全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(平日10~20)

01201649170120-164-917

屋根修理の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

  • 2017.01.10
  • 外壁塗装コンシェルジュ
屋根修理の費用っていくら?相場を知らない人が不安になる前に見るべき全情報

屋根修理の費用相場を知らない人は、悪徳業者に騙されてしまう可能性があります。

屋根は、部分的に直す屋根修理だけでなく、全体の腐食が進んでいた場合は屋根リフォームが必要になることも。

そのため、部分的な屋根修理の費用相場と、全体的に屋根の補修・交換をする屋根リフォームの費用相場も合わせて見ていきましょう。

このページで分かること・身につくこと 屋根修理・リフォームの適正な費用相場を知るだけでなく、適正価格を出してくれる業者の見分け方など、屋根業者の言いなりにならずにあなた自身で判断できる知識も身につきます。

屋根修理の工事費用:相場をチェック!

屋根修理は部分的なところを直すことを指し、屋根リフォームは屋根全体を変えてキレイにする・デザイン性を高めるなど暮らしやすさ向上させることを指します。

屋根修理と屋根リフォームでは規模感が違い費用相場も異なるので、それぞれ説明します。

費用は屋根の面積で求める 屋根修理・屋根リフォームでは費用を算出するために、屋根の面積がどれぐらいかを元に計算されます。例えば屋根が100mで防水シートの単価が600円の場合は、100×600=60,000円となります。

屋根修理の費用相場

修理内容 約30坪の建物の費用相場
棟板金の取り替え 3万~10万円
雨樋修理 3千~10万円 ※修理の規模によって金額は上がります。少額修理の場合は火災保険を適用しての修理は難しいこともあります。
雪止め設置 3万~10万円 ※雪国でなくとも建物が隣接している場合、隣の家に雪が落ちてしまうため、取り付けをお勧めしています。
瓦の差し替え 1万~5万円 ※業者によっては瓦1枚からも受け付けてくれます。
屋根・雨漏り修理 5~30万円
雨漏りの調査 調査費用
無料 目視確認 0円
有料 発光液調査 5~20万円
散水調査 10~30万円※散水に使う水はご自宅のお水を使わせていただく場合が多いです
赤外線サーモグラフィー調査 10~40万円

雨漏りの調査に関しては、上記の表のように特別な機械・道具を使い時間もかかる為、別途費用をいただく場合が多いです。※その他、業者の移動代や報告書作成代などもかかります。

雨漏り修理の場合は、原因を特定をせず修理をすると99%の確立で雨漏りが再発します。

きちんと直る工事、何度も雨漏りで追加費用がかからないようにするには、やはり雨漏りの原因をいかに特定するかがとても大事になります。

屋根リフォームの費用相場

工法 約30坪の建物の費用相場
塗装 40~80万円
葺き替え 60~200万円
カバー工法(重ね葺き) 80~120万円

工程の多さや使用する材料の多さによって、費用がかわってきます。

雨漏り修理の場合は、雨漏り箇所の調査費用が別途かかる場合があります。

カバー工法(重ね葺き)について詳しくは【屋根】20年間メンテナンス不要?カバー工法の費用と特徴をご確認ください。

塗装をする際のチェックポイント! 塗装を専門にしている業者は、屋根の修理(棟板金・雨漏りなど)ができない場合があります。しかし、屋根の棟板金に関しては塗装前に直した方がいい部分でもあるので、屋根修理もできる塗装業者に依頼をしましょう。

屋根材別の単価相場

屋根材別の一般的な相場なので目安として覚えていただければと思います。※屋根材は種類豊富で値段も全て違います。グレードが上がればより値段も高くなることを覚えておきましょう。

工法 平米単価の相場
ガルバリウム 6,000~9,000円/㎡ ※断熱材が入った場合は価格が上がります。
コロニアル(ストレート屋根) 4,500~8,000円/㎡
樹脂・セメント(ストレート屋根) 9,000円/㎡~
8,000~12,000円/㎡
本瓦 50,000円/㎡~ ※社寺や城などに使われる高級な瓦。
銅板 18,000円~20,000円/㎡ ※銅板は高級な為、値段が高いです。

