• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

マイホームは築10年で補修が必要?安心の生活を続けるためには外壁塗装が大事

現在、関東エリアで発生した台風の影響で、ご対応が遅くなってしまう場合がございます。何卒ご容赦頂けますようお願い致します。

マイホームを手に入れてから、外壁のお手入れなどのメンテナンスを行っていますか?
築10年もなると劣化が目に見えて表れてくるので、安心の生活を続けるためには外壁塗装が重要になってきます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)

「あなたのマイホームは大丈夫?その症状、外壁塗装が必要かも…。」

あなたの大切なマイホーム、もしかしたら築10年を過ぎていませんか?

築10年を過ぎたころから、外壁に塗られた塗装がヒビ割れてきたり、剥がれたりする時期に突入してきます。

今現在、あなたのお家に出ている外壁の症状よっては、新しく塗料を外壁に塗る工事が、必要かもしれません。

お家の外壁には、なぜ塗装をする必要があるのか、どんな症状が出ていると危ないのか、あなたのお家が大丈夫か、私と一緒に必要な情報を見ていきましょう。

外壁塗装って本当に必要なの?塗装をする目的とは?

外壁塗装って本当に必要なの?塗装をする目的とは?

外壁塗装とは、お家の外壁材に対して、外壁専用の塗料で新しく塗り替える工事のことを言います。

あなたのお家は、紫外線・雨風・ホコリなど、自然環境が発生させるダメージを毎日受け続けているので、建築時から劣化が始まっていると言えます。

毎日のダメージは微々たるものですが、それが10年も経つと目に見える形で様々な症状となって表れてきます。

また、外壁に塗られている塗料の効果が無くなると、今まで外壁材を守ってくれていた塗膜(塗料が乾燥してできた膜)が無くなるので、直接外壁材がダメージを受けてしまうようになります。

外壁材が直接ダメージを受けてしまうと、外壁の劣化が進むだけでなく、躯体(くたい)と呼ばれる、建物の構造上の骨組みである部分の劣化に繋がり、建物の寿命を短くしてしまう事にもなるんです。

躯体が劣化すれば、マイホームの寿命を短くしてしまうので、ご家族と安心の暮らし続けるために、大規模リフォームや建て替えを行う必要があるので、高額費用がかかってしまいます。

外壁塗装を行い外壁材を守るということは、建物の重要な部分である躯体を守ることに繋がります。

高額なリフォームや建て替え費用を発生させないために、みなさま定期的に外壁塗装を行っているんです。

外壁塗装で作られた塗膜について

もっと厳密にいうと、外壁材の上に塗られた塗料を乾燥させて塗料の薄い膜を作り出します。

この薄い塗料の膜が、紫外線や雨風などのダメージが、外壁材に直接ダメージが入り込むのを防いでくれているんです。

もし塗膜が無ければ、外壁材に対して直接ダメージが入り込んでしまい、すぐに外壁材をボロボロにしてしまうので、外壁材の間に雨水が通る隙間などが生まれてしまい、建物内部へと雨水を侵入させてしまいます。

建物内部に雨水が侵入してしまうと、躯体(くたい)と呼ばれる、あなたのマイホームを支える柱を湿らせてしまい、以下のような災害が引き起こされてしまいます。

  • カビの繁殖でシックハウス症候群になる
  • シロアリを呼び寄せてしまい躯体がボロボロになる

このような災害が引き起こされてしまうと、みんなが健康被害にあってしまったり、シロアリの影響で1000万以上するリフォームや建て替えなど発生する可能性を高めてしまいます。

高額な工事費用がかかってしまう状況を作らないため、塗料を定期的に塗って、外壁材の保護=躯体の保護をするのが、外壁塗装の役割です。

美観を整えると言った効果もありますが、特に重要なのが躯体の保護になりますので、この事はあなたに覚えてもらえればと思っています。

どんな症状が出ていると危ないの?外壁材別の出やすい症状を確認

あなたのお家の外壁に、どんな症状がでていますか?

