を知る必要があります。

外壁塗装の相場で知っておきたい「5つの考え方」を見てもらえると嬉しいです。

塗装工事にかかるお金、または、信頼ある業者さん選びに不安を感じている場合は、0120-164-917(無料受付24時間)に電話をかけて頂き、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝え頂ければ嬉しいです。※ 事前に情報を伝えた上でご相談されたい場合はフォームをご利用ください。
※ ご利用無料 / どんな小さな事でも相談可(全国対応) / 累計1万人のご利用実績あり(2020/07/13現在)

1.外壁塗装の相場とは?

外壁塗装の相場で知っておきたい5つのこと

外壁塗装の相場とは一体、何のことでしょうか。

相場とは平均的な価格のことを指していますので、外壁塗装の相場に関していうなら「あなたの地元で外壁塗装をするならいくら?」の意味になります。

しかし、この相場とは大変あいまいなもので、体制・地域・職人の数・塗料・期間などが少しでも変われば、値段も変わってきてしまいます。

それでは何を基準にして相場というのか。

地域や職人の数などを基準にすると、どうしても変動してしまうので、外壁塗装の場合は平均的な単価が出しやすい塗料を基準に相場が計算されていることが多いです。

本来であれば、一番単価が高い人件費や手間のかかる作業で相場が出せればいいのですが、地域や業者によって異なってしまいます。

したがって、相場を利用する際は、『目安』や『希望予算』から比較をして費用を予測するという目的で使うのであれば大変役に立つと、私は考えています。 ※相場と実際の見積費用には差があるので、比較するための目安として相場を使うということを覚えておきましょう。

『人工』って何?職人一人を建築業界では、『人工』と呼びます。
1人工=1人の職人が1日分。
2人工=2人の職人が2日分、もしくは2人の職人が1日分。

2.外壁塗装の相場を知る上でもっとも大切なこと

外壁塗装の相場を知る上で大切なのは、塗装にかかる塗料・道具・作業の平米単価(1㎡でかかる金額のこと)です。

それでは、相場の元になる単価について見ていきたいと思います。

2-1.相場の元になる単価について

塗装をする為の塗料・道具・作業には、塗装業者ごとで単価が付けられています。

例えば足場の単価がそれぞれ、

  • A業者600円
  • B業者700円
  • C業者800円

このような形で、外壁塗装業者によっても設定単価が異なってきます。

「それなら、どの単価を基準にすればいいの?」と思われるかもしれませんね。

私たちがお伝えできる相場は、今までみなさまにご紹介させていただいた、塗装業者が提出している見積もりや、業者ごとが出している単価の平均を割り出し単価相場として出させてもらっています。

適正価格が出せる塗装業者のみの単価を元にしているため、お伝えできる相場は優良業者が実際に出している費用相場だと言えるので、別ページの単価相場の表も参考に頂ければと思います。

3.相場よりも安い見積もり・高い見積もりは信頼できる?

結論としては、相場よりも安い場合・高い場合どちらも疑った方がいいでしょう。

それはなぜか、『安い・高い』にはカラクリがちゃんと存在しているからです。

3-1.相場よりも安い場合のカラクリ

外壁塗装費用が相場よりも安い場合は、以下のようなことが考えられます。

  • ベテランではなくアルバイトや初心者の職人を使う
  • 塗料をものすごく薄くして塗装する
  • 作業工程を省く
  • 乾燥日数・時間を短くして工期を短くする

3-2.相場よりも高い場合のカラクリ

外壁塗装費用が相場よりも高い場合は、以下のようなことが考えられます。

  • 平米数を多くして費用を高くされている
  • 窓など塗装をしない面積も塗装面として計算している
  • 高い金額を大幅値引きで安く思わせているが、本来だともっと安い
  • 専門用語でまくし立てて高い金額で契約させる
  • 余分な作業を追加して費用を高くしている

これらのように、悪い外壁塗装業者は、あの手この手を使って費用の誤魔化をしてくる…。

したがって、相場からかけ離れた見積もりを出されないように、最初の見積もりをお願いする段階で、優良業者さんを選ぶ必要があります。

4.外壁塗装の項目ごとの相場を知ろう

外壁塗装の項目ごとの相場は以下になります。

単価の相場が分かると、外壁塗装の費用相場の予測が立てられるので、参考にしてもらえればと思います。

4-1.足場の相場

足場は、外壁塗装をする場合に必ず組まれるものです。しかし、自社で足場を持っていて自社で組む場合と、他の足場専門業者に足場を組んでもらうのではまた費用が異なってきます。

ここで説明するのは、一般的に自社で足場を持っていて、自社で組み立てをする場合の単価相場になります。

外壁塗装工事平米単価相場
足場
※2階建てより3階建ての方が足場代は高くなります
600~800円

4-2.高圧洗浄の相場

高圧洗浄には種類があり、通常の水圧だけで行うもの・トルネード回転がかかった機械で行うもの・薬剤を使ったもの様々あります。

外壁塗装工事平米単価相場
高圧洗浄200~250円
高圧洗浄(トルネード洗浄)300~500円
洗浄(薬剤洗い)500~800円

4-3.養生の相場

養生は、塗装する箇所以外に塗料がつかないようにするための保護シートです。いくら外壁がキレイに塗装できたとしても、周りに塗料が飛び散って汚してしまっては元も子もありません。

そのため「塗装は養生から始まり養生で終わる」なんて事も言われたりします。

外壁塗装工事平米単価相場
養生300~500円
飛散防止ネット100~180円

外壁塗装の坪数からの相場確認は、30坪40坪50坪のそれぞれの相場ページより確認ができます。

5.悪い外壁塗装業者に騙されない為の相場の考え方

外壁塗装工事は、手抜きをしようと思えば、一番簡単にできる工事だと言われているため、悪い外壁塗装業者に騙されてしまう人が後を立ちません。

相場は『目安』『希望予算』との比較のために役立つと説明しましたが、相場を知るということは、悪い塗装業者に対して対策が取れる事と同じ。

あなたが初めての外壁塗装であれば、知識負けして騙されたまま契約をしてしまう可能性もありますが、相場という武器を一つ持つだけでもまったく状況が変わります。

相場は比較するだけのものではなく、「あなた」「ご家族」を守るための、最低限必要な知識だと覚えて頂きたいです。

外壁塗装に不安を感じているあなたへ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

相場はもちろん大切です。しかし相場にとらわれずに、本当によい塗装業者探しこそ、あなたにしてほしいと思っています。

万が一、外壁塗装業者に不備があり裁判沙汰になった場合、弁護士を頼むと最低でも2~30万前後掛かってきてしまい、結局泣き寝入りをしてしまう方が多いのが現状…。

そのため、あせらずゆっくりと、あなたのペースで業者さんを判断してほしいです。

相場についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでも無料相談が出来るので、お気軽に以下の塗装・修理のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

あなたの塗装の不安、教えて頂けませんか?

「相場を知らなきゃ騙される」と言われるくらい、金額の知識は大切です。

あなたの大切なお金を使って、今後の暮らしの為にも行う塗装工事で後悔しないよう、相性の合う優良業者さんを選んで頂くのがオススメです。

私たちは、お家のことで不安・悩みを抱えている方のご相談やアドバイス、ご希望を頂いた場合は60項目以上の審査を通過した信頼ある業者さんのご紹介もできます。

累計1万人以上(2020/07/13現在)の方々から、お問い合わせフォームや0120-164-917(無料受付中)でご相談を頂いているため、不安・悩みが1つでもあれば「家の修繕で相談がしたい」と、お気軽にご連絡ください。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中