• 地元密着の優良店さんの募集

4/27~5/6までは一時受付となります。

01201649170120-164-917

コーキング材(シーリング材)が汚くなる原因の可塑剤について

コーキング(シーリング)が汚くなってしまう原因とは?

外壁塗装や屋根塗装には、コーキング(シーリング)が欠かせません。

しかし、コーキング材が汚れてしまうとコーキング材が劣化する原因となり、お家全体の劣化に繋がってしまう事にもなりますが、それは「可塑剤」が原因かも。

あなたのお家を守るためにも、「コーキング」と「可塑剤」について必要な知識を、私と一緒に見ていければと思います。

このページで分かること・身につくことお家の塗装工事をしたあとも、コーキング材(シーリング材)をキレイに保つ方法が分かることで、あなたの大切なお家をキレイに保ち続けることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

可塑剤について知りたい方はこちらから
コーキング材の汚れは「可塑剤」が原因!

コーキング材(シーリング材)について知りたい方はこちらから
コーキング(シーリング)とは?

コーキング材の汚れは「可塑剤」が原因!

ひび割れの補修や、サイディングとサイディングの間に注入されるコーキング(シーリング)を、年月が経ったあとに見ると黒く変色していませんか?

「大丈夫かな?」と不安になってしまうと思いますが、傷がついていたり崩れていたりするわけではないので、キレイに洗い流せば大丈夫な場合もありますが、コーキング材の汚れはヒビ割れなどと同じようにあなどれません。

黒ずみができていたりすることが多いのですが、これはコーキング材の中に含まれる可塑剤とよばれる物質が悪さをしている可能性大。

本当は可塑剤が入っていない材料で工事をした方がいいのですが、知識がない業者や手抜きを普段から行っている業者は、可塑剤が入ったコーキングを平気で使ってくることもあります。

そのため、大切なお家を守るために、あなた自身でも可塑剤についての知識を持っておいてほしいです。

可塑剤って一体どんなもの?

可塑剤(かそざい)とは、材料を柔らかくするための成分で、コーキング材だけではなく外壁や屋根の塗装に使う塗料にも、可塑剤が含まれているものがあります。

例えば、ビニール製のカバーを付けていた本同士がくっついてしまっていたり、筆箱に入れていたプラスチック消しゴムがベトベトになったりした経験はありませんか?

これらのプラスチック製品にも可塑剤が入っており、可塑剤が入っている製品がほかの製品に触れると、可塑剤やそのほかの成分が相手の製品の方へ移る現象は「マイグレーション」とも呼ばれています。

このように可塑剤というものは、年月が経つにつれて溶けて表面に出てくるのですが、可塑剤と一緒に着色剤も影響していると、べたつきによって汚れが付きやすくなったり変色したりして、黒ずんでしまいます。

これをブリード現象といい、ブリード現象によってコーキング材が汚れてしまっている可能性が高いんです。

コーキング材の汚れはただの汚れではなく、このような成分の変化によって汚れてしまっている場合が多いので、あなたがコーキング工事をする場合、工事業者に対しては可塑剤が入っていない(ノンブリード)タイプのコーキング材なのか、きちんと確かめてから必ず工事を行ってほしいと思います。

可塑剤のメリット・デメリット

メリット柔軟に形を変えることができ、壁材の間やヒビを隙間なく埋めることができるので、雨風の侵入を防ぐ時に役立ちます。
クッション替わりにもなるため、温度変化の膨張・収縮や地震などによる壁材同士のぶつかり合いで起きる、ヒビ割れや剥がれを防いでくれます。
デメリット着色剤などと一緒に徐々に表面に溶け出していき、コーキング材や周りの壁材も汚してしまいます。
また、材質を柔らかくする成分であるため、溶けだしてきてしまうとコーキング材の弾性が失われていき、クッションの役割を果たせなくなってしまいます。

コーキング(シーリング)とは?

コーキング(シーリング)とは、弾力性のある樹脂を使って、お家の壁材や屋根材同士をくっつけたり、隙間を埋めたりするための工事のこと。

外壁塗装や屋根塗装では、「塗料を使って塗り替えをする」というイメージが強いと思いますが、作業も必ず行われる大事な作業工程の1つなんです。

大事なことなので、コーキングが必要な場面について、もう少し詳しく見てみましょう。

どんな場面で使われるものなの?

