全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

「屋根工事をする時に雨が降ったらどうなりますか?」と複数社に聞いてみたのですが…

お客様からのご質問 何社かに、屋根工事をする時、雨が降ったらどうなるのか聞いたのですが、どの会社も言うことがバラバラ…。
「ある工務店は養生します」「他の工務店は天気予報を見て段取りをします」と言われています。

外壁塗装コンシェルジュからの回答 まず、屋根の葺き替えを予定されている場合、屋根材を取り、下地の木材や防水シートが剥き出しになります。

剥き出しになるということは、雨が振ると直接下地を濡らしてしまうことになり、劣化を早めることに繋がります。

また、屋根には空気によって換気するための仕組みがそもそも備わってしますが、下地の木材が濡れた状態でそのまま葺き替えをおこなってしまうと、多少乾くのに時間がかかり、それが何かしらの劣化症状を作り出す、または、今回下地(古い野地板)等を変えない場合は、劣化を早める結果となります。

そのため、「天候を見て段取りをします」では遅いため、屋根工事をする場合は常に雨や天候を気にしながら行い、雨の予兆がでたらすぐに養生(ビニールシート等で保護)を行うやり方が安心です。

どちらの業者も正しい事は言っていますが、屋根工事に関しては雨が最大の天敵なので、どれだけスピーディーに対応できるかがカギになります。

かべぬりコンさん屋根工事をしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない雨漏り修理の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「屋根工事の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店が選べる。