• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装の契約を急いでいても絶対注意しておきたい3つの事

誠に申し訳ありません。台風の影響で多数のご相談を頂いているため、フォームからご相談を頂いた順にご対応させて頂いております。ご連絡が遅くなってしまう場合がございますが何卒ご了承ください。

外壁塗装の契約前に注意しなければいけない3つが分かる事で、安心してあなたのお家の外壁塗装を進められるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

外壁塗装の業者選びができて、あとは契約するのみ!

こういった状況こそ、絶対に注意をしておきたい事があり、さらに契約はあくまでも最初のスタートラインでしかありません。

外壁塗装を成功させるためにも、契約前に絶対に注意しておきたい3つの事があるため、私と一緒に一つずつ詳しく見ていきましょう。

外壁塗装の契約前は3つの事に注意しないと危ない?

外壁塗装の契約を急いでいても絶対に注意しておきたい3つの事

外壁塗装というのは、本当に様々な知識がなければ、あなたが行う業者選びも、実際に工事をする職人さんたちも難しいものなんです。

その外壁塗装をするかどうかを決める契約の時にも、やはり必要な知識があります。

  • 外壁塗装の工事内容を業者と一緒に確かめる
  • 契約後の解約についてを確認しておく
  • 外壁塗装後の保証を確認しておく

この3つが私が考える契約前に必要な知識です。

契約前となると、今までいろんな業者と会って話して見積もりをもらって比較してと、長い間大変な思いをしていると、最後だと思って気を抜いてしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし、契約の段階で何か見落としがあると、後々大きなトラブルに発展することも多く、気を抜けない場面であることを、まずはあなたに知ってほしいです。

外壁塗装の契約前に注意する3つの事を、一つずつ私と一緒に見ていきましょう。

注意1:外壁塗装の工事内容を業者と一緒に確かめる

「外壁塗装の工事内容を業者と一緒に確かめる。」

このように言われても、当然じゃないの?と思うかもしれませんが、この当然の事が約8割の方ができていません。

当然と思うのではなく、本当に重要なものなので、あなたにはしっかりと覚えてもらいたいと思っています。

外壁塗装の工事内容を確かめるってどうやるの?

外壁塗装の工事内容を業者と一緒に確かめるという行為は必要不可欠なものです。

よくあるのが以下のようなケース。

お客様:「ここもやってもらえるものだと思ってたんですが…。」
業者:「見積書に書いてないのでやりませんでした」

本当にこのような事がよく起こります。

そうならないために、絶対にあなたにしてほしい事があります。

あなたが工事店と一緒に確かめてほしい事見積書に書いてある項目を、お家の周りを歩きながらあなたと業者で指を指しながら工事箇所を確かめて回るということ。
見積書に書いてなくても気になる部分があるなら、「ここはしないのか」と必ず確認し、あなたと業者の間で、工事箇所の認識を合わせておくこと。

この2つが非常に重要となります。

この確認をするかしないかで、本当にトラブルの発生率が変わるので、これを見てくれているあなたにだけは、きちんと行ってほしいと思っています。

トラブルがあると、気力もお金も失います。

だからこそ、事前の予防を必ず行っておきましょう。

注意2:契約後の解約についてを確認しておく

あなたが外壁塗装の業者と契約しようと思った時、業者との信頼関係が構築できていたり、担当者と仲良くなっていると思います。

しかし、覚えておいてもらいたいのが、どの業者もやはりご契約を頂きたい為、あなたに親切に接してくれているという事を忘れてはいけません。

最初の対応はよかったのにご契約後、急に態度が変わったり連絡が遅くなったりする場合もあり、ご契約前とご契約後の対応の仕方を注意深く見てほしいです。※他のお客様で他社様を選んだ際、こういったケースがあり、すぐクーリングオフされた方がいました。

そのため、外壁塗装を業者とご契約をする際には、「もし解約をする場合は、いつまでなら無料でできますか?」といった質問を必ずしておきましょう。

万が一を考えて、どの業者さんを選んで頂いたとしても、すぐに契約を解除できる道を残しておくべきだと、私は考えています。

注意3:外壁塗装後の保証を確認しておく

外壁塗装を契約する際は、必ず保証をご確認ください。

ここで注意をしておきたいのが、ただ保証をつけてもらえればいいという話ではなく、保証の内容を確認するという事です。

保証の内容で注意すべき点を以下にまとめたので、私と一緒に見て見ましょう。

保証の年数が塗料の耐用年数よりも長い

塗料の耐用年数とは、塗料の効果を保てる期間の事を指しており、各塗料にて耐用年数の長さは決まっていますが、この決まっている耐用年数よりも長い保証をつけている場合は危険なんです。

例えば、シリコン系塗料の耐用年数は8~15年ほどですが、外壁塗装の「保証15年」などとつけられていると、あまりにも長く保証をつけすぎです。

耐用年数はありますが、15年ずっと綺麗な塗装のまま保てる訳ではないのと、もし15年保証などとつけていると、次の塗装時期となる10年後にも保証で丸々直せてしまう事にもなるので、塗装業者にしてみたら保証で建物全部の塗り替えをしたら大赤字です。

こういった場合は、書面上は保証期間を長いと感じさせるだけの、見た目だけの保証になっている可能性があります。

あなた自身で保証の適正さがわからない場合は、私たちで保証の診断もできますので、お気軽にご相談ください。

あなたではなく、業者を守る保証になっていないか?

外壁塗装の保証というものは、お客様側を守る保証だと思っているかもしれませんが、業者側を守る保証となっている事が多いんです。

例えば「前回の塗装の影響の場合は保証対象外」こういった事がよく書かれていますが、何か不備があっても前回の塗装の影響だとなんとでも言えてしまうため、結局はあなたの保証ではなく業者自身の身を守るための保証になっている事もあります。

このように、自分たちのせいではないと何とでも言えてしまえるような保証になっている事もあるため、保証の内容は注意して見ておかなくてはいけません。

外壁塗装の契約は慎重に!

外壁塗装は「手抜きや不正が一番しやすい業界」と言われているほど、いろんな手口であなたを騙そうとする業者が存在しているのが事実です。

私もお客様から色々な不安の声をいただいてきましたが、特に多いのが訪問販売で契約しようと考えている方、すでに訪問販売で契約してしまった方からのトラブル報告が多いです。

外壁塗装の基礎的な知識は必要ですが、外壁塗装の契約に関しての基礎知識も必要不可欠。

大切なお家のために、大きなお金がかかるからこそ無駄な出費をしないために、契約にも慎重になってほしいと思っています。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の契約前に気をつける事についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装の塗装のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁塗装の安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外壁塗装の塗装をしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できるサイディング外壁の塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない外壁塗装の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付