瓦についてもっと詳しく知りたい方は屋根で瓦を使っている方が知っておきたい5つのポイントもご確認ください。

その他の屋根修理にかかる費用

項目 約30坪の建物の費用相場 
仮設足場 10~30万※ガルバリウム鋼板は滑りやすいため。また、屋根の傾きが急な場合も足場が必要
高圧洗浄 2万5千~3万
ケレン 5万5千~10万
錆止め 7万5千~10万
漆喰 8万~15万
コンパネ(野地板) 7万5千~10万5千
塗料 15万~60万※塗料のグレードによって値段が変わります。
ルーフィング(防水シート)  8万~10万
棟板金 3万~5万(12~26m)
諸経費 5%前後
屋根材撤去費 20万~40万※屋根の重さによって費用が増えます。
屋根材処分費 10,000~20,000円/m3※立方メートル・産業処分場によって費用が増えます。

屋根塗装と外壁塗装に関する単価の一覧は外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できるよりご確認ください。

屋根修理の費用が業者ごとに違うってホント?

費用を算出するために必要なものとして「単価」と「面積」があり、屋根修理業者ごとで金額設定や計算方法が違うため、屋根修理の業者ごとで費用が異なります。

単価はそれぞの工程や屋根修理に使うモノのに付けられ、面積はどの範囲まで修理するのかを決めるために割り出されます。

  • 単価は業者ごとで金額の付け方が違う。
  • 面積は業者ごとで計算方法が違う。

そのため、例えば3社に見積もりを頼んでも見積もり金額が同じになることはありません。

悪徳な屋根修理・リフォーム業者は価格を不当に吊り上げたり、面積をいい加減に算出したりするので、適正な費用で屋根修理を行うためには、優良な屋根業者を選ぶ必要があります。

優良な屋根業者の見分け方については屋根リフォームで悪徳業者を選んでしまわない為の5つの見分け方をご確認ください。

屋根修理の工事にかかる見積もり例

最初に屋根修理の見積り例、その次に屋根リフォームの見積もり例をそれぞれ書いているので、費用の予算を考える参考にしていただければと思います。

屋根修理の見積もり事例

棟板金の釘穴からの雨漏り

条件:約30坪118.8㎡ 屋根面積 147.9㎡

項目 単位 数量 単価 金額
散水調査     一式 100,000
棟板金 m 12 5,000 60,000
合計       160,000円

勾配(屋根の傾き)が緩やかなため、足場無しで修理。

瓦割れからの雨漏り

条件:約30坪118.8㎡ 屋根面積 147.9㎡

項目 単位 数量 単価 金額
散水調査     一式 100,000
足場 185 750 138,750
4枚 8,000 32,000
合計       270,750円

漆喰の崩れからの雨漏り

条件:約30坪118.8㎡ 屋根面積 147.9㎡

項目 単位 数量 単価 金額
散水調査     一式 100,000
足場 185 750 138,750
漆喰 m 8 4,000 32,000
7枚 9,000 63,000
合計       333,750円

屋根リフォームの見積もり例

塗装・屋根コロニアル

条件:約30坪118.8㎡ 屋根面積 147.9㎡

項目 単位 数量 単価 金額
足場 185 750 138,750
飛散防止シート 147.9 100 14,790
高圧洗浄 147.9 200 29,580
下地補修     一式 15,000
下塗り 147.9 600 88,740
中塗り・上塗り 147.9 2,200 325,380
タスペーサー
縁切り
147.9 300 44,370
諸経費     5% 34,352
合計       721,382円

ストレート屋根からガルバリウム鋼板の葺き替え

条件:約30坪118.8㎡ 屋根面積 147.9㎡

項目 単位 数量 単価 金額
足場 185 750 138,750
棟板金 m 12 5,000 60,000
コンパネ(野地板) 147.9 2,200 325,380
ルーフィング(防水シート) 147.9 600 88,740
ガルバリウム鋼板 147.9 6,500 961,350
屋根材撤去費 147.9 1,500 221,850
屋根材処分費 147.9 1,500 221,850
諸経費     5% 98,196
合計       2,062,116円

