全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(平日10~20)

01201649170120-164-917

外壁塗装の時期・季節はいつがいい?不安になる前に知っておきたい情報

外壁塗装で知っておきたい4つの時期

外壁塗装における時期・季節は似ていますが、意味合いが違ってきます。

外壁塗装の時期は「塗装をしなくてはいけない症状が出ている」ということ。
外壁塗装の季節は「塗装に適しているか適していないか」を表しています。

時期・季節に関して、あなたが不安に思っていることを解決できる情報を見ていきましょう。

外壁塗装の時期について知りたい方は
外壁塗装の時期こちらを見てください。

外壁塗装の季節について知りたい方は
外壁塗装の季節こちらを見てください。

このページで分かること・身につくこと あなたの家の外壁塗装を、最適な時期・季節で行えるようになる情報が分かります。そして、失敗しない塗装ができるようになります。

外壁塗装の時期・季節はいつがいいの?

外壁塗装の時期を計るものとして、一番分かりやすいのが築10年以上経っているかどうか

あなたの大切な家は、建てられた時からすでに劣化が進行しているので、築10年も経てばメンテナンスをしなくてはいけない症状が出てきます。

外壁塗装の季節は気候も安定し、雨も少ない秋頃の10~11月が最も適した季節です。

季節と気候はとても密接に関係しているので、気候も合わせて知っておく必要があります。

外壁塗装の時期はなぜ築10年を目安にするのか、外壁塗装の季節はなぜ秋頃がいいのか、まずは外壁塗装の時期についてから詳しく見ていきましょう。

外壁塗装の時期について

外壁塗装の時期として築10年を目安にされることが多いのは、家は建てられている時から劣化が始まり、築10年もすれば必ずどこかしらに不具合が発生するからです。

例えば電化製品も何年も使っていると壊れたり動かなくなったりして、買い替えを検討しますよね?家に関して簡単に買い替えができないので、長持ちするようにメンテナンスをする時期が訪れます。

不具合が発生する原因として、常に紫外線・雨風・ホコリなど自然環境から与えられるダメージを受け続けているからなのですが、不具合=劣化の症状は段階的に現れます。

外壁塗装をする時期を見極めるには、劣化の段階・症状を見極めることで、外壁塗装をする最適な時期をあなた自身で確認することができます。

それでは、劣化の段階・症状を詳しく見てみましょう。

外壁塗装をする時期は劣化の段階・症状で分かる

時期 段階 劣化の詳細
新築~8年前後 ツヤがある まだ外壁塗装の効果もある状態で、何も心配する必要がありません。
築8~10年 変色(ツヤがなくなる) 外壁塗装の機能が無くなりかけています。このまま放置しておくと、劣化の症状が色々でてきてしまいます。※初期の塗装不良・耐用年数の短い塗料を使っていた場合など、早めに劣化が始まります。
築8~10年 チョーキング 塗料の耐久度がなくなり、塗料が粉状になってしまっている状態。このままだと紫外線・雨水等が防げなくなり、ヒビ割れなどの劣化を引き起こしやすくなります。
築5~10年 藻・カビ・コケの繁殖 外壁塗装の部分に汚れや雨水が溜まることで、藻・カビ・コケの繁殖が発生するようになります。藻・カビ・コケが繁殖すると、外壁塗装の劣化を進行させるので、ご自身で定期的に外壁を洗浄するか、業者にキレイにしてもらうのがオススメです。
築8~13年 外壁・コーキングのヒビ割れ 外壁塗装の効果が切れて、紫外線・雨水などの自然環境のダメージが直接入りこんでくるので、塗装の劣化が起りヒビが入るようになります。 ヘアークラックと呼ばれる髪の毛ほどの薄いものから、構造クラックなどの大きなヒビまで様々ですが、どのヒビもいずれ大きくなり建物の雨漏りを引き起こす要因にもなるので、この時期になったら、早めのメンテナンスが必要です。
築10年~ 剥がれ(剥離)・膨れ 外壁塗装が剥がれ・めくれる・膨れが発生した場合は、外壁塗装の効果がすでに切れていて、建物にも直接ダメージが届いてしまう状態になってしまっているので、早めに外壁塗装をすることがオススメです。 そのまま放置してしまい、建物に重大な劣化を引き起こしてしまった場合、通常のメンテナンス費用よりも高額になることもあるので、まずは外壁塗装の業者に外壁を診断してもらいましょう。

