• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

杉並区で「選んではいけない屋根・外壁塗装業者」を見分けるコツ

杉並区の消費者センターには、悪徳業者の被害情報も掲載されているため、杉並区では塗装の業者選びに気を付ける必要があると言えます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

杉並区は317,929世帯もの多くの方々が生活されていますが、人口が多いからこそ、悪質な詐欺をはたらく悪徳業者の報告が、消費者センターに入ってきています。※ 世帯数参照:平成30年 町丁別世帯数及び人口

家のリフォームを考えている方に対しての注意喚起の情報もでているようなので、屋根・外壁の塗装工事の業者選びに関しても、気を付けなければいけない地域と言えます。

特に塗装工事は、どんな工事がされているのか外からみえずらい事や、塗料を必要以上に薄めたりと、手抜きが行いやすい工事なんです。

そのため、選んではいけない屋根・外壁塗装業者を見分けることができるように、あなたに必要な情報をまとめてみました。

一つ一つが大事な情報となるので、私と一緒に見て頂けると嬉しいです。

杉並区に潜む悪徳業者の状況

杉並区で「選んではいけない屋根・外壁塗装業者」を見分けるコツ

悪徳業者が杉並区に潜んでいる可能性があります。

杉並区立消費者センターにも報告があがっており、あなたも気を付けなければいけないため、まずは実際にどういった被害報告や注意喚起がでているのかを確認してみましょう。

【訪問販売トラブル】
高齢者に、不要なリフォーム契約を次々結ばせ、高額な料金を請求する悪質商法の手口が多発しています。悪質業者との契約を防ぐために、勧められるままに契約をするのではなく、自分でも情報を収集してよく検討してから契約しましょう。特に、訪問販売で勧められるままに契約を結ぶことは危険です。※ 参照:家のリフォームを考えている
【建築工事トラブル】
平成28年度:建築工事(住宅建築・リフォーム等)の相談件数126件※ 参照:相談の多い商品・サービス
【浄水器トラブル】
ひとり暮らしの母が事業者の訪問を受け、浄水器の購入契約をした。翌日、事業者は古い浄水器を取りはずした後、新しい浄水器を設置し、母は家にあった30万円を払ったという。母を訪ねたところ、事業者の名刺、契約書、領収書、取扱説明書などの書類が何も無い。浄水器に書かれたメーカー名しかわからないがクーリング・オフできるか※ 参照:訪問販売で30万円の浄水器を購入!契約書類等が何もない!

杉並区立消費者センターから出されている相談例などを見ると、悪質商法の手口としては「訪問販売」が多発しているようです。

訪問販売=悪徳業者、と考えるのはまだ早いですが、訪問販売でお家の工事・リフォームを勧めてくる業者とのトラブルが多いのは事実です。

あなたが頼んでもいないのに突然営業をかけてくるという事は、その訪問販売員が契約を取りたい・受注を取りたいという考えで来るため、かなりの確率でトラブルに巻き込まれます。

そういった人に、大切なお家の塗装工事を任せてしまっては、無駄にお金を払うことにもなりかねないので、しっかりと優良業者かを見極めて業者選びをする必要があるんです。

以下では、杉並区立消費者センターから「契約のポイント」と出されている内容に対して、なぜ重要なのかを私の方からもお伝えしたいと思っています。

悪徳業者を見極める情報にもなるため、見ていただけると嬉しいです。

選んではいけない屋根・外壁塗装業者の見分け方

杉並区立消費者センターで、業者と契約する際のポイントとして、以下が挙げられています。

  • 見積り書は数社からとる
  • 総額だけを比較するのではなく、工事内容もチェックする
  • 「何々一式」という表示で、内訳単価が記載されていない見積りには注意する
  • 簡単に大幅に値下げをする会社には注意する
  • 今日中に契約すれば半額になる等、契約を急がせる場合は注意する
  • リフォームも色々種類があります。業者が得意分野かどうか確認する
  • 保証期間を確認する

まさにこれらのポイントは、選んではいけない屋根・外壁塗装業者の見分け方にも当てはまる為、それぞれ詳しく見てみましょう。※ 参照:契約のポイント

見積り書は数社からとる

見積り書とは、建物調査や使用する塗料・施工方法などの工事プランを練り、その工事に必要な金額として塗装業者さんが出してくれた書面です。

しかし、どの塗装業者さんも、調査の方法・使用する塗料・施工方法・人件費・熟練度などが違うため、たとえ3社が金額を出したとしても、まったく同じにはなりません。

仮に1社だけにしか見積り書をとらなかった場合、本当にその金額が適正であるか判断が付きにくくなります。

このような状況のため、見積り書は、2~3社ほど比較するためにもとる必要があります。

総額だけを比較するのではなく、工事内容もチェックする

塗装工事の見積もりをとった場合、以下のような各社の金額が出たとします。

  • A社:100万
  • B社:160万
  • C社:80万

この場合は、C社が一番安いので選びたい気持ちは分かりますが、他の工事内容もチェックしてみると、違いがでてきます。

金額数量塗料塗り回数
A社100万118㎡シリコン3
B社160万100㎡無機3
C社80万90㎡シリコン2

表を見てみると、数量(工事の範囲)・使用する塗料・塗り回数がそれぞれ異なります。

C社が一番安いので選びたくなってしまいますが、よくみると数量と塗り回数が一番低い値になっています。

塗装工事は下塗り・中塗り・上塗りという形で3回塗りが基本となっているため、C社を選んでしまうと2回塗りしかされないので、すぐに剥がれる塗装になる可能性があります。

