• 地元密着の優良店さんの募集

外壁塗装は3回?5回?どっちの塗り回数が適正なのかアドバイス!

誠に申し訳ありません。台風の影響で多数のご相談を頂いているため、フォームからご相談を頂いた順にご対応させて頂いております。ご連絡が遅くなってしまう場合がございますが何卒ご了承ください。

外壁塗装の適正な塗り回数と、多い塗り回数の理由が分かることで、業者に騙されない知識が身につきます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:古賀(こが)

外壁塗装は塗り回数が多ければ多いほどイイと思うのは間違いです。

確かに塗り回数の多さで生まれるメリットもありますが、なぜ塗り回数を多くするのかきちんとした理由が説明されない塗装は失敗する塗装になります。

なぜ業者が、塗り回数を多い塗装を提案してくるのか、理由を見ていきましょう。

外壁塗装の塗り回数は何回がいいの?

外壁塗装は3回?5回?どっちの塗り回数が適正なのかアドバイス!

外壁塗装の塗り回数は3回が基本です。

まず3回という塗り回数を覚えておいてほしいです。

なぜ、3回塗りがいいのか、その回数にはどんな理由があるかを詳しく見ていきましょう。

塗り回数が増えれば費用も高くなる?塗り回数が増えるということは、それだけ使う塗料が増えるので、基本的には費用も高くなります。それなのに費用は変わらない、または安くなるという場合は、余った塗料が使われたり、規定以上に薄められた塗料が使われていることもあるので、注意が必要です。

外壁塗装はなんで3回塗りがいいの?

外壁塗装がなぜ3回塗りがいいのかは、きちんと効果が発揮できる塗料の塗り回数を、各塗料メーカーが指定しているからです。

塗り回数に関しては、以下の表をまず見てみましょう。

日本ペイント
ハナコレクション標準塗装仕様(外装塗り替え)
0回目1回目2回目3回目
素地調整下塗り上塗りオーバーコート
ハナコレクションの仕様について
サーモアイウォ―ルシリーズ塗装仕様
0回目1回目2回目3回目
素地調整下塗り中塗り上塗り
サーモアイウォ―ルの場合は、上塗りを2回する仕様となっています。
パーフェクトトップ
0回目1回目2回目3回目
下地調整下塗り中塗り上塗り
パーフェクトトップの場合は、上塗りを2回する仕様となっています。
関西ペイント
水性セラミシリコン
0回目1回目2回目3回目
素地調整下塗り中塗り上塗り
水性セラミシリコンの場合は、上塗りを2回する仕様となっています。
クリーンマイルドシリコン(シリコン仕様)
0回目1回目2回目3回目
素地調整下塗り中塗り上塗り
クリーンマイルドシリコンの場合は、上塗りを2回する仕様となっています。
 

塗料メーカーの大手である、日本ペイント・関西ペイントの塗料の情報にはなりますが、この3回塗りが基本であることがこれで確認できました。

メーカー指定の塗り回数を守るとどうなる?

塗料メーカー規定の塗り回数を守ることで、以下の効果が期待できます。

  • 提示されている耐用年数が保てる※耐用年数とは塗料の効果を保てる年数
  • すぐ剥がれない塗装になる
  • 遮熱、防錆、防蝕、防火など塗料の効果を最大限発揮できる

塗料メーカーが指定している塗り回数を守ることで、安心の塗装になります。

また、すぐ剥がれることもないので、支払った費用に対して適正な対価を得ることができるため、3回塗りが大事と覚えてほしいです。

しかし、塗装業者から「4回塗りにします!」「5回塗りにします!」こういった話しを聞いたこともあるかと思うので、なぜ3回塗り以外の塗り回数を提案してくるのか、そのカラクリを見てみましょう。

外壁塗装で3回以上は塗らない方がいいの?