毎日見ていると気づかないこともあると思うので、まずは明るい時間帯にゆっくりと外壁の状態を確認してもらえればと思っています。

新築の時と比べて、色が褪せていたりヒビが出ていたり、何かしらの症状が出ていると思います。外壁の表面を手で触ると、手が白くなったら「チョーキング(白亜化)」という劣化現象が起きている可能性が高いです。

また、モルタル外壁とサイディング外壁でも、出てくる症状が少し違うので、外壁材ごとで表れやすい症状を確認してみましょう。※ モルタルとは→砂やセメントを水で混ぜて作られた建材です。
※ サイディングとは→工場で生産された外壁専用の板。

「×」が入っていると、症状が出やすいことを示しています。
外壁材汚れチョーキング
(白亜化)
ヒビ
割れ

カビ
サビ
モルタル××××
ジョリパット××××
窯業系サイディング××××
金属系サイディング×
コンクリート・ALC××××

外壁材に表れやすい劣化の症状表を見て頂き、当てはまった症状はありましたか?

もし、何かしらの症状があなたのマイホームで発生しているのであれば、それは外壁に塗られている塗料の耐久性が低下し始めていることを示しています。

完全に塗料の効果が消えてしまう前に、新しい塗料を外壁に塗ることで、外壁材を劣化から守り長持ちする家にすることが出来るようになります。

塗料の耐久性って何?(耐久性の補足を入れます)

塗料の耐久性とは、塗料の効果が保てる期間の目安であり、それぞれの塗料ごとで目安が設けられていますが、一つ気を付けなければいけない事があります。

それは、10年保てる・20年保てると塗装業者が言ったとしても、マイホームの周りの環境・外壁材の種類・建物の構造によっても、塗料の効果が保てる期間は変わってくるという事です。

例えば、湿気が多かったり道路に面した位置にマイホームがあると、それだけでも塗膜劣化の進行は早くなり、隣の家の人が10年保てたとしても、あなたのお家も同じ10年保てるわけではないんです。

状況事で塗料の効果が保てる期間が違ってくる事を、あなたに覚えてもらえると嬉しいです。

マイホームは築10年経つと、なんで外壁塗装が必要になるの?

あなたのマイホームが築10年を過ぎているのであれば、外壁塗装を考える時期かも…。

どんなに頑丈な家を建てたとしても、どんなにお金をかけて建てたとしても、建物というものは全て劣化がしていくものになります。

外壁は紫外線・雨風だけでなく、地震などの振動の影響も受けやすいので、10年間ずっと良い状態を維持し続けることはできないんです。

また、築10年も経つと、塗料の耐久性が無くなってくることでもあるので、今まで受けてきた外壁へのダメージが、形になって現れやすくなってくる時期にもなります。

外壁塗装をしたら一体どんな効果があるのか、その必要性を詳しく見てみましょう。

知っ得!マイホームを注文住宅・建売どちらで購入したとしても、建物の外壁には塗料が塗られているんです。戸建住宅の外壁は大きく分けてモルタル・サイディングボードの2つに別れていますが、モルタルは現場で塗装を行い、サイディングボードは工場で塗装がすでにされた状態で運ばれてきます。

築10年経つと外壁塗装が必要になる理由

なぜ、築10年が外壁塗装の目安と言われているのでしょうか。

実は新築を購入する際、注文住宅であっても建売住宅であっても、販売価格や建設費用を安くするために、外壁塗装で使われる塗料の品質を下げている場合があります。

例えばウレタン系の塗料であれば5~7年、みんなによく選ばれているシリコン系の塗料であっても7~12年ほどしか塗料の効果を保てません。

そのため、新築では費用を抑えるために品質が低い塗料が使われている事があります。

このような状況もあり、塗り替え時期が築10年後にやってくるんです。

塗料の種類によっては築10年より前に塗装が必要なる?

築10年が外壁塗装の目安になりますが、最初に塗られた塗料の種類によってはもっと早い時期に外壁塗装が必要になってくる場合があります。

それは、塗料によって効果が保てる期間が違うため、効果が短い塗料を塗られてしまっている場合は、4〜5年で外壁塗装が必要になる事も。

塗料によって塗り替え目安が変わるため、以下の表を参考にしてもらえればと思います。

塗料の種類塗り替え目安
アクリル系塗料2~3年
ウレタン系塗料5~7年
シリコン系塗料7~12年
ラジカル系塗料8~13年
フッ素系塗料10~15年
無機系塗料15~20年

新築時は少しでも建設費用を安くしようとして、安価なアクリル系塗料が最初に塗られてしまっている場合があります。

10年事の定期的な外壁塗装の想定は、ウレタン系やシリコン系の塗料の場合なので、アクリル系の塗料を使われている場合は、もっと早い段階で塗り替えが必要になってしまいます。

