• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

足場って必要?外壁塗装における足場の重要性

外壁工事の足場

外壁塗装工事に足場って必要?不要?足場の必要性

工事の現場でよく見かける足場。屋根や外壁の塗装工事にも足場が用いられています。しかし、屋根などの高いところの工事に足場が必要なのはわかりますが、外壁塗装をするにしても足場がなくてはならないものなのでしょうか。外壁塗装工事における足場の必要性や費用相場などについて考えてみましょう。

職人の安全確保のため

外壁塗装工事において、足場を組むことはほとんど必須と言っても良い工程です。予算の関係上、足場を組まずに施工することもまれにありますが、基本的には必ず足場を組むことが基本です。

なぜ外壁塗装で足場が必要なのかと言うと、第一にその方が安全な工事ができるからです。工事においては何よりも安全を一番に考えなくてはなりません。工事の途中で職人が怪我をしてしまうことは決してあってはならないことです。足場を組むことによって、安全に塗装工事を施すことができ、それ自体が事故防止のための最低限の保険になっています。工事中はヘルメットを着用することはほぼ当たり前ですが、足場はいわばヘルメットの延長線上にあるものです。つまり万が一の時に備えて設えられるものだということです。

作業効率を上げるため

足場があることで職人の作業効率が上がるというメリットもあります。一般的な一戸建ての住宅において、足場なしで作業をすることはかなりの困難を伴います。外壁全面に工事を施すとなれば、屋根に近い箇所も当然のごとく工事の範囲の内です。高いところの作業は足場を組まずに行えば、どうしても作業は粗雑になりがちですし、塗り具合にムラを生じてしまう原因ともなりかねません。足場を組んで作業をすることで、職人の安全を確保するとともに、作業をよりしやすくすることができ、結果として工事期間を短くすることにもつながります。工事が長引けば費用もそれに比例して上昇してしまいますが、足場を組むことで作業効率が上がれば、工事費用全体の節約をすることもできるでしょう。

依頼主のためにもなる

足場を組むことは作業の安全性の確保や作業効率の上昇に資するだけでなく、依頼主本人のためにもなります。というのも、足場を組む過程で飛散防止シートを周りに取り付けることになりますが、飛散防止シートがあることで近隣への塗料の飛び散りを防ぐことができるようになります。

隣家に塗料が飛び散ってしまった場合、それがもとで近隣トラブルにも発展しかねません。塗料の飛散防止シートは足場を組まなければ設置することができず、足場なしで作業をすることになれば塗料があちこちへ飛散しかねないのです。近隣の住宅へ塗料が飛んでしまうこともありますし、またご自身の車などといった私物などへも飛散の危険性があります。足場を組むことでこうした塗装による被害を最小限にとどめることができるのです。

デメリットもある

このように、足場を組むことは外壁塗装工事の必須条件となりますが、必ずしも良いことばかりではないということはしっかりと認識しておきましょう。たとえば、足場を組むとどうしても設置費用が上乗せされてしまいます。足場を組むよりは組まない方が工事費用そのものを安くすることができるので、予算の関係上どうしても費用を節約したい場合は足場を組まないで作業を依頼するという人もいます。また、足場を組み上げるときや解体するときの音もデメリットの一つです。場合によっては騒音として近隣の住民から苦情が入るケースも考えられます。それほど大きな騒音にはならないでしょうが、気にする人は気にするため、前もって近隣住民にお知らせしておくと良いかもしれません。

足場にかかる費用の相場

足場を組むとどれほどの費用が発生するものなのでしょうか。外壁塗装工事の規模や住宅の大きさにもよりますが、だいたい相場では足場代で10万円から15万円ほどの費用が発生します。塗装工事全体から占める割合はおよそ1割から2割程度に過ぎませんが、それでも人によっては大きな金額だと感じることもあるでしょう。ただ、足場費用を実質タダにする方法もあり、たとえば火災保険の風災補償を活用する方法です。台風や突風などで外壁塗装をする必要性が生じた場合、この補償を受けることができるようになるので、足場代が気になるというのであれば利用してみるのも一つの手です。

足場を組まない工事方法もある

最近では足場を組まない工事も良く見られます。無足場工法と言って、屋上からゴンドラやロープを吊り、そこで職人が作業をするという工事方法です。足場を組まずにスムーズな作業ができ、足場代を発生させずに工事を済ませられるため、一般的な外壁塗装工事と比べて費用が安い傾向にあります。ただ、大型のマンションなどの屋上からならまだしも、一般住宅の屋根などの場合はゴンドラやロープを吊るのが困難なケースもあります。

また、無足場工法をうたって安価な工事を勧めてくる悪徳業者もいますし、必ずしも無足場工法だからといって費用が安いというわけでもありません。もしそうしたうたい文句で宣伝しているような施工業者がいた場合、しっかりと工事の内容や費用の内訳などを確認したうえで施工を依頼するようにしましょう。

かべぬりコンさん足場をちゃんと組める業者にお願いするには…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付