外壁塗装の見積もりをすると「4回塗りをします。」「5回塗りをします。」こういった提案を聞く機会が増えます。

4回・5回塗ると、塗装が強くなって良いイメージがありますが、塗料メーカーが提示している塗回数より多く塗ることで、良くないことがあります。

  • 塗料の効果をきちんと発揮できない
  • 料金を上乗する口実
  • 他の塗装で余った塗料を使いたいから
  • 「多く塗る」ということで信頼を得ようとしている

などなど、悪い意図で塗り回数を多く提案してくる業者もなかにはいるため、「多ければ多いほど良い」ではなく「適正な3回塗りが良い」と覚えてほしいです。

4、5回でも適正な塗回数の場合がある?

メーカーが指定している3回以上の塗りを行う場合、悪い意図でそのような提案もされる場合もありますが、メーカーが把握してない環境や場所によっては、メーカーが指定している塗り回数より多く塗る必要がある場合があります。

例えばサビがしやすい部分には4回塗りをした方がいい、劣化が激しい木部の部分は5回塗りがいいなど。

メーカーが出しているルールは、あくまでも安定した状態の外壁(メーカーが実験するのは室内に作られた実験施設など)で実験されたものです。

そのため、あなたの建物がある環境では、メーカーが出している規定の塗り回数にしては、耐えられないこともあるんです。

外壁塗装で4回、5回の塗り回数を提案された時はどうすればいい?

外壁塗装の見積もりで4回・5回の塗りを提案された時は、以下のことを聞いてみましょう。

  • 3回塗りが基本なのになんでそれ以上の塗りが必要なんですか?
  • どの塗料を重ね塗りしますか?
  • どの箇所に重ね塗りが必要ですか?
  • 3回以上重ね塗りをする効果は何ですか?
  • 3回以上の重ね塗りをした建物を実際に見せてもらえますか?

塗り回数について聞きすぎ?だと思われますが、塗料メーカーの規定以上塗るというということは、何かしらの理由があるはずです。

その理由を明確に答えられない塗装業者との契約はオススメできません。

外壁塗装で大事なのは塗り回数だけではない

外壁塗装で大事なのは塗り回数だけでなく、その他にもたくさんあります。

  • 塗装箇所に合う塗料選び
  • 塗料の効果(防錆・防火・遮熱など)
  • 塗料の希釈率(薄める度合い)
  • 塗装する環境条件(塗装に適さない気温・湿度があります。)
  • 下地の洗浄
  • 雨の時に塗装しない

外壁塗装の塗料によって様々な条件がある

例えば、日本ペイントのハナコレクションシリーズには、以下のような注意書きがあります。

  • 夏場では、上塗りをする場合中塗りから3日以内に塗装する必要がある
  • 結露が発生しやすい場所には使用を避けて
  • 防藻、防カビ効果はあるが、下地処理をきちんとしてキレイな状態で
  • シーリングの上を塗る場合は、ヒビ割れ・劣化を直してから塗装する
  • 屋根塗装を行う場合、雨・雪・強風の場合は塗装を避ける

このように、実は塗料ごとで使用する際の注意事項がたくさんあるんです。

これらをきちんと守った上で塗装しないと、塗料の効果を期待できませんよとメーカーが言っているようなものです。

いいかげん、悪質な塗装業者はこれらの注意事項も把握せず、ただ塗り重ねるだけで工事費用をもらおうとします。

そのため、外壁塗装をする場合は、優良業者にお願いしましょう。

全ては優良業者に外壁塗装をしてもらえれば解決できる!

外壁塗装では塗り回数も大事ですが、塗り回数以外にも塗料の種類など、注意する点はたくさんあります。

しかし、優良業者に外壁塗装を依頼することで、これらの悩みは全て解決できます。

  • 外壁塗装の適正な塗り回数の見極め
  • 塗料の熟知
  • 塗装の高い技術

この3つが備わっている優良業者を選ぶことで、塗装の事での不安・悩みが無くなるため、外壁塗装をする前に、まずは優良業者探しからするのがオススメです。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の塗り回数についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?どんな小さなことからでも無料相談ができるので、お気軽に以下の屋根・外壁のお悩み相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

優良業者を選ぶにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに優良業者を選べます。最大3社をご紹介。