• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁の耐用年数が分かるカンタン早見表

外壁材には、モルタル・サイディングなど様々な種類がありますが、それぞれ耐用年数が存在しているので、リフォームの目安として覚えておきたい情報です。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

外壁には、キレイな状態を保てる年数が存在しています。

このキレイな外壁を維持するために、外壁塗装が行われているわけですが、ここでは外壁の耐用年数について見ていきましょう。

3-1.外壁の耐用年数

外壁の耐用年数が分かるカンタン早見表

外壁材それぞれで耐用年数が存在しているので、しっかり頭に入れておきましょう。

外壁耐用年数特徴
窯業系サイディングボード40年セメント質と繊維質を使用して板状にしたものです。7~8年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
金属系サイディングボード40年表面はスチールなどの金属で、裏側に断熱材が入ったものです。10~15年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
木質系サイディングボード40年天然木など木材を利用した外壁材です。8~12年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
樹脂系サイディングボード40年プラスチックなど樹脂を使用した外壁材です。10~20年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
モルタル壁30年砂とセメントと水を混ぜて外壁に塗られた壁のことをいいます。8~10年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
ALCボード60年発泡剤剤を加えてコンクリートを軽量化したもの。10~15年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
コンクリート壁60~100年コンクリートをそのまま壁にしたものです。15~20年間ごとでメンテナンスを行うことで、キレイに保つことができます。
タイル40年メンテナンス不要が不要と言われている外壁材になります。

かべぬりコンさん外壁塗装をするにはどうしたらいいの…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

ご利用は完全無料・24時間365日受付・どんなに小さい相談でも大丈夫です。

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)