瓦への葺き替えになると屋根まで持ち上げるにはレッカーなどを使用します。その場合は別途費用がかかります。

コロニアル屋根の上にガルバリウム鋼板でカバー工法(重ね葺き)

条件:約30坪118.8㎡ 屋根面積 147.9㎡

項目 単位 数量 単価 金額
足場 185 750 138,750
ルーフィング(防水シート) 147.9 600 88,740
ガルバリウム鋼板 147.9 6,500 961,350
諸経費     5% 59,442
合計       1,248,282円

屋根リフォームのメンテナンス周期で見るトータルコスト

屋根塗装・葺き替え・カバー工法と、それぞれを初めておこなった場合の将来的にかかる費用の合計目安を見てみましょう。

トータルコスト

将来的にかかる費用を比べると、カバー工法がおトクなのが分かります。しかし、屋根の状況によってはそのまま、屋根修理だけで20年も30年も長持ちする場合もあるので、目安として覚えておいてください。

カバー工法(重ね葺き)について詳しくは【屋根】20年間メンテナンス不要?カバー工法の費用と特徴をご確認ください。

屋根修理はどういう症状が出たら業者に依頼しないといけないの?

「費用の相場はわかったけど、どんな症状や状態の場合に屋根修理をしたらいいのか…」

そのようなお悩みのあなたは、以下の屋根修理が必要になった際の状態・症状や屋根材別のメンテナンス時期を見てみましょう。

屋根修理を頼むことになるよくある原因

  • 経年劣化で屋根の割れ、色あせ
  • 台風で屋根材が壊される
  • 雨漏りが続き天井に染み出してきた

これらの症状になった場合、メンテナンス時期が来たと言えます。屋根に出る症状をもっと詳しく知りたい方は「こんなことも屋根の修理で出来るんだ!必ず知っておきたい情報まとめ」も合わせてご確認ください。

また、屋根材別でメンテナンス時期(耐久年数)があるので、こちらの時期も頭に入れておきたい情報になります。

屋根材別のメンテナンス時期

項目 メンテナンス時期 メンテナンス症状
ストレート系(カラーベスト) 7~8年 色あせ・ズレ・割れ・サビ
セメント系 10~15年 色あせ・色落ち・割れ
粘土系(瓦) 20~30年 コケ・反り・ズレ・割れ
金属系(銅板) 10~20年 色あせ・サビ・反り・浮き
金属系(ガルバリウム鋼板) 20~30年 色あせ・サビ・反り・浮き

屋根材別でもメンテナンス時期が変わってきます。

もちろん耐久性など耐性が強い屋根材は長く使用できますが、そうでない屋根材は約10年の周期で塗装・交換などのメンテナンスを行うことが多いです。

では実際に工事が発生した場合はどのくらいの時間がかかるのか見てみましょう。

屋根修理・リフォームの工期

屋根に上がっての作業は大変危険が伴うもので、雨が降ると危険なため作業をすぐに中止しなければなりません。時期は雨が少ない時にやるのが一番良いと言えます。

修理・リフォーム 工期
雨漏り修理 2~3日間
塗装 10日間~2週間
葺き替え 10日間~2週間
カバー工法(重ね葺き) 5日間~1週間

よくいただく質問として、「工事の日数が伸びたら追加費用が発生しますか?」というものですが、こちらに関しては追加費用は発生しないとお考えください。

よっぽどの悪徳業者であれば話は別ですが、屋根修理・リフォーム業者も最初に出した見積もり金額から、追加で費用を請求することは滅多にありません。

契約をする前に必ず工期が延びた場合はどうなるのか聞いておきましょう。

塗装をする際のチェックポイント! 塗装の場合は塗料を乾燥させる時間を必要とします。また、湿度と温度の関係で塗装ができないときもあるので、工期が伸びることを頭に入れておきましょう。 ※屋根塗装の詳しい工程は屋根塗装の工程と期間も合わせてご確認ください。

屋根修理の費用を保険で0円にしてくれるってほんと?

