• 地元密着の優良店さんの募集

4/27~5/6までは一時受付となります。

01201649170120-164-917

え、知らなかったら損?外壁塗装の塗料に秘められた効果

このページで分かること・身につくこと外壁塗装に使われる塗料の効果や特徴を知る事で、塗装業者に頼るのではなくあなた自身で塗装プランを立てられるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

外壁塗装をしたい場合、塗料の効果を知らないと損をします。

ただ塗装業者の提案をそのまま受けてしまうのではなく、あなたの大切なお家を塗装するのですから、あなた自身でも希望の塗料を見つける方が、納得のいく塗装工事ができます。

初めて外壁塗装をする方が、知っておきたい塗料の効果を、私と一緒に見ていきましょう。

まずは外壁塗装をすると得られる効果について

え、知らなかったら損?外壁塗装の塗料に秘められた効果

外壁は建物のシンボルともなる重要な部分です。

建物の外観を考える上で外壁は欠かせない場所ですし、外壁の塗装をしっかりと施しておくことで建物全体の印象もぐっと良くなります。

ただ、外壁の塗装は建物の美観を整えることができるだけではなく、建物そのものを守るためにも、塗装はとても大きな効果を発揮してくれるものです。

そして、外壁塗装の効果は塗料によって異なっているので、あなたが希望する、あなたのお家に合う塗料を見つけられるよう、塗料の効果について一緒に学んでいきましょう。

塗料の効果1:建物を保護する効果

塗料アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系などの塗料

外壁塗装は何も建物の美観を守るためだけにするものではありません。

常に風雨に晒されている建物を保護する役割をも担っているため、外壁塗装をすることで、外壁の耐久性を高めることが可能です。

外壁塗装で使われる塗料にはさまざまな種類のものがありますが、中でもフッ素系塗料は耐久性に優れ、日光や風雨から建物そのものを保護する機能を持っています。

フッ素系の塗料はしっかりと外壁に吸着する性質を持っており、塗料がより外壁に密着することで建物の耐久度を抜群に高めることができるのです。

そのため、紫外線や雨風を浴び続ける建物の外壁を長期間にわたって保護する機能に優れ、建物が老朽化してしまわぬように防ぐことができます。

外壁も経年によっていつかは劣化してしまいますが、塗料をしっかりと塗布することで劣化の速度を抑えることにつながります。

塗料の効果1のまとめ!・建物の耐久性を高めることができる
・紫外線、雨風、ホコリなどの環境ダメージを防いてくれる

塗料の効果2:塗料の防水性能

塗料アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系などの塗料

塗料には高い防水性能を期待することができます。外壁はそのままの状態であると湿気や水分に弱い性質を持つものもあります。雨や雪に耐えねばならない外壁にとって、こうした水気に弱い性質は大きな弱点ともなりかねません。

外壁塗装が疎かになって、たとえば塗料が剥げているなどの状態に陥った外壁は、簡単に水分や湿気によって劣化してしまいます。

それがひび割れや破損の原因となって、建物そのものの構造にも影響を与えることも少なくありません。外壁に施された塗料には防水の役割もあり、雨や雪による外壁の傷みを和らげる効果を期待することができ、外壁の傷みによる雨漏りなどを防ぐことが期待できます。

また、冬場などは外壁に結露がたまる心配がありますが、塗料の種類によっては水分を遮断しつつ湿気は通すという透湿性に優れたものもあります。結露を防ぐためにはこの透湿性が重要なので、塗料を施すことで結露を防ぐことにもつながるでしょう。

塗料の効果2のまとめ!・外壁に防水性を加えることができる
・湿気からくるヒビ割れを防いでくれる
・結露が防げる

塗料の効果3:断熱・遮熱効果

塗料断熱・遮熱系の塗料

塗料には断熱や遮熱効果もあります。夏の間は涼しく、冬の間は暖かく、建物の中を適度な状態に保つためには塗料の力が欠かせません。

遮熱効果のある塗料であれば、夏場の直射日光による外壁の温度上昇を抑える効果が期待でき、室内における冷房効果を高めて真夏でも快適に過ごせる住宅環境を促します。

一方、断熱効果のある塗料も合わせて使用すれば、冬場の暖房効果を高めることにもつながります。外気の影響を受けにくい住宅ならば、節電効果を十分に得ることができるので、電気代の節約もできてしまいます。外壁の塗料が住宅の省エネ化にも貢献してくれるということです。

塗料の効果3のまとめ!・熱を遮断してくれる
・エアコンの節約に役立つ
・室内を快適に保ってくれる

塗料の効果4:塗料の持つ遮音性

塗料アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系などの塗料

建物の周りの騒音が気になったことはありませんか?

騒音は外壁を通して室内に聞こえてくるものです。壁が厚ければ騒音を防ぐことも容易いですが、騒音が気になるからと言って壁を厚くするわけにもいきませんよね。

外壁塗装は騒音対策にも効果的です。塗料には遮音効果も期待でき、近隣の生活音や車の通り過ぎる音など、塗料によって遮音することができます。

心地よい生活空間を実現するためには、静かで落ち着いた室内環境が不可欠です。外壁塗装は心地よい住環境の構築にもつながります。

塗料の効果4のまとめ!・騒音対策ができる
・快適な室内環境がつくれる

塗料の効果5:セルフクリーニングでいつでも綺麗

塗料光触媒系の塗料

外壁は建物の部位の中でもとりわけ劣化が激しい箇所になりがちです。

絶えず風雨や日光にさらされているため、他の部位と比べると、どうしても劣化が激しくなってしまうのです。特殊な種類の塗料を使えば、そのセルフクリーニングの効果で、いつでも綺麗な外壁を保つことが期待できます。

光触媒の塗料などは、外壁に付着した汚れを雨などと一緒に洗い流すことができるようになっています。外壁が汚れてしまうと美観を損なうことにもなりかねませんが、セルフクリーニング効果のある塗料を用いればその心配もいりません。

また、外壁に付着した汚れからひび割れなどの大きな損害につながってしまうこともあるため、自浄作用のあるこうした塗料を用いることで、外壁そのものの寿命を伸ばすことも期待できるでしょう。

塗料の効果5のまとめ!・外壁が汚れにくくなる
・雨が降ると汚れを一緒に落としてくれる

塗料の効果6:外壁のカビやサビを防ぐことも

塗料アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系などの塗料

しっかりと塗料が施してある外壁は、雨だれなどによって生じてしまうサビやカビなどを防ぐこともでき、塗料の中には防カビ性や防錆性に優れた種類も用意されています。

さらには、藻や苔などの発生を抑えることに特化した塗料もあり、海沿いに位置しているなどで湿りやすい外壁などには、そうした特殊な塗料を使用してみても良いかもしれません。

住宅の外壁はその土地の風土や特性によってさまざまな影響を受けます。それぞれの風土に適した塗料を使うことで、カビや苔などといった特殊な外壁の汚れを防ぐことにもつながります。

塗料の効果6のまとめ!・サビを防いでくれる
・カビ、コケ、藻を防いでくれる

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の塗料の効果についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁塗装の安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん失敗しない塗装をしてもらうにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、塗装のアドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用は無料・365日受付・どんなに小さい相談でも大丈夫です。