全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

店舗の外壁塗装で「売り上げUP」ができる4つの理由!

store-wall-paint

店舗の外壁塗装は、お店を経営している経営者にとって、考えなければいけない経営戦略の一つであると言えます。

中には「モノがよければ売れる!」と見た目の効果を信用していない方もいますが、色が人に与えるイメージ効果の影響は絶大。

「売り上げUP」のカギでもある店舗の外壁塗装について詳しく見てみましょう。

このページで分かること・身につくこと 店舗の外壁塗装で「売り上げUP」を図れる理由が分かります。

店舗の外壁塗装が「売り上げUP」に貢献する理由

店舗の外壁塗装を行うことで、以下の効果を得られます。

  • 色の効果で購買行動の促進を促せる
  • イメージアップで集客促進
  • ブランディングの効果
  • 大切な資産を長く守る

これらの効果の結果、「売り上げUP」へと繋げることができます。

もうすでに聞いて知っている方も多いと思いますが、店舗の外壁塗装がなぜ「売り上げUP」に貢献できるか、詳しく説明していきますね。

理由1:店舗の外壁塗装で行動を促進

色の効果は人に絶大な影響を与えます。

例えば、各色にはそれぞれ人に影響を与える効果を持っています。

詳細
赤色(レッド) 情熱・興奮・購買意欲・食欲増進
橙色(オレンジ) 暖かい・楽しい
青色(ブルー) 清潔・リラックス
黄色(イエロー) 楽しさ・喜び・希望
茶色(ブラウン) 安定・信頼
緑色(グリーン) 癒やし・安らぎ・食欲減退
白色(ホワイト) 清潔感・潔白
黒色(ブラック) 高級感・知的
 

もし、赤色を使えば「購買意欲の促進」を期待でき、黒色を使えば「高級な店舗」の印象を与えることもできます。

店舗の外壁塗装で間違った色選びは命取り

あなたの店舗や来てくれる人たちに合った色を使うことで、集客効果を高めます。

しかし、間違った色を選んでしまうと、売り上げを落としてしまうこともあるので注意が必要です。

例えば、レストランで青色だらけにしてしまった場合、「食欲減退」のイメージを与えてしまい、せっかく「食べたい!」と思っている人の気持ちを抑えてしまい店舗へ誘導することが難しくなります。

このように、色の効果が人に与える効果をきちんと知り、来てくれるターゲット層に対してどの色を使うのが一番効果的かを考えことが、「売り上げUP」のカギになります。

理由2:店舗の外壁塗装でイメージアップ

店舗の外壁塗装を行うことによって、イメージアップを図ることができ、集客を促進効果を高めます。

外壁塗装を行うと、「キレイになる」「特徴が出る」こういった特徴が生まれます。

  • 色テレビや雑誌の取材に取り上げられやすい
  • あなたの店舗の「らしさ」を作り出せる
  • 興味関心の対象になりやすい

これらの効果が得られることで、集客力を促進させることも可能です。

また、外壁・外観のイメージアップを図るだけでも、このような効果も期待することができるので、店舗の外壁塗装は「売り上げUP」をするための大事な経営戦略の一つになるでしょう。

店舗独自の色を出して集客アップが大切です。

路面にある店舗は特に外壁塗装が大事

特に路面店は人通りも多く、通行人に見られることが多い場所です。

どの店舗も独自の色・雰囲気を出しているので、外壁塗装を行うということは他の店舗との差別化も意味します。

他の店舗と差をつけるためにも、外壁塗装は重要な経営戦略の一つといえます。

理由3:店舗の外壁塗装で記憶に定着させる

店舗の外壁は、いわば店舗のイメージを決める顔と呼べる存在でもあります。

また、初めて店舗を訪れる人、またはリピーターとしてきてくれる人は「外壁」の印象でお店の位置を覚えていたり、店舗のことを思い出す時に外壁のイメージを思い浮かべて思い出します。