コーキングはさまざまな場面で活躍してくれるので、あなたの状況と合っているかも確認するため、必要な場面を確認してみましょう。

サイディングの目地にコーキング

サイディングとは外壁の種類の一つで、サイディングボードと呼ばれるパネル状の板のことを指し、お家の壁に直接貼り付けて、取り付けていきます。

何枚もサイディングボードを張り付けていくのですが、サイディングボード同士の間に生まれてしまう「目地」と呼ばれる隙間から、雨水が入り込み雨漏りの原因となってしまうことも。

そのため、雨漏りを防ぐためにも、サイディングボード同士の間にコーキング材を注入して、隙間を無くすことが大事です。

また、暴風雨や気温の変化、地震などの影響でサイディングボード同士が押し合うと、サイディングボードへの痛みや、施されている塗装にひび割れが起きるため、弾力性のあるコーキング材を目地に入れてクッションの役割を果たしてくれるんです。

いろんな補修でコーキング

ひび割れ補修

外壁の塗膜(塗料が乾燥してできた薄い膜)や屋根材にヒビが入ってしまった時に、ヒビに対してコーキング材を注入して隙間を埋めることで、ひび割れを補修することができます。

モルタルやコンクリート製の外壁はひび割れが多い!外壁に直接板を張り付けるサイディング工法とは違って、セメントを素材としたモルタル・コンクリート製の外壁となると、乾燥しやすい性質のためひび割れが起きやすくなります。コーキングはサイディングだけではなく、さまざまな種類の外壁塗装に使われるんです。

雨漏り補修

コーキングは雨漏り補修にもよく使われる優れものです。

雨漏りは、外壁や屋根材に隙間ができてしまうことで、その隙間から雨水が入り込んで起きることが多いので、一時的な補修としてコーキング材で隙間を埋めて雨漏りを止めるためにも使います。

あくまでも一時的な補修なので、これで安心してしまうのではなく、雨漏りを元から直す工事をきちんと考えるようにしましょう。

雨漏りについて詳しく知りたい方は「雨漏り修理はコレさえ見れば大丈夫!何からすべきか徹底解説」も合わせてご確認ください。

雨漏り補修の時に使うと、余計に雨漏りが?ヒビ割れに対してコーキング材を使って隙間を埋めようとした時に、屋根の隙間が埋めてしまい、雨の通り道を遮ってしまったり、雨漏りの原因をさらに増やしてしまう場合があります。どんな修理業者でもいい訳ではなく、優良な業者に雨漏り修理はお願いしましょう。

玄関周りや窓枠の補強

玄関の周りや、窓枠などに使われるサッシという建材の周りを補強するのにも使われます。

外壁との隙間を埋めることで、雨水の侵入を防いだり、外壁が温度変化によって伸縮したときに、外壁同士がぶつかり合うときのクッションになって、ひび割れなどを防いでくれます。

どんな効果があるの?

コーキング材は、ゴムのような弾力のある樹脂素材です。

外壁や屋根の建材は、金属やセメント、木材など、お家を守るためにも硬い材質のものがほとんどですが、これらの多くは、温度の変化によって膨張と収縮を繰り返します。

そして、サイディングボードの外壁の場合は、サイディングボード同士がぶつかり合ってひび割れや剥がれが起こってしまうのですが、これらの硬い壁材の間に弾力性のあるコーキング材を挟むことによって、クッションの役割を果たし、壁材同士の衝突を抑えてくれるんです。

さらに、コーキング材は空気を通さない「気密性」にも優れているので、外気が入り込んだり室内の空気が逃げたりするのを防いだり、雨水が入り込むのを防いだりと、重要な役割を持っています。

気密性が高いことから、「困ったらとりあえずコーキング」といった対処をしがちですが、場合によっては雨漏りなどの原因となってしまうこともあるので注意が必要です。

どうやって工事するの?

コーキングの工事では、基本的に何かの隙間を線上に埋めていくので、コーキングは「塗る」というよりも「打つ」ものとして考えられていることが多いです。

コーキング材は大まかに分けて、チューブ状になっているものを直接注入するタイプと、パテ(ヘラ)などで一旦取って、新たに塗り込んでいくタイプがありますが、便利なチューブ状のものが一般的に多く使われています。

また、コーキング工事は以下の2種類に分けることができます。

打ち増し工事(増し打ち)

打ち増しとは、外壁に既に注入されている古いコーキング材の上から、新しくコーキング材を打つ工事のこと。

ただし、打ち増し工事には条件があるので注意が必要です。

条件1:打ち増しは劣化が激しいとできない

古いコーキング材の劣化が激しいと、上から新しく打ったコーキング材の効果を発揮することができず、またすぐに劣化してしまいます。

条件2:打ち増しは規定量を満たさないとできない

サイディングの壁材の目地に使う場合、メーカーが推奨しているコーキング材の厚みがあり、これを満たさなければ、コーキング材の効果を発揮できずに劣化を早めてしまいます。

そもそもの外壁材の厚みが薄ければ、必要な量を満たすこともできないので、コーキング前に塗装業者に対して、問題がないか確認を行っておきましょう。

打ち替え工事(打ち直し)

打ち替えとは、外壁に既に注入されている古いコーキング材を全て取り除き、新しいコーキング材を打つ工事のこと。

古いコーキング材を取り除く作業がある分、打ち増し工事よりも費用が高くなりますが、全て新しいものに取り換えるので打ち増しに比べて耐久性が高くなります。

また、外壁のコーキング工事の時には、外壁塗装も一緒に行うことが多いので、塗料の耐久度とコーキングの耐久度を同じくらいのモノにしないと、どちらかが先に悪くなってしまい、改めて外壁塗装とコーキング工事をする必要も出てきてしまいます。

外壁塗装の塗料の耐久性とコーキング材の耐久性は、同じレベルのものを使用する必要があることを、覚えておきましょう。

価格相場っていくら位?

