• 地元密着の優良店さんの募集

外壁塗装が劣化してしまう原因とは?

外壁塗装が劣化してしまう原因とは?

建物を外部環境から守る役割をしているのが「外壁塗装」です。

外壁塗装は外部環境の影響を直に受けるため、建物の中でも最も劣化しやすい箇所であるといっても過言ではありません。

外壁塗装の劣化によるトラブルは様々ですが、その劣化原因はそれぞれどこにあるのか説明していきます。

何故外壁は劣化していくのか

外壁塗装は様々な要因によって劣化していきます。劣化の症状によってそれぞれ原因が異なるので、一つずつ症状別で劣化の原因を見てみましょう。

チョーキングの原因とは

皆さんはチョーキングという現象をご存知でしょうか。チョーキングとは外壁塗装に手で触れたときに、手のひらに白い粉が付着する現象のことを指し、白亜化現象とも呼ばれています。これは、外壁塗装に使用されている顔料がチョークのような粉状の物質へと変質し、消耗してしまうことから起こる現象になります。

チョーキングの原因となってしまうのは、光や熱、紫外線、雨風など気候による影響が大きいです。外壁塗装が気候の影響を受け、劣化してしまうことはある程度仕方がないといえ、建物が立地されている土地の気候に合わせ、機能的な外壁塗料を選ぶことによってチョーキングを防止することが可能です。

ひび割れ、シーリング劣化の原因とは

ひび割れの原因とは

外壁塗装のひび割れは「クラック」と呼ばれ、塗装が劣化してしまっていることを見極める一つの目安になってきます。このクラックと呼ばれるひび割れの大きな原因の一つとなってくるのが「温度変化による体積収縮」です。外壁塗装に使われる塗料や材は、湿度や温度によって体積が収縮したり、膨張したりします。そうした体積の移り変わりがひび割れの原因の一つになってしまいます。他には、経年による外壁塗料の変質などもひび割れの原因として挙げられます。

シーリングの劣化原因とは

シーリング劣化の大きな原因の一つとして挙げられるのは「紫外線」です。シーリングとは、外壁塗装のすきまを埋めている部分を指し、この部分に使われている材はシーリング材と呼ばれています。通常のシーリング材は弾力があり建物の動きに合わせて伸縮する働きがあります。しかし、紫外線には、シーリング材に含まれる樹脂層を劣化させる働きがあり、樹脂層を破壊されたシーリング材は変質し、硬貨してしまうのです。やがて劣化が進むとシーリング材にひびが入り、最後には建物から剥がれてしまいます。シーリングには防水材としての働きもあるため、劣化した状態で放置してしまうと雨漏りなどのトラブルの原因になってしまいます。

コケ・カビの原因とは

コケの原因とは

コケは、胞子が外壁に付着することが原因で繁殖します。コケは植物の一種であり、基本的に外壁でのコケの繁殖は都会では少ない傾向に見られます。田舎や自然の多い土地であったり、川が付近に流れていたりすると、コケの胞子が外壁に付着しやすくなります。また、日当たりの良い場所や湿度の低い場所ではコケは繁殖できません。そのため、外壁が劣化し水分を抱え込みやすい状態になっている場合、コケは繁殖しやすくなるといえ、小まめに撥水効能の高い外壁塗料を塗るなどして予防することが重要といえそうです。

カビの原因とは

カビは菌子を飛ばして繁殖する生き物です。生態もコケと似ていることから、川や沼、池などが付近にある場合繁殖しやすい環境にあるといえます。しかし、カビの場合は湿度と水分さえあれば成長を続けることができるため都会の建物にも多くみられ、コケと違って有害な物質が多いということも挙げられます。カビ予防に効果的なのはつるつるとした外壁塗装を選ぶことです。菌が付着しにくくなり、繁殖予防に繋がります。

外壁劣化のステージについて

まず外壁の劣化の初期段階に見られるのが変色です。変色は外壁塗装に使用されている材の変質が始まっていることを指します。次にチョーキング現象がみられ、外壁塗装がひび割れたり剥離してしまったりします。外壁塗装のひび割れや剥離現象が見られた場合、劣化が進んでいることもあるため、工事費などが高額になってしまう場合もあります。そのままひび割れや剥離現象を放置してしまうと、やがて外壁基材が露出してしまい、雨漏りなどの深刻なトラブルの原因になってしまいます。チョーキング現象が見られた場合、早めにメンテナンスを行うのが良いでしょう。

外壁塗装が劣化してしまう原因は外部環境にアリ!

外壁塗装が劣化してしまう原因は、紫外線や気候、雨などたくさんありますが、どれも外部の環境に原因が隠されているようですね。外壁が外部の環境によって劣化してしまうのは特性状避けられないことですが、小まめなメンテナンスを行うことで大掛かりな工事や高額な費用などのリスクを避けることができます。外壁塗装に関する基礎知識として、チョーキング現象がメンテナンスを行うタイミングの一つであることを覚えておきたい所です。

かべぬりコンさん外壁に劣化の兆候があるけど何をしたらいい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付