このように、見る人・来る人の頭の中、すなわち記憶の中にあなたの店舗のイメージを植え付けることで、あなたの店舗が思い出されやすく選ばれる確率を高めることが可能。

店舗の外壁はロゴのような存在

ユニクロのロゴ、キリンのロゴなど、会社にはロゴを持っている会社がほとんどです。

あなたの店舗でもロゴを付けているかもしれないです、より大きな面積を持つ外壁は、いわば店舗のロゴと同じような役割をしています。

ロゴとは、人の記憶に残り、何かを思い出す・選ぶ時に思い出しやすくしてくれる効果のあるものです。

店舗の外壁も同じようなもので、「あれが食べたいけどどこがいいかな」「あそこに行きたいけどどこだっけ」こういった人が何か行動に移そうとする時に、一番に思い出しやすいイメージを作ることが重要です。

店舗の外壁でブランディングができる

ロゴの観点と同じですが、店舗の外壁塗装をすることによって、あなたの店舗の「らしさ」を打ち出すことができます。

この「らしさ」を気にいることでお客様はファン・リピーターとなります。

「らしさ」の打ち出し=ブランディングであるため、このブランディングが成功することで「売り上げUP」へと繋がります。

新規顧客獲得の可能性を高める

ブランディングを行うことができれば、ファン・リピーターが増えます。

ファンやリピーターとなった方々は、あなたの店舗のことを自然にオススメしてくれます。

「自分の友人がオススメしているお店」という信頼できる情報を得られた人たちも、あなたの店舗へと足を運んでくれる、口コミが発生。

自然に生まれた口コミほど強いものはないので、インターネットや雑誌などでお金を払って広告をうつよりも安く、新規のお客様方の獲得することが可能となります。

それだけ、店舗の外壁塗装は重要なものだと覚えてもらえればと思います。

理由4:店舗の外壁塗装は建物寿命を長くする

店舗の外壁塗装を行うことにより得られるのは、集客・イメージアップ・ブランディングだけではありません。

外壁は常に自然が起こす酸性雨・雨・ホコリなどの環境ダメージを常に浴び続けています。

ダメージを受けると、塗装が剥がれてきて、塗装でできた塗膜が薄くなりダメージを受けきれなくなります。

こうなると、建物に直接ダメージが侵入してきて、建物の寿命を短くしていきます。

収益を上げ続けるための外壁塗装

外壁塗装を行うことで、新しい塗膜が作られ、環境ダメージを防いでくれるようになります。

そのため、外壁塗装をするということは長く収益を上げられる店舗にできるということです。

外壁塗装を行い、こまめに建物自体のメンテナンスを行うことで、あなたの大切な資産を守ることも経営戦略の一つといえるでしょう。

どんな店舗でも外壁塗装はできるの?

どんな店舗でも外壁塗装はできます。

以下は外壁塗装を行うことがよくある店舗の例です。

店舗 美容室
洋服店
雑貨屋
八百屋、肉屋、魚屋、自転車屋などの専門店
スーパー
花屋
カフェ
ラーメン屋
レストラン
ペット屋
家電店
ペンション
居酒屋
結婚式場
ビリヤード・アミューズメント店
などなど
 

ただし、築30年以上経っていて一度も外壁塗装を行っていない場合などは、劣化があまりにも劣化が激しいため、塗装ではなくリフォームが必要になることが多いです。

そのため、築10年〜20年の間に店舗の外壁塗装を行うのがいいでしょう。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

店舗の外壁塗装で「売り上げUP」というテーマについて書いてきましたが、わかりづらいところはありましたか?

ご不明な点があればいつでも、私たちに気軽に相談をいただければと思います。

かべぬりコンさん店舗の外壁塗装が初めてで不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、塗装のアドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「店舗塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ

悪徳業者に騙される前に適正相場を確認する

       
北海道・東北地方 北海道   青森   岩手   宮城   秋田   山形   福島
関東地方 栃木   群馬   茨城   埼玉   千葉   東京   神奈川
中部地方 新潟   富山   石川   福井   山梨   長野   岐阜   静岡   愛知
近畿地方 京都   大阪   兵庫   滋賀   奈良   和歌山   三重
中国地方 鳥取   島根   岡山   広島   山口
四国地方 徳島   香川   愛媛   高知
九州・沖縄地方 福岡   佐賀   長崎   熊本   大分   宮崎   鹿児島   沖縄