• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装の見積もりを成功させるには?5つのポイントと流れも一緒に確認

外壁塗装の見積もりを成功させるためのポイントを知ることで、お家のメンテナンスに関する不安を減らすことができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー

あなたとご家族の暮らしを守るお家の外壁は、定期的な塗装工事でお手入れをしてあげる必要がありますが、まずは見積もりをとる事が大切です。

しかし、外壁塗装はただでさえ専門的で難しい工事。

さらに、あなたが今回初めて外壁塗装を行うとなれば、分からない事ばかりで、見積もりに失敗=外壁塗装工事に失敗してしまう恐れもあるんです…。

外壁塗装の見積もりを成功させるためにも、あなたに覚えてもらいたい5つのポイントを、私と一緒に見てもらえればと思います。

あなたにとってこの情報が、外壁塗装の見積もりを上手く進められるきっかけになれば嬉しいです。

外壁塗装の見積もりを成功させる5つのポイント

外壁塗装の見積もりを成功させるには?5つのポイントと流れも一緒に確認

あなたのお家の外壁塗装工事を成功させるためには、まず見積もりを成功させる必要があります。

しかし、外壁塗装が初めての場合、何に気を付ければいいのか、どうすれば見積もりを上手くできるのか…疑問や不安ばかり浮かんでくるかもしれません。

外壁塗装の見積もりを成功させるために、あなたに覚えておいてほしいポイントを5つ挙げてみたので、私と一緒にそれぞれ詳しく確認していきましょう。

ポイント1:見積もりをする時期・タイミング

「そもそも、外壁塗装の見積もりっていつ頃すればいいの?」

あなたがお家の外壁塗装を初めて行うのであれば、見積もりをとる前に、このような疑問も湧いてきますよね。

外壁塗装の見積もりは、下記のような時期やタイミングを目安に行うのがオススメ。

  • 時期・・・いつでもOK
  • タイミング・・・お家を建ててから10年前後

あなたのお家に合った時期やタイミングで見積もりを行なってほしいので、それぞれ詳しく見ていければと思います。

外壁塗装の見積もりはお家を建ててから10年が目安

外壁塗装は築10年を目安に行うのが一般的なので、あなたのお家を建ててから10年くらい経っていれば、「そろそろ外壁塗装の見積もりをしてみよう」と思ってほしい時期です。

お家の外壁には塗料が塗られており、塗料が固まって出来る「塗膜(とまく)」と呼ばれる保護膜によって、汚れや外壁の傷み、雨漏りなどを防いでくれていますが、塗膜は年々劣化していき、お家を守るための機能が失われてきてしまいます。

そのため、定期的に塗装を塗り替えることで外壁の大きな劣化を防ぎ、同時にお家の美観も保つことができるんです。

一般的に、10年前後で塗膜が塗り替え時期になるため、もし、あなたのお家が築10年を過ぎていたり、もうすぐ10年になる場合は、外壁塗装の見積もりを考え始めてみましょう。

築10年でも、見た感じは傷んでなさそうだけど…?

お家を建ててから10年くらいになるけれど、外壁を見ても特に問題はなさそうだと、「まだ見積もりは早いかな」と思うかもしれませんが、そんなあなたにこそ、外壁塗装の見積もりをしてほしいです。

お家の外壁は築10年を過ぎると、

  • ひび割れ
  • 塗膜の剥がれ
  • 色あせ
  • カビ・コケ
  • 金属部分のサビ

これらのような劣化症状が表れるようになり、塗り替え時期が来ているサインでもあります。

今、あなたのお家に上記の症状がなかったとしても、劣化は常に進んでいるため、数年後には「外壁塗装をしないと!」という状態になっている可能性が高いです。

塗り替え時期を過ぎたまま傷みを進行させてしまうと、塗装工事だけでなく、ひび割れ補修などの工事項目が増えてしまい、劣化によって雨漏りが起きれば、あせって見積もりをして失敗…となる事も。