最初にどの塗料が塗られたのかを確認すると、次の塗り替え時期が分かるようになります。

外壁塗装の時期はシーリングや防水工事も必要な時期になる

マイホームを良い状態に保ち、長く住めるようにするには、外壁塗装だけを行えば良いわけではありません。

工場で生産した外壁材をサイディングボードと呼びますが、サイディングボードが取り付けられた外壁の場合、ボード同士の隙間を埋めるためにシーリング(コーキング)を使う必要があります。

シーリングも約10年ほどで交換が必要なものなので、サイディングボードを使った建物の場合は、外壁塗装工事と一緒にシーリング工事も行う必要が多いです。

もし外壁塗装だけを行なってシーリング工事を行わなかった場合、外壁塗装が終わってすぐの時期に、シーリングの限界がきてしまい、改めて足場を建ててシーリング工事をし直さなくてはいけません。

足場を建てると、それだけで10万円以上はかかってくるので、外壁塗装とシーリングを別々に行うと足場代も2倍になってしまい、将来的にかかるメンテナンスコストが高くなってしまいます。

また、外壁塗装の時期にはベランダや屋上の防水塗装も劣化してきている可能性が高いので、外壁塗装と一緒に防水工事の必要があるかもしれません。

  • 外壁塗装工事
  • 屋根塗装工事
  • シーリング工事
  • 防水工事

この4つを一緒に済ませる事ができれば、個別に足場代がかからないため、コストを抑える事もできます。

メーカーによってサイディングボードの塗り替え時期が予測できる

サイディングボードの大手メーカーであるニチハ株式会社やケイミュー株式会社なら、塗り替え時期が予測できます。

メーカー商品名塗り替え目安
ニチハモエンサイディング約10年ごと
ハイパーコート約15年ごと
プラチナコート約25年後
プラチナコート30約30年後
ケイミューエクセレージ約5年ごと
ネオロック約10年ごと
親水パワーコート約15年ごと
光セラ約30年後

また、ニチハ株式会社では、サイディングボードの推奨塗料メーカーとして、日本ペイント株式会社・大日本塗料株式会社・エスケー化研株式会社を指定しているので、サイディングボードの塗装をする場合はこれらのメーカーの塗料を使って塗装をするのがお勧めです。※ 推奨の塗料メーカー情報

外壁塗装は、お金をいくら用意しなきゃいけないの?

外壁塗装を行う場合は、費用相場として約30坪の建物で60〜120万となっています。

実際に私たち外壁塗装コンシェルジュを利用してもらって、外壁塗装に成功された方の費用を見てみましょう。

お客様名項目建坪費用
千葉県市川市S様邸外壁・屋根の塗装31~45坪860,000円
埼玉県草加市K様邸外壁塗装1,328,400円
神奈川県横浜市N様邸外壁・屋根塗装31~45坪1,057,320円
東京都武蔵野市N様邸雨樋塗装15~30坪633,420円

なぜ、外壁塗装には定価がないのか

外壁塗装の費用を説明する際には、必ず費用相場といったお伝え方をしています。

しかし、○○円〜○○円といった形でかなり差があるので、なんでこんなにも幅があるのか不思議ではないですか?

外壁塗装というのは定価が出せない業界であり、その主な理由の2つが以下になります。

  • 業者ごとで価格設定が違う
  • お家の状況がそれぞれ違う

定価がない理由1:業者ごとで価格設定が違う

業者ごとでそれぞれ以下のような事が違うため、値段の付け方を業界で一律で表す事ができません。

  • 会社の規模
  • 倉庫の大きさ
  • 在庫数
  • 経験
  • 営業人数
  • 職人人数
  • 資格
  • お客様のお家までの移動距離
  • 材料の仕入れ方

例えば、ベテランの職人さんと経験不足の職人さんではお給料の高さが当然違ってきますが、ベテランの職人さんを多く抱えている業者は、費用が高くなる分、品質の高い塗装ができるようになります。

