• 地元密着の優良店さんの募集

外装工事の「見積書」は工事内容そのもの?曖昧さは許されません。

誠に申し訳ありません。台風の影響で多数のご相談を頂いているため、フォームからご相談を頂いた順にご対応させて頂いております。ご連絡が遅くなってしまう場合がございますが何卒ご了承ください。

外装工事では重要な見積書の良し悪しを、あなた自身で判断できるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:古賀(こが)

外装工事はお金が高い分、きちんと詳細な見積書が出されなければいけません。

しかし、そうとは知らずに曖昧な見積書を出す業者を選んでしまう方が多います。

見積書の内容は、工事内容そのものを表すものでもあるため、詳細な見積書が如何に大切であるか、私と一緒に詳しく見ていければと思っています。

見積もりが適正かチェックするためのポイントも公開しているので、まず簡単にチェックされたい場合は以下のページもご確認頂ければと思います。

外装工事において見積書の曖昧さは許されない

工事内容そのもの?外装工事の「見積書」に曖昧さは許されない。

あなたが初めての外装工事を、一戸建て・アパート・マンション・工場・店舗に対して行おうとしている場合、気をつけなければいけない事があります。

それは、見積書の詳細度についてです。

外装工事における見積書とは、工事内容そのものを表すものとなるため、見積書が曖昧=工事も曖昧(いい加減)という図式が出来上がります。

曖昧な見積書を出す業者すべてが悪いわけではないですが、多くの方が曖昧な見積書を出す外装工事業者へ申し込んでしまい、トラブルが起きてしまっている。

こういった状況を無くす為に、見積書の大切さや、気をつけるべきポイントなどを、私と一緒に詳しく見いきましょう。

あなたにとって、安心・納得の外装工事ができるための情報になれれば嬉しいです。

外装工事では、なぜ見積書の内容が大事なの?

外壁や屋根など外装周りの外装工事を行う場合、外装工事業者に対してお値段がいくら位なのかを確認するために、見積書をとります。

初めて外装工事を行う方は、見積書の内容を見ても「良い」のか「悪い」のか見分けがつかず、担当してくれた人の熱意や感じの良さだけで、そのまま申込をしてしまいます。

しかし、本当にその情報だけで申込をしてしまって大丈夫でしょうか?

外装工事は、大きなお金がかかるものなので、トラブルは起こしたくないですよね。

しかし、見積書において曖昧なことが一つでもあれば、外装工事のトラブルを引き起こす原因にもなるため、以下のような曖昧さがある見積書は危険です。

  • 料金の計算がどうやってされているか分からない
  • 工事が必要な外装部分が書いていない
  • 塗料や材料が書いてないから何を使われるか分からない

こういった曖昧さがある見積書を、あなたへ平気で出してくる業者がいますが、このような見積書を出す業者にそのまま外装工事をお願いすると、トラブルが起きたり失敗の元になる可能性が高まります。

どういった事が曖昧さなのか、また曖昧さがあると何がいけないのか、詳しく私と見ていきましょう。

料金の計算がどうやってされているか分からない

例えば、極端かもしれませんが、以下のような見積書があるとします。

内容数量単位単価金額
外壁塗装700,000
合計700,000円
 

あなたはこの見積書をどう思いましたか?

「うん、外壁塗装が70万円ね、わかったよ。」「ちょっと高い気がする…。」こういった気持ちを持ってしまった方は、外装工事のトラブルが起きる可能性が高いです。

そもそも、このような見積書を出す業者は絶対に選んではいけないんです。※この内容の他に、細かい詳細な見積書もついていれば問題ありません。

外壁や屋根など外装周りの外装工事は、約30坪の建物でも、60~120万といった金額がかかるものなので、高い買い物となります。

高い買い物だからこそ、なぜこの金額になったのか、費用の計算はどうやってされているのかがわからなければ、この金額の高さを証明することはできません。

このように見積書にて、金額が適正であることを証明できない書き方をする業者は、外装工事においても丁寧さにかける塗装となることが多いため、選んではいけない業者と言えます。

