• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

シーリングって何?【コン美の4コマシリーズ】

外壁塗装は塗料を塗る作業が思い浮かびやすいと思いますが、「シーリング」という工事も、お家を外壁塗装する上で欠かせない作業の一つです。

シーリングはコーキングとも呼ばれる工事で、外壁の種類によってもシーリングの有無が分かれてくるため、シーリングについての情報を一緒に見ていきましょう。

シーリングって何?

シーリング(コーキング)は、シーリング材(コーキング材)という弾力のある樹脂を使った工事のことで、お風呂場や洗面所のゴムパッキンなどを思い浮かべると、分かりやすいかもしれません。

4コマでも解説していますが、外壁塗装の見積書では、塗料の数量が㎡(平方メートル)で計算されるのに対して、シーリングは線状に行われる工事なので、数量がm(メートル)になるんです。

そのため、シーリングは「塗る」というよりも、「打つ」「入れる」という作業が行われ、外壁塗装でシーリングが行われるのは、

  • ひび割れ補修
  • サイディングの目地

この2ヶ所がほとんどになるので、それぞれ詳しく確認していければと思います。

ひび割れ補修

お家の外壁は長い年月が経てば、金属製ではない限りひび割れが発生するもので、ひび割れをそのままにしておくと、雨水や湿気が侵入して外壁の内部が腐食したり、雨漏りしてしまうこともあります。

シーリング材は気密性という密閉する力に優れているため、ひび割れにシーリング材を注入すると、ヒビを埋めて雨水の侵入を防ぐことができるんです。

また、ゴムのような弾力を持つシーリング材はクッションの役割も果たしてくれるので、ひび割れの悪化を防ぐこともできます。

サイディングの目地

サイディングとは外壁の一種で、サイディングボードと呼ばれる板状の外壁材をお家に張り付けて作られる外壁です。

多くのお家でサイディング外壁が使われていますが、サイディングボード同士の継ぎ目となる「目地(めじ)」には、必ずシーリング材が注入されます。

サイディングボードの目地にシーリング材が入っていないと、隙間から雨水が入って外壁の内部を傷め、雨漏りに繋がってしまうんです。

また、サイディングボードは気温や湿度の変化によって、少しずつ膨らんだり縮んだりという動きを繰り返しています。

サイディングボードの動きによっては、サイディングボード同士がぶつかり合ってひび割れを生んでしまうことがありますが、間にシーリング材があることでクッションになり、ひび割れを防ぐこともできるんです。

シーリングの工法に注意!

シーリングはサイディング外壁にとって、なくてはならない工事ですが、あなたのお家がサイディングの場合、見積もりで注意してほしいことがあります。

シーリングの工法は、

  • 打ち替え
  • 打ち増し

この2種類に分けられています。

適正な工法でシーリングをしてもらわなければ、またすぐに工事をする必要が出てくるので、シーリングの工法について一緒に詳しく見ていきましょう。

シーリングの打ち替え

シーリングの打ち替え工事は、「打替」「入れ替え」とも書かれることがあり、シーリング材を入れ替える工事のことを指します。

現在の外壁に打ち込まれているシーリング材を一度すべて取り除き、新しいシーリング材を打つことで、補うのではなく丸ごと交換されるため、シーリング材の寿命がリセットされて長持ちするんです。

しかし、シーリング材を取り除くにも手間が掛かるので、もう一つの「打ち増し」という工法よりも工事費用は高くなります。

シーリングの打ち増し

シーリングの打ち増し工事は、「打増」「増し打ち」とも呼ばれ、シーリング材を補充する工事のことを指します。

外壁に打ち込まれているシーリング材を取り除かずに、上から新しいシーリング材を被せて打ち込むので、古いシーリング材の撤去費用が掛からず、打ち替え工法よりも安く済ませることができます。

しかし、表面は新しいシーリング材になっても、奥は古いシーリング材のままなので、クッション性が失われて亀裂の入ったシーリング材では、きちんと外壁を守る機能が果たされず、またすぐに工事をしなければいけなくなってしまうんです。

サイディング目地は「打ち替え」が基本!

サイディング外壁の目地に行うシーリング工事は、お家を長持ちさせるためにも欠かせないものですが、打ち替え工法でシーリング工事を行うのが基本です。

シーリング工事で大切なのは厚みで、傷みによって弾力が失われているシーリング材は、クッション性や防水機能を果たすことができないため、新しいシーリング材の厚みが確保できなければ、打ち増しをしても意味がなくなってしまいます。

外壁に打ち込まれている古いシーリング材の傷みが少なく、まだ健康な状態の場合は打ち増しをすることもありますが、外壁塗装を行うということはある程度年数が経っているので、近い内に傷みが出てきます。

優良業者さんの多くは打ち替えをしてシーリング材の寿命を延ばすので、先のことを考えた適切な工法でメンテナンスを提案してくれるんです。

費用の安さにとらわれず、掛けるべきところにはきちんとお金を掛けることも大切なので、適正な工事ができる優良業者さんを選ぶようにしましょう。

コン美についてはこちらのページを見てね!

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)