• 地元密着の優良店さんの募集

色の心理効果を生かした外壁塗装の色の選び方とは?

色の心理効果を生かした外壁塗装の色選びとは?

外壁塗装の豆知識!色が与える心理効果

色が与える心理効果を上手に使った色選び

色が人に心理効果を与えることはすでに周知されていることですが、どのようなものがあるのでしょうか。実は色には様々な特徴や意味があり、知っておくと種々の場面やデザイン、心理や行動などに効果的な影響をもたらすことができます。

外壁塗装の色を決定する際にも、家のサイズ感の印象や街並みへの溶け込み具合、好みなどを組み合わせて役立ててみましょう。また、色の心理効果を上手に利用してインテリアや部屋の色などに活用してみるのもおすすめです。色そのものではなく寒色系や暖色系といった大まかな色別の効果についてスポットを当ててみるのもよいでしょう。

色から与えられる印象とは

その色を見るだけで、暖かみや落ち着きを感じるなど、人には色から与えられるイメージがあります。そして、それらをグループ別にある程度分類することが可能です。外壁塗装では、落ち着く、優しい、癒しといったイメージの色が住まいに求めるイメージと近いという理由から、多くの人が選択する配色があります。このような色についての心理効果を分析していきましょう。

色による印象の違い 分類された色の持つイメージ

グループ別に分類した色についてそれぞれのイメージや心理効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

暖かさと冷たさを感じる色

暖かさを感じる色に、赤や橙、黄色があります。これらの色は太陽や炎などを連想させ、暖色に分類されたポジティブな印象を与える色です。また反対に、冷たさを感じる色として、青緑、青、青紫があり、これらは寒色といわれ、海や海底、氷などを連想させる落ち着いた雰囲気の印象の色になります。

重さと軽やかさを感じる色

また、重たさや軽やかさを感じる色もあります。金庫や拳銃などのように重くて硬い印象の重みを感じる色と、淡い色合いのシャボン玉のような軽やかな印象の色です。明るくやわらかな淡い色合いは女性に人気のある色です。

メリハリのある強い色、やわらかさを感じる弱い色

さらに、強い印象を与えるメリハリのある色と弱い印象を与えるやわらかさのある色があります。強いイメージの色は、ビビッドな原色の赤、青、黄色、緑などで、それらを組み合わせるとメリハリが出て個性的な印象に。一方、弱いイメージの色は、パステルカラーのような淡くて薄い色で、控えめでやわらかな女性らしい雰囲気の色になります。

外壁の色でがらりと変わる家のイメージ

では、外壁塗装に色による心理効果を重ねるとどのようなイメージになるのでしょう。

色でこんなに変わる! 家の大きさの印象

人の視覚や心理を利用すると、効果的に色を使い分けることができるようになります。例えば、こぢんまりとした家の塗装には、家を大きく見せるために明るい色を、反対に大きく広い家の場合には、重厚感のある印象を与えるために暗い色を選択するなど、塗装の色合いによって家の印象が大きく変わることを覚えておきましょう。

おしゃれなツートンカラーの視覚効果とは

外壁塗装にツートンカラーを取り入れるのもおしゃれで人気があります。1階には暗い色、2階には明るい色を合わせたツートンカラーの塗装は広くて大きい家のイメージに。また、ベランダなどのでっぱりの部分だけ色を変えると、家の立体感をより得ることができるでしょう。

色は人間の視覚や心理に様々な影響を与えることがわかりましたね。外壁塗装の色を選択する場合にもこうした心理効果や視覚効果を上手に取り入れ役立てましょう。また、この他にトレンドといわれる流行色も存在します。塗装の色を選択する際には様々な情報をもとにどんな色がご自宅の外壁塗装に合うのかをよく分析して決定するとよいでしょう。

かべぬりコンさん色選びで失敗しない塗装をするには…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付