全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(平日10~20)

01201649170120-164-917

玄関ドアって塗装が必要なの?大切な補修のお話

  • 2015.09.02
  • 外壁塗装コンシェルジュ

door

住んでいる人は普段から目にしているため、汚れなどがあっても気づきにくいです。

しかし、ご近所の方や来訪者にとって玄関ドアは、大人と同じ目線にある為、汚れなどに気がつかれやすく、家とあなたのことをその印象で判断されかねません。

玄関ドアはお家の顔でもあります。キレイにすることで、ご近所の人からも好印象に。悪い印象をもたれない為にも塗装か補修どちらが必要なのか見ていきましょう。

玄関ドアの塗装・補修の業者探しでお困りの場合は以下の塗装の無料相談フォームまたはお電話で気軽に私たちへご相談くださいね。※お住いの地域にドア塗装・補修を受けられる業者がいない場合もありますが、まずはお気軽にご相談ください。

このページで分かること・身につくこと 玄関ドアの塗装方法・塗料の種類・塗装期間などがわかります。塗装ができない玄関ドアなどもあり、一通りのドア塗装の知識が身につきます。

1. まず初めはあなたのドアの種類を知ることから!

玄関ドアは主に2種類あります。一つ目は木製、二つ目は金属性でそれぞれ特徴があり、それぞれに合った塗装と補修がある為、あなたがどちらのタイプのドアなのか確認することから見ていきましょう。

玄関ドアの種類別の特徴

  木製ドア 金属製ドア
良いところ ・木目が美しい
・味がある
・冷気を通さない
・おしゃれでデザイン性がある
・低価格
・メンテナンスが楽
悪いところ ・塗装が剥がれやすい
・燃えやすい
・錆びる
・傷がつきやすい

玄関ドアは種類ごとに特徴があり、一戸建ての場合は木製が、アパートやデザインマンションでは金属製のドアが多いようです。

どちらのドアも設置されたときから紫外線や雨風など、外界からのダメージを受けることになり、いずれ塗装か補修が必要となります。

自分の家の玄関ドアの塗装が剥がれてきた…こんな時は塗装か補修か、どちらを選べばいいのかいいでしょうか。見分け方を詳しくご説明します。

木製ドアの方はこちらから金属製ドアの方はこちらから

2. 木製の玄関ドア編

あなたのドアは塗装と補修どっちが必要?

玄関ドアを補修する方法として、ドアの塗装と補修の2種類があります。再塗装は補修に比べて4分の1~2分の1程度のコストですみます。もちろん塗装では対応できない場合もありますので、玄関ドアの劣化具合に合わせて選びましょう。

見分け方

  • 1:ドア全体がくすんで、色つやや光沢がなくなっている
  • 2:ドア全体的に傷や塗装剥げがある
  • 3:ドア全体的に大きい傷があったり割れている

1と2の場合であれば、平均3~10万円あたりの塗装をすることで玄関ドアをキレイにできます。しかし、3の状態ともなると塗装だけでは、もやは難しいです。

実際に補修となると、ドアの補修にも発生する場合があり、工事代込みで平均25~数十万円の支払いが必要になってきます。日頃から玄関ドアのメンテナンスを行い、キレイな状態を保てるようにしましょう。

木製の玄関ドアの料金相場比較表

  塗装 補修
ドア1ヶ所当たりの相場 3~10万円 25~数十万円(工事費込)

塗装

玄関ドアも外壁塗装工事と同じように、修繕や塗装によって、新築時と同じような輝きを取り戻すことができます。玄関ドアの再塗装には平均して1ヶ所当たり3~10万円かかります。塗装範囲が狭いわりにはコスト高の印象があるかもしれません。

木製ドアを補修する場合、ドア全体を修繕するのであれば、表面の塗装すべてをいったん剥がす必要があります。剥がれた部分の一部を直すだけでよいのであれば、その部位だけを剥がしてから再塗装することによって、費用を抑えることができます。

単に剥がすだけの簡単な作業と思われがちですが、ドアの素材を傷めないように、またドア周囲の養生に気を配って、補修部位以外の部分に剥離剤がついてしまうことのないように、丁寧で細かい技術が必要です。その繊細な技術が必要なことから、玄関ドアの塗装は「家具塗装」と同等とまで言われています。

玄関ドアと外壁の塗装って同じ塗料だから費用安くなるよね? いいえ、木製の玄関ドアと外壁では使う塗料が違います。そのまま外壁の塗料で塗装をしてしまうと木目が消えてしまうことになりかねません。木製の玄関ドアには木目をキレイに出させるために、オイルステンといわれるオイルを塗り込んだりします。実は塗装業者でさえ、知らずに玄関ドアも同じ外壁塗料で塗ってしまうこともあります。事前に玄関ドアでは外壁の塗料は使わないことを覚えておきましょう。

補修

玄関ドアを補修する価格は、ドアの種類や材質、そしてドアの現状などによって異なります。一般的な相場として、玄関ドアの交換価格は20~数十万円。なお、施工業者によって提案内容が異なりますので、見積もりに差が出る場合もあります。

3. 金属製の玄関ドア編

あなたのドアは塗装と補修どっちが必要?

