• 地元密着の優良店さんの募集

外壁塗装の塗料にはどんな種類があるの?それぞれの特徴

このページの内容で分かること・身につくこと 外壁塗装の塗料について詳しくなることで、あなたの大切なお家いに合う塗料を見つけることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

外壁塗装の塗料にはさまざまな種類が存在しています。

塗装が長持ちする塗料・遮熱に特化している塗料・費用が安い塗料など、塗料ごとで特徴があります。

どの塗料を選べばいいのかの前に、まずは各塗料の特徴を知っていきましょう。

外壁塗装の機能は塗料によって違う

外壁塗装用塗料にはどんな種類があるの?それぞれの特徴まとめ

家の外観を美しく飾り、かつ風雨や紫外線から家を守ってくれる塗料は、家の寿命を伸ばすのにとても頼りになる存在です。

外壁塗装に使われる塗料にはさまざまな種類があり、塗料によっては剥がれにくいものや紫外線に強いものなど、塗料自体の耐用年数が長いものも多くあります。

質の高い塗料は値段も高くなる傾向がありますが、頻繁に塗り直しをする必要がないため、長い目で見たときのトータルコストは安くなることでしょう。

もしも自宅の壁の塗装が剥がれ落ちたり、ムラが気になりはじめたりしたら再塗装の時期が近づいているかもしれません。そのようなときに役に立つ、外壁塗装に使われる塗料の種類と特徴を見てみましょう。

外壁塗装の塗料の特徴を見てみよう

シリコン樹脂系塗料

寿命が13年ほどと比較的長いにもかかわらず、価格が最も低いと言われるアクリル塗料と比べても大きな値段の開きはありません。

費用対効果が高いことがシリコン樹脂系塗料の特徴です。また、汚れに強いという特徴もあり、塗装後のメンテナンスもしやすいというメリットもシリコン系を選びたくなる理由のひとつでしょう。

ラジカル制御塗料

現代科学や塗料研究の結晶とも言えるラジカル塗料は、次世代の塗料として今熱い注目を集めています。

シリコン樹脂系塗料よりも長寿命で、およそ14〜16年塗り直しをしなくても良い利点があります。しかも価格はシリコン塗料とほとんど変わらないものもあるので、コストパフォーマンスはかなり高いと言えます。

フッ素樹脂系塗料

塗り直しを頻繁にしたくないという人にはフッ素系塗料がお勧めです。耐用年数が15〜20年と長く、光沢感があるので見た目に美しい仕上がりが期待できます。

しかし、値段がかなり高くなってしまうため、手が出しにくい塗料でもあります。一方、頻繁に塗り直さないことを考えると、人件費などが浮くため費用対効果は高いでしょう。

耐候性や不燃性にも優れている、塗料界のスターがフッ素樹脂系塗料なのです。

光触媒塗料

平均しておよそ20年という高い寿命が特徴の光触媒塗料は、環境にも優しい次世代塗料です。

太陽の光による熱が室内に入り込むことを防ぎ、特に夏場の室温の上昇を防いでくれます。そのため省エネ効果も高く、光触媒塗料自体の値段が高くなってしまっても、さまざまな方向性から見ていけば決して高すぎない価格設定であることがわかります。

セラミック塗料

陶器を意味するセラミックを塗料に混ぜたセラミック塗料は、耐熱性に優れており、紫外線から家を守ってくれます。

セラミックから塗料ができているわけではなく、例えばシリコン系の塗料にセラミックビーズを混ぜて、その塗料の耐久性を上げることに貢献します。

セラミック塗料の特徴はデザイン性に優れていることであり、ビーズの色などによってさまざまな意匠を楽しむことができます。

ナノテク塗料

その名の通りナノテクノロジーを駆使した現代塗料のナノテク塗料は、水性でありながらも高い防汚性や難燃性を誇る塗料です。

環境に優しくまさに次世代の塗料を名乗るにふさわしいのですが、まだまだ発展途上な塗料なので値段が高い傾向があります。耐用年数は15年ほどですが、これからの研究いかんによっては長くなるかもしれません。

アクリル系樹脂系塗料

耐用年数が約6〜8年という寿命が短いアクリル樹脂系は、安価に購入できる塗料です。

耐久性が低く頻繁にメンテナンスをする必要がありますが、DIY好きな人が小面積を自分で塗る分には良いかもしれません。剥がれたまま放置しておくと家を痛める原因を作ってしまうので注意が必要です。

ウレタン系樹脂系塗料

アクリル系塗料に次いでコストが低く抑えられるウレタン樹脂系塗料は、寿命が7〜10年ほどと、こちらもアクリル系に次ぐ短さです。

耐候性に優れており、つやつやした高級感のある見た目にもなるので、外壁塗装に費用をかけられない場合にはこちらを選ぶと良いかもしれません。

塗料の費用もご確認される場合は、「外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できる」を合わせてご確認ください。

困ったらシリコン塗料がオススメ!

外壁用の塗料には大きく分けて8種類があり、それぞれ異なる強みを持っています。しかし8つも種類があると、どれにして良いか迷ってしまうかもしれません。

もしも塗料を決めかねているなら、シリコン樹脂系の塗料がお勧めです。シリコン樹脂系は寿命と費用のバランスが良く、コストパフォーマンスが高い塗料です。

シリコン樹脂系より寿命が長い塗料もあるのですが、価格が高くなかなか気軽に購入できるものではありません。特に一般的な家屋で塗料選びに困ったら、シリコン塗料を選んでみましょう。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

外壁塗装の塗料についてまとめてきましたが、分かりづらいところはありましたでしょうか?不明点等あれば以下の塗装の無料相談フォームまたはお電話で気軽に私たちへご相談くださいね。

あなたにとって安心・納得の情報になれば嬉しいです。

かべぬりコンさん失敗しない塗装をしてもらうにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用は無料・24時間365日受付・どんなに小さい相談からでも大丈夫です。