新築から考えて、それぞれどのくらいの時期にどんな症状が発生するのかが分かれば、あなた自身で外壁塗装をするべき時期になったことが判別できます。

悪徳業者などは、大げさに危険性をうたい、すぐに契約をもらおうとしてきます。

あなた自身で見極めることができる情報を知ることで、失敗しない塗装をすることができれば、私たちもうれしいです。

部位ごとでの塗り替え年数

部位や素材ごとに、塗り替え年数は異なります。もちろん同じ建物であっても、南側と北側では劣化の進み方が違いますし、風通しのよい場所や湿気のこもりやすい場所などの環境によっても異なってきます。塗り替えの目安として参考にしてください。

外壁 吹き付け 6~10年
サイディング 10年
ALC 10年
屋根 カラートタン 5~8年
スレート(コロニアル) 10年
木部 3年
鉄部 3年

確認してみよう!塗り替え時期の簡単セルフチェック

適切な塗り替え時期を見逃さないためにも、築8年目くらいから、月に1度くらいは自宅の外壁をセルフチェックしてみましょう。少しでも早く劣化や傷みを発見することが、塗装費用の節約にもつながります。

ひとつでもあてはまる現象が見つかれば、塗り替えのサインです。そのままにしておくと、劣化や傷みが進んでいきますので、できるだけ早めに塗り替えを検討しましょう。

ひび割れがある どんなに小さなひび割れでも、そこから水分や湿気は浸入し、外壁だけでなく建物内部までダメージを与えていきます。ひび割れがひどくなると雨漏りの原因にもなりますので、早急な対策が必要です。モルタル壁に多く発生し、強度的にも不安が生じます。
塗装が剥がれている 塗膜が劣化すると、付着力がなくなって、剥がれたりめくれたりしてきます。塗装が剥がれると、風雨や紫外線の影響を直接受けるようになり、さらに劣化が進む原因にも。適切な塗料を使用していなかった場合にも起きる現象です。
汚れが付着している 築10年もすると、外壁の汚れが目立ちやすくなってきます。
色のあせている部分がある 建物本体にはダメージは及んでいませんが、劣化がはじまっているサインです。変色したり、つやがなくなったりして、外見が汚れて見えます。とくに外観が気になる場合は、外壁塗装を計画してもよいでしょう。
塗装が膨らんでいる部分がある 塗装時に外壁に水分が残っていたり、梅雨などの湿気が多い時期に施工したりしたことが原因で起こります。素地のサビが膨れたことによって、塗装が膨らむ場合もあります。
コケやカビ、藻などが発生している 塗膜が劣化すると表面がザラザラになり、その部分にコケや藻などがつきやすくなります。付着したコケを放置しておくと、カビになってしまいます。これらは、下地の腐食やサビの原因にもなるため、早めの対策が必要です。
サビがある 鉄部に多くみられるサビですが、外壁に発生することもあります。
腐食しているところがある 外壁の剥がれやめくれ、サビなどを放置しておくと、そこから外壁が腐食してきます。こうなってしまう前に補修するようにしましょう。
手で触ると白い粉がつく 白い粉は「チョーキング」現象といって、塗料が劣化して、防水効果がなくなりつつあることを示すサインです。放置しておくと、塗膜が外壁を保護できなくなり、さらに劣化が進む原因になります。チョーキング現象が起こったら、できるだけ早く外壁塗装を塗り替えるようにしましょう。
木部・鉄部の塗膜の剥がれがある 木部や鉄部の傷みは、外壁よりも早く現れます。塗膜が剥がれて下地が見えていると、雨水や空気が直接下地に接触することで劣化が進みやすくなります。早めに塗り替えを行いましょう。
コンクリートの爆裂がある 外壁の一部が崩れ落ち、内部の鉄筋が見えている状態です。コンクリートに雨水が浸入することによって酸化し、外壁内部の鉄筋がさびてしまいます。サビが膨張することで、コンクリートが崩れ落ちてしまうのです。

当てはまる劣化症状はありましたか?一つでも見つけたら外壁塗装のサインでもあります。そのままにしようとせずに、まずは一度専門家(塗装業者)、それも優良業者に外壁診断をしてもらうのがオススメです。

