• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

みんな知らない?外壁塗装をする前は「入念な現地調査」が必要な話

外壁塗装やお見積もりをする前に現地調査の知識をつけておくことで、適正な工事やお見積もりをしてもらうことができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:戸塚(とつか)

外壁塗装となると、工事にかかるお金や、使う塗料などに意識がいってしまいがちかもしれませんが、お見積もりも実際の塗装工事も、すべては現地調査から。

最初の現地調査をしっかり行っていただくことで、適正なお見積もり作成や塗装工事をしてもらうことができます。

まずは私と一緒に、現地調査について大切な情報を確認していきましょう。

そもそも外壁塗装の現地調査ってなに?

みんな知らない?外壁塗装をする前は「入念な現地調査」が必要な話

外壁塗装を行う際、まず初めに行うのが現地調査です。

塗装工事は、適正な費用で適正な工事をするために、お見積もりの作成がとても重要ですが、その基盤となるのがこの現地調査。

現地調査は、業者さんが実際にあなたのお家に訪問して、外壁の面積など工事をする範囲を測ったり、外壁の劣化具合を調べます。

普段あなたが見ないような部分までしっかりと調べて、どの部分がどうなっているのか、どういった工事が必要なのかを明確にすることができます。

優良店さんであれば、「調査報告書」として書面でも伝えてくれることが多く、お家の状態があなたにもわかりやすくなります。

外壁塗装で入念な現地調査が必要な理由は?

外壁塗装の現地調査を簡単に行ってしまうと、それを元に作られるお見積もりの内容も同じように曖昧なものになってしまいます。

これによって正確な工事範囲を出すことができず、工事が必要ない部分まで工事をされてしまったり、工事は必要な部分を工事しなかったり、場合によってはあとからお家の劣化が判明して、追加工事を行わなければいけないことも。

曖昧な現地調査は曖昧なお見積もりに繋がり、それは実際の工事にも反映されてしまうので、注意が必要なんです。

現地調査を丁寧に行うことで、お見積もりの内容も明確なものになり、あなたのお家の状態や、工事箇所・工事内容を把握することができるので、それまで漠然としていた「外壁塗装」も、そこから工事内容や費用の掛け方などの形を作っていくことができます。

外壁塗装の現地調査が30分以内で終わるとどうなる?

外壁塗装の現地調査は、一般的に1~2時間前後かかると言われています。

そのため、30分以内に終わってしまう現地調査はとても短いものになり、現地調査が短時間で終わってしまうと、お家を詳しく調査できていない可能性が大。

外壁塗装と一言でいっても、雨樋や軒天、木部・鉄部など、壁だけではなく付帯部分の劣化状況も調べてくれることがほとんどです。

そういった部分も含めて、素材による劣化の見方の違いや測り方の違いも出てきたり、外壁からの雨漏りを調査するときは散水調査なども行うため、1~2時間程の時間が必要なんです。

外壁塗装の現地調査は最低何時間必要なの?

調査の時間は、最低でも1時間は必要となります。

お家の劣化具合や外壁の種類、お家の大きさなどによっても掛かる時間は変わってきますが、きちんと時間をかけて丁寧に調査をしてもらうことで、あなた自身も納得してお見積もりを作ってもらうことができます。

工事の下地となる現地調査を丁寧に行ってもらい、その後のお見積もりや塗装工事をスムーズに進めましょう。

外壁塗装の入念な現地調査の流れって?

STEP1:現地調査の前情報

まず、現地調査を行う前に、正確な調査を行うための前提の情報が必要になります。

図面

お家の図面があれば、図面を見ながらの調査を行います。

図面にはお家の情報が詰まっているため、調査を行うときの助けになってくれて、外壁の面積や付帯部分の長さも測りやすくなります。

築年数、塗装経験

築年数や塗装回数などの情報も重要。

お家を建ててからどのくらいの年月が経っているかによって、外壁の劣化具合も判断しやすくなり、塗装経験のあるお家であれば、前回の塗装で使用した塗料の種類からも劣化具合をみることで、どんな塗料が適しているかというような判断の材料にもなるんです。

