• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

台風の影響で雨漏りした人がやっておくべき5つの事

台風の影響で雨漏りをしたとしても、焦らずに確実に直せる知識が身につきます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

台風の影響で雨漏りが発生したとしても、焦りは禁物です。

雨漏りが発生したら、まず何をするべきなのか、今後はどうするべきなのかを把握することで、確実に雨漏りを直せるようになります。

雨漏り直しであなたの不安が解消できるように、以下の情報を私と一緒に見ていきましょう。

台風の影響で雨漏りしたらするべき5つの事

台風の影響で雨漏りした人がやっておくべき5つの事

台風の影響で雨漏りが起こったとしても、まずは焦らず落ち着きましょう。

雨漏りがしたからといって、すぐに建物に何かしらの影響があるわけではないのですが、焦って雨漏りの修理業者を決めてしまったことで、トラブルが発生する方が怖いです。

まずは落ち着いて、以下の5つの情報から確認していきましょう。

家の周りにあなたの家の屋根材が落ちていないか確認

まずは、屋根の被害状況を確かめます。

  • 屋根材(スレート、コロニアル、ガルバリウム、瓦、棟板金など)が落ちていないか確認
  • 屋根の状況を見れるのであれば、目視で確認

もし何かしらの屋根材が落ちているようであれば、そのまま放置すると、そこから雨水が侵入し、さらに雨漏りの被害を拡大する恐れがあるので、早めに屋根業者に状況を見てもらいましょう。

雨漏りした箇所を確認

雨漏りを直す為には、雨漏りの箇所をきちんと把握しなければいけません。

現代の住宅は複雑な構造をしているので、「この部分の雨漏りだったら、ここを直せばいい」という単純な回答が出せません。

屋根から入ってきた雨水は、建物内部の複雑な構造を通り抜けて雨漏りをしているため、まずはどこで雨漏りをしているかを隅々まで確認しておきましょう。

台風の影響か、それとも普通の雨でも雨漏りをしていたか確認

雨漏りが発生したのが、今回の台風の影響か、それとも以前から雨が降っただけで雨漏りがしていたのか確認する必要があります。

以前から雨漏りをしていたのであれば、すでに屋根内部の腐食が進んでいる場合があり、修理・補修ではなく屋根のリフォームが必要になるかもしれません。

今回の台風の影響で起こった雨漏りであれば、まだ被害が小さい状況のため、修理・補修でも直せることが多いです。

以前からか今回初めてかも確認しておくことで、屋根修理もスムーズに進めることができます。

雨漏り修理にかかる費用相場を確認

修理内容約30坪の建物の費用相場
棟板金の取り替え3万~10万円
雨樋修理3千~10万円 ※修理の規模によって金額は上がります。少額修理の場合は火災保険を適用しての修理は難しいこともあります。
瓦の差し替え1万~5万円 ※業者によっては瓦1枚からも受け付けてくれます。
屋根・雨漏り修理5~30万円
足場代7~20万円

ほとんどの屋根に傾きがあり角度がついている為、安定した状態で修理をする為に、足場をかける場合もあります。

そうなると数十万円かかることもあるので、屋根業者に見てもらう際に、足場が必要か不要かを確認しておくことで、費用がどれぐらい上がるかも確認できます。

あなたの地元の優良な屋根業者を確認

屋根の修理・補修は、簡単に見えてとても難しいものです。

特に雨漏りに関しては「雨漏り診断士」という資格があるくらい、複雑で多様な知識を求められる工事です。

どの業者に頼んでもいいわけではなく、必ず優良業者にお願いしないと、雨漏りを直せない・直らない雨漏りに何度もお金をかけてしまい、無駄な出費に繋がります。

安く、そして一度で直す為にも、優良業者を選びましょう。

また、優良業者と言っても、大手ではなく地元密着の地域業者にお願いしてください。

大手業者の場合は、中間マージン(無駄な紹介料)が発生して、費用が高くなります。

大手業者ではなく、地元密着の優良な屋根業者に雨漏りの修理はお願いしましょう。

雨漏りを直すために、あなたがしなくてはいけない事の流れ

STEP1:屋根の被害状況を確認
雨漏りがしているのか、している箇所は何箇所あるのか、屋根は落ちていないか、まずは現状を確認してください。
STEP2:地元の優良業者へ連絡
あなたの状況を確認できたら、次は屋根業者に現地調査をして現状をより詳しく調べてもらいます。どの業者でもいいというワケではなく、必ずあなたの地元の優良業者にお願いしましょう。
STEP3:現地調査&見積もり費用の提出
地元の優良業者に現地調査をしてもらい、被害状況の確認と被害を直すための費用がいくらか教えてもらいます。
STEP4:火災保険に加入の方は火災保険会社へ連絡
屋根修理の業者へお申し込みをする前に、火災保険に加入している方は、必ず火災保険会社へ連絡し、保険料が受け取れるかを確認しましょう。保険料を受け取れる場合は、屋根修理の費用が0円になることもあります。
STEP5:業者へお申し込み
屋根修理の内容や費用にご納得いただけた場合のみ、屋根業者へお申し込みをいただければと思います。

台風の影響の場合、火災保険で保険料が使えます

台風の影響で屋根にトラブルが発生し、さらにあなたが何かしらの火災保険に加入している場合、火災保険の中の「風災」にあたるので、保険料をもらえます。

しかし注意しないといけないのが、被害の内容が今回の台風でのトラブルか、経年劣化で発生しているトラブルかが重要になってきます。

火災保険が受け取れるか受け取れないかは、火災保険の調査官の判定に委ねられます。

調査官の現地調査で「風災」と認められなければ、火災保険の保険料を受け取れないので、まずはあなたが加入している火災保険に連絡をしていただき、調査官に現地調査をして判断してもらいましょう。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
雨漏りについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の屋根修理のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
この記事を読んで頂いたあなたには、雨漏り修理に失敗してほしくないと思っています。
あなたにとって、雨漏り修理の安心・納得の情報になれれば嬉しいです。