全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗料は価格だけで選ぶと危険?おトクな選び方

外壁塗料は価格だけで選ぶと危険?おトクな塗料を選ぼう

外壁塗装をする際に、外壁塗料選びで不安になる方がとても多いです。

外壁塗料にはどんな種類があるのか、またどんな基準で選べばいいのか見ていきましょう。

外壁塗料のカンタン早見表

外壁塗料の種類と価格相場をカンタン早見表で確認してみましょう。

外壁塗料価格相場
アクリル系塗料1,000~1,200円
ウレタン系塗料1,800~2,000円
シリコン系塗料2,500~3,500円
フッ素系塗料3,500~4,500円
光触媒・無機塗料5,000~5,500円
遮熱・断熱塗料(ガイナ)5,000~5,500円

なんで外壁塗料ごとで価格相場が違うの?

外壁塗料は種類ごとで特徴が違うため、価格も違ってきます。価格の違いを生んでいる要素が以下のものになります。

  • 外壁塗料の成分
  • 外壁塗料の耐性
  • 外壁塗料の耐用年数

外壁塗料の価格相場がそれぞれ違う理由の一番は、耐用年数の長さの違いです。

価格相場が一番高い「遮熱・断熱塗料(ガイナ)」・「光触媒・無機塗料・「フッ素系塗料」」に関しては、耐用年数が15〜20年

価格相場が低い「アクリル系塗料」・「ウレタン系塗料」は4〜10年

価格相場が中位の「シリコン系塗料」は8~15年となっています。

価格も塗料の質ともに最もバランスがいいのが、シリコン塗料となっています。

おトクな塗装をするにはどの外壁塗料を選べばいい?

外壁塗装は約10年を目安に周期的に行われるものです。

しかし、遮熱塗料・断熱塗料など耐用年数の長い外壁塗料を使えば15〜20年保つことができるので、塗装周期を伸ばすことが可能です。

シリコン系塗料の場合は、約10年なので、30年間の間で3回も塗装をしなくてはいけません。

遮熱塗料などの場合は、約15年なので、30年間の間で2回の塗装で済みます。

このように耐用年数が長い外壁塗料で塗装することで、おトクな塗装をすることができます。

最初にかかる塗料の費用に惑わされず、長い目を見ておトクな外壁塗料を選びましょう。

まとめ

外壁塗料は価格だけでなく、耐用年数も頭に入れて決めるのがいいでしょう。

しかし、外壁塗料の耐用年数が長くても塗装する職人の腕が悪いと、せっかくの耐用年数を保つことができません。

したがって、価格は少し高い外壁塗料を使って腕のいい職人に塗装してもらうことが、結果としておトクな塗装をすることができます。

かべぬりコンさん外壁塗料はどうやって選べばいいの…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、塗装のアドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

ご利用は完全無料・24時間365日受付・どんなに小さい相談でも大丈夫です。