土地環境

あなたの住んでいる土地環境も、前提として大切な情報。

雨や台風の多い地域、雪の多い地域など、お家の建っている土地によって現地調査での考え方も変わってきます。

海に近いお家であれば、塩害という潮による外壁の劣化も起こるため、普段その土地環境に慣れてしまっていると、見落としてしまいがちなところ。

そのため、外壁塗装はあなたの地域に密着した業者さんを選ぶことで、地域の環境を前提とした正確な調査を行ってくれます。

STEP2:建物の調査

お家に関する前情報と合わせて、いよいよ実際にお家を見ていきますが、お家を調査しながら図面を確認するなど、順番が前後する場合もあります。

外壁の種類

外壁塗装の現地調査は、外壁の種類によっても調査内容が変わってきます。

外壁の構造が違うと、劣化の仕方も違ってくる場合があり、それに対する塗装や補修の方法もさまざま。

こういったことも踏まえて、現地調査を進めていきます。

測量

実際の調査では、メジャーなどを使って外壁や付帯部分の面積を測り、工事をする面積・しない面積も測っていきます。

この計測が正確に行われていなければ、その面積がそのままお見積もりとして出され、実際にあなたが支払う費用が適正なものではなくなってしまいます。

劣化状況

劣化状況は、あなたが暮らしている中では見ることのない部分や見られない部分まで、専門的な視点を持って調査をしていきます。

ひび割れや汚れなど、あなた自身で見でもわかるような劣化でも、どのくらい危険な状態なのか、工事は必要なのかなどの正確な判断をすることは難しいですよね。

あなた自身で判断してしまわずに、少しでも不安があったりわからなければ、きちんとした専門知識のある業者さんに専門的な現地調査をしてもらいましょう。

雨漏り調査

雨漏りが起こっている場合は、一般的に散水調査とよばれる方法で、雨漏り具合を調べます。

雨漏りというと天井から起こるイメージが強く、屋根の調査の話だけと思われがちですが、外壁からの雨漏りも起こる可能性があるんです。

散水調査はその名の通り、外壁に水を撒くことで、実際に雨が降ったときの雨漏り具合を再現することができ、ほかにも赤外線を使ったサーモグラフィーでの調査や、発光液を使った調査方法も。

このように、雨漏りの有無によっても現地調査の内容は大きく変わってきます。

外壁塗装の現地調査は職人によって見える部分が違う?

外壁塗装の現地調査を職人さんが行ってくれる場合、職人さんといってもさまざまな分野の職人さんがいます。

  • 外壁塗装の職人
  • 外壁と屋根の塗装の職人
  • 大工の職人

この他にも、いろいろな分野で活躍する職人さんがいますが、それぞれの経験や体験してきた事によって、お家を調査した時に気づく部分と気づかない部分が出てきます。

外壁塗装を専門にやってきた職人さんは、外壁に関する部分は詳しく見ることができますが、その他は見ることは困難。

他の分野の職人さんたちも同じく、自分の専門の領域には気付きやすいけれど、専門外のこととなるとなかなか気づけない事が多くあります。

だからこそ、外壁塗装をするときは2社~3社にお家を見てもらい、いろんな視点であなたの大切なお家を見てもらう必要があるんです。

外壁塗装で失敗する人は現地調査がきちんとされてない場合が多い

いつも生活しているお家のことでも、専門的なことやお見積もりの考え方など、普段は触れないことがたくさん出てくるため、外壁塗装で失敗してしまう人は少なくありません。

外壁塗装を終えるとお家の見た目が綺麗になるため、失敗となるとどうしても、塗装などの表面的な部分を見てしまいがち。

もちろんそれらも失敗の原因の一つになりますが、考えられる原因の一つとして、この現地調査も挙げられます。

使う塗料や工法、費用といった、表層部分だけで考えるのではなく、それらの元となる現地調査をまず丁寧に行うことで、失敗を防いでほしいです。

外壁塗装の現地調査をするという事は「お家の健康診断」をすると言う事

普段当たり前に暮らしているあなたのお家ですが、雨漏りなど生活の中で特に不具合がなかったり、見た目に傷みが見られなかったとしても、外壁の内側では劣化が起きているかも。

私たちも、自分の体のことであっても、専門的なお医者さんに診てもらって初めてわかることがたくさんありますよね。

お家を長く守っていくためにも、現地調査はとても大切な工程なんです。

外壁塗装は入念な現地調査がある事で初めて成功へと進める事ができる

現地調査は、外壁塗装の一番最初の工程になるので、外壁塗装を成功させるための重要な基盤となります。

基盤がふんわりとしてしまっていては、その上に重ねられていくお見積もりや塗装工事自体も不安定なものになり、工事の失敗に繋がってしまいます。

まず初めにお家の状態を隅々まで把握することで、どんな工事が必要なのかを初めて判断することができ、適正な費用で適正な工事を行って塗装工事を成功させることができます。

外壁塗装は現地調査=お見積もり=工事プランになる?