曖昧さを無くすには?金額(単価)がそれぞれ必ず記載されているだけでなく、どのくらいの範囲(数量)でこの金額になっているのか、一つ一つ分かる見積書を選びましょう。

工事が必要な外装部分が書いていない

外装工事の見積書が曖昧な場合、工事が必要なのにもかかわらず、工事箇所の外装部分が見積書に記載されていない事がよくあります。

外装工事において見積書とは、工事内容そのものを表すため、見積書の中に書かれていなければ、工事業者としてはその工事をしなくてよくなります。

「事前に聞いていた話しと違う!」このように言った・言わないということを避けるためにも、見積書の中に工事する箇所をきちんとすべて書いておかなければいけません。

優良業者であれば、こういった言った・言わないを避けるために、きちんと工事箇所をすべて記載した見積書を提出してくれます。

このように、工事箇所がきちんと書かれていない見積書では、トラブルが起きる可能性が高いため、気をつけましょう。

曖昧さを無くすには?見積書に記載されている工事箇所と、あなたが認識している工事箇所が合っているか確認しましょう。

塗料や材料が書いてないから何を使われるか分からない

外装工事において、塗装であれば塗料の種類・メーカー・商品名など、使われる材料が何であるか詳細が書かれていなくてはいけません。

例えば、あなたは成分が分からない化粧水を、自分自身の肌につけたいと思いますか?

こういった考え方と一緒で、あなたの大切な建物に対して、どのメーカーの、どの塗料が塗られるかがわからなければ、不安を生み出すことになります。

メーカーすらも書いていない場合、また塗料の分類は書かれているけど商品名も書かれないで提出される見積書が多くあります。

優良業者であれば、お客様に余計な不安を与えず、自分たちの工事にも自信をもっているので、全て詳細に明記してくれますが、そうでない業者の場合は曖昧な見積書のまま提出してきます。

見積書では、何の塗料や材料が使われるか、きちんと書かれているものを選びましょう。

曖昧さを無くすには?見積書を見れば工事・材料など内容が手に取るように分かるくらいの、詳細な見積書を選ぶようにしましょう。

外装工事の見積書の内容は工事内容そのもの?

外装工事は見積書に書いてあることしか、業者は基本対応してくれません。

もし、見積書に書いていない工事を業者側が勝手に追加していったらどうでしょうか?

追加費用がとられて、あなたが当初考えていた予算を大幅にオーバーする事が起きるかもしれません。

お客様側での追加希望ならまだしも、業者の追加希望なんて認められるものではないため、あなた側でも業者側でも、一度決めた内容で進むのが一番事故やトラブルが少ない外装工事となります。

そのため、見積書の内容=外装工事の内容そのものといえるのではないでしょうか。

外装工事の見積書に曖昧なことが一つでもあれば、その曖昧さがいずれはトラブルのもとになることを覚えておいてほしいです。

大手メーカーや規模の大きな工務店の見積書の場合は?特に大手メーカーや規模の大きな工務店で塗装工事をお願いする場合、ほとんが下請けに塗装工事がまわされますが、下請けの場合は見積書の内容を途中で変えることができずに、メーカーから指定されたことしかしてくれません。臨機応変な対応を求めるのであれば、地元密着の優良業者へお願いしましょう。

外装工事における選ぶべき見積書とは?

見積書は、最低限以下のように詳細が書かれた見積書を選びましょう。

内容数量単位単価金額
【基礎工事】
足場(ビケ)178650115,700
養生17830053,400
飛散防止ネット17820035,600
【洗浄工事】
高圧洗浄
(外壁・付帯部)
24915037,350
【下地補修】
下地補修・ケレン8箇所40,000
【外壁塗装工事:3回塗り】
下塗り
水性シリコンエポサーフ
(日本ペイント)
13470093,800
中塗り
パーフェクトトップ
(日本ペイント)
134850113,900
上塗り
パーフェクトトップ
(日本ペイント)
134850113,900
【シーリング工事】
シーリング
セルシールPuN:打ち変え
65m55035,750
シーリング
セルシールPuN:打ち増し
82m45036,900
【付帯塗装】
軒天
ケンエース:2回塗り
(日本ペイント)
55m140077,000
破風
クリーンマイルドシリコン:2回塗り
(日本ペイント)
60m90054,000
雨樋
クリーンマイルドシリコン:2回塗り
(日本ペイント)
76m85064,600
廃棄物処理・ゴミ処理、雑費30,000
小計871,900
消費税69,752
お値引き-1,652
合計940,000円
【保証・アフターフォロー】
・パーフェクトトップ:8年保証
・無料点検:1年目・3年目・5年目・8年目
※塗装は自社職人のみで対応します。
 

この見積書からは以下の事が分かります。

  • 工事内容ごとに分けているので、何の工事をするのか分かる
  • 数量・単価が記載されていて、費用の根拠が分かる
  • 塗料のメーカーと商品名が記載されていて、何が使われるか分かる
  • 保証も一緒にかかれているので安心できる

最低限このくらいの見積書を出してくれる業者であれば安心できる事を、あなたに覚えておいてもらえれば嬉しいです。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外装工事の見積書についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外装工事のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外装工事の安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外装工事をしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外装工事をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外装工事の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外装工事の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付