コーキング工事の価格相場は、以下のようになっています。

工事の種類平米単価相場工事の内容
増し打ち工事700~900円/m古いコーキング材の上から、新しいコーキング材を被せる
打ち替え工事900~1,200円/m古いコーキング材を取り除き、新しいコーキング材を入れる

劣化するとどうなるの?

コーキング材は、雨風にさらされたり年月が経つにつれて、自然と劣化が進んでいきます。

コーキング材の劣化は主に、温度変化の膨張・収縮によって徐々に痩せていったり、乾燥が進んでヒビが入ったりといったもの。

これらの劣化が起こると、柔軟性を発揮できなくなり、外壁や屋根全体の劣化にも繋がってきます。

また、コーキング材の劣化で侮れないのが「汚れ」。

見栄えが悪くなってしまうのはもちろん、「ブリード現象」によって外壁や屋根全体の劣化に繋がる恐れがあるんです。

コーキング材の汚れを防ぐにはどうしたらいいの?

年月を重ねれば、どんなコーキング材でも劣化は起きてしまいますが、可塑剤が多く含まれているコーキング材は、汚れが発生しやすくなります。

最近では、可塑剤の含まれている量が少ないものや、可塑剤が含まれておらずに代わりの成分が入っているような、ノンブリードタイプと呼ばれるものが多く使われています。

あなたがコーキング工事に失敗しないため、優良なコーキングメーカーや、どんな工事業者にお願いをすればいいか、私と一緒に確認していければと思います。

どんなコーキング材を選べばいい?

  • オート化学工業
  • コニシ株式会社
  • シャープ化学工業
  • セメダイン株式会社

上記は、コーキング材を製造・販売している大手メーカーの一部です。

可塑剤が入っていない(ノンブリード)タイプのコーキング材も取り扱っているので、汚れにくいコーキング材を選ぶことができます。

どんな業者さんにお願いすればいい?

コーキング材に含まれる成分や、その成分がどう影響するのかなど、きちんとした知識を持たずに工事をする業者も中にはいます。

知識のない人が、安易にコーキング材を選んで工事をしても、コーキング材の性能を活かすことができなかったり、劣化を早めてしまいかねません。

コーキング材を使う時も、厚みが均一でなかったり入れる部分からはみ出してしまったりすると、見栄えが悪くなるのはもちろん、汚れが溜まりやすくなったり本来の機能を果たせなくなってしまうことも。

機能をしっかり把握していて、丁寧に工事を行ってくれるような、知識や技術のある優良な工事業者にお願いしましょう。

コーキング材が汚れてしまったら?

お家に使われているコーキング材が汚れてしまっていたら、優良業者さんに専門的な目で見てもらうのがオススメです。

外壁や屋根は、外にさらされているため汚れが付くのは当たり前と思ってしまうかもしれませんが、汚れは劣化が進んでいるサインの一つ。

「コーキング材の汚れは「可塑剤」が原因!」でお話させていただいたように、汚れはコーキング材の成分が溶けだして劣化が進んでいる証拠であることも。

ただの汚れと思って放置しておかずに業者さんに調査してもらうことで、あなたのお家がどんな状況なのか、今すぐ工事は必要なのかといったことを知ることができます。

もしすぐに工事の必要がなくても、「知る」ということはあなたの安心に繋がりますので、一度、地元密着の優良業者に無料で調査をしてもらうのがオススメです。

コーキング材を汚さないためにあなたも確認しておくポイントは?

  • ノンブリードタイプのコーキング材を選ぶ
  • コーキングの知識や技術のある業者さんを選ぶ
  • 優良業者さんにお家の定期健診をしてもらう

コーキング材の汚れの原因の一つである、成分が溶けだして汚れてしまったり汚れが付きやすくなる「ブリード現象」。

溶けだす成分を含まないコーキング材を選ぶことで、ブリード現象を防ぐことができます。

それ以外を使う場合も、優良業者さんに定期的にお家の点検をしてもらうことで、綺麗な状態を保つことができます。

しかし、どんなコーキング材を使っても、知識や技術のない業者さんが工事をしたり、雑に工事をされてしまうと、それがコーキング材の汚れとなって表れてきます。

お家の見栄えや耐久力を維持するためにも、コーキング工事は地元密着の優良業者さんにお願いしましょう。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

コーキング(シーリング)の可塑剤についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?

どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の正しいコーキングのご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
この記事を読んでくれたあなたには、コーキングで失敗してほしくないと思っています。あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさんコーキング工事が初めてだから不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない外壁塗装の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「コーキングの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

ご利用は無料・365日受付・どんなに小さい相談からでも大丈夫です。