また、専門知識を持つ塗装業者さんにしか分からない劣化症状が起きている場合もあるため、大きな劣化が起きる前に、安心できる暮らしを保つためにも、見た目で判断せずに「築10年」で、まずは見積もりをするのがオススメです。

見積もりの時期はいつでもOKだけど…

外壁塗装の見積もりは、塗装業者さんがお休みでない限り、いつでも行なって大丈夫ですが、梅雨の時期は見積もりが止まってしまう事があります。

見積もりは、塗装業者さんに建物調査をしてもらわなければ作ることができないため、日取りを決めて建物調査をしてもらいますが、雨の場合は正確に調査できないこともあり、曇りや晴れの日にしか調査をしない塗装業者さんは多いです。

また、お家のメンテナンスは外壁だけでなく屋根も必要になるため、外壁塗装と屋根塗装を一緒に見積もりする場合もあると思います。

しかし、屋根に上って調査をする場合、雨の日は滑って危険なので、延期になってしまう可能性が高いです。

さらに、雨が降ると塗装業者さんは雨漏り修理の依頼をもらいやすくなるため、スケジュールが合わない可能性も。

このように、梅雨の時期は建物調査の日程が合わず、スムーズに進まないことも考えられますが、塗装業者さんの日程とお天気が合えば、問題なく見積もりを進めることができます。

ポイント2:あなたの予定を整えておく

外壁塗装の見積もりをする時は、まずあなたの予定に、ある程度のゆとりを作っておくのがオススメです。

  • スケジュールが変わりやすい状況
  • お仕事が忙しい状況
  • ご家族が出産予定

このように、普段の暮らしが少しバタバタしている中で、外壁塗装の見積もりをするのは、あなたにとって大きな負担となってしまい、見積もりにも集中できなくなってしまいます。

外壁塗装の見積もりは、何となくで考えると失敗してしまうため、見積もりの為に少し時間が割けるよう、予定を調整しておくようにしましょう。

見積書には有効期限がある?

一般的に、外壁塗装の見積書には有効期限が設けられています。

外壁は、雨風など自然環境の影響を直に受けるため、状態が大きく変わる可能性を常に抱えているもの。

建物調査や見積もり作成をしてから、何ヶ月も経ってから塗装業者さんを決めて工事…となると、見積もりを作り直す必要が出てくる場合があるため、あなたにも業者さん自身にも手間が掛からないように期限を設けているんです。

優良業者さんの見積書の有効期限は、大体1~3ヶ月くらいが多いため、最低でも1ヶ月は外壁塗装の見積もりに集中しやすい環境が整っていると、見積もりに成功しやすくなります。

また、見積もりに有効期限があっても、契約や工事を半年後、1年後など長期間待ってくれる優良業者さんも多いので、塗装業者さんに確認するのがオススメです。

ポイント3:複数の塗装業者さんから見積もりをとる

外壁塗装の見積もりは、1社よりも複数の塗装業者さんからもらうのがオススメ。

1社だけで見積もりをしてみて、あなたが納得できるようであれば大丈夫ですが、初めて外壁塗装を行う場合、1社だけでは適正かどうか分からない場合が多いです。

比較対象があると、あなたのお家を外壁塗装する場合の適正金額が分かってきたり、見積もり内容があなたに合うかどうかも、見極めることができます。

ただし、あまりに多くの見積もりをとってしまうと、かえって混乱して見積もりを絞れなくなってしまうため、2~3社ほどで比べるようにしましょう。

相場と比べるのも大事ですが…

外壁塗装の相場は約60~120万円が相場なので、「相場と比べてみればいいんじゃない?」と、考えるかもしれません。

もちろん、見積もり金額と相場も比べてみてほしいのですが、あくまで相場となるため、あなたのお家を外壁塗装する場合は、相場通りにいかない可能性もあります。

お家のつくりや傷み具合によって工事内容が変わり、その結果、適正金額も変わってくるため、相場は大まかな基準の一つにして、実際の見積もり金額は、塗装業者さんが直接お家を調査して出した金額で考えるようにしてほしいです。

