全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

火災保険で屋根を直すには、保険金を工事前に全額前払いしないといけない?

お客様からのご質問 火災保険の申請を手伝ってくれる屋根業者に、工事をそのままお願いしようと思っています。
だけど、火災保険から認定されて保険金がおりた場合、屋根の工事前に全額保険金を支払ってほしいと言われました。
このやり方は一般的なのでしょうか?工事前に全額の支払いをするのは不安で契約が止まってしまっています。

外壁塗装コンシェルジュからの回答 通常の屋根工事であれば、工事完了後に工事代金を全額支払う事になっています。
他にも塗装工事の場合も同じで、きちんと工事を完了した事を見届けてから支払うのが一般的です。
そのため、保険金での支払いであっても工事完了後に支払うのが通常だと言えます。
建物工事において工事前に全額支払いをしてしまった場合は以下のようなトラブルになりやすいです。

・支払いが済んでしまっているので業者のやる気が無くなり手抜きが発生
・保険金だけ受け取って工事に来ない
・追加工事が発生する可能性もある

建築業界では、全額前払いをするケースでトラブルが多発しており、絶対にオススメできない支払い方法の一つとなっています。
もし、全額前払いで工事代金を支払った場合、お客様がトラブルに巻き込まれる可能性を高めるだけなので、別の工事業者にお願いするべきでしょう。
改めて、工事完了後の支払いになる屋根の優良業者を探すことがオススメです。

かべぬりコンさん屋根修理をしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根修理の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「火災保険の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店も選べる。