• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装が劣化する原因とは?住めない家にしないために。

外壁に塗られている塗料、様々な原因によって剥がれやひび割れが起こります。これらの劣化の原因を知ることで、修繕のタイミングや必要工事を見極められるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 塗装工事のアドバイザー

「築10年過ぎたので外壁にひび割れが入ってきた…。」
「訪問販売の人に汚れを指摘されたけど、これって工事が必要なの?」

このように、外壁に発生しているトラブルを見たり言われたりすると、不安になってしまいますよね。

建物を外部環境から守る役割をしているのが「外壁塗装」です。

外壁塗装は紫外線・雨風など外部環境の影響を直に受けるため、建物の中でも最も劣化しやすい箇所であるといっても過言ではありません。

外壁塗装の劣化によるトラブルは様々ですが、その劣化原因はそれぞれどこにあるのか、私と一緒に見て頂いて、あなたの不安を少しでも減らせれば嬉しいです。

外壁塗装が劣化する原因は何?

外壁塗装が劣化する原因とは?住めない家にしないために。

外壁塗装が劣化していく原因は、太陽から毎日降り注ぐ紫外線と、雨が当たったり風で飛ばされてきたホコリなどを日々受け続けることで、塗られている塗料の耐久性を下げて、毎日少しずつ削れているからです。

外壁には薄い塗装の層が3層(基本)重ねられていますが、塗装が少しずつ剥がれていくと、塗装が本来果たすべき防水機能が弱まって、さまざまトラブルを引き起こすんです。

ひび割れや剥がれ、他にもたくさんの症状が発生するため、もう少し詳しく外壁塗装が劣化する原因を見ていきたいと思います。

原因1:外壁塗装の耐久切れ

外壁塗装の粉化(チョーキング)

あなたは「チョーキング」という言葉を聞いたことがありますか?

私もこの言葉を聞いた時「チョークのことかな?」と思いましたが、あなたもそのイメージをされた場合は、そのまま残して頂きたいです。

チョーキングとは外壁塗装に手で触れたときに、手のひらに白い粉が付着する現象のことを指し、白亜化現象とも呼ばれています。

これは、外壁塗装に使用されている顔料がチョークのような粉状の物質へと変質し、消耗してしまうことから起こる現象。

チョーキングの原因となってしまうのは、光や熱、紫外線、雨風など気候による影響が大きいです。

外壁塗装が気候の影響を受け、劣化してしまうことはある程度仕方がないといえ、建物が立地されている土地の気候に合わせたり、劣化しずらい耐久性の高い「シリコン」「ラジカル」「フッ素」などの外壁塗料を選ぶことによってチョーキングを防止することが可能なことを覚えて頂くといいかもしれません。

原因2:温度変化による収縮と膨張の繰り返し

塗装のひび割れ

外壁塗装のひび割れは「クラック」と呼ばれ、塗装が劣化してしまっていることを見極める目安の一つになっています。

このクラックと呼ばれるひび割れの大きな原因は「温度変化による体積収縮」。

外壁塗装に使われる塗料や材は、湿度や温度によって体積が収縮・膨張したり、体積の移り変わりがひび割れの原因の一つになってしまいます。

原因3:年月が経つにつれて塗料が変質

外壁に塗られている塗料には、様々な特殊成分が含まれています。

  • 顔料 :塗料の色を付けるため
  • 樹脂材:品質そのものに影響する
  • 添加剤:品質を長期間保たせる成分など

これらの含まれている成分が、年月が経つにつれて変質したり、外壁の劣化を速めてしまう「ラジカル」を発生させるので、1度塗った塗装はいずれ、必ず剥がれる運命…。

塗料の変質も、外壁塗装を劣化される原因となっています。

原因4:経年劣化

シーリングのひび割れ・剥がれ・肉やせ(縮む)

シーリングが劣化する大きな原因は「紫外線」です。

シーリングとは、外壁塗装のすきまに対して、シーリング(コーキング材)と呼ばれている樹脂を注入しています。

通常のシーリング材は弾力があり建物の動きに合わせて伸縮する働きがあるのですが、紫外線はシーリング材に含まれる樹脂層を劣化させる働きがあり、樹脂層を破壊されたシーリング材は変質し、硬貨してしまう…。

やがて劣化が進むと、シーリング材にひびが入り、最後には建物から剥がれてしまいます。

シーリングは隙間を埋める効果があり、防水材としての働きもあるので、劣化した状態で放置してしまうと雨漏りなどのトラブルの原因にも。

直接の原因は紫外線ですが、長年外部的な刺激を受け続けたり、年月分の劣化が溜まって不具合を起こす経年劣化が原因と言えます。

シーリングにはブリード現象と呼ばれる、シーリングに含まれた成分が表に出てきてしまって、汚れが付きやすくなることがあります。これは可塑剤と呼ばれる成分が悪さをしており、ノンブリードタイプのシーリング材を使用することで防ぐことができます。

