• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

雨漏りの原因は修理方法も分かって初めて解決できる

雨漏りの原因と修理方法がセットで分かることで、雨漏りが起きたとしても焦らず落ち着いて対処ができるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:古賀(こが)

雨漏りの原因はあなたが思っている以上に複雑です。

何件も雨漏り修理を対応したことがある屋根業者であっても、原因を特定できずに直らない修理をしてしまうことだってありえます。

目に見えることも、目に見えないことであっても、原因となっているかもしれないため、業者任せではなくあなた自身でも雨漏りの原因や修理方法を事前に知るための情報を私と一緒に見ていきましょう。

雨漏り修理の相談、または、すぐに優良業者を紹介してほしい方は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「雨漏り修理の相談がしたい」とお伝えください。

雨漏りが起こる原因ってどんなものがあるの?

雨漏りの修理で困ったときに知っておきたい情報まとめ

雨漏りの原因には一体どんなものがあるのでしょうか。

一般的に言えば、屋根の隙間から雨水が侵入し、屋根の中を伝って落ちてくるといったイメージを持っている方が多いのかなと思います。

しかし、現実はそうではなく、もっと複雑な原因が絡んでいることが多々あります。

また、雨漏りの原因を特定が難しいことから、雨漏りの修理業者が原因を特定しないまま、当てずっぽうで雨漏りの修理をすることもあり、色々なところで雨漏りが直らないといったトラブルが起こってしまっているんです。国民生活センターのページを見ると、たくさんの雨漏りトラブルの報告が上がっていることが分かります。

雨漏りの原因を特定するためには、雨漏りの修理業者に一度、現地調査で屋根の状態を見てもらう必要があるのですが、時間がなかったりお仕事が忙しかったりで、すぐに業者へお願いして見てもらうことができない方もいるかと思います。

そのような状態になっているあなたでも、事前にどんな雨漏り原因があるのかを知っておくことで、不安ばかりが増えてしまう日々から抜け出すことができます。

雨漏りが引き起こされる原因はたくさんあるので、一緒に一つずつ見ていきましょう。

雨漏りの原因まとめ

雨漏りの原因は1つ2つで表せないくらい、たくさんの原因があります。

私たちが把握しているだけでも13個ありますが、私たちが知らない原因もまだまだたくさんあります。

しかし、私たちが把握している雨漏りの原因を知ってもらうだけでも、雨漏りが引き起こされる理由・パターンが分かってきます。

雨漏りの原因として大きく分けると「経年劣化」「台風・強風などの自然災害」「施工不良」の3つに分かれるので、まずはこれらで引き起こされる雨漏りの原因にはどんなものがあるのかを見てみましょう。

原因経年劣化台風・強風施工不良
屋根材のズレ・割れ・浮き
谷樋板金
棟板金のクギ浮き
雨樋の詰まり・壊れ
コーキングの剥がれ
余計なコーキングで隙間を埋める
漆喰の崩れ
太陽光パネル取り付け時の穴
テレビアンテナの設置
外壁のヒビ割れ
初期の施工不良
DIYによる施工不良
屋根塗装時に縁切りが行われていない

こちらの表で、何が引き金となって雨漏りの原因と結びついているのか、なんとなく分かってもらえたと思います。

これら一つ一つの雨漏り原因の詳しい内容と、原因だけ知っていても意味がないので、修正方法もセットに覚えてもらうことで、あなたが今雨漏りのせいで抱えている不安や悩みを解決させましょう。

まずは焦らず一つ一つ解決していきましょうね。

雨漏りの原因1:屋根材のズレ・割れ・浮き

雨漏りの原因として特に多いのが屋根材のズレ・割れ・浮きです。

  • ズレ:屋根材が通常の位置より移動してしまいズレていること
  • 割れ:屋根材がヒビが入ったり割れてしまっていること
  • 浮き:強風などでめくれ上がってしまっていること

瓦屋根の場合はズレ・割れが発生し、その隙間から雨水が侵入してきます。スレート屋根の場合はズレ・割れもありますが、経年劣化や長年の強風に晒されてきたことで起こる浮きが発生し、雨水を侵入させることになります。

