• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

アパートの外壁塗装で知りたい「臭い」の話

あなたのアパートを外壁塗装する時、工事中に発生するペンキの臭いについて原因や対策を知っておくと、アパートに住む入居者やご近所さんとのトラブルを防ぐことができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

あなたの経営するアパートは、定期的に外壁塗装でメンテナンスすると、キレイで健康な状態を保つことができます。

しかし、外壁塗装はペンキを塗る工事なので、独特の臭いによるトラブルが起きないか、心配だと思います。

住んでもらっている入居者や、長くお付き合いをしていくご近所さんに不安なく過ごしてもらうためにも、アパートの外壁塗装で気になる「臭い」について、一緒に確認していきましょう。

ここでは、

  • 外壁塗装で起きる臭いの正体
  • アパートの外壁塗装で起きる臭いトラブル
  • アパートを外壁塗装する時の臭い対策

これらを一緒に見ていければと思うので、あなたにとって、今後もトラブルなくアパート経営を続けるための情報になると嬉しいです。

外壁塗装で起きる臭いの正体は?

建物の周りに足場が組まれているお家やアパートを見かけたことがあるかもしれませんが、このような建物は外壁塗装工事をしていることが多く、近くを通るとペンキ特有の臭いがします。

あなたも経営アパートを外壁塗装しようと考えている場合、見積もりや業者選びだけでも大変だと思いますが、ペンキの臭いによって入居者やお隣さんからクレームを受けないか、具合いが悪くなったりしないのか…心配事の一つですよね。

外壁塗装で発生するペンキの臭いについて、詳しく確認していきましょう。

臭いの主な原因は塗料

外壁塗装で使われるペンキは専用の塗料が使われ、塗料の成分によって独特の臭いが発生します。

外壁塗装の塗料は、以下のような成分で作られています。

成分詳細
合成樹脂合成樹脂の種類によって塗装の耐久度が変わり、シリコン樹脂はシリコン系塗料、フッ素樹脂はフッ素系塗料となります。
顔料色の素となる成分が主ですが、サビ止め専用塗料は防サビ効果のある顔料も使われます。
添加剤
(てんかざい)
塗装時に塗料が垂れにくくしたり、防カビ効果を持たせるなど、塗料に様々な機能を加えるための成分で、ツヤを調整するときにも添加剤が使われます。
希釈剤
(きしゃくざい)
塗装する直前に職人さんが自分で入れて混ぜるもので、塗料によって水か専用のシンナーどちらかを使います。

塗料はこれらが混ざり合って出来ており、添加剤の一つになる硬化剤(塗料を固めるための成分)は後から入れるタイプもあり、職人さんが希釈剤と一緒に自分で混ぜて使います。

そのため、塗装業者の職人さんは、以下のように塗料を自分で作ってから塗装作業を始めます。

  • 工場で製造時に混ぜてある成分
    合成樹脂+顔料+添加剤
  •  
  • 塗装業者さんが自分で混ぜる成分
    希釈剤(塗料の種類によっては硬化剤も混ぜる)

この中でも、塗料の臭いが気になるあなたに注目してもらいたいのが希釈剤で、希釈剤がの塗料を水性塗料、希釈剤が専用シンナーの塗料を油性塗料と呼びます。

塗料はさまざまな化学物質で作られているため、特有の臭いがしますが、一番強い臭いを発生させているのは、油性塗料に使われる専用シンナーです。

外壁塗装で塗った塗料は、乾くことで段々と固まり外壁に密着していきますが、希釈剤である専用シンナーが乾いて蒸発するときに臭いを発生させてしまうんです。

コケや藻の洗浄時に臭いがすることも

外壁塗装では、塗料を塗る前におこなう準備作業の時に、高圧洗浄機を使って外壁をキレイに洗浄する工程があります。

もし、外壁にコケが生えていた場合は、高圧洗浄機で落とした時に海や磯のような臭いがすることがあり、コケや藻は海や磯の臭いと同じ成分が含まれています。

そのため、コケや藻を洗浄して剥がした時に、海や磯の臭いが発生してしまいますが、塗料に含まれる専用シンナーに比べて臭いは弱く、洗浄時に近づかなければ気になりにくいです。

そもそも外壁塗装ってなに?