ポイント4:見積書だけでなく、調査報告書も提出してもらう

外壁塗装の見積もりを成功させるためには、塗装業者さんから見積書だけをもらうのではなく、調査報告書も一緒に受け取りましょう。

調査報告書とは、外壁塗装の見積もりで最初に行う建物調査の、結果が記載されているものです。

建物調査・調査報告書・見積書、それぞれの関係を見てみると…

建物調査お家の傷み具合いや寸法を調べる
調査報告書建物調査で見られたお家の傷みと、それに必要な工事が記載されている
見積書建物調査・調査報告書の内容を根拠に、見積もりの内容が作られる

「お家にこんな劣化があるから、こういう工事が必要です」
「外壁の面積は〇㎡だから、塗料の費用を計算する時の面積も〇㎡です」

このように、建物調査の結果が書かれた調査報告書は、見積もり内容の根拠となり、現在あなたのお家に何が起きているのかが書かれている大事なものです。

建物調査の時に、お家の写真を部位ごとに撮っておき、各部位に起きている劣化や必要な工事と写真を、セットで調査報告書に載せて、分かりやすく作ってくれる塗装業者さんもいます。

すべての塗装業者さんが調査報告書を作ってくれるわけではないので、目安として覚えておいてほしいです。

ただし、調査報告書はあなたにとって、外壁塗装の見積もりが分かりやすくなる大きな材料となるため、わざわざ書面にして作ってくれるということは、「親切な塗装業者さん」と考えることもできますね。

ポイント5:すぐに決めず、じっくり考える

外壁塗装の見積もりを成功させるために、あなたに一番力を注いでほしいのが、「じっくり考える」という事です。

あまり深く考えずに進めたり、即決してしまうと、見積もりに失敗してしまう大きな原因となります。

外壁塗装は大きなお買い物になり、金額も気になるところだと思うので、もし複数社で比較をしている場合、一番安い見積もりの塗装業者さんに気持ちが動いてしまいますよね。

しかし、見積もりの内容までしっかり確認したり、塗装業者さんのお話しもよく聞いてみて、あなたが納得できるかどうか考えてみましょう。

また、見積もりそのものだけでなく、

  • 見積もりの説明は、あなたに分かりやすく伝えてくれているか
  • 見積もりに関する質問に、根拠をもって答えてくれているか

このような、塗装業者さんの対応面にも意識を向けてほしいです。

もらった見積書はまだ完成していません

見積書をもらうと一段落ですが、外壁塗装の見積書は、一度作ったらそれが完成形ではありません。

あくまでも、初めに受け取る見積書の内容は、塗装業者さんの提案段階なので、塗装業者さんのお話しを聞きながら内容を確認してみて、

「この項目って具体的にどんな作業をするんだろう?」
「雨戸が見積もりに入っていないけど、雨戸も塗ってほしいなぁ。」
「ほかの種類の塗料で計算した見積もりも欲しい…。」

このように、分からない部分を質問して疑問を解消したり、追加してほしい工事、必要のない工事など、あなたの要望を伝えて、塗装業者さんと一緒に見積書を完成させていくものです。

もちろん塗装業者さんは、あなたから「この工事は省いてほしい」という要望があっても、本当にあなたの暮らしのためにならないと判断すれば、「こういう理由で、この工事はしておく方がいいですよ」と、専門的なアドバイスをしてくれます。