B社は無機とよばれる非常に強い耐久性がある塗料を使うため、金額が高いです。

A社・B社・C社の比較をすると、シリコン塗料で3回塗りをしっかりやってくれるA社が、コストの面からも施工品質の面からも、適切な塗装工事になることが分かります。

このように、金額だけで比較をしてしまうと、適切な工事ができなくなり、すぐに剥がれる塗装にもなるため、しっかりと工事内容も含めて比較をする必要があります。

「何々一式」という表示で、内訳単価が記載されていない見積りには注意する

塗装工事の見積り書には、以下の項目が記載されています。

  • 作業内容
  • 数量(工事範囲)
  • 単価
  • 価格

各作業内容に対して価格を出すためには、数量×単価で計算されます。

また、単価には相場が存在しているので、高すぎてもダメ、安すぎてもダメ、適正な単価を設定する必要があります。

もし単価が書いていなければ、見積り書の価格が適正なものになっているか判別できないため、まずは単価が書かれていること、さらに単価が相場の範囲内か確かめる事も必要です。

そのため、単価さえも書いていない見積り書は、適正である証明ができてないため、選んではいけない業者となります。

簡単に大幅に値下げをする会社には注意する

塗装工事では、適切な工事をするために適正な費用が必要となります。

例えば100万円必要な工事に対して、1割の10万円を値下げしたらどうなるでしょうか。

適正な工事をするためには、100万円必要、それなのに10万円も安くなってしまったら、工事費用が足りなくなり何かしらの工程や材料を省いて帳尻を合わせなくてはいけません。

後から追加で工事費用を請求することもできません。

そのため、一戸建てのお家であれば約1割以上の値下げがあった場合は、手抜きや不正が起こる可能性が高いので、このような値下げをする業者は、選んではいけない業者となります。

今日中に契約すれば半額になる等、契約を急がせる場合は注意する

契約を急かしてくる塗装業者は、あなたに対して冷静な判断をさせないようにしている悪質な業者と言えます。

お客様側からしたら、金額も100万円前後かかり、その後何十年と効果を保たせないといけないため、慎重に選ばなければいけません。

優良業者であれば、お客様の気持ちをしっかり理解しているため、じっくりと考える時間をくれます。

そのため、急かしてくる塗装業者は、自分たちの都合だけを考えて急かしてくるので、選んではいけない業者となります。

リフォームも色々種類があります。業者が得意分野かどうか確認する

塗装工事と一言で言っても、外壁材にはモルタル・サイディング・コンクリート・タイル、屋根にはスレート・トタン・瓦・アスファルトシングルなど、様々な種類があります。

外装材の種類だけでなく、工事の方法も塗装・張り替え・重ね貼りなどの工法があります。

また、それぞれの塗装業者で経験してきたことや得意な部位や工法が存在しているため、あなたが求めている工事ができる業者かを見極める必要があります。

悪徳業者は、どんな工事もできるとアピールしてたりしますが、実際はできない工事であったりもするので、あなたが求めている工事ができるか確かめる必要があります。

無責任にどんな工事でもできるという業者ではなく、自分たちの得意不得意をしっかりと伝えてくれる業者を選びましょう。

保証期間を確認する

悪徳業者の手口で多いのが、長すぎる保証期間や、お客様側に有利すぎる保証をつけます。

例えば、30年保証や、保証期間内であればどんなものでも手直しすると言った内容です。

塗装工事は、塗料の耐久性にもよりますが、だいたい10年前後から劣化が目に見えてくるので塗り替えを検討する時期となります。

塗り替え時期にも関わらず、その期間も保証としてしまっていると、保証という無料の塗り替えが発生するので、塗装業者側からしたら大赤字です。

根拠や信憑性のない保証期間をつける業者は、選んではいけない業者となります。

杉並区で悪徳業者の被害にあってしまった場合の対処方法

トラブル前の対処方法:クーリング・オフを利用

クーリング・オフとは、訪問販売などあなたが頼んでもいないのにやってきて、押し売りをしてきた業者と契約したものを、解除できる制度です。

契約した日から8日間がクーリング・オフが適用できる期間なので注意しましょう。

もし、クーリング・オフの説明を受けていなかったり、契約書にクーリング・オフの内容が記載されていない場合など、業者側から妨害行為や脅迫などがあれば、改めてクーリング・オフが行える場合もあります。

