• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

塗料のにおいの秘密を知って有害物質から体を守りましょう

  • 更新 | 2016.08.08 公開
  • 塗料(36)

外壁塗装は、住宅工事の中でも臭いが発生する工事になります。気になる体への影響などを、事前に知っておくのがオススメです。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

種類によって、塗料のにおいは人体に影響を及ぼす恐れがあります。

塗料に含まれている有害な物質はシンナーで、これを長時間吸い続けることにより身体への悪影響が発生します。

特にお子様の近くに置いておくと、中毒症状を起こして大変危険ですので注意が必要です。

外壁塗装時に気になるにおい。塗料による健康への影響は?

塗料のにおいの秘密を知って有害物質から体を守りましょう

大人であってもにおいに敏感な方や、アレルギーをお持ちの方もより注意をしなければなりません。外壁塗装を行い際には、ご自分がシンナーに対して敏感かどうか、アレルギー体質ではないかどうかを先に確認してから、塗料を決めることをおすすめいたします。

最近では人体や環境に対して優しい塗料が数多く出回っています。悪性の化学物質を含まない塗料などを専門家に質問して聞くと安心して選ぶことができるでしょう。

一般的な塗料に含まれる有害物質

・イソプロピルアルコール

・メタノール

・キシレン、シンナー

主に上記の有害物質が含まれており、塗料の種類によっても変わってきます。

人体への悪影響、主な症状

吐き気めまい睡眠障害
頭痛生理不順目や口の粘膜が傷つく
不妊ノイローゼ呼吸困難

外壁塗装は数週間かかる場合もあり、塗料の使用量も塗布範囲が広ければ広いほど多くなります。ちょっと離れていると思っても、においは風に乗ってくることもあります。人によって症状は様々ですが、軽いもので頭痛やめまいを発症し、最悪の場合は呼吸困難から死に至るケースも予想されます。また、元々持っていた持病が悪化するなどといったこともあり、たかが塗料といえど、必ず気遣うべきポイントと言えるでしょう。

塗料による健康被害を防ぐためには

塗料の種類として油性と水性などがありますが、油性はにおいがきついため、外壁塗装にはおすすめできません。特にシンナーのにおいが気になる方には水性塗料を使用することにより中毒症状を軽減することができるでしょう。

また年々、水性塗料の質も上がっており、種類も増えてきているので、近年では選択肢の幅も広がっています。ただし、水性にしてもにおいが無くなるわけではありませんのでご注意を。軽減はされても無にすることはできないということです。

作業をするなら防毒マスクと長袖や長ズボンが必須

塗料の毒性というのは皮膚からも侵入するため、もしご自身で扱う方は、必ず長袖や長ズボンを着用して作業を行いましょう。また、マスクは普通のマスクでは防毒作用が不十分です。有機溶剤に対応の専用防毒マスクの装着が必須です。塗料が皮膚に直接的に接触することもなるべく避けるようにしましょう。

悪影響のある外壁塗料とは

人体に影響を与えやすい塗料としては、VOC(揮発性有機化合物)と呼ばれる塗料です。これらの塗料は一般的に溶剤系塗料に分類されており、樹脂を溶かして外壁に塗りやすくする成分を含んでいます。この成分は塗ってから約3週間は気化し続け、その後も少量ながら有害物質を放出するケースがあります。逆に、水系塗料の場合は健康被害を抑えるために工夫をされていますので、溶剤系塗料に比べて安心して使用することができます。

塗料に含まれるシンナーの毒性は、身体の大きな大人ももちろん、小さなお子様には特に影響力が強いものです。子供たちが誤って吸ってしまわないよう周りにいる大人たちの正しい判断と対応が求められます。

外壁塗装工事の費用をご確認される場合は、外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できるも合わせてご確認ください。

かべぬりコンさん塗料で失敗しない塗装をしてもらうにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)