外壁塗装とは、外壁に専用の塗料を塗ってアパートを保護する工事のことで、約10年ごとに行うとアパートの美観や健康状態を維持していくことができます。

ペンキを塗る工事ですが、見た目をキレイにしたり、アパートの色を変えたい人だけが行う工事ではなく、入居者に長く安心して住み続けてもらうためにも必要になるので、安定したアパート収入を継続して得るには必ずおこなうべきなんです。

外壁塗装に使われる塗料は、雨や紫外線による外壁の劣化を防ぐことが出来て、防カビ・防コケ効果や遮熱効果のある塗料もあるので、アパートのキレイで健康な状態を長く保ってくれます。

外壁塗装の主な役割は、アパートの内部に雨水が侵入するのを防ぐことで、建物は水や湿気に弱いため、外壁材がむき出しになっていると水分を含んで腐食したり、雨漏りしてしまう恐れがあります。

外壁に塗料を塗って保護すると、アパートの中に雨水が入りにくくなりますが、長い年月が経てば塗装は自然と劣化してしまうものなので、10年を目安に外壁塗装するのがオススメです。

アパートの外壁塗装で起きる臭いのトラブル

アパート経営で大切なメンテナンスになる外壁塗装ですが、トラブルなく工事を済ませたいですよね。

アパートを外壁塗装する時の臭いによって発生しがちなトラブルを、一緒に確認しておきましょう。

トラブル1:体調が悪くなる

外壁塗装で発生する臭いは、塗料に含まれるシンナー臭が主な原因ですが、元々シンナーは人の身体にとって良いものではありません。

そのため、人によっては体調を悪くしてしまい、気分が悪くなったり吐き気を催したりすることもあります。

また、シンナーによってアレルギー反応が出てしまう場合があり、めまいやノドの痛み、頭痛が発症したり、元々持っているアレルギーが悪化する可能性もあるんです。

トラブル2:換気ができなくなる

外壁塗装で塗料を扱っている最中は、塗料が発するシンナー臭がアパートの周りに広がります。

その結果、アパートの入居者やお隣さんは、を閉め切ったり換気扇が使えなくなってしまう可能性が高く、塗装中は空気の入れ替えがしにくくなります。

部屋の換気は快適な暮らしのためにも必要ですが、換気ができないことでストレスを抱えてしまい、クレームに繋がる可能性があります。

トラブル3:洗濯物が干せなくなる

塗装中に洗濯物を外で干すと、塗料の持つシンナー臭が移ってしまう恐れがあり、臭いだけではなく塗料そのものが飛散して洗濯物に付着してしまう可能性もあるため、入居者やお隣さんは塗装をする間、洗濯物が干せなくなってしまいます。

そのため、部屋干しや乾燥機、コインランドリーなどを利用してもらうことになりますが、乾きが悪かったり、コインランドリーの場合は手間やお金が掛かるため、クレームとなってしまう可能性もあります。

トラブル4:オーナーのあなたへクレームが来る

アパートの入居者が快適な生活を送るためにも、外壁塗装は必要な工事ですが、外壁塗装中に限っては、あまり快適に過ごせなくなってしまいます。

ベランダにあるものを室内に入れてもらったり、洗濯物が外に干せなくなったり…足場の組立や解体時には大きな音が鳴るため、普段どおりの暮らしとは遠ざかってしまい、塗料のシンナー臭にも敏感になりやすいです。

また、塗料のシンナー臭は赤ちゃんやペットの身体にも良くないので、このように様々な不自由不安要素が重なってストレスになり、オーナーのあなたへクレームが来てしまうことも。