すでに着工済・完工済・支払い済の場合でも適用できる場合があるので、消費者にとって強い味方となってくれる制度になっています。

提出内容ハガキに以下のことを書いて、契約した業者へ送ります。
・契約日
・工事名
・契約金額
・販売会社
・担当者
・先に支払ってしまっているお金がある場合は、そちらを返金してもらう内容
・記載日
・契約者名
・契約者の住所
これらを書いて、ハガキで送ります。
緊急の場合などは送信履歴が残るFAXなどでも対応可能。
提出先※ お近くの郵便局であれば右記に記載した郵便局でなくても大丈夫です。荻窪郵便局〒167-8799 東京都杉並区桃井2−3−2
杉並四面道郵便局〒167-0032 東京都杉並区天沼3丁目12−4
杉並郵便局〒166-8799 東京都杉並区成田東4−38−14
東高円寺郵便局〒166-0012 東京都杉並区和田3−60−15
杉並和田郵便局〒166-0012 東京都杉並区和田2−40-7
杉並聖堂前郵便局〒166-0012 東京都杉並区和田2丁目9−10
杉並松ノ木郵便局〒166-0014 東京都杉並区松ノ木2−33-4
杉並成田西郵便局〒166-0016 東京都杉並区成田西1−29-5
杉並方南二郵便局〒168-0062 東京都杉並区方南2−12−12
杉並堀ノ内郵便局〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内1−12-6
杉並和泉郵便局〒168-0063 東京都杉並区和泉1−31-6
杉並和泉二郵便局〒168-0063 東京都杉並区和泉2−36-3
杉並永福郵便局〒168-0064 東京都杉並区永福2−50−19
杉並南郵便局〒168-8799 東京都杉並区浜田山4−5−5
杉並西永福郵便局〒168-0065 東京都杉並区浜田山3−6−1
杉並桜上水郵便局〒168-0073 東京都杉並区下高井戸1丁目23−9
杉並上高井戸郵便局〒168-0074 東京都杉並区上高井戸1−30−50

トラブル後の対処方法:消費者センターへ相談

杉並区立消費者センター(2019年03月15日現在の情報)
連絡先03-3398-3121(午前9時から午後4時 土曜日・日曜日・祝日・12月29日から1月3日は休み)
住所〒167-0032 東京都杉並区天沼3丁目19番16号 ウェルファーム杉並複合施設棟3階
URL東京都:杉並区立消費者センター
相談可能な杉並区の地域阿佐谷北・阿佐谷南・天沼・井草・和泉・今川・梅里・永福・大宮・荻窪・上井草・上荻・上高井戸・久我山・高円寺北・高円寺南・清水・下井草・下高井戸・松庵・善福寺・高井戸西・高井戸東・成田西・成田東・西荻北・西荻南・浜田山・方南・堀ノ内・本天沼・松ノ木・南荻窪・宮前・桃井・和田

悪徳業者を見つけた場合の連絡先がある?

東京都にお住まいの方のために、東京都が運営している「くらしに関わる東京都の情報サイト」といったホームページが存在してます。

こちらのサイトでは、悪質商法・詐欺などの被害を未然に防ぐための情報や、悪徳業者を見つけた場合は他の人にも被害が及ぶのを防ぐために、業者名を報告することができます。

特に塗装工事では手抜き・不正が行われやすいため、不安を抱えている方も多いです。

あなたの連絡が、東京都にお住まいのだれか、もしくはご近所さんを助ける情報にもなるため、悪徳業者を見つけたら、以下のページへ報告いただくのが良いかもしれません。

最後に…。

杉並区で選んではいけない屋根・外壁塗装の業者さんついて見て頂きましたが、分からないことやもっと知りたいことはありましたか?
不安や心配事があれば、どんな小さな事でも大丈夫なので塗装の無料相談フォームまたは電話で気軽に教えて頂ければと思います。
あなたにとって安心・納得の塗装が出来る情報になれれば嬉しいです。

塗装業者さん選びの不安・悩みを教えて頂けませんか?

初めての工事は、心配や不安になりますよね…。

・外壁の汚れが目立ってきたけど、これって大丈夫?
・屋根が割れたけど何かしたほうがいい?
・訪問販売で業者がきたけど、ほんとうに工事が必要?

このように、「聞いてもいいのかな?」「この内容分かるかな?」と思わず、どんな小さなことでも教えていただければ、担当コンシェルジュが「自分の親・兄弟」という意識を持って、親身に不安・心配の解決をお手伝いします。

下記のフォーム、もしくは0120-164-917(24時間受付)0120-164-917(24時間受付)のお電話でも大丈夫なので、「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

私たちについて >