• 地元密着の優良店さんの募集

4/27~5/6までは一時受付となります。

01201649170120-164-917

外壁塗装の見積もりで後悔してしまう8つの例

このページで分かること・身につくこと外壁塗装の見積もりをする前に、お見積もりで後悔してしまうときの事例や、注意すべきポイントを確認しておくことで、後悔のない外壁塗装の見積もりをすることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:戸塚(とつか)

外壁塗装は、お見積もりがとても重要ですが、それは、見積もり内容はそのまま工事内容や費用に反映されるからです。

外壁塗装で後悔してしまう人は、見積もりがうまくいかなかったという場合が多いです。

外壁塗装の見積もりで後悔してしまう代表的な例や、後悔しないために気を付けるポイントを確認していただき、安心して見積もりをしてもらえるようにしましょう。

すでに見積もりをされている場合は、適正かをチェックするポイントを公開しているので、確認してもらえると嬉しいです。

外壁塗装の見積もりで後悔してしまう8つの例

外壁の塗装で見積もりをする際に知っておくべき事

外壁塗装の見積もりで、あなた自身が後悔してしまわないように、まずは代表的な8つの例を見ていきましょう。

1.訪問業者が来てその場で契約した

外壁塗装業界は、あなたのお家に突然やって来てお見積もりや工事の話を進めてくる、訪問販売業者がとても多いです。

訪問業者とその場で契約をすると、どんな後悔をしてしまうのでしょうか。

 

後悔:高いお金を払うことになってしまった

訪問販売に来る業者は、悪徳業者と呼ばれる悪い業者である可能性がとても高いです。

悪徳業者は、あなたがついつい契約してしまうようなセールストークを使って、高い価格で契約を交わそうとしてきます。

突然来られて契約となれば、その金額が適正かどうかを判断する隙を与えてもらえず、セールストークの方を信じて契約してしまうんです。

後悔:トラブルになってしまった

訪問業者は悪徳業者である可能性がとても高いので、施工不良や費用のトラブルなどが起きやすいです。

実際の塗装工事は雑であったり適正な工事ではなかったりすることがほとんどで、施工不良があって問い合わせても、うまく言いくるめられてしまったり、追加工事として別に費用を請求されてしまうといったトラブルを招いてしまう可能性があります。

後悔しない為には?訪問販売業者は悪い業者であることが多く、優良業者は口コミや評判で塗装工事の依頼が自然と来るので、訪問販売をすることは少ないです。
そのため、訪問業者が来た時点で一旦お断りをしましょう。
悪い訪問業者は、あなたのお家に突然やってきて、あなたを不安にさせたり、「早く塗装工事をしなきゃ!」という気持ちにさせて、その場でうまく契約をさせてきます。しかし外壁塗装は、焦らずゆっくりと進めていくことで、見積もりや業者選びなど一つ一つの工程をきちんと行えて、外壁塗装を成功させることができます。

2.1社だけ見積もりをしてそのまま契約した

外壁塗装の見積もりでは、相見積もりがとても大切です。

面倒だったり選び方がわからなかったりして、1社だけで見積もりをしてもらい、何となくそのまま決めてしまうという人がいますが、これはあまりオススメできません。

どのような後悔をしてしまう可能性があるか、見てみましょう。

後悔:実は相場価格より費用が高かった

1社だけしか見積もりをしていない状況ということは、比較対象がないということ。

比較する見積もりがなければ、見積もりで出された価格が適正なのかどうかは判断が難しくなります。

また、インターネットである程度の相場価格を知ることができても、実際にあなたのお家を調べて出されたものではありませんよね。

さらに、外壁塗装の相場価格は、金額に大きな幅が出るため、お家を実際に見て見積もりをしてもらわなければ、本当に適正な価格かどうかはわかりません。

そのため、本来ならばもっと工事費用が安く済むはずだった、と後悔してしまうかも。

後悔:工事にあまり満足できなかった

外壁塗装は、あなたと塗装業者さんが一緒になって行うもの。

そのため、塗装業者さんとあなたの価値観や人間性が合うかどうか、という点が、外壁塗装を成功させる上でとでも重要になってきます。

1社だけ見積もりをして工事を行っても、もっとあなたのために親身な対応をしてくれる業者さんがいたかもしれません。

塗装工事が終わっても、「またこの塗装業者さんにお願いしたいな」と思えなかったり、「工事は終わったけどお家は大丈夫かな」と不安になったりするなら、その塗装業者さんとは元々人としての相性が良くなかった場合も考えられます。