逆に経験人数の浅い職人さんが多い場合は安くなりますが、品質を保つ事ができないので、何かしらのトラブルが発生する可能性が高まります。

このように、1社1社状況が異なるため、金額を塗装業界内で統一する事ができないんです。

定価がない理由2:お家の状況がそれぞれ違う

お家の状況は、それぞれ以下のような状況によって違ってきます。

  • 建物の形
  • 外壁の素材
  • 塗られている塗料
  • 日の当たり方
  • 近場に草木がある
  • 川や海が近い
  • 雨が多い

お家ごとで状況や環境が全く異なるので、お隣さんのお家の塗装工事が100万円だったからと言って、あなたのお家も100万円とは限りません。

状況が少しでも違えば、現れてくる劣化の症状もそれぞれ違うので、決まった金額で出せないのが外壁塗装です。

そのため、外壁塗装を行う場合は完全なオーダーメイドで見積もりを行うので、相場と言った形で費用をお伝えする形が一般的になっています。

もし、一定の金額で外壁塗装の値段を付けることを法律などで決めてしまった場合、各業者ごとで規模や仕入れ方も違うのにも関わらず、決まった金額に合わせなくてはいけなくなり、どんなに良い地域密着店であっても、大量に人材や材料調達ができる大手には金額面で太刀打ちできなくなります。

また、決まった金額内で無理に工事内容を合わせようとすると、抜け漏れや、しかたなく手抜きを行わざる得ない状況を作ってしまう事も…。

外壁塗装は建物を長持ちさせるための重要な工事なので、当然抜け漏れや、不正なくしっかりと塗装を行わなくてはいけません。

各業者に合った工事内容で、お客様に最高の外壁塗装を行うためには、一軒一軒オーダーメイドで工事プランと費用を算出する必要があります。

あなたには、業者ごと・お家ごとで状況が異なるため、お隣近所の方と状況が似ているからといって、外壁塗装の金額は同じにならない事を覚えてもらえると嬉しいです。

お金をあまりかけないで外壁塗装はできる?

外壁塗装は大きなお金がかかる住宅メンテナンスの一つですが、やはり少しでも安く済ませたいですよね?

それに、マイホームを購入してまだ築10年ほどしか経っていないのに、さらにお金がかかるのは避けたいところです。

今後の事を考えると、お子様の入学費用なども残しておかないといけないため、少しでも安くするための方法をお伝えできればと思います。

確かに安いと嬉しいですが、安さだけにこだわってしまうと、業者選びに失敗し、さらにお金がかかってしまう事もあり、お金をあまりかけないで外壁塗装を行うためには、業者の選び方がとても大切になってきます。

それでは、私と一緒に業者の選び方について見ていければと思います。

お金をあまりかけないで外壁塗装をする方法とは?

マイホームを購入してまだ日が経っていない、お子様の入学費用も残しておかなければいけない、そういった場合は少しでも外壁塗装を安くしたいですよね。

しかし、安くしたい気持ちを悪いことに利用する悪徳業者と言われる外壁塗装業者も多くいるため、安くするための正しい方法を私と一緒に見ていければと思います。

安くするための方法
項目間違った方法正しい方法
業者の規模大手のハウスメーカーや工務店に外壁塗装をお願いしてしまうと、大手から下請けに仕事が回されるので、中間マージンといった無駄な費用が加えられます。大手は確かに安心できますが、中間マージンで金額が増えると、費用が高い外壁塗装になってしまいます。地元密着の優良業者を選ぶことで、中間マージンが発生しなくなり、それだけで費用を抑えた外壁塗装ができるようになります。
見積もりの取り方1社のみに見積もりをお願いすると、本当にその業者が適正費用で出してくれているか判断ができないので「高い」のか「安い」のかも分かりません。最低2〜3社から見積もりをとる事で、業者同士が牽制し合い、1社だけ値段を高くする事ができなくなったり、比較をする事で一番安い業者も選ぶ事ができるようになります。複数の業者から見積もりを取り寄せる事で、結果的に外壁塗装の費用を抑えることができるようになります。
値引き悪徳業者は、必ずと言っていいほど、10万円以上の大きな割引を行なってきます。外壁塗装の割引というのは、書面上の金額を不正に操作することお得感を出し、あなたと契約を結ぼうとする悪徳業者の手口です。10万円以上の値引きをする業者を選んでしまうと、後々トラブルや手抜き工事が発生し、さらに修理費用がかかったり工事のやり直しも発生。当初の倍以上の費用がかかる事もあるため、10万円以上の値引きをする業者と契約すると、損をする確率が高いので注意が必要です。優良な業者であれば、最初から値引きをした額で提示をしてくれます。そもそも適切な工事をするために必要な費用で出してくれているので、優良な業者ほど値引きができません。適切な工事を適正な費用で行なってもらう事で、追加費用が発生したりすぐに剥がれたりする塗装ではなくなり、将来的な塗り替え回数が減る事で結果的に費用を抑えた外壁塗装ができるようになります。