アパートはそれぞれ違う価値観を持っている人同士が住んでいる建物なので、シンナー臭に耐えかねてクレームを言う入居者もいる可能性があります。

アパートの外壁塗装で気になる臭い対策

アパートの外壁塗装は、あなたが安定したアパート経営を続けるために必要な工事なので、「臭いが出るからやらない」という訳にもいかないですよね。

アパートに住んでもらっている方々や近隣への迷惑を最小限に抑えるためにも、オーナーのあなたができる対策を一緒に確認していきましょう。

対策1.工事前のあいさつ回りをしっかり行ってもらう

アパートの外壁塗装で臭いのトラブルを防ぐために、私が一番大切だと思っているのは、工事前のあいさつやお知らせです。

アパートに住む入居者やご近所さんにとって、何のあいさつもなく突然塗装工事が始まったり、外壁塗装がどんな工事か知らないと、塗装工程に入った時、

「この臭いは何だ!?」
「外壁塗装ってこんなに臭うの!?」

このように、驚いたり不快に思ってしまいます。

塗料の臭いで体調を崩してしまう人がいるだけでなく、元々人の身体にとって有害なものなので、具合が悪くならない人でも自然と嫌な気持ちになるはずです。

そのため、入居者やご近所さんに何も伝えないままアパートの外壁塗装を行うと、大きなクレームになる可能性が高く、工事をする塗装業者さんだけではなく、オーナーのあなたもクレームを受ける事になってしまうんです。

アパートの外壁塗装をするときは、一般的に塗装業者さんが、以下のような方法であいさつ回りをしてくれます。

工事までの時期あいさつ回りの方法
工事の1~2週間前入居者やご近所さんへ直接あいさつをして、お知らせの書面も渡します。不在の場合は書面をポストに入れておき、アパートの掲示板や入居者全員が見えやすいところに、お知らせの張り紙を貼っておきます。
工事初日作業を始める前に、入居者やご近所さんへ改めて、直接あいさつを行います。

塗装業者さんによって、あいさつやお知らせの方法は変わりますが、塗装業者さん自身もできる限りクレームを防ぎたいので、優良業者さんはあいさつ回りをしっかり行ってくれます。

もちろん、工事中は塗料の臭いが発生してしまうという事だけでなく、足場工事の騒音についても記載をしたり、洗濯物を干して大丈夫な日を知らせてあげると、より丁寧な内容になります。

また、あいさつをするのは上記2回のタイミングだけではなく、ご近所さんが近くを通ったり、入居者がアパートを出入りする時など、会う機会があればあいさつをするのが、人としても当たり前です。

アパートの入居者ご近所さんは、外壁塗装に協力してもらうことになるので、最低限のマナーやコミュニケーションを取っておくことはとても大切なんです。

オーナーのあなたからも挨拶しておく

アパートの外壁塗装工事をおこなう前は、一般的に塗装業者さんが入居者やご近所さんへあいさつ回りをしてくれますが、できるだけオーナーのあなたからもあいさつしておくのがオススメです。

経営アパートではなく別のお家にあなたがお住まいの場合は、直接アパートへ足を運ぶ機会がほとんどないと思うので、直接は難しくても連絡をしておいたり、アパートの管理会社から代わりに伝えてもらえる場合もあります。

対策2.水性塗料を選ぶ

アパートの外壁塗装に使われる塗料は、塗装工事をお願いするあなたが選べるものですが、どの塗料を選べばいいのか分からないですよね。

一般的には、あなたのアパートに向いている塗料や、あなたの要望に合わせた塗料を、塗装業者さんが選んでくれるので、あなたと塗装業者さんが相談して塗料を選ぶことになります。

いろいろな塗料がある中でも、外壁塗装の臭いを抑えるためには、水性塗料を使って塗装をしてもらうのがオススメで、専用のシンナーを混ぜる油性塗料に対して、水を混ぜる水性塗料は独特の臭いが少なくなるんです。

水性塗料と油性塗料の違い

水性塗料と油性塗料は、以下のようにそれぞれメリット・デメリットがあります。

水性塗料油性塗料
特徴水で薄めて使う専用シンナーで薄めて使う
メリット・ニオイが少ない
・油性塗料より金額が安い
・環境に優しい
・ツヤ消し塗料がある
・乾燥しやすい
・水ではなく科学物質を混ぜるため耐久性が高い
・ツヤが長持ちし、劣化しにくい
デメリット・油性よりは耐久性が低い
・油性より乾きにくい
・ニオイが強い
・水性塗料より金額が高い
・ツヤ消し塗料がほとんどない