雨漏り原因の修理方法瓦のズレなどであれば、ズレを直してもらうだけ大丈夫なはずです。しかし、スレート屋根の浮きや屋根材の劣化が酷い場合は新しい屋根材に交換しましょう。

雨漏りの原因2:谷樋板金の腐食

屋根を伝って流れる雨を一旦貯める場所になります。雨が溜まりやすいので経年劣化や腐食が進むと雨漏りを発生させることが多いです。 金属(トタン・ガルバリウム当)の屋根で見られる現象です。

雨漏り原因の修理方法谷樋板金の腐食を起こしていたら、雨漏りが発生しつづけるため、谷樋板金を新しいものに交換してもらいましょう。

雨漏りの原因3:棟板金のクギ浮き

経年劣化や強い風(台風・強風)によって棟板金が持ち上げられて、固定していたクギ・ビスが緩むことで、その隙間から雨水が侵入してきます。

雨漏り原因の修理方法クギ・ビスの打ち直しが必要になります。クギ・ビスを打つ下地の腐食も起こっていたら、下地の交換もしてもらいましょう。

雨漏りの原因4:雨樋の詰まり・壊れ

雨を下に流すための雨樋ですが、雨樋にコケなどの発生・ゴミ(落ちは・枯れ葉)が詰まり、雨水の流れがせき止められることで雨水が侵入してきます。

雨漏り原因の修理方法雨樋の詰まりをまず取り除きます。雨水が溢れて雨樋が壊れている場合もあるので、壊れていたら掃除だけでなく新しい雨樋に交換してもらいましょう。

雨漏りの原因5:コーキングの剥がれ

コーキングで隙間を埋めていた部分が年月が経つごとに剥がれていき隙間が生まれます。この隙間から雨水が侵入することになります。

雨漏り原因の修理方法コーキングはゴムなので、経年劣化での剥がれが起きやすいです。そのため、一度剥がしてキレイな状態にしてから、効果の持続時間が長いコーキング剤を使って、打ち直してもらいましょう。

雨漏りの原因6:余計なコーキングで隙間を埋める

本来必要な隙間にコーキングがされて隙間を埋めてしまうことで、雨水の流れを変えてしまう・1カ所に雨水を貯めてしまう、このような事が発生し、雨漏りが発生することがあります。

雨漏り原因の修理方法必要のないコーキングを剥がしてもらいましょう。

雨漏りの原因7:漆喰の崩れ

漆喰は屋根材(瓦屋根)をささえる土台ですが、漆喰が崩れたところから雨水が侵入し、雨漏りが発生します。

雨漏り原因の修理方法漆喰の崩れは、他の瓦への影響もあるので、早めに新しい漆喰に交換してもらいましょう。

雨漏りの原因8:太陽光パネル取り付け時の穴

太陽光パネルを屋根に取り付ける時、固定するためにクギ・ビス止めを行うこともあり、この施工時のミスによって、雨水が侵入する道を作ってしまうこともあります。

雨漏り原因の修理方法太陽光パネルを一度外すことができない場合もあるので、太陽光パネルに詳しい業者に雨漏りを直してもらいましょう。

雨漏りの原因9:テレビアンテナの設置

テレビアンテナの設置時に、固定するためのクギ・ビス止めが影響して、雨水が侵入するケースもあります。

雨漏り原因の修理方法テレビアンテナに詳しい業者に雨漏りを直してもらいましょう。

雨漏りの原因10:外壁のヒビ割れ

屋根が原因ではなく外壁のヒビ割れが原因で雨水が侵入することもあります。

雨漏り原因の修理方法屋根に原因が見つからない場合は、外壁に問題がある場合があります。屋根業者だけでなく外壁塗装業者にも見てもらい、雨漏りの原因を特定してもらってから、修理をしてもらいましょう。