上記の表を見てもらえると、外壁塗装を以下の形で行うことで安くできる事が分かります。

  • 地元密着の業者を選ぶ
  • 見積もりは複数社からとる
  • 値引き額が大きい業者は選ばない

外壁塗装はお金がかかるものなので、どうしても見積書に書かれている書面上の金額の安さで選んでしまいがちです。

しかし、地元密着の業者から複数取り寄せて値引きが最小限の業者を選ぶ事で、外壁塗装を結果的に安くする事ができます。

書面上の金額に囚われず、あなたにピッタリある業者を選びましょう。

実は、あなたのライフプランによって外壁塗装を考える必要があります

外壁塗装は築10年が目安とされていますが、築年数から外壁塗装を考えるだけでなく、あなたのライフプランにも合わせながら外壁塗装を考える必要があります。

例えば、お子様の学校入学を控えていたり、リフォームや建て替えの予定が今後あれば、そういったあなたのライフプランに合わせて外壁塗装を考える事で、予算が立てやすかったり、将来的なコストも考えて外壁塗装ができるようになります。

こちらの情報が、ライフプランに合わせた外壁塗装を、考えるきっかけになれればと思っています。

CASE1:お子様が1人の場合

お子様の学校入学〜就職を想定したライフプランで外壁塗装をシミュレーションしてみます。

  • 30代でマイホーム(新築を購入)
  • 家族3人暮らし(旦那様・奥様・お子様)
築年数築10年築15年築20年築25年築30年
入学
入社
中学校入学
約150万前後
高校入学
約200万前後
大学入学
約600万前後
就職
※入学費用は「ライフィ」さんの情報を参考にしています。
外壁
塗装
工事
約100万前後
工事
約100万前後
工事
約100万前後
※ 入学費用は入学後にかかるトータルコストです。

ちょうどお子様の入学時期と外壁塗装の時期が被ってしまう場合もあるため注意が必要です。

お子様の入学と外壁塗装の時期は近いですが、同じ年に外壁塗装を行うのではなく、半年や1年ずらして行うなどの工夫が必要となっています。

CASE2:お子様が2人の場合

お子様の学校入学〜就職を想定したライフプランで外壁塗装をシミュレーションしてみます。

  • 30代でマイホーム(新築を購入)
  • 家族3人暮らし(旦那様・奥様・お子様が2人)
築年数築10年築15年築20年築25年築30年
入学
入社
中学校入学
約150万前後
高校入学
約200万前後
大学入学
約600万前後
就職
中学校入学
約150万前後
高校入学
約200万前後
大学入学
約600万前後
就職
※入学費用は「ライフィ」さんの情報を参考にしています。
外壁
塗装
工事
約100万前後
工事
約100万前後
工事
約100万前後
※ 入学費用は入学後にかかるトータルコストです。

お子様が二人になると、学校の入学費用だけでもかなりの額になってしまいます。

しかし、お金がかかるからと外壁塗装を行わずにいると、後々高額リフォームが発生してしまう可能性もあるため、分割した支払いができる業者を選んだり、安くても長持ちさせる事ができる優良業者を選んで塗装を行なってもらいましょう。

CASE3:お子様が1人で外壁塗装を定期的にしなかった場合

お子様の学校入学〜就職を想定したライフプランで外壁塗装をシミュレーションしてみます。

  • 30代でマイホーム(新築を購入)
  • 家族3人暮らし(旦那様・奥様・お子様)
築年数築10年築15年築20年築25年築30年
入学
入社
中学校入学
約150万前後
高校入学
約200万前後
大学入学
約600万前後
就職
※入学費用は「ライフィ」さんの情報を参考にしています。
外壁
塗装
リフォーム
約1〜3000万

