全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

271の事例を元にした外装塗装工事のリフォーム平均相場

  • 更新 | 2018.09.10 公開
  • 相場(17)

外装塗装工事のリフォーム相場を271の事例を元にご紹介しています。
建坪・築年数・金額帯など様々な角度から外装塗装工事のリフォーム相場のデータを、このページを見てくれた方限定で公開しているため、参考にして頂ければと思います。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)

外装とは、建物の外から見える部分である、屋根・外壁の事を指します。

私たちは、屋根・外壁のお悩み相談を皆様から受付させていただいて、もしご希望があれば事前に審査している加盟店のご紹介もさせて頂いていますが、その際に見積もり内容もチェックしています。

毎日何十枚といった見積もりをチェックしているため、何坪のお家ではどのくらいの費用になるのか把握しているので、あなたにも相場といった形で伝えできればと思っています。

まずは早速、あなたがお住いのお家(戸建住宅)の平均相場を見てみましょう。

アパート・マンション・ビルなどの大型の建物の場合の平均相場のデータも一緒に掲載しているので、興味がある方はこちらもご確認頂ければと思います。

戸建住宅:外装塗装工事のリフォーム相場(全国平均)

【限定公開】271の事例を元にした外装塗装工事のリフォーム平均相場
工事内容件数平均費用平均平米
外装塗装工事237件1,198,765円140㎡(約42坪)
∟ 見積平均115件1,247,505円145㎡(約43坪)
最小値:632,448円 / 最大値:2,544,874円
∟ 成約平均122件1,152,821円135㎡(約40坪)
最小値:690,000円 / 最大値:2,860,000円
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承った戸建のお見積もり依頼の見積書237事例

この平均金額を見て、いかがでした?

「あれ?このくらいなんだぁ。」
「意外と高いな…。」

このように、様々なお気持ちがあるかもしれないですが、戸建住宅の外装塗装工事は、平均して120万円前後の金額になっています。

外装塗装工事は、使う塗料の品質(グレード)や、オプションとして付帯部分をどこまで塗装するかによっても金額は変わってきますが、271の見積もり事例から算出したら、120万円前後という結果が出ました。

戸建住宅の平均相場がなぜ120万円なのかは、様々な角度で平均金額を出して裏付けをしているので、私と一緒に詳しく見ていければと思います。

金額帯別のデータを見る
築年数別のデータを見る
平米数別のデータを見る
都道府県別のデータを見る

金額帯別の外装塗装工事のリフォーム相場

金額件数割合内訳:見積内訳:成約
61〜80万14件6%6件7件
81〜100万54件23%18件36件
101〜120万80件34%35件45件
121〜140万47件20%26件21件
141〜160万15件6%10件5件
161〜180万19件8%14件5件
181〜200万2件1%2件0件
200万以上〜6件3%3件3件
合計237件100%
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承った戸建のお見積もり依頼の見積書237事例

築年数別の外装塗装工事のリフォーム相場

築年数件数平均費用平均平米
築0~5年0件0円0㎡(約0坪)
最小値:0円 / 最大値:0円※築5年以下で見積もり依頼を頂くことはありませんでした。
築6~10年27件1,133,892円143㎡(約43坪)
最小値:781,704円 / 最大値:1,518,908円
築11~15年66件1,310,160円142㎡(約42坪)
最小値:680,000円 / 最大値:2,860,000円
築16~20年62件1,205,942円146㎡(約44坪)
最小値:632,448円 / 最大値:2,544,874円
築21~30年49件1,202,522円134㎡(約40坪)
最小値:800,000円 / 最大値:2,036,988円
築31年以上23件1,006,753円126㎡(約37坪)
最小値:670,000円 / 最大値:1,749,600円
不明10件1,140,173円148㎡(約44坪)
最小値:991,537円 / 最大値:1,400,000円
合計237件
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承った戸建のお見積もり依頼の見積書237事例