あなたと塗装業者さんが打ち合わせを重ねることで、あなたの要望に添った、適正な外壁塗装の見積もりができるんです。

外壁塗装の見積もりをする流れと失敗しないための注意点

お家の外壁塗装を行うためには、見積もりを成功させることが大切です。

しかし、初めて外壁塗装を行なう場合は、どんな流れで見積もりが進むのか、いまいちイメージできないと思います。

見積もりの全体像をつかんでおくと、あなたの中で考えやすくなるため、私と一緒に、外壁塗装の見積もりの流れを確認してもらえると嬉しいです。

STEP1お家の状況をセルフチェック
外壁塗装の見積もりを成功させるためには、まず塗装業者さんへ連絡する前に、外壁の特徴や劣化症状などを、あなたが分かる範囲で事前にチェックしておきましょう。
失敗しないために…
とりあえず来てもらったら、その業者さんでは対応できない工事だった…となると、あなたも塗装業者さんも無駄な時間を過ごすことになってしまいます。分かる範囲で、事前に外壁の特徴や劣化を見て、塗装業者さんに伝えてから調査に来てもらうのがオススメです。
STEP2塗装業者さんへ依頼・建物調査の日程調整
塗装業者さんと連絡が取れたら、そこで建物調査のための日取りを決めます。
失敗しないために…
塗装業者さんも、ほかのお客様への対応で忙しい場合があるため、お互いがスムーズに日程を決められるよう、あなたの予定をある程度調整しておきましょう。
STEP3建物調査
決めた日程に塗装業者さんがあなたのお家へやって来て、建物調査を行います。この時点で、調査結果を簡単に話してくれたり、あなたの質問にも答えてくれますが、詳しい結果は見積り提出でお話ししてくれることが多いです。
失敗しないために…
あなたの疑問や不安、要望を伝えておきましょう。1回目の見積もり提出で、あなたの希望に近い形の見積書を作ってもらえる可能性が高くなります。
STEP4見積もり提出待ち
外壁塗装の見積書は、あなたのお家の状態や、これからの暮らしを考えながら、たくさんの計算をする必要もあるため、簡単に作れるものではありません。そのため、最低でも提出してもらえるまでに1~2週間ほど掛かるのが一般的です。
失敗しないために…
「見積書をなかなか提出してもらえない」というトラブルを防ぐためにも、いつ頃提出してもらえるのか、建物調査の時にきちんと確認しておきましょう。
STEP5見積もり提出
見積もりの提出方法は、塗装業者さんがあなたのお家に来て、一緒に見積書を見ながら解説してもらうのがオススメです。ただし、あなたが忙しくて、塗装業者さんに説明してもらう時間が取りにくい場合は、郵送での提出や、メールでデータを送ってもらうという方法もあります。
失敗しないために…
見積もりの書面だけ受け取り、塗装業者さんからの説明をしてもらわずにいると、塗装業者さんからの提案が伝えられなかったり、あなたからの質問もメールや電話では伝えるのが難しい場合もあります。出来るだけ、塗装業者さんと一緒に見積書を確認する場を設けるようにしましょう。
STEP6解説&質疑応答
見積もり内容を確認しながら、塗装業者さんに詳しく説明してもらい、あなたの中の疑問点や不安なところも、全て塗装業者さんに伝えて、回答やアドバイスをもらいましょう。
失敗しないために…
「聞きづらい…。」と思うような質問があっても、分からない事を残したままでは、外壁塗装工事が終わったあとまで、ずっと不安が心に残ってしまうので、疑問や不安は全て解消しておくことが大切です。塗装業者さんの人柄が理由で、あまり気軽に質問できない場合は、その塗装業者さんはあなたとの相性が良くない可能性もあるので、他社にも見積もりをお願いしてみましょう。
STEP7要望によって作り直してもらう
打ち合わせの中で、見積もり内容に変更がある場合は、作り直して再提出してもらいます。
失敗しないために…
初めにもらった内容が、そのままあなたの希望に添っているのであれば大丈夫ですが、「もう少しこうしてほしい」という要望を抱えたまま作り直してもらわずにいると、未完成な見積もりで考えることになってしまいます。塗装業者さんも、出来る限りあなたの希望を叶えてあげたいと思っているので、後悔しない外壁塗装にするためにも、ためらわずにお願いしてみてほしいです。
STEP8再提出
再提出してもらう時も、疑問や不安は残さず解消しておくようにしましょう。
失敗しないために…
再提出の際も、できるだけ塗装業者さんと直接お話しする形で見積書を受け取りましょう。最初の見積もり内容から、どの部分がどう変更されたのかをお互い再確認しておくと、「こうしてほしいって言ったのに!」というトラブルを防ぐことができます。
STEP9他社と比較(他社も2~9の流れを踏む)
1社だけでは決め手に欠けていたり、不安が残っている場合は、別の塗装業者さんからも見積もりをしてもらってほしいです。
失敗しないために…
1社だけ見積もりをして、「ちょっと腑に落ちないところもあるけど…」という状態のまま塗装業者さんを選ぶと、見積もりに失敗してしまう可能性が高くなります。1社だけでは判断が難しいと感じたら、手間を掛けてでも、あと1社か2社は見積もりをもらって比べてみてほしいです。
STEP10最終確認・家族とも確認
じっくり考えて、「我が家の外壁塗装をお願いしたい!」と思える塗装業者さんを選びましょう。あなたが納得できる見積もり提案や、安心感のある対応をしてくれる塗装業者さんがオススメです。
失敗しないために…
お家は家族みんなが安心して暮らすための場所。そのため、家族できちんと話し合っておき、みんなが納得できることも大切です。
STEP11塗装業者さん決定
塗装業者さんへ、外壁塗装をお願いする意思を伝えて、契約手続きへ進みます。
失敗しないために…
塗装業者さんはとりあえず決めたけれど、契約はもう少し待ってほしい、という「内定」状態にしておきたい場合もあると思います。その時は、塗装業者さんへ理由も添えてきちんとお話ししておきましょう。