お子様の入学費用等がかかり、外壁塗装を定期的に行なってこなかった場合、あなたのマイホームの躯体(くたい)がボロボロになってしまっていたり、シロアリを呼び寄せてしまっている場合は、高額リフォームや建て替えが築30年頃にきてしまう場合があります。

もし外壁塗装を定期的に行なっていれば、トータル費用が300万前後で済んだのに、定期的な外壁塗装を行っていないだけで、通常の何十倍もの費用を払う事になる可能性があるため、その場合はリフォームローンやクレジット会社のローンを使って分割してお支払いする形を検討いただくのがオススメです。

初めて外壁を塗り替えるからこそ、ずっとお付き合いできる業者選びが大切

外壁塗装は定期的に行われるものなので、あなたも最低2〜3回は塗り替えを体験されると思います。

約10年ごとを目安に行われるのが外壁塗装ですが、本当に信頼できる外壁塗装業者を探すのは、とっても難しいんです。

また、一度塗装をしてもらったら、塗装の経過を見ていく必要もあるので、外壁塗装をするという事は、その後10年間は業者とお付き合いをしていくという意味にもなります。

安さだけで業者を選ぶのではなく、信頼性やその後のお付き合いもできる業者かを見極めて選びましょう。

優良な業者を選ぶ事ができれば、しっかりと丁寧な塗装をしてもらえるので、長持ちする塗装をしてくれます。

書面上の安さだけで選ぶのではなく、きちんと長持ちな塗装ができる業者を選ぶ事ができれば、塗料の効果を最大限発揮させてもらえるので、結果的に将来的なメンテナンスコストを安くする事もできます。

業者選びは金額ではなく、業者への信頼性で選びましょう。

安心の生活を続けるためには外壁塗装の塗料選びがとても大切

外壁塗装は、いくら腕の良い業者にお願いしたとしても、選んだ塗料を間違えてしまうと、将来的なお家のメンテナンスコストを高くしてしまいます。

例えば、お金をあまり使えないからといって、安い品質の低い塗料を選んでしまった場合は、次の塗り替え時期が早くきてしまうため、塗装工事の回数が増える分お金もかかってきます。

外壁塗装の塗料選びに失敗すると家計への負担も大きくなるので、塗り替え時期や値段の事を考えて「耐久性が高いのに値段も手ごろな塗料を選ぶ方」が増えています。

塗料には次回の塗り替え目安が存在していて、塗り替え目安が長くなれば長くなる分、費用は高くなっていきます。

本来であれば、次回の塗り替え目安が長い分費用も高いのですが、私達が現在注目しているラジカル系の塗料は、塗り替え目安も長いのに費用も抑えられた塗料となっています。

長持ちするのに費用も抑えられる塗料がラジカル系塗料

塗料は必ず、ひび割れや剥がれを促進させる「ラジカル」といった成分を発生させます。

ラジカルの発生を抑える仕組みが、ラジカル系塗料には組み込まれているので、通常の塗料よりも長持ちさせることが出来るんです。

ラジカル系塗料はシリコン系塗料とよく比較をされるので、それぞれの塗料の違いを見てみましょう。

グレード耐久性約30坪の費用
シリコン系7~12年80万
ラジカル系8~13年80万
フッ素系10~15年100万
※ 建物の状況や築年数によって費用は変わってきます。

上記の表を見てもらえると、シリコン以上の耐久性があり、費用もシリコンとほぼ同じで安い塗料がラジカル系塗料だと示しています。

「お金がかかったとしても、次の塗り替え時期をもっと遅くしたい!」という強い希望があれば、耐久性の高いフッ素系の塗料を選ぶのがオススメですが、家計の事やマイホームのローンの事なども考えると、品質が高いのに値段が手ごろな塗料を選ぶのがお勧めだと言えます。

あなたの状況にピッタリな塗料を選べるように、私たちがオススメしているラジカル系の塗料をご紹介させて頂きます。

築10年のマイホームを塗り替える際にお勧めのラジカル系塗料
日本ペイントパーフェクトトップ
その他のラジカル系塗料
関西ペイントアレスダイナミックTOP
エスケー化研プレミアムシリコン

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
築10年で外壁塗装が必要な事についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。あなたにとって、外壁塗装に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)

外壁塗装が初めてだから不安…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外装塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない外装塗装の工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

業界的に悪徳業者が多いため、塗装工事に失敗したくない人だけ、こちらのページをお読みください。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)