• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装の見積もりをもらったけど、足場と外壁の面積は、なぜ違うのですか?

  • 更新 | 2020.05.11 公開

お客様からのご質問 外壁塗装の見積もりを頂いたのですが、見積書には仮説足場が220㎡、外壁が118㎡と書いてあり、面積がかなり違います。営業の方はいい人だったのですが、ここまで面積に違いがあると、もしかしたら悪徳業者なのかな?と感じてしまっています。理由を確認したいので、教えていただけないでしょうか?

外壁塗装コンシェルジュからの回答初めて外壁塗装の見積書を受け取られたと思うので、書かれている内容の違いも分かりづらいですよね。足場と外壁の面積が大きく違う理由について下記でお答えさせて頂きます。

外壁塗装の見積書では、工事に関わる様々な作業内容や材料が記載されます。

  • 足場の組み立て、解体
  • 塗装前の洗浄
  • 塗装前の下地処理
  • 塗装作業の内訳
  • その他

その中でも「仮設足場」と「外壁」の面積の違いについてよく質問を頂きます。

今回ご相談頂いたお客様もこの2つの面積の違いについて疑問を持ったため、ご相談を頂きました。

足場とは、塗装工事をするために職人さんが安全・安定した環境を作るための、移動と作業スペースを一時的に作るためのものであり、足場がなければ外壁塗装の品質はグッと下がってしまうほど大事な存在。

外壁とは、塗装工事をする範囲を示しています。

そして本題の、足場と外壁の面積が違う理由は、足場は鉄パイプ等の部品を組み立てて作り上げるため、足場を建てるスペースが必要だからです。

もし、外壁の面積ぴったりに足場を建てようと思ったら、足場が外壁にくっついて塗装工事ができないのと、足場の組み立て解体時に、外壁を傷つけてしまう確率がかなり高くなってしまう…。

そのため、足場は外壁から0.5~0.6m離した距離、さらに上空に対しても1mほど高く組み立てて、外壁にぶつからないようお家がすっぽり入る形を作ります。

仮に、足場と外壁の面積が同じになっている場合は、足場を組み立てるのは難しいのと、現地調査で寸法をしっかりと測っていない業者かもしれないため、悪徳業者の可能性が高いかもしれません。

お家の外壁塗装を考えているあなたへ。

初めての外壁塗装、分からないことがたくさんあると思います。
私たちへ、どんな小さなことからでもご相談ができるため、お気軽に無料相談をご利用ください。

外壁塗装が初めてのあなたへ

外壁塗装では、塗装だけでなく、洗浄や下地処理、塗装をするための保護シートなど、様々な工程が必要。

どの作業も手抜きはできず、丁寧に行わないとすぐに剥がれる塗装になるため、業者さん選びがとても大切なんです。

私たち外壁塗装コンシェルジュは、外壁塗装のことで不安・悩みを抱えている方のご相談・アドバイスから、もしご希望を頂いた場合は地元密着の優良業者さんのご紹介も行っております。

ご相談もご紹介も無料なので、累計1万人以上(2019年11月25日時点)の方々からご連絡を頂いているため、もしお悩み・ご不安が1つでもあれば、お気軽にご相談頂ければと思います。

不安やストレス無く、安心の外壁塗装ができるよう、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)