「見積もりの成功」は、「工事の成功」に繋がるもの

外壁塗装を成功させるためには、まず見積もりを成功させることが大前提。

「見積もりの内容=外壁塗装工事」

このように、見積もりの内容は、あなたのお家の外壁塗装にそのまま反映され、見積もりに失敗すれば、実際の工事も失敗に繋がります。

これは、あなたが慎重に見積もりを行うという意味もそうですが、優良な塗装業者さんを選ぶという意味でも言えることです。

見積もりの対応が丁寧でなく、親身に対応してくれない塗装業者さんに工事をお願いすると、外壁塗装工事の質にも、塗装業者さんの特徴がそのまま表れてきます。

「大切な家族と安心して過ごしていきたい」というあなたの想いに、真摯に応えて見積もりをしてくれる優良業者さんを選んで、見積もりだけでなく、外壁塗装工事も成功させましょう。

このページを見てくれたあなたへ。

ここまで私と一緒に見ていただき、ありがとうございます。

外壁塗装の見積もりを成功させる5つのポイントを確認してきましたが、あなたの抱える悩みや不安が少しでも解決に向かえば嬉しいです。

安心できる暮らしのためとは言っても、外壁塗装は難しい事が多く、見積もりをとるだけでも大変ですよね…。
私たちは、どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装の見積もりに関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

外壁塗装の見積もりでお悩み中のあなたへ

お家の外壁塗装が初めての場合、見積もりの時点で分からない事や不安だらけで、なかなか前に進めないですよね。

あなたの大切なマイホームを、適正な金額や工事内容でメンテナンスするためにも、見積もりをしっかり成功させてほしいと私も思っています…。

私たち外壁塗装コンシェルジュは、建物のことで不安・悩みを抱えている方のご相談・アドバイスから、もしご希望を頂いた場合は地元密着の優良業者さんのご紹介も行っております。

ご相談もご紹介も無料なので、累計1万人以上(2019年11月25日時点)の方々からご連絡を頂いているため、もしお悩み・ご不安が1つでもあれば、お気軽にご相談頂けると嬉しいです。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中