後悔しない為には?1社だけでは適正な見積もり内容なのかがわからなくても、2社~3社で相見積もりをすることで比較対象ができるので、本当に適正な価格なのかどうかがわかったり、あなたと相性のいい業者さんを見つけることができます。
1社だけのお見積もりで、業者さんの感じが良かったり、費用が予算に収まっていたりしているからといって、そこで即決してしまうと、本当は必要な工事がお見積もりに入っていなかったり、費用が適正ではなかったりして、あとから後悔してしまうかも。
適正な費用で見積もりができて、親身になって対応してくれる優良業者さんを選ぶためにも、1社だけではなく、2~3社で相見積もりをして選ぶようにしましょう。相見積もりをすれば、適正な工事はもちろん、あなた自身の安心にも繋がります。
外壁塗装は、人と人とのやり取りであり、塗装業者さんとは工事のあとも長くお付き合いしていくものなので、そういった意味で外壁塗装を成功させるためにも、1社ではなく複数社からお見積もりをすることで、あなたに合った塗装業者さんを見つけることができます。

3.見積もり金額が安かったので契約した

外壁塗装は高いお買い物になるので、できれば費用は押さえたいところですよね。

そのため相見積もりをしても、ついつい費用が安い業者さんに心が動いてしまいますが、そのまま契約をしてしまうとどんな後悔をしてしまうのでしょうか?

後悔:適正な工事をしてもらえなかった

相見積もりをしても極端に安い金額の見積もりの場合、本当は必要だった工事をしてもらえなかったり、工事を雑にされてしまったりする可能性があります。

相見積もりでほかの業者の見積もり金額を教えると、「それよりも安くします」と言ってきたり、最初はわざと高い費用でお見積もりを作ってから大幅に値引きをしてきたりというように、費用を安く抑えたいというあなたの気持ちを利用して、契約を交わそうとしてくる悪い業者がいるからです。

後悔しない為には?外壁塗装のお見積もりは、金額だけで決めないようにしましょう。
優良業者さんは、工事内容に影響が出ない範囲で値引きをしてくれることがありますが、10万円以上のお値引きとなると、悪い業者である可能性がとても高いです。
もし、塗装業者さんに悪気がなくとも、知識や経験不足によって必要な工事が漏れてしまうこともあります。
そのため、優良業者・悪徳業者という見方だけではなく、優良業者同士で比べるという意味でも、金額だけではなく工事内容や提案、業者さんの人間性や価値観まで見る必要があります。
費用の安さだけで業者さんを決めてしまうのはとても危険なので、総合的に見て考えるようにしましょう。

4.最初に作ってもらった見積もりのまま契約した

外壁塗装の見積もりをしてもらって、もらった見積もり内容のまま塗装業者を選んでしまいがちですが、そのまま選ぶとどんな後悔をしてしまうのか見てましょう。

後悔:自分にぴったりな内容で工事ができなかった

あなたの要望にぴったりな見積もり内容であれば、塗装工事が終わったあとに、
「この業者さんにお願いしてよかった」
「外壁塗装をしてよかった」
という気持ちが自然と生まれるはずです。

しかし、あなたに本当に合う内容でなければ、そのような喜びは生まれずに、なんとなくで終わってしまいます。

後悔しない為には?外壁塗装のお見積もりは、最初に作ってもらった金額や工事内容で判断してしまいがちですが、その金額や工事内容から、あなたの要望や費用について業者さんに相談をしていき、内容を練っていくことで、あなたに本当に合ったお見積もりを作ってもらうことができます。
外壁塗装は、あなたと業者さんとが一緒になって初めてできるものです。
最初の見積もり内容だけで判断してしまわずに、業者さんに相談して見積もりを作っていきましょう。

5.自分の要望を大まかに伝えた

「外壁塗装は10年ごとに行うものって聞いたから…」
「同じ時期に建てたご近所が外壁塗装をしていたから…」
こんな理由で外壁塗装を考える方も多いかもしれませんが、塗料や工法などについてはわからないことがほとんどだと思います。

特に細かい要望がないまま工事をお願いすると、どんな後悔をしてしまうのでしょうか?

