全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

定期点検が命?外壁塗装はアフターフォローで業者を選ぼう

定期点検が命?外壁塗装はアフターフォローで業者を選ぼう

塗装後もしっかり定期点検を行ってくれる業者を選びましょう

一般的な塗膜の寿命はおよそ10年前後と言われています。しかしそれ以前に塗料の剥がれやひび割れが起こってしまったら大変です。

外壁は塗装後もしっかりと定期点検をしなくてはならず、定期点検を行うことで外壁の寿命を伸ばすことにもつながります。そのため、外壁塗装は工事そのものよりも、アフターサービスで業者を選ぶことが大切です。

外壁塗装における定期点検の重要性

住宅というのは、何十年という単位でそこに住み続けるものです。住み替えや建て替えはそう容易くできるものではなく、それだけに建物の寿命を少しでも伸ばすということが大切となります。

とりわけ外壁は建物の美観を左右するだけでなく、建物の構造そのものにも影響を与える部位です。

外壁に何らかの障害が発生すれば、建物の美観を損なうだけでなく、日光や雨水から家を守るという外壁本来の機能をも失ってしまいかねません。

外壁をきれいなまま保全

したがって、外壁はいかに状態を保全するかどうかに価値の基準が置かれているのです。外壁をきれいなままで保全することは、そのまま建物全体を救うことにもつながります。

それではどうすれば外壁の状態を保つことができるのでしょうか。それはやはり定期的な点検をしっかりと行うということに他なりません。外壁に生じる損害は定期的な点検によって未然に防ぐことができるからです。

外壁は定期点検を行おう!

また、塗装の剥がれや表面のひび割れなども、定期点検によって早期発見ができれば、それ以上の被害の拡大を防ぐことにもつながります。

被害が小さい段階での塗装工事であれば、工事の規模も小さなもので済み、工事費用を大幅に節約することもできるでしょう。外壁塗装における定期点検は、建物の健康を保つ秘訣であり、ひいては建物の寿命を伸ばすことにもつながるのです。

アフターフォローで業者を選ぶ

外壁塗装は工事が済んだからと言ってそれでおしまいというわけではありません。一般的な塗膜の効果はおよそ10年前後であると言われていますが、リフォーム工事だけで定期点検を行わないと、それ以前に塗膜の寿命がやってきてしまうこともあるのです。

塗装業者から10年は持つと聞かされていた塗装が5年で剥げてしまったとすれば、それは明らかに塗装業者の落ち度です。

名ばかりのアフターサービスもあります

業者によってはアフターサービスがしっかりしていないこともあり、明らかに業者の落ち度なのにもかかわらず、塗装の塗り直しをやってもらえなかったり、塗り直しに高額の料金を請求されたりすることもあります。

確かに、10年前後経過した塗装に何らかの障害が発生した場合は、家主側が塗装費用などを負担してリフォーム工事をする必要がありますが、10年以内やそれ以前に起きた障害については、アフターサービスで対応してくれるような業者を選ぶのが好ましいと言えます。

いずれにしても外壁は定期点検を行わないと劣化が激しくなってしまうものです。アフターサービスやアフターフォローが充実している業者であれば、悪徳業者である心配も少なく、信頼できる業者だと判断できるので、外壁塗装を依頼するならそういった業者にお願いしたいところです。

保証内容を確認しよう

家電や携帯などと同じように、外壁塗装にも保証サービスが設けられているものです。ただ、保証サービスの内容は塗装業者によってまちまちなので、保証サービスがあるからといって必ずしも信頼できる業者であるとは言えません。

そこで、その塗装業者がどんな保証内容を設けているのかをしっかりと確認することが大切です。具体的には、もし塗装に欠陥があった場合、どこを保証してくれて、何年間保証してくれるのかということを確認するようにしましょう。またどういう状態なら保証が可能なのかも確認事項の一つです。

保証内容の確認ポイント

保証内容の確認は、表面的なうたい文句に騙されないことが大切です。たとえば、外壁であればどこでも保証するというのと、木部や鉄部しか保証してくれないという場合とでは、前者の方が優れた保証内容に見えます。

しかし外壁塗装ではとりわけ木部や鉄部に劣化が生じやすく、この部分の保証が充実していると安心できるものです。外壁の塗料の剥がれなどはそう滅多に起こるものではなく、もし10年以内に塗料の剥がれが発生したとすれば、それは施工業者が塗装を怠っていたという証にもなります。

保証内容の確認は、そのように表面だけを鵜呑みにせず、内容をしっかりと飲み込んだうえで精査することが必要なのです。保証期間も5年から30年くらいまで幅がありますが、期間が長ければ良いというのでもありません。

注意しておきたい保証内容

たとえば、30年間の長期保証だったとしても、30年後に必ずしも保証してくれるとは限らないのです。「それはうちの手抜かりが原因ではない」と言われて保証してもらえないこともあるので、注意しておかなくてはなりません。

むしろ30年もの長期保証などは普通できるものではありません。外壁塗装は基本的に10年周期で回るものなので、塗装業者が設ける保証は長くても15年ほどです。

一般的には5年から10年ほどが保証期間として適正なので、あまり長すぎる保証期間を設けているような業者は悪徳業者である可能性も否めません。表面的な商売文句に惑わされずに、内容をじっくりと考えるように心がけましょう。

かべぬりコンさん外壁塗装が初めてで不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根修理の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタン!最大3社の優良業者をご紹介