全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

屋根と外壁塗装は直接施工をすると業者に言われたのですがどういうことですか?

お客様からのご質問 屋根と外壁塗装は直接施工をすると業者に言われたのですがどういうことですか?

外壁塗装コンシェルジュからの回答 直接施工とは、自社で直接職人などを雇って工事をしているということです。外壁塗装業者はすべて直接施工(自社施工)というわけではなく、契約だけを行って工事は別の業者に外注しているところも多くあります。

下請け・孫請けを利用している業者は、それらの下請業者との間に中間マージンが発生するため、一般的に費用が高くなる傾向があります。

また、契約と施工が別々の業者になるため、要望などが伝わりにくく、納得のいく仕上がりにならないケースもあるようです。

なお、直接施工(自社施工)の中でも、すべての作業を自社で行う場合と、塗装作業は自社ですが足場設置や防水工事は外注するケースもあります。それぞれのスペシャリストのため、品質は高いです。品質に大きく影響はいたしませんのでご安心ください。

「自社施工と言われたのに別の会社の人が来た」場合には、契約会社に確認をとり、関係のある会社かどうかご確認ください。

それでは、もっと分かりやすく直接施工(自社施工)と下請受け・孫請けの違いを比較してみましょう。

直接施工(自社施工)と下請け・孫請けの違い

直接施工(自社施工) 下請け・孫請け
・口コミなどで仕事が舞い込んでくる(施工の質を認められている証拠)
・責任をもった施工をしてくれる
・費用が高いが技術が高い
・技術や知識が職人に受け伝わっている
・安定した経営ができているからこそ直接施工(自社施工)が実現できている
・マナーなどの教育がされている
・ハウスメーカーなど工務店から仕事をもらうことが多い
・責任を元請けになすりつける
・費用も安く職人の技術が低い
・早く安くする方法しかもっていない
・その場しのぎで職人をつれてくるので技術が安定しない
・マナーや態度が悪い
 

ここに上げた項目に限らず、やはり直接施工(自社施工)と下請け・孫請けでは、塗装の質が大きく関わります。

その理由として、直接施工(自社施工)では職人を自社で雇っているため、職人の管理や教育がしやすく、そのおかげで質の高い施工が実現できます。

また、直接施工ではお客様の声が直に職人へ伝わるので、お客様に対し真摯に対応するマナーも身につきます。

直接施工(自社施工)ができる業者はどうやって確認すればいい?

直接施工(自社施工)ができる業者を探す場合には、以下の点に注意しながら情報を探すと判別しやすいです。

  • ホームページに職人紹介があるか確認
  • ブログなどで毎回違う職人ではなく、同じ職人の顔が確認できるか
  • 施工業者に直接確認する

下請けや孫請けの場合は、その場しのぎで別のところからフリーの職人をつれてきたりするので、こういった事前の情報確認が役立ちます。

もし直接施工(自社施工)で施工できる業者をお求めでしたら、私たちへお気軽にご相談ください。全国から独自の評価基準で厳選した外壁塗装・屋根修理の業者のみを紹介する無料サービスを行っています。

もちろん直接施工(自社施工)のみの業者だけで紹介することも可能なので、情報を探す時間が無かったりお悩みがあれば一度ご相談ください。

かべぬりコンさん外壁塗装が初めてだから不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、塗装のアドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
カンタン30秒の無料相談
お名前必須 ※名字だけでも大丈夫です。
お電話番号必須 ※業者から営業電話は来ないので、ご安心ください。 電話番号が間違っています。
メールアドレス任意 メールアドレスを正しく入力してください。
都道府県必須
ご相談内容任意



送信する(受付:24時間365日/完全無料サービス)

お電話だと待たずにスグご相談できます。

0120164917電話をかける

「ホームページを見た」でご連絡ください!

全国対応・通話無料・携帯OK・平日10~20時