後悔:思っていたような外壁塗装ができなかった

あなたの思い描くお家や暮らしがぼんやりしていて、なんとなくで工事を依頼してしまうと、「もう少し○○だったら…。」というように、工事後に要望が生まれてしまうことも。

もしその要望が、工事前の打ち合わせでは話していない内容であれば、追加工事として別料金が発生してしまう可能性が高いです。

後悔しない為には?外壁塗装をする前に、どんな外壁にしたいか、どんなお家にしたいか、家族とどんな暮らしがしたいかを考えてみましょう。
あなたの中にぼんやりとある、「外壁塗装をして今後どんな生活を送りたいか」という希望を、あなた自身で明確にすることで、塗装業者さんもそれに応えることができます。あなたの中に思い描いている仕上がりや生活を大雑把に伝えてしまっては、塗装業者さんがどんなにあなたの要望に応えたいと思っても、答えてあげることが難しくなります。外壁の色や質感、デザインといった仕上がりの面はもちろん、「本当はここまで塗ってほしかったのに!」というように、施工範囲も曖昧に伝わってしまう場合もあります。あなたの思い通りの外壁塗装をするためにも、要望をしっかり伝えましょう。

6.現地調査が簡単なものだったけど契約した

現地調査とは、あなたのお家を詳しく調べること。

お家の調査が簡単だと、どんな後悔をしてしまうのか見てみましょう。

後悔:本当は必要な工事をしてもらえなかった

現地調査が簡単に行われるということは、お家の調査がしっかりとされていないということ。

詳しく調べずに簡単に調査を終えて、そのまま工事をしてしまうと、本当は必要だった工事があとから発覚したり、雨漏り修理の場合は、雨漏りの原因がきちんと突き止められないまま工事をすることで、またすぐに雨漏りが発生してしまったりします。

後悔:必要ない工事をされてしまった

必要な工事をしてもらえないとは逆に、する必要のない工事をされてしまうことも。

雨漏り修理の場合の、原因とは違う箇所を修理されてしまうというものも、その一つ。

必要のない工事をされてしまっては、本来すべき工事も後々しなければならなくなるため、費用が無駄になってしまいます。

後悔:追加工事が発生してしまった

必要な工事が見積もりに入っておらず、工事中や工事のあとにそれが発覚すると、追加工事が発生してしまいます。

現地調査をしていれば、必要な工事・不必要な工事を最初からきちんと把握できて、追加の手続きをしたり、工事のスケジュールが狂ったりもしません。

後悔しない為には?現地調査にしっかり時間を掛けてくれる優良業者さんにお願いしましょう。
現地調査は、本来約1~2時間ほど掛けて行うもので、それを30分程度で終わらせてしまう業者さんは、あなたのお家を入念に調べていないということになります。
見積もりは、現地調査の結果を元に作っていくのですが、これがきちんとできていなければ、見積もりも同じように適正なものはできなくなります。
さらに、見積もりが適正でないということは、その後の塗装工事もそのまま反映されてしまうので、現地調査はとても大切。見積もりを作ってもらうためには、現地調査からしっかりと行ってもらいましょう。

7.知識がなく見積もり内容もよくわからないけどそのまま契約した

 

外壁塗装が初めてであれば、わからないことだらけなのは当然です。

あなたに外壁塗装の経験があったとしても、 専門業者さんでなければわからないことが必ず出てくるため、見積もりや工事の内容がよくわからないまま契約してしまうと、 どんな後悔をしてしまうのか、私と一緒に見てみましょう。

後悔:工事後も不安が残ってしまった

見積もりの内容に専門用語がたくさんあって難しかったり、塗料や工事内容もわからないことがたくさんあるけど、何となくしっかりしてそうだから…。

このように、分からない事をそのままにしてしまうと、 あなたに残った不安が大きくなってしまったり、不安が悩みへと代わりその後何十年とストレスを抱えながら暮らす事にも。

