全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(平日10~20)

01201649170120-164-917

塗料やカラーでだいぶ違う?汚れにくい素材をご紹介

塗料やカラーでだいぶ違う?汚れにくい素材をご紹介

外壁は建物の外観にとって非常に重要な箇所です。そのため外壁が汚れてしまうと、建物全体の印象も悪くなってしまいがちです。しかし、塗料をしっかりと施すことで、こうした外壁の汚れや劣化を防ぐことができます。汚れを防ぐことは外壁の寿命を伸ばすことにもつながるので、塗料の機能や色に注目して外壁を汚れから守りましょう。

さまざまな外壁の汚れ

外壁に付着する汚れの種類は一つではありません。雨風が原因となって発生する汚れや、湿気や結露によって生ずる汚れなど、それぞれ種類が異なります。中でも、雨だれによる汚れは最も発生しやすく、かつ目立ちやすい汚れでもあります。空気中にはさまざまな汚れの素が浮遊しているものです。排気ガスの汚れた油分やゴミなどから発せられた汚い空気は、知らず知らずのうちに外壁に付着しています。それが雨などで流されると、汚れの通り道のようなものが外壁に刻まれます。それが雨だれによる汚れです。とりわけ突起物や窓枠の下などは雨だれが発生しやすく、汚れが特にひどくなりがちな箇所です。一方、カビや藻などに代表される目に見える汚れは、湿気や結露によって発生してしまいます。風通しが悪い箇所や雨水が特によく通る箇所に生じやすく、雨だれと同じで付着するとなかなか落とせない頑固な汚れです。汚れを落とそうとして激しくこするなどすると、塗料が剥げ落ちて変色してしまうこともあるため注意が必要です。

変色で言えば、紫外線を浴び続けたことで発生する変色も汚れの一種として数えることができます。日射しが強い箇所によく発生する汚れで、変色があると建物の外観を損ねてしまいます。しかし、こうした外壁の汚れはただ美観を悪くするだけでなく、雨漏りやひび割れなどと言った建物の構造そのものにも影響を与えることがあるため、汚れを発見したらすぐにでも外壁塗装をすることが肝心です。

汚れにくい塗装を心掛ける

外壁の汚れは外観を損なうだけでなく、建物を老朽化させることにもなる厄介な代物です。外壁はとりわけ風雨や日光を浴び続けているため、どうしても他の部位に比べて劣化が早い個所ではありますが、外壁に汚れにくい塗装を施すことで劣化の速度を緩めることができるようになります。汚れにくい塗装をするためには、まず汚れに強い塗料を選ぶようにしましょう。汚れに強い塗料とは、よりグレードの高い塗料のことです。塗料にはいくつか種類がありますが、中でもシリコン塗料やフッ素塗料は非常に優れた性質を備えています。塗料そのものに防腐効果や防カビ効果が含まれており、雨だれによる汚れやカビの発生を最大限抑えることが可能です。

シリコン塗料やフッ素塗料は耐用年数が長いという点も大きなメリットの一つです。外壁塗装の工事は一度するだけでも高い費用が発生します。耐用年数の長い塗料は外壁塗装の頻度を抑えることにつながり、塗料としての値段は高いものの、結果として外壁にかかる全体の費用を抑えることができるでしょう。もちろん、シリコンやフッ素の塗料を使ったとしても、汚れを完全に防ぐことができるというわけではありません。外壁塗装工事も、できれば10年に1度くらいの周期でやった方が良いものでもあります。ただ、汚れにくい塗料を選んで塗装することで外壁に付着する汚れを抑えることができれば、外観を美しいまま保つことができるだけでなく、外壁の寿命を伸ばすことにもつながります。外壁が常に綺麗な状態であることは、建物の健康にとっても決して無関係なことではないのです。

汚れが目立ちにくい塗装の色を選ぶ

外壁にもし汚れが付着してしまったとしても、汚れが目立ちにくい色であれば美観を損なわずに済みますよね。もちろん、汚れが付着しないに越したことはありませんが、どんなに優秀な塗料を使用したとしても、やはり汚れを完全に防ぐことはできません。そこで汚れが目立ちにくい塗装を心掛けることが重要になってきます。中でも、塗料の色には注意を払っておきたいところです。外壁の色は建物全体の印象をも左右するものですが、汚れの目立ちやすい色を選んでしまうと、経年したときに良い印象を保つことが難しくなってしまいます。もちろん、自分の好きな色を使用することが前提ですが、それを踏まえたうえで汚れの目立ちにくい塗料の色にも関心を払ってみましょう。

たとえば、白や黒などといった一辺倒のカラーは汚れが目立ちやすいと言われています。汚れはだいたい黒ずみであることが多いため、やはり白いカラーの外壁だと汚れが目立ってしまいがちです。一方、はっきりした色である黒も汚れが目立ちやすいカラーであるため、できれば避けた方が無難かもしれません。赤や黄などといった原色系の色も汚れが目立ちやすいので、外壁の色を選ぶ際は注意しておくと良いでしょう。もちろん、たとえ黒や赤などといった汚れが目立ちやすい塗装をしたとしても、毎日しっかりメンテナンスをしさえすれば汚れを気にせずに暮らすことができます。汚れが目立ちにくい塗装をするというのは、あくまで美観を損なわないということに限った問題ですので、外壁はまず自分の好みの色や好きな色を選ぶということを前提にし、そのうえで汚れが目立ちにくい色を取り入れるなどすると良いです。

塗料の費用もご確認される場合は、「外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できる」を合わせてご確認ください。

かべぬりコンさんどんな塗料を選べばいいの…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、塗装のアドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用は無料・365日受付・どんなに小さい相談でも大丈夫です。