• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

壁に触ったら白い粉が!?見過ごせないチョーキング現象

外壁にあらわれるチョーキング現象とはいったいどんなものなのか、どのように対処すればいいのかがわかるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー

外壁に触ったら白い粉が着いたら、チョーキングが始まっています。

チョーキングとは、外壁塗装において見過ごせない劣化症状の一つなので、チョーキング現象が起るとどうなるのか私と一緒に詳しく見てみましょう。

外壁の不具合、または、信頼ある業者さん選びで不安を感じている場合は、0120-164-917(無料受付24時間)に電話をかけて頂き、電話口で「外壁の塗り替えの相談がしたい」とお伝え頂ければ嬉しいです。※ 事前に情報を伝えた上でご相談されたい場合はフォームをご利用ください。
※ ご利用無料 / どんな小さな事でも相談可(全国対応) / 累計1万人のご利用実績あり(2020/10/28現在)

チョーキング現象は塗り替えのサイン

壁に触ったら白い粉が!?見過ごせないチョーキング現象

外壁を塗り替える時期はいつ頃がいいのか、明確な判断ができたらいいのに……とお困りかもしれませんね。

塗り替えの目安として、「チョーキング現象(白亜化現象)」があります。

ふと壁を指や手で触ったら、白い粉が付いてしまったという経験はありませんか?チョークのような白い粉が付くのが、チョーキング現象です。

チョーキング現象は外壁の劣化が顕著である証拠なので、塗り替えを考えるいい目安かもしれませんね。

あなたにはチョーキング現象を詳しく知って頂き、外壁の塗り替えに役立てて頂けると嬉しいです。

チョーキング現象とは?

手で外壁を触った時、白い粉が手に付いてくる現象です。

チョーキングは、経年劣化によりほとんどの外壁で起こります。

色が付いている塗料を使用している場合は、ほぼ起こると言ってもいい、とても一般的な劣化を示す症状。

ただし、顔料が含まれていない塗料を使用している外壁にはでてこない場合こともあるので、前回塗られている塗料を確かめておきましょう。

チョーキングは、簡単に確認できる

チョーキング現象を確認する方法は簡単で、どこでもいいので、外壁を手で触ってみます。

塗装直後の外壁は、埃っぽい汚れが付くだけですが、前回の塗装から年月が経っていて劣化している場合は、白いチョークを触ったような汚れがつきます。

また、雨が降っているときやホースなどで壁に水をかけて水分が吸収され、変色が確認できた場合は防水性が落ちている証拠。

チョーキング現象を確認したら、外壁の塗り替えを検討することをオススメです。

チョーキングが起きる主な原因は劣化

チョーキングが起きる主な原因は、塗膜と言われる合成樹脂で形成された、塗料を塗った面を保護する膜が、太陽の紫外線や熱・風や雨などの水分や巻き上げられた砂などによって、傷めつけられ劣化することにより起こります。

塗膜がある程度分解され、顔料がむき出しになったことで塗料が粉化し、チョーキング現象が起こるのです。

外壁塗装は築10年ごとに行うのが目安とされていますが、確認だけでもいいので、外壁を触って確かめておくと、変化に気づけるようにもなる。

なぜ定期的な確認が必要かといえば、お家によって劣化の原因は様々だからです。

例えば、前回の塗装において、下地処理を適切に行わない、乾燥時間を気温や湿度に合わせていない、塗料を適切に混ぜ合わせていないなどの施工不良、建物の建つエリアの気候等によっても異なります。

1年~2年未満でチョーキングが現れる際は、施工不良などの疑いがあります。

この場合は、別の外壁専門の業者さんにお願いして、無料調査をしてもらうのがいいかもしれません。

一度お願いした業者で不具合が発生し、悪いくなっているのですから、同じ業者には頼めないですよね…。

チョーキングを見つけたら放っておかない

チョーキングが起こった壁は、保護されていないむき出しの状態になっているのとほぼ同じと考えましょう。

防水効果も悪くなっているため、建物が雨や雪などの水分を吸ってしまうのです。

水分を吸ったまま日光が当たり十分に乾燥できないまま時間が経過すると、カビ、藻、コケなどの原因になります。

見た目が悪くなるだけではなく、ひび割れやサビなど想像以上の修繕費用がかかることも。

水分の吸収と乾燥の繰り返しにより、ひび割れの原因にもなるので、チョーキングは外壁塗装の「分かりやすい塗り替えのサイン」と言っても過言ではありません。

チョーキングを見つけたら、外壁の塗り直しを検討して頂くのがオススメです。

チョーキングの度合い別の塗り替え時期

一言でチョーキングと言っても、度合いによって塗り替え時期は異なります。

手で触ったときの状態劣化の度合い塗り替えの時期
付着物がほとんど見られない劣化はほとんどない必要性はあまりない
薄く白い粉が付く塗膜劣化が進行している塗り替えの検討が必要
粉で真っ白になる著しく塗膜劣化が進行早急な塗り替えが必要、全面剥離が必要な場合もある

チョーキング現象は、プロの手を借りることなく外壁の塗り替えを検討できるサインです。

自然に元の状態に戻ることはなく、粉を水で洗い流したり、自分で上から塗料を塗ったりするのは逆効果。

専門業者で正しい処理のもと、塗り直すのが修繕への一番の近道です。

手に白い粉が付いたら、あなたの大切な家を長く守っていくために、外壁の塗り替えを検討して頂くのがオススメです。

あなたの外壁の不安、ありませんか?

外壁にトラブルが起きていたら、やっぱり気になってしまいますよね。

すぐに塗料の塗り替えをする必要はないのですが、そのままにもできないので、信頼ある業者さんを選んでまずは調査をしてもらうのがオススメです。

私たちは、お家のことで不安・悩みを抱えている方のご相談やアドバイス、ご希望を頂いた場合は60項目以上の審査を通過した信頼ある業者さんのご紹介もできます。

累計1万人以上(2020/10/28現在)の方々から、お問い合わせフォームや0120-164-917(無料受付中)でご相談を頂いているため、不安・悩みが1つでもあれば「家の修繕で相談がしたい」と、お気軽にご連絡ください。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てられれば嬉しいです。

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中