• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装の中塗り・上塗りではなぜ同じ塗料を2度塗るのか

外壁塗装は下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りが基本となっていますが、中塗りと上塗りは同じ塗料を塗る必要があります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

外壁塗装で必要不可欠な工程として「中塗り」「上塗り」があります。

しかし、この2つは言い方は違えど、同じ塗料を2度塗ることを意味しています。

なぜ、同じ塗料を2度塗る必要があるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

そもそも、塗装の工程ってどうなってるの?

外壁塗装の中塗り・上塗りではなぜ同じ塗料を2度塗るのか

外壁塗装の工程は、「下塗り」「中塗り」「上塗り」の合計3回塗りが基本となっています。

以下の表でそれぞれの塗りの特徴を見てみましょう。

工程塗料
下塗り下塗り用の塗料
中塗り仕上げ用の塗料
上塗り仕上げ用の塗料(中塗りの塗料と同じ)

このように、下塗り時は別の塗料を使いますが、中塗りと上塗りでは、同じ仕上げ用の塗料を使用するのが基本となっています。

なぜ、中塗りと上塗りで同じ塗料を使う必要があるのか見てみましょう。

なんで同じ塗料を2度塗る必要があるの?

なぜ同じ塗料を複数回に分けて塗る必要があるのか。

それは、塗装が「人が行う作業」だからです。

人が行うということは、人それぞれで加減も違えば塗り方も違ってきます。しかし、外壁に対しては均一に塗装を施さないと効果を発揮できません。

そのため、上塗りとして2度目の塗装を行うことで、均一な塗装に仕上げます。

一回だけじゃだめなの?1回目の仕上げ塗装として中塗りを行った際、塗料が蒸発して気泡ができたりします。この気泡はそのまま残ってしまうので、2回目の上塗りでその気泡を埋める役割も持つため、2回目も同じ塗料で塗装が必要となります。

まとめ

塗装の仕上げである中塗りと上塗りは、人が作業を行うため・さらに塗料の特徴を考慮した結果、同じ塗料で2度塗りが行われています。

下塗りと合わせて、合計3回塗りが基本であることを覚えておきましょう。

かべぬりコンさん外壁塗装はどうしたらいいの…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「見積もりの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