外壁塗装となると高いお金がかかるため、適正な費用で仕上がりも思い通りに、長くお家を守ってくれる工事をしてほしいですよね。

外壁塗装の工事プランは、お見積もりをベースに練り固めていきますが、ベースとなるお見積もりが不明瞭であったり、あなたがわからない部分があったりすると、きちんとしたプランを練ることができなくなってしまいます。

現地調査をどれだけ丁寧に行えるかどうかは、外壁塗装の仕上がりや耐久性にも反映され、外壁の見た目はもちろん、あなたのお家や、あなたとご家族の暮らしを守るためにも、とても大切なも。

現地調査=お見積もり=工事プラン

これは、あなたの外壁塗装を成功させる上でとても重要になるため、この現地調査でしっかりと基盤を作っておきましょう。

現地調査をする人って?

現地調査をするといっても、業者さんによって調査する人が変わってきます。

誰が調査するの?

現地調査は基本的に、営業さん職人さんがあなたの希望する日時に訪問して行います。

営業さん

営業さんが行う場合は、きちんと知識があったり職人歴のある人が行います。

しかし中には、外壁塗装の知識が薄く、簡単に見渡すだけだったり、測り方を間違えていたりと適正な調査をせずに、お見積もりも、あなたのお家に見合わないものを出してくる悪い業者もいるので注意が必要です。

職人さん

地域密着の少数精鋭な業者さんであれば、元々営業担当がいないため、実際の工事をする職人さんが現地調査にも来てくれます。

営業にかかる人件費が掛からず、余計な費用を削ることもできます。

また、あなたのお家の状態や要望をよく知っている職人さんが実際の工事も担当することで、調査内容やお見積もり内容とのズレが起きず、あなたの要望も的確に反映してくれます。

代表(社長)

地域密着型の業者さんは、会社の代表(社長)自ら現地調査に来ることも少なくありません。

責任をもった対応をしてくれるという社風の現れでもあり、地域密着型の業者さんは地域の人々とのつながりを大切にしている、お客様想いの会社が多いため、優良店である可能性も高いです。

詳しく現地調査ができる資格

現地調査をする上で、お家の調査をより詳しく行うことのできる一つの指標として、資格を持つ業者さんもいます。

  • 外壁診断士
  • 外装劣化診断士
  • 雨漏り診断士
  • 窯業サイディング塗替診断士
  • 戸建住宅劣化診断士
  • 外壁塗装マイスター

お家の調査に関する資格で、代表的なものがこれらになります。

一つ目の外壁診断士とは、「全国住宅外壁診断士協会」が認定する資格で、外壁の性能や、劣化部分への対処法などの高度な知識を持つ証。

その他の資格に関しては、「外壁塗装の資格で業者の良し悪しがわかる?」を合わせてご確認いただければと思います。

現地調査は立ち会った方がいい?

外壁塗装の現地調査は、基本的にあなた自身が立ち会うのがおすすめです。

業者さんと一緒にあなたのお家の状況を自分の目で確認することで、業者さんだけではなくあなた自身が、より正確に劣化具合や塗装面積などを知ることができ、漠然とした外壁塗装に対する不明点や不安も減らすことができます。

あなたと業者さんとが同じ目線で同じものを見ることで認識の差異がなくなり、その場で説明してくれれば、あなたもすぐにわからないことを質問することができますよね。

また、立ち会ってもらうことは業者さんにとっても良いことで、より精度の高いお見積もりを作成するために、お家に関する情報やお悩みなど、あなたのお話を聞きながら現地調査を行いたいという業者さんもいます。

あなたのためにも業者さんのためにも、現地調査に立ち会っていただくことで、お家の調査結果もお互いが納得できるようになります。

立ち合いが難しい場合は?

もしあなたの立ち合いが難しければ、ご家族などに立ち会ってもらいましょう。

また、立ち合いなしで、業者さんのみでの現地調査を行ってくれるところもあります。

しかし、あなたから見て業者さんがどんなことをしているかがわからないと、それも不安の種となってしまう可能性があるため、できるだけ立ち会うのがお勧めです。

業者さんによっては、立ち合いなしで現地調査を行い、後日作成したお見積もりの内容と外壁を照らし合わせながら、お家の状況やお見積もり内容を説明してくれるところもあります。

どちらにしても、現地調査で一緒に状況を確認・説明してもらい、あなたのお家の外壁について何もわからない状態から、まずどんな状況なのかを知ることで、外壁塗装の成功へ一歩進むことができます。