雨漏りの原因11:初期の施工不良

建築時の屋根・外壁の施工不良によって、雨漏りが引き起こされることもあります。

雨漏り原因の修理方法施工不良の場合は、前の施工がヒドイ工事の可能性もあるので、きちんと良し悪しを判断できる業者に見てもらい、適正な修理を行ってもらいましょう。

雨漏りの原因12:DIY

屋根材のズレ・割れ・浮きなど、自分でコーキングなど行ってしまったことによって、引き起こされる場合もあります。

雨漏り原因の修理方法DIYは雨漏りが起きる高い原因でもあります。ご自身でするのではなく、専門業者に診断してもらい、適正な修理を行ってもらいましょう。

雨漏りの原因13:屋根塗装時に縁切りが行われていない

スレート屋根の塗装時に、屋根材同士の隙間が塗料で埋まってしまうことによって引き起こされる雨漏りです。

雨漏り原因の修理方法縁切りが行わてないのであれば、縁切りをし直すしかありません。縁切りは非常に時間がかかるのと、丁寧にしっかりとやってもらわないといけないのもなので、信頼できる屋根業者に依頼をしましょう。

雨漏り原因を唯一解決する方法はきちんと現地調査をする事

雨漏りの原因を解決するためには近道など一つもなく、きちんと屋根を現地調査して隅々まで悪いところを見てもらう必要があります。

雨漏りが起こってしまうと、普段とは違う生活環境になったことで、焦りや不安が増し、すぐにでも修理してもらおうと急いで何もかも進めてしまおうとしがちになります。

今こちらの記事を見ているあなたも、雨漏りが起こってしまって、まずは原因を調べている最中だと思われますが、焦りは禁物です。

もし焦って雨漏り修理を進めてしまおうとすると、

  • 悪徳業者を選んでしまい、直らない雨漏りに何度も費用をかけてしまう
  • 現地調査を入念にする時間も与えないため原因が特定できず直らない
  • 初めてのことをいきなりたくさんすることで疲れ切ってしまう

どれも、初めて雨漏りがしてしまった人が起こりがちなことですが、そこをグッとこらえていただき、まずは落ち着いて以下の内容を見てほしいです。

雨漏りの原因を解決するための現地調査の方法

雨漏りの原因を解決するためには、現地調査が大事なことを伝えてましたが、雨漏りを修理するための現地調査って何をするの?と思ったと思います。

雨漏り理をするための、現地調査の流れを知ってもらうことで、あなたが雨漏り修理をするイメージを具体的に持つことができるため、実際に現地調査や雨漏り修理が始まっても落ち着いて見ていられます。

それでは、雨漏りの原因を解決するための現地調査〜修理までの流れを、私と一緒に見てみましょう。

STEP1:あなたの地元で地域密着の優良な雨漏り修理業者を探す
最初から一番大事なところです。どんな雨漏りも優良業者にお願いしなければ直りません。必ず雨漏りの優良業者を見つけてお願いをしましょう。
STEP2:優良業者に雨漏り修理の見積もりを出してもらうために現地調査の日取りを決める
選んだ雨漏りの修理業者に、雨漏りの原因特定に必要な現地調査の日取りを決めます。
STEP3:現地調査を開始
雨漏りの原因を特定するために、現地調査を行います。屋根に上がっての目視調査、屋根の裏側も見ます。その他、雨漏りを再現する散水調査やサーモグラフィー調査なども行い、徹底的に雨漏りの原因を見つけるための調査をします。
STEP4:現地調査後、見積もり書と雨漏りの原因の説明に来る
現地調査をした内容で、雨漏り修理の見積もりを出します。それと雨漏りの原因の報告とどんな修理になるかも、業者より伝えてもらいます。
STEP5:原因の確認をし、工事内容に納得できたらお申し込み
雨漏りの原因を確認し、原因を解決するための工事内容にご納得できた場合のみ、その業者へお申し込みします。
STEP6:雨漏り修理工事
最後は、実際に雨漏りの修理工事をして完了です。雨漏り修理の工事は、雨が降ったりして中断しなければ1~3日もあれば終わってしまいます。

