• 地元密着の優良店さんの募集

艶のありとなし何が違う?塗料の基礎知識

誠に申し訳ありません。台風の影響で多数のご相談を頂いているため、フォームからご相談を頂いた順にご対応させて頂いております。ご連絡が遅くなってしまう場合がございますが何卒ご了承ください。

艶のありとなし何が違う?塗料の基礎知識

艶あり・なしそれぞれの特徴と違いって何?

外壁塗装の塗料には、大きく分けると艶あり、艶なしがあります。その内訳は5種類で、艶あり、7分艶、5分艶、3分艶、艶なしです。艶あり、艶なしは塗料によって耐久性や耐候性に違いがあり、メリット、デメリットがそれぞれ存在します。

外壁の塗り替えと一口にいっても簡単ではありません。住宅の種類によっては選択した外壁塗装の塗料が向かない場合もあります。また、艶なしは、艶ありの塗料につや消し剤を混ぜて使う場合が多く、耐久性、耐候性が低くなってしまう可能性があります。艶あり、艶なしそれぞれの特徴やメリット、デメリットなどにも注目し、施工業者の方とよく相談して決めるのが良いでしょう。

5つの艶の種類を知ろう

艶なしタイプ

艶なし塗料で外壁塗装を行うと、落ち着いた雰囲気に仕上がり、和風建築に良く合います。水性塗料より耐久性の高い油性塗料には、艶なしは存在しません。はじめから、つや消し剤を使わない艶なしタイプなら、色数は限定されますが、耐久性、耐候性に問題はない艶なしタイプの水性塗料を選択すると良いでしょう。

3分艶タイプ

3分艶は高級感があります。ただし、艶ありタイプにつや消し剤を使って3分艶にした場合は、つや消し剤を多量に混ぜて艶を減らすことから耐久性、耐候性は劣ります。

5分艶タイプ

艶あり、艶なしどちらにするか迷ったら、5分艶を選択するとよいでしょう。5分艶は半艶とも呼ばれ、テカテカ感は目立ちません。油性塗料には半艶塗料があり、つや消し剤を混ぜないタイプが存在するので、それを選択すれば耐久性、耐候性には問題ないでしょう。

7分艶タイプ

外壁塗料を決めかねている際には、少し艶を抑えた7分艶を選択するのもおすすめです。つや消し剤を使った艶調整塗料の場合でも7分艶であれば、色ムラや耐久性、耐候性が劣るのも最小限で済みます。

艶ありタイプ

ピカピカで新築のような仕上がりで汚れも付きにくく、塗料の持っている耐久性や耐候性を100パーセント発揮できるでしょう。艶自体は3年程度でなくなっていきますが、耐久性や耐候性の問題はありません。

艶あり艶なしのメリット・デメリットとは?

外壁の塗り替えを検討している人の中には、耐久性や耐候性に優れた艶ありタイプの塗料を選択する人が多いのも事実です。しかし、光沢は2~3年でなくなります。艶なしであれば色の退色はそれほど気になりません。つや消し剤を使い艶調整した塗料を使った場合には、色数も豊富で選択の幅も広がります。ただし、汚れが付きやすいうえ落ちにくく耐久性や耐候性も劣り、艶調整をした職人の腕次第で塗りムラが出るなどの問題も生じるでしょう。艶調整塗料ではなく、はじめから艶なし塗料であればこのような支障はありません。それぞれの塗料のメリット・デメリットをしっかりと把握し考慮することが大切です。

艶あり艶なしどちらを選ぶのが正解?

インターネットや塗装業界の動向を調べると、艶あり艶なしはお好みで選択すればよいという結論に達するようです。ただし、艶あり艶なしどちらでも構わないという考えであれば、耐久性や耐候性、塗りムラなどの問題が起こりにくい艶あり塗料をおすすめします。

艶なし、艶あり塗料にはそれぞれ、メリット・デメリットがあり、家屋や周囲との調和なども考えながら艶あり、艶なし塗料を決めるのが重要です。また、注意点として、業者に相談する場合、3分艶でお願いすると、3分だけ艶を残した塗料という意味で解釈してくれることがほとんどですが、中には、3分だけ艶を消した塗料だと解釈をしてしまう業者もいます。耐久性、耐候性にも違いが出ますので間違えのないように、お互いにしっかりと確認をすることも忘れないようにしましょう。

塗料の費用もご確認される場合は、「外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できる」を合わせてご確認ください。

かべぬりコンさん失敗しない塗装をしてもらうにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない地元の優良業者選び、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付