自然災害で屋根に出てしまう症状は火災保険の「風災」に当たり、火災保険をうまく利用して0円で屋根修理・リフォーム行っている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、0円で修理・リフォームができるというのは良い話ばかりではなく悪い話もあるので、火災保険で屋根修理・リフォームを0円にする場合の注意事項を見ておきましょう。

火災保険のメリット:費用が0円になる

  • 屋根修理・リフォームの費用を0円にすることができる
  • 鑑定人に診てもらうと意外と風災に当たる被害として判定してもらえたりする ※最初から諦めずに一度火災保険会社に申請してみることをお勧めします。

火災保険のデメリット:トラブルが多発

  • 火災保険の対象外の工事がされて費用が発生※追加料金の発生
  • 火災保険の対象外の工事をしてくれない
  • 業者が火災保険を代理で申請するとウソをつく※自分自信で必ず申請が必要
  • 無料診断をされた時に、わざと屋根の一部が壊される※屋根は衝撃で壊れやすい
  • 経年劣化なのにすべて火災保険の適用範囲だとウソをつかれる
  • 書面等でやりとりをせずに口頭のみで契約される
  • 見積もり内容が適当※火災保険を大体的にうたっている業者は専門知識がない場合がある
  • 契約後に解約しようとすると工事費の半分ちかくの違約金が発生

火災保険の適用で屋根修理・リフォームをすることは、たしかにメリットもありますがデメリットもあります。

このデメリットは全て悪徳業者によるもの。

火災保険を適用して屋根修理・リフォームを行いたい場合は、優良な屋根業者を見つけることが必要不可欠です。屋根の工事でトラブルに遭遇したくない方は「屋根・外壁塗装のトラブル原因と予防策を事前に把握しよう」にて、トラブルの原因と予防策を見ておいてほしいです。

屋根修理を適正費用で出してもらうにはどんな業者に頼めばいい?

屋根修理を適正価格で費用を見積もりしてもらうためにも、優良な屋根修理業者を見つけることが必要不可欠です。 しかし全国に屋根修理業者は数十万、あなたが暮らす地域だけでも数十の屋根修理業者がいることがあります。

インターネット上には業者の口コミや風評などもありますが、こればかりに頼ってはいけません。 口コミに頼ると業者探しが失敗する理由について詳しく新常識!口コミに頼ると外壁塗装は失敗するに書かせていただいているので、合わせてご確認ください。

良い屋根修理業者の5つの見分け方

  • ポイント1:適正価格で見積もりを出してくれるか
  • ポイント2:雨漏り修理を原因を特定してから工事してくれるか
  • ポイント3:下請け、孫請けでの屋根修理ではないか
  • ポイント4:地域密着の業者であるか
  • ポイント5:お客様の声を大事にしているか

優良な屋根業者の見分け方については屋根リフォームで悪徳業者を選んでしまわない為の5つの見分け方をご確認ください。

屋根修理のDIYの費用は?

あなた自身で屋根の修理を行う場合、よく屋根修理のDIY使用されるモノになるので参考にしていただければと思います。

DIYの道具 金額
ブルーシート Amazonで2,000円〜
コーキング材 Amazonで300円〜
塗料 Amazonで2,000円〜
防水アルミテープ Amazonで700円〜

チェックポイント! 屋根の上に上がっての作業は大変危険です。怪我をされてしまう危険性もあるため、必ずプロの屋根修理業者に修理はお願いしてほしいです。

屋根修理は外壁塗装と一緒にするとおトクな理由

屋根修理で勾配(屋根の傾き)が高い場合は危険な為、足場を組む必要があります。

そのため、足場を一度組むとなると、足場の費用相場の約15万円以上~かかります。

屋根も外壁も周期的にメンテナンスが発生するものなので、これからも足場を何度も組む必要のあるメンテナンスが発生します。

一度の修理・リフォームで20万円以上~がかかってしまうので、足場を組む回数を減らすことが、将来的にかかる費用を抑えることに繋がります。

したがって、屋根塗装をする際は、外壁塗装も一緒に検討することがお勧めです。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

屋根修理の費用相場についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?

どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の屋根修理のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

あなたにとって、屋根修理の安心・納得の情報になれれば嬉しいです。