このように、業者を探す→見積もりを頼む→原因を知る→申し込む→雨漏り修理となります。

こちらの流れを見てもらい、初めて雨漏り修理をするあなたであっても、落ち着いて進めて行けるようになればいいと思っています。

そして改めて言うと、雨漏りを唯一直す方法は原因を特定してから工事を行うことのみ。

雨漏りの修理は、きちんと原因を調査して特定してくれる修理業者にお願いしましょう。

それでは次に、雨漏りの原因調査の方法を一緒に見てみましょう。

雨漏りの原因調査の方法

雨漏りの原因調査の方法にはいくつかあり、中には費用が発生するものもあるので、事前に把握しておきましょう。

調査項目費用相場調査内容
目視調査無料屋根に上がったり目視で確認する調査方法
散水調査5~20万円水をかけて雨漏りの再現を試みる調査方法(水道代はお客様負担)
発光液調査10~30万円発光する液体を雨漏りと思われる箇所に流し、紫外線ライトを当てて雨水の侵入口を確認する調査方法
赤外線サーモグラフィー調査10~40万円建物内の温度差を確認し、内部の状態を確認する調査方法
※建物の大きさによって費用が変わってきます。 ※調査報告書を作成する場合、別途費用が発生する場合もあります。

雨漏りの原因調査でよく行われるのが、無料の目視調査ですが、目視で雨漏りの原因を突き止められる人は、熟練の屋根業者のみなので、そんな簡単に見つけることができません。

例え熟練した屋根の雨漏り業者であっても、間違えてしまうこともあるので、雨漏りの原因特定には、徹底的な調査が必要となります。

雨漏り修理には2通りある

雨漏り修理の方法として、大きく分けると以下の2つがあります。

  • 1つ目:無料の目視調査のみ
  • 2つ目:有料の特別な調査も行う

1つ目の無料の目視調査であれば、かかる費用は雨漏りの修理費のみになります。

しかし、2つ目の特別な調査を行う場合は、修理り費用に調査費用が加わり、施工費用は多少高くなります。

安い費用か高い費用かの2通りになりますが、私達は有料の特別な調査もしてほしいと思っています。

有料の特別な調査をしてほしい理由

雨漏りの原因を特定せずに修理を行った場合、根本的な原因が直せないために、何度も修理費が発生する可能性があります。

何度も修理をするのではなく、一度の修理だけで直すことで結果的に費用は安く済みます。

根本的な原因を「特定しない」「特定する」といったことで、将来的な修理費用にかなり差が出るようになるので、私たちは原因が特定できる有料の特別な調査も実施することをオススメしています。

雨漏りの修理は必ず優良な屋根業者へ

雨漏りが起こった場合は、必ずあなたの地元の優良な屋根業者へお願してほしいです。

日本は雨や台風も多く、雨漏りのお悩みを抱える方がたくさんいるため、技術もない業者でも「雨漏りの修理業者」と名乗って参入しやすい業界です。

そのため、安易に屋根の雨漏り修理業者を決めてしまうとひどい目に…。

雨漏りの修理が初めてのあなたでも、きちんと優良業者を見極めることができる情報を一緒に見ていきましょう。

雨漏りの原因を解決できる優良業者ってどんな業者?

雨漏りの原因を解決するためには、高い技術・経験が必要となり、ちょっと雨漏りに関しての知識があるだけの雨漏り修理業者に頼んでしまうと、直らない雨漏りに無駄な費用を払ってしまうのと一緒になります。

そのため、雨漏り修理をする場合は、絶対的に優良業者へお願いする必要がありますが、雨漏り修理が初めてのあなたは優良業者にはどんな特徴を持っているかも分からないかと思います。