入念な現地調査の例

写真や動画で確認させてくれる

現地調査を行うときに、ただ調べるのではなく写真に収めてくれる業者さんもいます。

それぞれの壁面や付帯部分、劣化が起きている箇所はもちろん、あなたでは実際に確認するのが難しかったり危険だったりするような場所も、写真を撮ってもらうことできちんと確認ができるので安心です。

さらに、診断結果を動画で見せてくれる業者さんもいて、写真よりももっとわかりやすく、現地調査に立ち会うことができなくても映像として確認することで、お家の状態をしっかり把握することができます。

調査報告書を作ってくれる

調査報告書は、現地調査の結果が書面でまとめられているもので、あなたのお家のどの部分がどんな状態なのか、劣化具合や工事が必要かどうかなど詳しく書かれています。

専門的な知識がなくてもわかるように表記してくれたり、現地調査で写真を撮ってくれた業者さんは、この調査報告書に写真を載せて、よりわかりやすく説明してくれることが多いです。

劣化箇所に応じて工事内容を変える

丁寧で正確な現地調査を行うことができる業者さんは、お見積もりの内容も丁寧で、親切なものになります。

外壁塗装と言ってもすべての外壁に全く同じように工事をするのではなく、それぞれの劣化具合に合わせて工事内容を変えることで、余計な費用を削っていくことができます。

例えば、外壁の劣化要因として、雨や温度変化だけではなく紫外線の影響もあなどれず、日光がよく当たる方角の外壁だけ、他の方角の外壁に比べて劣化が激しい場合も。

このような点も現地調査で見極めることで、掛けるべき部分にだけ費用を掛けて、適正な外壁塗装をすることができるんです。

外壁塗装で入念な現地調査をしてもらうにはどんな業者にお願いすればいいの?

外壁塗装で重要になる現地調査。

現地調査を入念にしてもらうためには、優良な業者さんにお願いする必要があります。

あなたの地元に密着した業者

地域密着型の業者さんは、あなたのお家がある土地の気候を把握しており、あなたのお家に合った調査をすることができます。

外壁塗装を行うときは、天気や気温との関係を見極めるのもとても大事。

地域で長く営んでいる業者さんであれば、代表や職人さんたちもその土地で生まれ育ってきた可能性が高く、多くの実績があったり職人さんの業界歴が長ければ、その地域の外壁塗装をたくさん経験してきたことになります。

あなたの地元の優良業者さんを選んでいただくことで、あなたのお家を正確に調べてもらうことができます。

写真や動画撮影をする業者

外壁の状態を写真や動画に収めてくれるということは、それだけ入念に調査をしてくれているということになります。

口頭の説明や文章だけではなく、業者さんが見たままをあなたが確認することができるため、業者さんも手を抜いた調査ができなくなります。

調査報告書を作成する業者

外壁の調査をしっかり行わなければ、調査報告書を作ることは困難。

また、調査報告書は部分ごとに撮影した写真も一緒に載せて説明してくれているものが多くあります。

業者さんだけではなく、あなたにもわかりやすい調査結果は、丁寧な現地調査がなければ作ることは難しいです。

あなたのことを親身になって考えてくれる業者

ただ自分たちの利益を得るために塗装業を行う業者さんであれば、入念な現地調査も無駄な労力と考えます。

業者さんに、「あなたの外壁塗装を成功させて、あなたのお家はもちろん、あなたと、あなたのご家族のことを心から守ってあげたい」という想いがあれば、現地調査にも自然と業者さんの熱が入ります。

あなたのことを、自分の家族のことのように思ってくれる業者さんにお願いすることで、入念な現地調査をしてもらうことができます。

外壁塗装の現地調査をしてもらう際にあなたも確認しておくポイントは?

  • 30分以上時間をかけて行っているか
  • 誰が現地調査をしているか
  • 調査報告書は作成してくれるか

この3つは、外壁塗装の現地調査をしてもらう時に、確認しておきたいポイントです。

外壁の調査に関する資格の有無や、どんな分野に特化しているか、職人さんの経験など、どんな人が行うのか、そしてどれだけ丁寧に行ってくれるかで、お見積もりや工事の内容も大きく変わります。

また、現地調査が雑に行われてしまっては、調査報告書を作ることもできません。

現地調査は、あなたの外壁塗装を成功させたいという業者さんの想いがあることで、上記のポイントは自然と満たされます。

入念な現地調査をするためにも、優良な業者さんを選ぶようにしましょう。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
入念な現地調査ついてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装の現地調査に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁塗装の現地調査に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん入念な現地調査をしてもらいたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない現地調査の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「現地調査の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付