• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

塗装工法の違いで何が変わるの?刷毛・スプレー・ローラーを徹底比較

外壁塗装の塗装工法がわかることで、より具体的に塗装のイメージを持つことができるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:古賀(こが)

外壁塗装には塗装方法が3つあり、外壁の素材や大きさに適した工法があります。

それぞれの工法のメリット・デメリットを把握しておきましょう。

刷毛を使った手塗り工法

スプレー・ローラー・刷毛、塗装工法の違いを徹底比較

ポピュラーな昔ながらの刷毛を使った手塗り工法です。刷毛は塗料の特性に合わせて動物の毛や化学繊維の毛などの素材を使い分けます。また、塗装する場所や形状に合わせて刷毛の種類も使い分けます。

平らな場所を塗るための平刷毛、粘度の高い塗料と塗るときは寸筒刷毛、隅や角を塗るときは筋交い刷毛などがその一例です。職人は、塗料の成分と毛の特性、外壁の形状などから相性が良い刷毛選びをしています。

刷毛のメリットとデメリット

[メリット]

刷毛を使った手塗り工法のメリットは、塗料の飛び散りがほとんどないことです。また、細かい場所や複雑な形状の外壁であっても刷毛であれば対応が可能です。

[デメリット]

デメリットは時間がかかることです。ローラーの手塗り工法と比べても倍近くかかる場合もあります。平らで面積が広い外壁などは、刷毛だけの作業では非効率になります。

工期が長ければ費用がかさむので、ローラーと併用するなど相談をしても良いでしょう。ローラーと同様に、道具の優劣が仕上がりに出ます。道具の特性を把握し、丁寧な手入れができることも手塗り職人の技のうちです。

スプレー式の吹き付け工法

スプレーガンを使い外壁を仕上げる塗装工法です。

スプレー式の吹き付け工法のメリットとデメリット

[メリット]

メリットは、スプレーで塗料を吹き付けることで凹凸形状が立体感を出し、重厚な雰囲気に仕上がることです。また、補修にも適していて作業跡がわかりづらく、仕上がりの状態を長く保つことが可能です。

広範囲を短い時間で塗装できるので、ローラーや刷毛を使った手作業より工期が短く費用も安く見積もれるでしょう。

[デメリット]

塗料の飛び散りが多いためロスが多くなることです。また、周りの広い範囲に養生をおこなうため、手間も時間も養生シートなどの準備も必要です。養生をいい加減におこなってしまうときれいな仕上がりになりません。

塗料の飛散範囲などの読みも大切です。もう一つは、スプレーガンの年式によっては音がうるさい場合もあります。塗装作業時の騒音が大きい場合は、近隣住民の方へも気を配りましょう。

スプレー塗りの工法は、広範囲の塗装に適している一方でムラが出やすい工法でもあります。壁面ごとに印象が違うなどの違和感がないよう、仕上がりの確認をしっかりしましょう。

ローラーを使った手塗り工法

芯になる筒に毛や繊維を巻き付けたローラーを使って手作業で仕上げる工法です。ローラーはさまざまな種類があり用途によって使い分けをしています。例えば、凹凸がある形状には毛足が長い長毛タイプのローラーを使い、平面で広い範囲の外壁には短毛タイプを使うのが適しています。

ローラーを使った手塗り工法のメリットとデメリット

[メリット]

ローラーを使うメリットは、刷毛の作業と比べると半分くらいの時間で広い範囲を塗装できるところです。また、塗料の飛び散りが少ないので狭い場所や汚したくない建具や植木が密集している場所では手塗り工法が向いています。

[デメリット]

デメリットは、道具の優劣が仕上がりに直接出てしまう点です。劣化しているローラーは表面の毛が抜けたり、ケバ立って気泡が入ったりすることもあります。

ローラーに塗料がしっかりと含まれなければ、作業中に跳ね上げて飛び散ることもあります。正しく手入れがされた優良な道具を使っているかで仕上がりが大きく左右します。

外壁のタイプや塗り替え理由にあった工法を選ぼう

塗料には「基準塗布量」が定められています。施工する外壁に必要な量が正しく使われていなければ、その性能は活かされません。外壁の形状に合わせた塗料と工法を選び、工期や費用を意識しましょう。

それぞれの工法にメリット・デメリットはつきものです。どの工法で仕上げたとしても、ムラなくきれいに仕上がることが重要です。施工後のチェックは確実におこないましょう。

どの工法でも地域密着の地元業者なら安心

どの塗装工法であっても職人の技量や、どれだけ真摯に丁寧に塗装してくれるかで、仕上がりに雲泥の差が出ます。私たちがオススメしているのが地域密着の地元業者での塗装です。

ハウスメーカーなどに塗装を依頼してもいいですが、大手業者の場合90%の確率で下請け・孫請けの業者に塗装をさせるため、質の悪い仕上がりになることもしばしば。

どの工法だったとしても、塗装する人の気持ちが仕上がりに反映されます。必ず地域密着で地元愛がある気持ちを持った塗装業者を選んでほしいです。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の塗装工法ついてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん失敗しない塗装をしてもらうにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)