それでは次に、外壁塗装の季節について見てみましょう。

外壁塗装の季節について

外壁塗装の季節は、塗り替えてもらうあなた・実際に塗装をする外壁塗装業者にとって、大切なものとなります。

よく言われているのが、6~7月の夏に入る前の雨期には塗装を控えたほうがいいということ。

なぜ、雨期の塗装はだめなのか、どの季節の塗装がいいのか見てみましょう。

雨期の塗装はなぜダメと言われているのか

外壁塗装に必要不可欠なのは塗料ですが、乾く前の塗料に雨水がついてしまうと、塗料が流れてしまって塗装したことを無かったことにしてしまうんです。

外壁塗装というのは、塗料を塗ったあとに必ず乾燥させる為の時間を設ける必要があります。

乾燥時間をきちんと確保することで塗膜(塗料が乾いてできた薄い膜)が作られ、この塗膜によって紫外線・雨水などの自然環境からのダメージを防いでくれる防御壁となるんです。

しかし、乾燥中の塗料は水に弱いので、雨が振られてしまうと以下の事が起きます。

  • 乾燥しきってない部分が流れてしまう
  • 水が付くのでもっと乾燥時間が必要となってしまう
  • 乾燥が不十分なまま仕上げ塗りがされてしまう

これらは雨によって引き起こされ、塗装日数(期間)の増加に繋がり、あなたにも塗装業者にも負担となってしまいます。

これが、雨期の時期は塗装を避けたほうがいいと言われる理由になります。

雨期に塗装をするのは必ずしもダメではない

雨期の時期は塗装を避けた方がいいと言われてはいますが、塗装ができないということではありません。

ただ雨が多いというだけで、そもそも雨期は夏前のあたたかい季節なので塗料が乾燥しやすい時期のため、雨(天気)に気をつけていれば雨期の時期でも塗装は行なえます。

天気の予測はとても難しいですが、これが出来てしまえば雨期の塗装も怖くありません。

地域の特性を知り、天気も予測できる地域密着で長年活動している塗装業者にお願いすることがオススメです。

悪徳業者は雨が降ってもおかまいなし

雨の影響で塗装日数(期間)が増えること、塗装業者にとっては他のお客様の塗装へ行けなくなってしまうので、売上減に繋がってしまいます。

何件もこなして利益を得ようとする業者にとっては雨は天敵。

そのため、雨が降ってあなたの家の塗装に不具合が発生しても気にしない悪徳な業者を選んでしまうと、すぐに剥がれやヒビ割れが引き起こされる外壁塗装になります。

一軒一軒のお客様大事にし、地元の人のためにと考えている地域密着の塗装業者を選ぶことが、失敗しない塗装になることを覚えておいてほしいです。

外壁塗装の最適な季節はいつ?

外壁塗装は、春・夏・秋・冬のどの季節にするのが適しているのでしょうか。

それぞれの季節と特徴を見てみましょう。

季節 時期 特徴
3月・4月・5月 雨も少なく暖かくなる季節なので、塗料も乾きやすいため塗装がしやすい時期と言えます。雨期を避けて4月・5月に駆け込みで塗装をする方もいるので、早めに塗装業者を探し、予約を確保しておく必要があります。
夏(雨期) 6月・7月  雨が多いので塗装が避けられがちな季節です。しかし、温かい季節でもあるので塗料が乾くための温度を保てるため塗装はできます。この時期に塗装がしたい方は、地域密着で地域特性を知り・天候を予測できる技術の高い塗装業者を選びましょう。
8月・9月 雨期も過ぎで塗装がしやすい環境です。しかし、塗装に必要な足場(鉄製)が焼けるように熱くなって作業がしにくい・職人の体力も奪われる季節なので、塗装業者も必死です。無理をせずしっかりあなたの家の塗装ができる地域密着の業者へお願いするのがオススメです。
10月・11月 雨も少なく暑さも抜けて、塗装業者が一番塗装がしやすい時期に入ります。そのため、人気の塗装業者はすぐに予定が埋まってしまうので、早めに見積もりをして依頼をしておく必要があります。一括見積サイトなどを使うのもオススメです。
12月・1月・2月 12月は年末の駆け込み依頼が多く、比較的忙しい時期となります。12月~2月ごろは寒い季節となるため、塗料を乾燥させるための十分な温度が確保できないこともあります。きちんとあなたが暮らす地域の特性を知っている塗装業者にお願いすることで、安心して塗装がまかせられるようになります。