あなた自身でも優良業者を見極められる情報をお伝えするので、雨漏り修理の失敗を防ぐための知識として頂ければと思います。

優良業者の特徴詳細
地元密着大手業者と地元密着の雨漏り修理業者では、費用や対応面において大きな差が生まれます。例えば大手業者(ハウスメーカー等)だと、雨漏り修理は高度な技術なので、大手は専門知識を持っていないため、別の雨漏り修理の専門店に発注します。この発注した際に中間マージン(無駄な紹介料)が発生し、通常よりも高い費用で雨漏り修理をしてしまうことになります。雨漏り修理を頼む場合は、必ず地元密着の業者を選びましょう。
屋根の上に上がって調査をする雨漏りの原因特定には、屋根に上がっての調査が必ず必要です。屋根にも上がらずに見積もりを出してくる業者は論外。雨漏りの箇所を見ただけで原因が分かると言う業者もいますが、雨漏りは複合的な原因で起こっている場合が多いため、見ただけで分かるという人はあまり信用できません。きちんと屋根に上がって隅々まで見てくれる業者を選びましょう。
雨漏りの原因を教えてくれる雨漏りの原因を特定せずに修理を行っても直らない雨漏りにお金を無駄にかけているのと同じです。それほど大事なな雨漏りの原因を教えてくれない、見せてくれないという業者は信用してはいけません。自分たちの都合のいいようにするため、あなたにあえて見せていない事もあります。雨漏りの原因をきちんと教えてくれて、写真や映像でも見せてくれる業者を選びましょう。
あなたが出せる予算に応じて提案してくれるあなたの話しや予算を聞かずに、一歩的に屋根の全面リフォーム(葺き替え)を勧めてくる業者には注意をしてください。雨漏りだと数十万で出来るものが、リフォームとなると数百万となることもあります。そのような業者は、あなたの事を何も考えずに業者に都合がいいように進めようとする典型的な悪徳業者です。きちんとあなたの事を考え提案してくれる業者を選びましょう。
見積もり書の内容・説明が分かりやすい見積書は費用の事が書かれた大事な書類です。悪徳業者の場合、見積もり書に「雨漏り修理 一式 ◯◯◯万円」と、内訳や何にどんなものが使われどのくらいの金額がかかっているのか教えてくれません。詳細な見積もりと説明をしてくれる業者を選びましょう。
雨漏り修理の経験が豊富雨漏りの原因を特定するために複雑難解なものを解きほぐす必要があります。そう言えるくらい、複合的な原因が重なりあっているからです。雨漏り修理を2~3年経験しただけの業者では、やはり心もとないので、最低でも5年以上の雨漏り修理の経験を持つ業者にお願いしましょう。
身だしなみ・マナーが整っている身だしなみやマナーがきちんとされている雨漏り修理業者は、会社内でもそのように教育がされ、お客様に対して不快がない接客ができるように見についています。車の止め方が悪かったり、タバコ臭かったりすると、スタッフ教育もろくにされていない統率がとれてない業者です。身だしなみ・マナーなど一つ一つをあなたが審査するように見て、あなたが「この人に頼みたいな」と思えなければ、その業者へ頼んではいけません。必ずあなたに合う業者を選びましょう。

雨漏り修理の、優良業者と言われる人たちが持ち合わせている特徴を書きました。

雨漏り業者はあなたの地域にも何十社と存在していますんで、優良業者の特徴を覚えていただき、業者選びの知識をしてもらえればと思います。

しかし、雨漏り修理において業者選びで終われないのが、雨漏り修理の難しいところ。それは、雨漏りの原因を解決してもらっても、いつ再発するかも分からない状況だからです。

正しい業者選びを行い、修理をしてもらったら、次はアフターチェックについて一緒に見てみましょう。

雨漏りの修理後は必ずアフターチェックを!

「雨漏りの原因を解決して、さあ終わり!」では本当の終わりではありません。

雨漏りの原因解決において、修理の後のアフターチェックがとても大切になってきます。

アフターチェックは、原因を解決したと思った場所が、本当に解決されているかを確認し、雨漏りの修理が出来ているかを確かめることです。

このアフターチェックを終えて初めて、あなたを悩ます雨漏りの原因を解決できたことになります。

あなたのお家で出ている症状が火災保険の適用範囲かどうかを調べたい方は、無料診断もできますので「建物へ保険適用の為の無料相談フォーム」よりお気軽にご相談ください。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
雨漏りの原因と修理方法についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?どんな小さなことからでもご相談を無料でさせていただいているので、お気軽に以下の屋根・外壁のお悩み相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

安心の雨漏り修理をするにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁の修理業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「雨漏り修理の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに優良業者を選べます。最大3社をご紹介。

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)