平米数別の外装塗装工事のリフォーム相場

平米数(坪数)件数平均費用平均平米
~50㎡(15坪以下)1件100,000円29㎡(約8坪)
最小値:100,000円 / 最大値:100,000円
51~100㎡(15~30坪)31件1,048,020円76㎡(約22坪)
最小値:680,000円 / 最大値:1,410,000円
101~150㎡(31~45坪)112件1,146,018円131㎡(約39坪)
最小値:632,448円 / 最大値:2,860,000円
151~200㎡(46~60坪)93件1,294,673円172㎡(約52坪)
最小値:781,704円 / 最大値:2,082,024円
合計237件
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承った戸建のお見積もり依頼の見積書237事例

都道府県別の外装塗装工事のリフォーム相場

数が多いので、見積もりデータが5件以上ある県に絞って共有させていただきます。

平米数(坪数)件数平均費用平均平米
愛知14件1,225,964円125㎡(約37坪)
最小値:900,000円 / 最大値:1,680,000円
京都8件1,239,375円141㎡(約42坪)
最小値:945,000円 / 最大値:1,630,000円
埼玉18件1297,172円130㎡(約39坪)
最小値:831,600円 / 最大値:2,544,874円
神奈川45件1,114,458円136㎡(約41坪)
最小値:670,000円 / 最大値:2,036,988円
静岡6件1,290,202円133㎡(約40坪)
最小値:991,926円 / 最大値:1,787,416円
千葉28件1,143,088円135㎡(約40坪)
最小値:685,476円 / 最大値:2,082,024円
大阪22件1,268,670円155㎡(約46坪)
最小値:1,000,000円 / 最大値:1,640,000円
東京44件1,199,789円138㎡(約41坪)
最小値:632,448円 / 最大値:1,778,544円
兵庫24件1,119,657円147㎡(約44坪)
最小値:900,000円 / 最大値:1,518,908円
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承った戸建のお見積もり依頼の見積書237事例

これらが、あなたがお住いの戸建住宅の平均相場のデータになります。

平均を確認頂いたら次に、どうやって外装塗装工事の費用が出されているのか、その秘密に迫って行きたいと思います。

私と一緒に、外装塗装工事の費用の秘密を見ていきませんか?

外装塗装工事の費用の秘密を見る

アパート・マンション・ビル:外装塗装工事のリフォーム相場(全国平均)

工事内容件数平均費用平均平米
外装塗装工事34件1,888,399円255㎡(約77坪)
∟ 見積平均21件1,966,145円242㎡(約73坪)
最小値:1,050,000円 / 最大値:3,531,600円
∟ 成約平均13件1,152,821円283㎡(約85坪)
最小値:1,150,000円 / 最大値:4,980,000円
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承ったマンション・アパート・ビルのお見積もり依頼の見積書34事例

金額帯別のデータを見る
築年数別のデータを見る
平米数別のデータを見る

金額帯別の外装塗装工事のリフォーム相場

金額件数割合内訳:見積内訳:成約
61〜80万0件0%0件0件
81〜100万0件0%0件0件
101〜120万5件15%4件1件
121〜140万4件12%0件2件
141〜160万4件12%0件2件
161〜180万9件26%5件4件
181〜200万2件6%2件0件
200万以上〜10件29%7件3件
合計34件100%
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承ったマンション・アパート・ビルのお見積もり依頼の見積書34事例

築年数別の外装塗装工事のリフォーム相場

築年数件数平均費用平均平米
築0~5年0件0円0㎡(約0坪)
最小値:0円 / 最大値:0円
築6~10年0件0円0㎡(約0坪)
最小値:0円 / 最大値:0円
築11~15年7件2,294,853円309㎡(約93坪)
最小値:1,391,666円 / 最大値:4,980,000円
築16~20年7件2,114,000円245㎡(約74坪)
最小値:1,060,000円 / 最大値:2,743,200円
築21~30年7件1,531,314円223㎡(約67坪)
最小値:1,200,000円 / 最大値:1,717,200円
築31年以上11件1,807,964円240㎡(約72坪)
最小値:1,150,000円 / 最大値:2,386,800円
不明2件1,100,000円252㎡(約76坪)
最小値:1,050,000円 / 最大値:1,150,000円
合計34件
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承ったマンション・アパート・ビルのお見積もり依頼の見積書34事例

平米数別の外装塗装工事のリフォーム相場

平米数(坪数)件数平均費用平均平米
201~250㎡(61~75坪)17件1,605,336円219㎡(約66坪)
最小値:1,050,000円 / 最大値:2,386,800円
251~300㎡(76~90坪)16件1,962,379円258㎡(約78坪)
最小値:1,150,000円 / 最大値:3,531,600円
301~350㎡(91~105坪)0件0円0㎡(約0坪)
最小値:0円 / 最大値:0円
351㎡~(106坪~)1件4,980,000円730㎡(約220坪)
最小値:4,980,000円 / 最大値:4,980,000円
合計34件
※2013年11月〜2018年8月までの当サービス内で承ったマンション・アパート・ビルのお見積もり依頼の見積書34事例

外装塗装工事の費用の秘密?そもそもどうやって金額が出されているの?

