• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

塗料の耐久年数を最大限引き出す方法

塗料には、効果を保てる期間が存在していますが、その期間を最大限引き延ばす方法が分かります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

外壁塗装も屋根塗装も一度塗ったら、その効果が永遠に続くわけではありません。

紫外線・雨風などの外的ダメージを受け続けると塗料の耐久性が弱まっていき、耐久性が失われるせいで塗膜の剥がれが起きます。

さらに、塗料ごとで耐久度が異なるので、塗り替え時期を見誤らないように、塗料それぞれの耐久年数をしっかり頭に入れていきましょう。

塗料の耐久年数とは?

塗料の耐久年数を最大限引き出す方法

塗料の耐久年数とは、各塗料メーカーが独自の耐久性のテストを行い、「このくらいの年数であれば効果を保っていられる」と公表しているものです。

しかしこの独自のテスト、実際の家の環境を模したセットで行われているだけで、実際の環境下でのテストではありません。

そのため、信憑性にかける耐久年数なので、あくまでも目安として覚えておきましょう。

外壁・屋根に塗料が塗られるとどうなるの?

塗料が塗られると「塗膜」が作られ、塗膜が鎧になってくれているおかげで外壁も屋根も外的ダメージから守られています。

しかし、この効果は永遠に続くものではなく限りがあるもの。

その中でも、耐久性を長く保てる塗料もあればすぐに耐久性がなくなり、短い年数で塗膜が剥がれてしまうものもあります。

どの塗料が、どのくらいの耐久年数があるのか見ていきましょう。

塗料ごとの耐久年数と耐久度

どの塗料が、どのくらいの耐久年数・耐久度を有しているか以下の表で確認してみましょう。

塗料耐久年数耐久度
アクリル塗料4~7年
ウレタン塗料6~10年
シリコン塗料8~15年
ラジカル塗料8~15年
光触媒塗料10~15年
ピュアアクリル塗料12~15年
フッ素系塗料15~20年
遮熱系塗料15~20年
※耐久度の度合いを記号で分けています。 ◎:高い   ●:普通   ▲:低い

塗料の耐久年数を長く保つための条件とは

塗料の耐久年数を通常通り保つためには、必ず守らないといけない条件があります。

この条件がクリアできなければ、いくら耐久年数の長い塗料を塗ったとしても、すぐに耐久性が無くなり剥がれる塗装になります。

2つの条件

  • 条件1:高圧洗浄で塗装面をキレイにする
  • 条件2:下地処理(ケレンなど)で塗装面をキレイにする

この2つの条件がクリアできて、初めて本来の耐久年数を保つことができます。

なぜこの2つが耐久年数を保つための条件なのか、2つの条件ともあることを示しています。

それは、
外壁と屋根の塗装部分をキレイにしておかないと、外壁材・屋根材と塗料との間に汚れが挟まることで密着度が弱くなり、塗料が剥がれてしまいやすくなる
ということ。

塗装面をいかにキレイにするかが、塗料の耐久年数を保つための条件となってきます。

まとめ

塗料の耐久年数を最大限引き出すには、塗装面をいかにキレイにできるかがカギ。

塗料の耐久年数を長く保つために、高圧洗浄・下地処理を丁寧にしてくれる塗装業者を探すことが、結果的に失敗しない塗装になります。

かべぬりコンさん塗料の耐久年数を長く保つためには…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付