水で薄める水性塗料に比べ、油性塗料は専用のシンナーで薄めるので、専用シンナーに含まれる化学物質の働きによって塗装の耐久性が高くなります。

しかし、各塗料メーカーで水性塗料の開発が進んでおり、耐久性の高い水性塗料も増えてきているので、塗料の臭いでクレームを出さないために、水性塗料を使ってアパートを外壁塗装するのがオススメです。

ただ、臭いは無いほうが良いものの、外壁塗装はアパートの劣化を防いで、入居者に快適な生活を送ってもらうための工事だということも、忘れてはいけません。

水性塗料にこだわりすぎず、塗装する場所の材質や塗料の耐久性などを、塗装業者さんにしっかり確認してもらい、相談しながら塗料を選ぶようにしましょう。

対策3.作業スケジュールをきちんと確認する

外壁塗装では、塗料が原因となってシンナーのような臭いが発生しますが、塗料を使う塗装作業いつ行われるのか事前に把握していれば、トラブルを最小限にとどめることができます。

アパートの外壁塗装は、一般的に以下のような流れで工事が進みます。

工程作業内容詳細
STEP1あいさつ回りアパートの入居者やご近所さんへあいさつする
STEP2足場設置職人さんが安全に作業するためアパートの周りに足場を組む
STEP3高圧洗浄外壁の汚れや古い塗装の膜を落とす
STEP4下地処理ひび割れ補修や、塗料を密着させるために外壁面を整える作業
STEP5養生塗装する必要がない部分をビニールで保護する
STEP6塗装:下塗り中塗り・上塗り塗料の効果を高めるよう下塗り塗料を塗る
STEP7塗装:中塗り下塗り塗料が乾いたら中塗り塗料を塗る
STEP8塗装:上塗り中塗り塗料が乾いたら同じ塗料をもう一度塗る
STEP9手直し・点検細かい部分の塗装や塗り残し・ムラがないか確認
STEP10足場解体外壁やお隣さんにぶつけないよう注意しながら足場を解体
  

外壁塗装で塗料の臭いが発生するのは、塗装をする下塗り・中塗り・上塗りと、手直しをする時になるので、これらの作業をいつ行うのか知っておくと、アパートの入居者やお隣さんへ事前に知らせておくことが出来ます。

塗装業者さんは、外壁塗装工事の前に作業工程表を作ってくれることがほとんどなので、工程表を元にして入居者やご近所さんへ、あいさつと一緒に塗料の臭いが発生する予定の日にちを伝えてあげるのがオススメです。

また、外壁塗装のスケジュールは天気に左右されやすいため、あくまで予定だということも、しっかり伝えておきましょう。

対策4.優良業者を選ぶ

優良業者さんは、工事をしてお金をもらうこと以前に、人を大事にする業者さんが多いので、ただ工事するのではなく、オーナーのあなたやアパートに住む入居者、ご近所さんたちに、できるだけ迷惑が掛からず安心できるような対応をしてくれます。

それに対して、配慮ができない塗装業者さんは、あいさつ回りをきちんと行わなかったり、工事が予定とずれても、オーナーのあなたに伝えない場合があります。

アパートの外壁塗装を多く経験していたり、丁寧な作業をしてくれる優良な塗装業者さんであれば、クレームが起きないように臭い対策もきちんと対応してくれたり、入居者やご近所さんへ配慮した工事をしてくれます。

優良業者さんは、どんな人へも気配りできることから、地域の人々に信頼されていて人気がある、地域密着型の業者さんが多いので、あなたの経営アパートがある地域で活躍している塗装業者さんを選ぶのがオススメです。

工事の間は大変ですが、無事に外壁塗装をおこない、安心してアパート経営を続けるためにも、入居者・ご近所さん・塗装業者さんと一緒に協力し合って進めるようにしましょう。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
アパートの外壁塗装で気になる臭いについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、アパートの外壁塗装で気になる臭いに関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさんトラブルなくアパートの外壁塗装がしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

工事中の臭いまで気をつかってくれる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「アパートの外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付