外装塗装工事の費用はどうやって出されているのでしょうか。

ここは非常に重要なポイントなので、あなたにもぜひ覚えてもらいたいと思っています。

まず覚えてもらいたい事として、外装塗装とは単体であって単体ではないということ。

「ん?何いっているの…?」と思ったかもしれませんが、外装塗装というのは言葉単体で通用してしまう工事なのですが、実は複数の工事が合わさって外装塗装工事となります。

外装塗装工事は主に、以下の4つの工事に別れています。

  • 1つ目:足場工事
  • 2つ目:塗装工事
  • 3つ目:シーリング工事
  • 4つ目:防水工事

外装塗装工事といっても、ただ単に屋根や外壁を塗るだけではないという事です。

「塗装工事」であれば外装塗装工事の事を指しているとすぐにわかりますが、「足場工事」「シーリング工事」「防水工事」と見慣れない言葉が出てきましたね。

実は、外装塗装工事をする時には、塗装工事以外に足場工事もしなくてはいけない、シーリング工事もしなくてはいけない、防水工事もしなくてはいけない。

このように、複数の工事が合わさりますが、メインは塗装工事なので、「外装塗装工事」と一言で呼ばれる事が多いです。

まずはそれぞれどんな工事なのかを、以下の表で詳しく見てみましょう。※戸建の場合で説明をさせていただきます。

工事名費用相場詳細
足場工事5〜20万屋根・外壁の塗装工事を行うため、職人さんが安定した状態で作業ができる一時的な足場を作ります。屋根と外壁を一緒に、またはどちらか片方の塗装工事の場合でも、足場の高さが異なってくるので、費用の違いも出てきます。
塗装工事は危険な高さの中での作業となるため、職人さんの安全を守るためも必要な工事となっています。
塗装工事屋根:10〜40万屋根・外壁はもちろんのこと、付帯と呼ばれる建物の外装には色々な部位が存在しているで、一つ一つの範囲は狭いですが塗装が必要な箇所になっています。
外壁:15〜50万
付帯:1〜20万
シーリング工事1〜20万サイディングと呼ばれる板状の外壁材を使っている場合は、サイディングのつなぎ合わせの部分に隙間が生まれるので、シーリングといったゴム材を注入しています。また、エアコンのダクトの周り・窓枠の周りなど、外壁に穴を開けて何かを通している部分には隙間が生まれるため、そこにもゴム材が注入されており、ヒビ割れや剥がれが発生すると、雨水が入り込んでくるので、シーリングのし直しが必要です。
防水工事1〜20万ベランダ・バルコニー・屋上などの塗装剥がれが起きると雨漏りに繋がるので、塗装をし直す必要があります。
屋根や外壁などの塗装工事は3層重ね塗りを行うのが基本ですが、防水工事となると専用の塗料を何種類も使ったり、5層くらい重ね塗りをする必要があるため、塗装工事とは別の工事となっています。

この表を見て気づいた方もいるかもしれませんが、外装塗装工事には4つの工事が含まれており、それぞれの費用が合わさって最終的な外装塗装工事の費用となっています。

さらに、シーリング工事や防水工事以外の足場工事・塗装工事は必須となっているので、外装塗装工事の時には必ず行われるものとなり、各工事の費用が含まれる事になります。

あなたには、外装塗装工事といっても、様々な種類の工事が合わさって行われる工事だという事を、覚えてもらえれば嬉しいです。

塗装工事でかかる代表的な費用の組み合わせ

外装塗装工事は「足場工事」「塗装工事」「シーリング工事」「防水工事」の4種類が組み合わさって行われるものだとお伝えしましたが、代表的な組み合わせがいくつかあります。