こうやって見ると、どの季節(月)でも基本的には塗装が行えると言えます。塗装がしにくいというだけで、不安にならずにどの季節でも塗装ができることを覚えておいてほしいです。

塗装がしにくい季節で塗装をしなくてはいけない方は、地域特性を知り・技術もある地域密着の塗装業者を選ぶことで、失敗しない外壁塗装にすることができます。

雨量を都道府県別で検証

地域 年間降水量 年間降水量ランキング
高知県 3.659mm 1位
鹿児島県 2.834mm 2位
宮崎県 2.732mm 3位
石川県 2.635mm 4位
沖縄県 2.585mm 5位
全国平均 1.757mm
※【出展】都道府県格付研究所:年間降水量 2014年版

1位は高知県ですが、全国的にも1.757mmの雨が降っています。そのため、どの都道府県であっても雨に強い塗装業者を選んで塗装してもらうことが、失敗しない外壁塗装にすることができます。

季節だけなく温度と湿度も関係あります

塗装ができない気温と湿度
気温 気温が5度以下の時
湿度 湿度が85%の時

外壁塗装の天敵は雨などの水分だけでなく、気温と湿度も一定の条件を満たさなければ塗装が出来ないルールとなっています。

この気温と湿度に関しては、塗料メーカーが出している塗料の乾燥に十分な環境を塗装業者に守ってもらうために出しているルールです。

雨だけでなく、気温・湿度も塗装をするのに関係があるものと覚えておいてほしいです。

そもそも外壁塗装をするメリットって?

外壁塗装の時期がきたから塗装をしなくてはいけない、ということももちろんありますが、外壁塗装をすることでメリットがあるため、みなさま塗装をしています。

外壁塗装をするメリットを以下に出してみますね。

外壁塗装のメリット
外壁を補強し、劣化を防ぐ 外壁は、常に負担がかかっていて思った以上に劣化しています。どうしようもないくらいまで劣化してしまってから塗り替えるのでは遅いのです。
雨漏りなどの水の浸入を防ぐ 今は雨漏りしていないからといって、いつ必要になるかはわかりません。雨漏りしてしまう前に、メンテナンスすることが必要です。
家を長持ちさせる 築10年を目安に外壁を塗り替えることにより、建物全体が約3倍長持ちするといわれています。
トータルの補修費用を抑えられる どうしようもないくらいまで劣化してから補修や塗り替えをしようとすると、その費用は膨大なものになります。多大な費用がかかる前に、定期的に塗り替えをすることで、トータルのメンテナンスコストを抑えることができます。

このように外壁塗装は、雨漏り防止・家を長持ちさせる・メンテナンスの費用が抑えられるなど、さまざまなメリットがあるため塗装がされるんです。

外壁塗装のメリットの情報も知ってもらうことで、外壁塗装の大切さを知っていただければ嬉しいです。

時期・季節に適した塗装をしてくれる業者探し

時期・季節に適した外壁塗装工事の業者を探して選ぶことが、失敗しない塗装に繋がります。

例えば以下のような場合、どっちの業者を選べばいいでしょうか。

・季節の知識はもっているけどあなたが暮らす地域の情報を知らない業者
・季節の知識はあまりないけどあなたが暮らす地域の情報を熟知している業者

この場合、あなたが暮らす地域の情報を熟知した、地域密着の業者を選ぶことが大切です。

季節の情報は確かに大切ですが、あなたが暮らす地域の特性をしらないと間違った塗装がされてしまうこともあります。

そのため、私たちでは地域密着の塗装業者を選ぶことをオススメしています。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

外壁塗装の時期についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?

どんな小さなことからでもご相談を無料でさせていただいているので、お気軽に以下の塗装・修理のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外壁塗装をしたいけど誰に頼めば…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根修理の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタン!最大3社の優良業者をご紹介


悪徳業者に騙される前に適正相場を確認する

       
北海道・東北地方 北海道   青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島
関東地方 栃木   群馬   茨城   埼玉   千葉   東京   神奈川
中部地方 新潟   富山   石川   福井   山梨   長野   岐阜   静岡   愛知
近畿地方 京都   大阪   兵庫   滋賀   奈良   和歌山   三重
中国地方 鳥取   島根   岡山   広島   山口
四国地方 徳島   香川   愛媛   高知
九州・沖縄地方 福岡   佐賀   長崎   熊本   大分   宮崎   鹿児島   沖縄