• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装が土地によって変わる?関係性を検証

あなたは今どんな形の土地に家で暮らしていますか?

道路に面した家、坂道の途中にある家、周りに建物がない土地での家など、ひとそれぞれ状況は違いますが、土地の形によって外壁塗装・屋根塗装などの外装リフォームが少し変わってきます。

土地の形によって違う、塗装の気をつけるポイントを見てみましょう。

5つの土地の形

土地の形には大きくわけて5つあります。

狭小池
変形地
傾斜地
旗竿地
北道路

それぞれの特徴と塗装との関係性を見ていきましょう。

狭小池と外壁塗装との関係性

狭小池と外壁塗装との関係性

狭小池とは、密集住宅地などによくある土地で、周りの家同士がぎゅうぎゅうで並んでいます。

建物を建てる際には狭い土地でも有効的に活用できるよう、3階建てなど上に伸ばして家を建てるやり方です。

狭い土地ではありますが、上に伸ばすことで、必要な部屋数・広さを確保できます。

塗装時の気をつけるポイント
住宅が密集している関係で、隣の家との隙間がほとんどない場合があり足場を組み立てるには、隣の家の敷地を使わせてもらう可能性もあり、その結果足場を組めない場合もあります。また、狭いがゆえに道路も使わないと足場を組めない場合もあるので、事前に塗装業者が国土交通省に道路を使用する許可をとらないといけないため、申請が降りないと工事が遅くなることもあります。
   

変形地と外壁塗装との関係性

変形地と外壁塗装との関係性

変形地とは、土地の形が通常の四角ではなく、三角形・五角形・六角形など複雑な形をしている土地です。

建物を建てる際には、土地の形に合わせて住宅を建てる必要があるので、複雑な家の構造になったりもします。

塗装時の気をつけるポイント
変形している土地に合わせているため、外壁面が通常よりも多くなる場合もあります。その場合、通常の30坪でかかる費用相場よりも高くなることがあります。塗装が必要な外壁面をしっかりと塗装業者に図ってもらいましょう。※家を建てた時の見取り図を用意しておくとスムーズです。
  

傾斜地と外壁塗装の関係性

傾斜地と外壁塗装の関係性

傾斜地とは、その名の通り傾斜がついた土地、すなわち坂の上の土地のことです。

傾斜地では、土を盛って平らにしている場合もあり、敷地内で高低差が生まれたりします。

塗装時の気をつけるポイント
傾斜地での塗装は、車を近くに駐輪できない場合があります。そのため、離れたところやパーキングも必要になる可能性もあるので、その分費用が上乗せになる場合があります。
  

旗竿地(敷地延長)と外壁塗装の関係性

旗竿地(敷地延長)と外壁塗装の関係性

旗竿地とは、道路に面してない奥まった土地で、路地を通して道路に接する形が旗竿に似ていることから、このような呼ばれ方をしています。

旗竿地では、道路と玄関が離れているので、その空間に植木や砂利などを敷いておしゃれにする楽しみ方もあります。

塗装時の気をつけるポイント
玄関までの通路が狭い場合があるので、その場所に植木鉢やモノを置いておくと、人の出入りが多くなったり、塗装の道具を運んだ際に、ぶつかって壊してしまう恐れがあります。また塗料の飛び散りもあるので、塗装前に一度片付けておく必要もでてきます。
  

北道路と外壁塗装の関係性

北道路と外壁塗装の関係性

北道路とは、通常は南側の家によって日の光が通らずに家の中が暗くなってしまう避けられがちな土地です。しかし、車の騒音や通行人の話声などの雑音を避けられる・また家の中を見られないというメリットもあります。

塗装時の気をつけるポイント
近隣の家と密集していなければ、通常の一戸建て塗装と変わらないため、そこまで心配する必要がありません。
 

かべぬりコンさん外壁塗装が初めてでわからない…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「見積もりの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