費用を予測するために、以下の代表的な3つの組み合わせを覚えてもらえればと思います。

  • 1:屋根 + 外壁 + 付帯
  • 2:屋根 + 外壁 + 付帯 + シーリング
  • 3:屋根 + 外壁 + 付帯 + シーリング + 防水

パターン1:屋根20万・外壁40万・付帯20万で約80万。
パターン2:屋根20万・外壁40万・付帯20万・シーリング10万で約90万。
パターン3:屋根20万・外壁40万・付帯20万・シーリング10万・防水10万で約100万。

このような考え方で費用を予測する事ができます。

お家の作りや環境によっても、それぞれ劣化の症状が違うため、この計算方法では実際の費用と同じにはならないですが、いくらくらいかかるのか予想することはできます。

それでは次に、4つの工事の存在を知ってもらったあなたには、外装塗装工事ではどんな見積もりが出されるのか、私と一緒に詳しく見ていければと思います。

全ての工事を一つの業者で対応する訳ではない?外装塗装工事をする場合、それぞれの工事で知識や技術が必要なため、足場は足場屋さん、塗装は塗装屋さん、シーリングはシーリング屋さん、防水は防水工事屋さんといった形で、それぞれ専門業者が協力して行われる場合があります。全ての工事を1業者のみで行えればいいですが、それが無理な場合、それぞれ専門業者が入る事になるので、関わる業者が多くなればなるほど、費用がかかります。値段が高いと思ったら、関係業者が多い場合もあるので注意しましょう。

外装塗装工事の見積もりは、どうやって書かれているの?

外装塗装工事の費用を知るためには、見積もりの見方を覚えなければいけません。

そのため、まずは以下の見積もりを見てほしいと思います。

項目数量単価金額備考
足場工事1式400,000円
塗装工事1式1,200,000円
▲値引き-600,000円
合計1,000,000円

この見積もりを見て、どんな事を感じましたか?