原因5:植物・細菌の付着

コケが付く

コケは、胞子が外壁に付着することが原因で繁殖します。

コケは植物の一種であり、基本的に外壁でのコケの繁殖は都会では少ない傾向に見られます。

田舎や自然の多い土地であったり、川が付近に流れていたりすると、コケの胞子が外壁に付着。

また、日当たりの良い場所や湿度の低い場所ではコケは繁殖できません。

そのため、外壁が劣化し水分を抱え込みやすい状態になっている場合、コケは繁殖しやすくなるといえ、小まめに撥水効能の高い外壁塗料を塗るなどして予防することが重要といえそうです。

カビが繁殖する

カビは菌子を飛ばして繁殖する生き物です。

生態もコケと似ていることから、川や沼、池などが付近にある場合繁殖しやすい環境にあるといえます。

しかし、カビの場合は湿度と水分さえあれば成長を続けることができるため都会の建物にも多くみられ、コケと違って有害な物質が多い場合も。

カビ予防に効果的なのはつるつるとした外壁塗装を選ぶことで、菌が付着しにくくなり、繁殖予防に繋がります。

原因6:業者の施工不備

外壁塗装の状態が悪くなる原因は主に、自然環境が発生させるダメージと、時間の経過で発生する経年劣化ですが、もっと単純な原因があります。

それが、塗装業者側の施工不備(手抜き工事)。

例えば、外壁塗装は基本的なルール通りに工程を進める工事ですが、そのルールが破られて塗装されている場合は、すぐにひび割れや剥がれが発生するんです…。

  • 塗装前の洗浄を十分乾かさずに塗り替えを行った
  • 品質の悪い塗料を使った
  • メーカー指定以上に薄めて使った
  • 下地処理を行わずに塗った
  • 下塗りが不十分
  • 塗りを雑に行った
  • 塗料の乾燥時間を守らず塗り重ねた

など、施工に手抜きがあることで、外壁塗装の劣化は早まる。

どれも悪質な業者が行う手口なので、このような業者が塗っている場合には、ご近所さんと同じ時期に建てられたお家であっても、あなただけ先に外壁塗装の剥がれが発生する可能性もあります。

それだけ塗ってもらう業者さんの品質が大事になるので、必ず優良業者さんに塗り替えをお願いしてもらいたいです。

外壁塗装が劣化するステージ(段階)について

外壁塗装の劣化には段階が存在しており、どの段階だと危ないのか、下記の表で見てみたいと思います。

ステージ症状詳細
STAGE1変色・艶消え目安:築3年~
まず外壁の劣化の初期段階に見られるのが変色です。変色は外壁塗装に使用されている材の変質が始まっていることを指します。
STAGE2チョーキング目安:築6年~
外壁塗装の機能が衰えてきたり、耐久性が下がるとチョーキングが発生してきます。
STAGE3コケ・カビ目安:築6年~
外壁塗装の希望がはたらくなると、コケやカビなどが繁殖しやすくなります。
STAGE4ひび割れ目安:築7年~
経年劣化や耐久性の欠如により、現在の状態が保てなくなることでひび割れが発生してきます。
STAGE5剥がれ目安:築10年~
ひび割れで止められなくなると、範囲が広がって剥がれが発生します。

チョーキングが出始めた段階で、まずはお家の外壁を、診断のプロでもある塗装業者さんに見てもらうのがおすすめ。

外壁塗装の目安は、ウレタン・シリコンが使われていれば築10年を過ぎたあたりからなので、築10年前後がメンテナンスのタイミングと言えます。

すぐに外壁塗装をしなくていいのか、まだ待てるのかはお家の状況次第ですが、危機感を煽ってすぐに契約へと進めようとする悪徳業者も存在しているため、十分注意してほしいと思っています。

外壁塗装が劣化してしまう原因は外部環境にアリ!

外壁塗装が劣化してしまう原因は、紫外線や気候、雨などたくさんありますが、どれも外部の環境に原因が隠されているようですね。

外壁が外部の環境によって劣化してしまうのは特性状避けられないことですが、小まめなメンテナンスを行うことで大掛かりな工事や高額な費用などのリスクを避けることができます。

外壁塗装に関する基礎知識として、チョーキング現象がメンテナンスを行うタイミングの一つであることを覚えておきたい所です。

外壁塗装汚れが気になるあなたへ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁をキレイにする2つの方法ついてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでも無料相談ができるの、お気軽に以下のご相談フォームにてご連絡くださいね。
あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

外壁に劣化の兆候があるけど何をしたらいい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中