金属製の玄関ドアも木製の玄関ドアと同じく、ドアの塗装と補修の2種類があります。

見分け方

  • 1:ドアに傷が付いている
  • 2:ドアに傷や退色(色あせ)、サビが付着している
  • 3:ドア全体的に大きな傷がありサビだらけになっている

1と2の状態ならサビ落しや古い塗膜のケレン(ヤスリがけ)、傷の修復を行った上で塗装を行えばキレイにすることが可能です。塗装代も平均5~10万とそこまで高額にはならないでしょう。

しかし、3の状態までになってしまうと、サビ落としや塗膜のケレンだけでは対応できなくなってしまうので、ドアの交換も発生する可能性があります。交換となると工事代込みで平均25万円前後の支払いが必要になってしまいます。

金属製ドアの料金相場比較表

  塗装 補修
ドア1ヶ所当たりの相場 5~10万円 25~数十万円(工事費込)

塗装方法

金属製の玄関ドアは、吹き付け塗装で行います。しかし、周りに塗料が飛び散るので、養生も大変重要になります。玄関周りやそばに置いてある自転車などの養生も忘れずに行わなければいけません。このように吹き付け塗装には高度な技術や心配りが要求されています。

補修

金属製の場合は、「カバー工法」というやり方で新しいものへと交換する場合が多いです。既存のドアの枠は残したまま、その枠に新しいドアをかぶせるように設置するのが特徴です。

注意!アルミ製のドアは塗装できない?

アルミ製のドアを塗装業者へ頼むと、「このドアの塗装はうちでは対応できない」「他の塗装業者にやってもらってくれ」など、断られるケースがあります。

これは、アルミ製のドア塗装は非常に高度な技術が必要なため、普通の塗装業者では対応できないからです。

アルミ玄関ドアの場合には、外壁などに使う塗料とは違い、硬度が出るように強溶剤塗料を吹き付け塗装します。アルミ玄関ドアの塗装には高度な技術が必要なので、業者から断られることもあるようです。

逆に、アルミ製のドア塗装ができる塗装業者は、非常に高い塗装技術を持っているため、信頼ができる塗装業者とも言えます。

アルミ製のドア塗装ができれば信用していいの? 本当にアルミ製のドア塗装ができる塗装業者であれば、高い塗装技術をもっています。いいかげんな塗装業者だと数年後でないと判断できないのをいいことに、できないのに「できます!」といいます。本当に塗装できる技術があるかはアルミ製のドアの塗装事例を見せてもらうのがいいでしょう。

4. 玄関ドアの塗装期間や工程はどうなるの?

玄関ドアの塗装期間は、外壁塗装と同じように乾燥させる必要があるため、2〜4日はかかります。木製と金属製のドア塗装の工程は以下になります。

木製ドアの塗装工程

  • 工程1:古い塗膜の除去などの下処理
  • 工程2:下塗り
  • 工程3:中塗り
  • 工程4:上塗り

金属製の玄関ドアの塗装工程

  • 工程1:古い塗膜の除去やケレンなどの下処理
  • 工程2:下塗り
  • 工程3:中塗り
  • 工程4:上塗り

木製、金属製どちらも外壁塗装と同じように下塗り・中塗り・上塗りの工程を挟むため、下処理などと合わせて最低でも2〜4日はかかる計算になります。

いい加減な塗装業者は、この工程を短縮し2日間などで済ませてしまう場合もあるので、必ず玄関ドア塗装の日程表を確認しましょう。

5. 玄関ドアの塗装を安く済ませるには?

支払いがたとえ大きな金額でなくても、少しでも費用は抑えたいもの。

しかし、玄関ドアの塗装だけでは金額が少ないので、実はあまりやりたがらない塗装業者も中にはいます。そういう場合は、「外壁塗装と一緒に玄関ドアの塗装もお願いします」と言ってみてください。一箇所の建物で塗装をする面積が広がることで、塗装業者にとってもいい話となり、「それなら少し安くしますよ」となるわけです。

お互いの目的に少し歩み寄ることで、安さも実現することができます。

6. 玄関ドアのDIYをおすすめしない理由

玄関のドアだけなので自分でも塗装できてしまえそうですが、玄関ドアには高い塗装技術が必要になります。自分でさまざまな道具と塗料を用意していざ塗装をしてみると、キレイに塗装するのが難しかったり、できたと思っても数ヶ月後に剥がれてきてしまったりします。

本当におうちの顔としてキレイにしたいのであれば、玄関ドアの塗装のプロにお願いすることで、結果的に塗装費用の負担を減らすことにも繋がります。

その他注意しないといけないことは、玄関ドアの「キレイな裏側」と「傷んだいる表面」を自分で塗装する時、同じ色合いにしていくのがとても難しいです。色の調整は普段塗装に慣れていない人がやると、全くと言っていいほど、目的の色になってくれません。キレイな仕上がりにしたいのであれば、プロに任せるのが一番です。

玄関ドアの塗装・補修は外壁塗装と同時がオススメ

玄関ドアの塗装は、外壁塗装とは違い、より高度な技術が必要となります。

自分で塗装・補修をするのはもちろんの事、間違った塗装業者選びをすることで、失敗へと繋がります。

また、玄関ドアの塗装・補修を行う場合は、ドア単体で塗装するのではなく外壁塗装と同時に行うことで、結果的には支払うお金が減ります。そのため、まだ外壁塗装をされていない方は玄関ドアも一緒に外壁塗装とするのがお勧めです。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

玄関ドアについてまとめて書いてきましたが、分かりづらいところはありましたでしょうか?

不明点や玄関ドアの塗装・補修の業者探しでお困りの場合は以下の塗装の無料相談フォームまたはお電話で気軽に私たちへご相談くださいね。

あなたにとって安心・納得の情報になれば嬉しいです。

かべぬりコンさん玄関ドアの塗装・補修ができる業者を探したい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、玄関ドア塗装・補修のアドバイス・サポートをお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地域密着の優良業者の紹介など全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「玄関ドアの塗装・補修の相談がしたい」とお伝えください。 ※お住いの地域にドア塗装・補修を受けられる業者がいない場合もありますが、まずはお気軽にご相談ください。

コンシェルジュ

ご利用は完全無料・24時間365日受付・どんなに小さい相談でも大丈夫です。