「金額も書いてあるし、工事内容も書いてあるし、さらに値引きもあるから大丈夫じゃないの?」と思ってしまった方は、悪徳業者に騙されてしまう確率は99%です。

実は、外装塗装工事の見積もりというのは、見積書=工事内容そのものを表す大事なものなので、

  • 何が行われるのか
  • どの範囲行われるのか
  • 工事にかかる単価はいくらなのか

このように、工事一つ一つを分解して詳しく書き、お客様側にもわかりやすく伝えなければいけません。

しかし、悪徳業者や伝える手間を省いてさっさと契約だけもらおうとする業者は、見積もりの内容を細かく書かず、金額の大幅値引きだけで勝負をしてきます。

工事内容が詳しく書かれていなければ、あなたがどんな工事をするのか分からないため、塗装業者が手抜きや不正をしてもあなたには何も分かりません。

また、工事の範囲や単価もなければ、どの工程にどのくらいお金がかかるのかも分からないため、適正な金額とは言えなくなります。

それを踏まえた上で、以下の見積もりを見てほしいです。

項目数量単価金額備考
仮設工事
足場244㎡550円134,200円
メッシュシート244㎡150円36,600円塗料の飛散防止
合計170,800円
外壁塗装工事
高圧洗浄164㎡150円24,600円
下塗り164㎡750円123,000円パーフェクトフィラー:約3缶
(日本ペイント)
中塗り164㎡900円147,600円パーフェクトトップ:約1.5缶
(日本ペイント)
上塗り164㎡900円147,600円パーフェクトトップ:約1.5缶
(日本ペイント)
合計442,800円
屋根塗装工事
高圧洗浄62㎡150円9,300円
下塗り62㎡900円55,800円ファイン浸透シーラー:約1缶
(日本ペイント)
縁切り タスペーサー62㎡300円18,600円ダブル工法(株式会社セイム)
中塗り62㎡1000円62,000円ファインパーフェクトベスト:約1缶
(日本ペイント)
上塗り62㎡1000円62,000円ファインパーフェクトベスト:約1缶
(日本ペイント)
合計207,700円
付帯塗装工事
軒天21.68㎡900円19,512円ケンエースGⅡ
(日本ペイント)
破風51.75m600円31,050円ファインSi
(日本ペイント)
雨戸(小)3枚2,000円6,000円ファインSi
(日本ペイント)
雨戸(中)6枚3,000円18,000円ファインSi
(日本ペイント)
雨戸(大)9枚4,000円36,000円ファインSi
(日本ペイント)
戸袋7箇所1,500円10,500円ファインSi
(日本ペイント)
シャッターボックス1箇所1,500円1,500円ファインSi
(日本ペイント)
雨樋(あまどい)40.7m500円20,350円ファインSi
(日本ペイント)
合計142,912円
シーリング工事
目地(めじ) 打ち替え39m700円27,300円オートンイクシード(オート化学工業株式会社)
サッシ廻り 増し打ち119.2m650円77,480円オートンイクシード(オート化学工業株式会社)
雑シール1式10,000円10,000円オートンイクシード(オート化学工業株式会社)
合計114,780円
ベランダ防水工事
下地処理 クラック補修1式10,000円10,000円
溶剤拭き1式10,000円10,000円アセトンシンナーで油分拭き取る
プライマー塗布5㎡2,000円10,000円
トップコート塗布5㎡2,500円12,500円ウレタン防水
合計42,500円
その他
産廃処理1式15,000円
諸経費1式20,000円
合計35,000円
小計1,156,492円
消費税92,519円
合計金額1,249,011円

外装塗装工事の見積もりでは、上記のように一つ一つを細かく記載されて出されるのが、基本だと覚えておきましょう。

もし、この見積書のレベルよりも詳しく書いていなかったり、曖昧なものがあったら、その塗装業者はあまりオススメできません。

当サービスに加盟している優良店の中には、この見積もり以上にさらに細かく書いて、お客様側へ明朗会計をしてくれている業者もいるほどです。

外装塗装工事では大きなお金がかかるため、「知らなかった…。」といった事では済まされない場合もあリます。

大切なお家の工事の失敗、大切なお金を無駄にしないためにも、覚えていただきたい内容となっています。

外装塗装工事の見積書で見るべきポイントとは?

外装塗装工事で出される見積書の基本を見てもらいましたが、それぞれ見積書の中で見ておくべき9つのポイントが存在しています。

  • 1つ目:工事別で分けて書いてある
  • 2つ目:工程が一つずつ書いてある
  • 3つ目:数量(工事範囲)が正確に書かれている
  • 4つ目:単価が書かれている
  • 5つ目:金額が書かれている
  • 6つ目:使用する塗料名が書かれている
  • 7つ目:使用する塗料の缶数が書かれている
  • 8つ目:使用する塗料メーカーが書かれている
  • 9つ目:値引きは10万円以内である

9つもあると多すぎるかもしれませんが、あなたの大切なお家の工事であり、金額も大きいものなので、念には念を入れてしっかりと確認しておくべきだと、私は思っています。

今まで相談をしてくださった方々から、他社で受け取っている見積もりのチェックの相談も多く頂いていますが、見せてもらった見積もりの大半は悪徳業者と断定できるほど、悪い見積もりばかりでした。

工事の内容が分かりづらい、数量がほとんど一式になっている、単価も書いていない、割引額が大きすぎるといった内容が多く、お客様が受け取っている見積書の悪い部分をいつも指摘させてもらっています。

初めて、もしくは2回目だったとしても、慎重に外装塗装工事を進めてもらいたいと思い、以下に見積書で見ておくべき9つのポイントを書かせていただきます。

− 工事別で分けて書いてある

外装塗装工事では、足場・塗装・シーリング・防水といった4つの工事が合わさって行われるのですが、塗装業者から見ればこれらの情報は基本的な事になります。

しかし、お客様側は知らない事がほとんどなので、業者側とお客様側で情報格差が、この部分からすでに生まれてしまっているんです。

優良店や気がきく業者であれば、初めての屋根・外壁の塗装工事で不安になっている方のためにも、不明点を一つでも無くそうと、工事ごとに分けて見やすく分かりやすく見積書を作ってくれます。