後悔しない為には?見積もりや、外壁塗装についてわからないことがあったら、あなたが理解できるまで業者さんに質問をしましょう。
「細かく聞くのは悪いかも…」と、気が引けてしまうかもしれませんが、業者さんも、あなたが外壁塗装について知識がないことや、不安を抱えていることはわかってくれているはずです。
あなたが不安であったりわからないことを抱えたままでは、業者さんもあなたに見積もりの提案をしてあげることができないので、あなた自身のためにも業者さんのためにも、わからないことや不安なことをそのままにせずに、わかるまで聞いてみましょう。
不安を持ったままでは、無事に工事が終わっても、そのあともずっと不安を抱えたままの生活になってしまうので、外壁塗装を成功させるためにも、悩みを全て拭っておきましょう。

8.会社が大きいからそこで契約した

外壁塗装業者さんは、各地に事務所を構えて多くの地域に対応できるような大きい会社から、地元で少数精鋭で営む小さな塗装屋さんまで、さまざまな規模がありますが、大きい会社=いい会社、と考えてしまいがちですよね。

会社が大きいという理由だけで契約してしまうと、どんな後悔をしてしまうのでしょうか?

後悔:余計な費用が掛かり、対応も事務的だった

小さい業者さんよりも大きいリフォーム会社の方が安心、というイメージがあるかもしれませんが、会社が大きければ大きいほど中間業者を使うことが多く、その分の人件費も掛かってしまいます。

また、大きなリフォーム会社はお家の調査や見積もり、工事や最終チェックなど、工程によって担当者がバラバラなことが多く、連絡や相談相手がその都度定まらずにいろいろな担当者に回されたり、あなたの要望やお家の状態の共有が甘かったりして、あなたの思う外壁塗装が難しくなります。

中間業者については、「中間マージンって何?外壁塗装が高くなる原因はコレだ!」を合わせてご確認ください。

後悔しない為には?外壁塗装の見積もりをするときは、あなたの住む地域に密着した優良業者さんにお願いしましょう。
あなたの地元に密着した優良業者さんであれば、営業さんを使わずに職人さんや会社の代表が、お家の調査からお見積もり、工事やアフターフォローまで一貫して行ってくれることが多いので、あなたの要望を漏れなくそのまま工事に反映してくれるだけではなく、中間業者を使わない分、余計な費用も発生しません。
また、あなたの地元に密着しているということは、あなたの住む土地環境も把握しているということ。
外壁塗装はその土地の気候も考えて行わなければ、お家をしっかり守ることはできないので、本当の意味で、あなたに合った外壁塗装の見積もりをしてくれます。
さらに、地域密着であればアフターフォローもしっかりしていることが多く、何かトラブルがあったときもすぐに駆け付けてくれます。
外壁塗装の見積もりは、あなたの地域に密着した優良業者さんに行ってもらうようにしましょう。

外壁塗装の見積もりで後悔しないために気を付けるポイント

外壁塗装の見積もりで後悔してしまう例を元に、注意するポイントをおさらいしましょう。

  • 訪問業者には見積もりを依頼しない
  • 1社だけではなく、2~3社で相見積もりをする
  • 金額の安さだけで決めてはいけない
  • 出してもらった見積もりから、あなたの要望に合わせて変えていく
  • どんなお家や暮らしにしたいのかを考えておく
  • 現地調査は1~2時間かけてお見積もりをしてもらう
  • 見積もり内容がわからない時は、わかるまで質問する
  • 会社の大きさだけで決めてはいけない

外壁塗装の見積もり内容は、実際の塗装工事そのものです。

注意点を踏まえてから見積もりをすることで、スムーズに塗装工事を進めることができ、あなたの外壁塗装を成功させることができます。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の見積もりで後悔する8つの例についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装の見積もりに関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁塗装の見積もりに関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外壁塗装の見積もりで後悔したくない…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

後悔しないお見積もりができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の見積もりの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店が選べる。