また、工事別に分けて見積書を見せる意味として、どの工事にどれだけの費用がかかるのか、明らかにするためでもあります。

工事の分類ごとに分けないでそのまま見積書が書いてあると、以下のような形になる可能性があります。

項目数量単価金額備考
足場130㎡700円91,000
飛散防止シート130㎡150円19,500
軒天30㎡1000円30,000
60m700円42,000
屋根70㎡3000円210,000
シーリング50m1000円50,000
外壁100㎡2500円250,000円
高圧洗浄130㎡160円20,800円

外装塗装工事が初めての方であれば、この見積書を見ても何とも思わないかもしれませんが、長年塗装業者の見積書を見てきた私にしてみたら、非常に見づらく分かりづらい見積書なので、こんな見積書を出してきたら、悪徳業者なのかな?と思ってしまうかもしれません。

何が悪いかというと、工事別にまとめて書いておらず、どの部分に対してどのくらい費用がかかるのかといったイメージがしづらくなっています。

お客様は初めてだからこそ、出された見積書から一生懸命どんな工事がされるのかイメージしてくれて、そのイメージが理想の外装塗装工事へと近づけるために重要なことだったりします。

この見積書では、お客様側にもどんな工事になるのかイメージさせず、どの工事にいくらかかるのかも分かりづらくなってしまっています。

  • 足場工事
  • 塗装工事
  • シーリング工事
  • 防水工事

この大きな分類に分けて見積書を記載してくれる優良業者を、あなたには選んでもらえればと思っています。

− 工程が一つずつ書いてある

外装塗装工事というのは、屋根・外壁に対して塗料を、下塗り・中塗り・上塗りといった形で、3回塗るのが基本的な内容になっています。

しかし、外装塗装工事が初めての方は、3回塗りが基本であるといった情報も知らない事があるため、以下のような書き方をされても気づく事ができません。

外壁120㎡3,000円360,000円

本来であれば、下塗り・中塗り・上塗りでそれぞれ費用や使用する塗料が異なる場合があるので、親切でお客様の事を考えてくれる業者であれば、以下のような書き方をしてくれます。

外壁塗装工事
下塗り155㎡750円116,250円
中塗り155㎡900円139,500円
上塗り155㎡900円139,500円

下塗り・中塗り・上塗りと分けて細かく記載すると、見積書が長くなってしまうので、お客様側に見づらくなってしまうのではないかと、考えている業者もいるかもしれません。

しかし、何百社のそれぞれ違うフォーマットで書かれた見積書を見てきた私にしてみたら、分けて書いていない方が分かりづらいと感じているため、あなたにも分かりやすい見積書を判別してもらいたいので、共有させていただきました。

その他にも屋根塗装・シーリング工事・防水工事もそれぞれ工程が別れている工事があるので、それらも分けて記載がされている業者がいれば、親切でオススメできる業者になります。

− 数量(工事範囲)が正確に書かれている

項目数量単価金額備考

外装塗装工事の見積書では、数量に書かれている数値が重要です。

数量=工事の範囲となるので、外装塗装工事においては、塗料を塗る範囲が数量となっています。

数量を確認するためには、以下のような方法が用いられています。

  • 建物図面を見る
  • メジャーで実際に測る
  • レーザーを使った正確な測量をする

図面には建物の面積が書いてありますが、図面と実際の長さが同じではない事があります。

建築時に、機械が作業を行なっていれば図面通りの正確無比なものが出来上がるかもしれませんが、人間が手作業で行なっているため、必ずずれます。

図面はあくまでも計算上の長さが書いてあるので、実際にメジャーやレーザーなどを使って測ってもらう事で、正確な数量を出す事ができます。

外装塗装工事の費用の計算をするためにも、数量が元になるので、間違えた数量で計算された見積書は、失敗の可能性が含まれています。

しっかりと、数量を測ってくれる優良な業者を選びましょう。

− 単価が書かれている

項目数量単価金額備考

外装塗装工事には様々な工程があり、工程ごとに使用する道具や材料が違います。

それらの費用一つ一つを見積書に反映するために、どの工程・材料を使った場合は、1㎡や一定の範囲でどのくらいの金額がかかるのか、単価がつけられています。

このページでご紹介させてもらっている、外装塗装工事の平均相場と同じように、相場が存在しているので、事前のチェックが大事です。

もし、相場よりも高い単価がつけられている場合は、それなりの理由があるか、もしくは塗装業者が必要以上にあなたから金額を取ろうとしている場合もあります。

外装塗装工事の各単価をもっと詳しく知りたい場合は、「外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できる」も合わせてご確認ください。

− 金額が書かれている

項目数量単価金額備考

外装塗装工事の金額を出すためには、以下の計算式が使われます。

数量 × 単価 = 金額

数量と単価を掛け合わせたものが金額のため、適正な数量と単価が必要となってきます。

また、各工事の金額が書かれておらず、全ての工事費用としての合計しか書いていない見積書は論外ですが、なかなかそのような悪い見積書には出会うことはありませんが、もし見つけたら絶対にその業者とは契約してはいけません。

− 使用する塗料名が書かれている

悪い見積書の特徴として、何の塗料が使われるのか書かれていないといった事があります。

イメージしてみてほしいです。

「ブランド名・商品名・効果が分からない化粧水を使ってほしい」と全然知らない人から言われたら、あなたなら使いますか?

私なら絶対に使いません。だって信頼性もないし、怖いですからね…。

外装塗装工事にも同じ事が言えて、「ブランド名・商品名・効果が分からない塗料を使います。」と塗装業者てその塗料を使って大切なお家を塗ってもらっても、不安が残るだけです。

こういったお客様側の気持ちを理解してくれている優良業者であれば、きちんと塗料名やメーカー名を記載してくれるので、何社も見積書を受け取っている場合は、比較のポイントにもできます。

− 使用する塗料の缶数が書かれている

外装塗装工事で使用される塗料は、一つとして同じものはありません。

メーカーも何十社もあり、商品それぞれで特徴も異なり、そして1缶で塗れる量がそれぞれ違います。

メーカーのホームページを見ると、1缶でどのくらいの範囲を塗れるのか書いてある事もあるため、適正な塗料の量を確保してくれているか、本当に適切な工事をしてくれるのかが判断する事ができます。

塗れる量を塗布量と言いますが、塗布量についてもっと詳しく知りたい方は塗料によって「塗れる量がちがう!」外壁塗装の塗料代を安くするには?も合わせてご確認ください。

− 使用する塗料メーカーが書かれている

外装塗装工事の塗料名が見積書に書かれていたとしても、インターネット上で検索できない場合があリます。

塗装業者が独自で作ったオリジナル塗料の場合もありますが、あなたが知らない事をいいことに、嘘の商品名を書いている場合もあるかもしれません。

商品名とメーカー名を照らし合わせ、もし不安であればメーカーに直接問い合わせもできるよう、しっかりとメーカー名も書いてもらいましょう。

− 値引きは10万円以内である

実は外装塗装という工事は、不正や手抜きがしやすいって知っていましたか?

塗装工事なので塗料を使う必要があるのですが、メーカーもたくさん、商品数もたくさん、効果もそれぞれ違うので、専門的に取り扱っている人以外が見ても、正直言ってまったく区別がつきません。

見積書に書かれているのは、フッ素といった品質の高い塗料だったけど、実際に使われたのはウレタンといった品質の低い塗料…。

その他にも、塗料はそのままでは使えず、一度薄める必要があるのですが、メーカーが指定している以上に薄めて使う業者もいます。

こういった不正や手抜きが行いやすいので、外装塗装工事の金額もいいように変えることができてしまうんです。

例えば「210万円でフッ素塗装できますが、今なら100万円の値引きができるので、110万で行うことができます!」と、このように値下げの根拠もなく、ただ単に値下げ幅を大きくして、契約させようとしてきます。

当サービスに加盟している優良店からは「金額の1割の値引きが限度です。。」と聞いていると、そもそも値引いた金額で見積もりを出しているので、値下げは難しいといったことが本来の姿になります。

よく、値引きで契約を行おうとする業者がいますが、お客様のことを考えると、最初から値引いた金額で見積書を提示してくれた方が親切だと私は思っています。

後から値引きを見せるというのは、あなたの心を自分たちへ向けさせるための策略でしかありません。

そのため、値引きは10万円以内が限度であることを、あなたに覚えてもらえると嬉しいです。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外装塗装工事のリフォーム平均相場についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外装塗装工事に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外装塗装工事に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外装塗装工事が初めてだから不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外装塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない外装塗装の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外装塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店が選べる。