• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

実家の外壁塗装をお手伝い!両親の安心できる暮らしのために。

現在、関東エリアで発生した台風の影響で、ご対応が遅くなってしまう場合がございます。何卒ご容赦頂けますようお願い致します。

実家の外壁塗装をするときのポイントや注意点を知っておくことで、あなたのご両親にこれからも安心して過ごしてもらうための外壁塗装をすることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

父さん母さんただいまー。
やっぱり久しぶりの実家は落ち着くわー。

あらケンタ、おかえりなさい。

お、ケンタ!うち明日からペンキの塗り替え工事をするんだよ。

ペンキ?外壁とか屋根の塗装工事ってこと?

そうそう。お家が綺麗になるから楽しみだわー!

ちょうどキャンペーン中で工事金額も安くしてくれたし、あの業者さんうちに来てくれてよかったよ。

え?もしかして訪問販売の業者さん?

そうよー。無料で点検してくれるって言うから見てもらったら、傷んでるから工事した方がいいって!

金額も本当は300万くらい掛かるらしいんだけど、キャンペーンで50万円も得になったよ。

50万円も!?しかも訪問販売って良い話聞かないけど…。
何だかすごく怪しい気がする……。

お家の屋根・外壁塗装は、悪徳業者がとても多い業界で、とくに高齢者が狙われやすくなっています。

あなたの実家にお住まいのご両親も、狙われてしまっている可能性は十分にあるので、ご両親が悪徳業者にだまされず、これからも安心して暮らしてもらえるよう、実家の屋根・外壁塗装をあなたがお手伝いしてあげてほしいです。

しかし、お家の塗装工事は頻繁に行うものではないので、どんな世代でも詳しい知識を持つ人は少数。

ご両親のためだけでなく、現在あなたが実家を離れて戸建ての新居に住んでいたり、今後新居に住まうようになった場合も、あなた自身のお家を塗装工事するときに、今回の塗装工事で得た知識を役立てることができます。

実家の屋根・外壁塗装をお手伝いしてあげるために、私もあなたのお力になれればと思いますので、あなたの実家の屋根・外壁塗装をする時に注意したいポイントを、一緒に見ていただければ嬉しいです。

実家の屋根・外壁塗装を成功させるために注意すべきこと

訪問販売で来た業者さんがすごい親切だったのよー!
ほっといたら雨漏りしそうな状態だったんですって。

訪問販売って悪い業者が多いんじゃないっけ?
ちゃんと調べた?

その日に契約すれば50万円値引きのキャンペーンが使えたから、せっかくだし契約しておいたよ。

訪問販売が来た日にその場で契約したの!?
危ない気がする…。

あなたの実家を、適正な工事金額で丁寧に塗装工事するためには、実家にお住まいのご両親にすべて任せてしまわずに、あなたも手伝ってあげるのがオススメです。

ご両親だけでは判断が難しいところがあったり、間違った選択をしている可能性もあるので、ご両親のためにあなたが注意すべきポイントを、一緒に見ていきましょう。

注意点1.ご両親が訪問販売に騙されていないか

屋根・外壁塗装の業界では悪徳業者がたくさん潜んでおり、被害は後を絶ちません。

とくに多いのは、訪問販売でお家に突然やってくるケースで、

「無料点検でこの地域を回っています」
「たまたま通ったら瓦がズレているのが見えた」

このような口実でお家の状態を見させてほしいと言い寄り、その後「すぐに工事しないと危険だ」と言って危険をあおって、工事を急かしてくるんです。

悪い訪問業者のペースに乗せられてしまうと、以下のような状況に陥ります。

段階騙されてしまう心理
不安早く工事をしないと、大切な我が家が危険な目に合ってしまうと思わされる
嘘の安心家が危険だと言われて不安になったところに、安く工事ができる嘘の情報を与えられる
急かされる安くできるのは今だけと言われ、冷静に判断できなくされる
契約ゆっくり考える時間を与えられないので、他社との比較や相場の確認もできないまま契約してしまう

このように、ご両親の心理をうまく利用してくるため、うっかり契約を交わしてしまうんです。

また、訪問販売の悪徳業者は高齢者を狙う確率が高く、

  • 塗装の劣化が目立つ家
  • 判断力が落ちてきている人が多い
  • お家の不安をなくして落ち着いた暮らしがしたい

このような理由から、悪徳業者によって高齢者は都合のいいターゲットになってしまっているんです。

注意点2.知り合いに紹介してもらった業者だけで決めていないか

ご両親の知り合いが紹介してくれた塗装業者さんを選ぶ、というのも一つの選択ですが、あまりよくない点もあります。

屋根修理や外壁塗装は2~3社で相見積もりをして比較することが、ご両親にぴったりな塗装業者さんを選ぶことに繋がるのですが、知り合いからの紹介となると、その1社だけで考えてしまうかもしれません。

しかし、知り合いから紹介してもらった塗装業者さんだけで考えてしまうと、以下のようなデメリットが発生します。

お断りしづらい

もし、知り合いから紹介してもらった塗装業者さんのお見積もりにあまり納得ができず、別で見積もりをとった塗装業者さんに決めようと思っても、知り合いからの紹介となると、断りづらくなる可能性が高いです。

「○○さんがせっかく紹介してくれたから…。」

このように思って、紹介してくれた知り合いにも、紹介してもらった塗装業者さんにも、罪悪感が生まれて、ご両親の本当の要望が二の次になってしまうことに。

相見積もりしづらい

屋根・外壁塗装は1社だけを見て決めるのではなく、複数の会社から見積もりをとって比較をする「相見積もり」をしなければ、自分にぴったりな塗装業者さんを見つけるのは難しくなります。

そのため、知り合いから紹介してもらった塗装業者さんを含めて、複数で相見積もりすることになるので、

「○○さんからの紹介なのに信頼してくれてないの?」

このように思う塗装業者さんも、中にはいるかもしれません。

ご両親と気が合うとは限らない

屋根・外壁塗装の業者選びは「人」としての相性も大切になるのですが、ご両親の知り合いと塗装業者さんは馬が合っても、ご両親とその塗装業者さんも馬が合うとは限らないですよね。

ご両親が塗装工事のことでちょっとした不安を持っていても、気軽に話しやすいような塗装業者さんでなければ、なかなか相談できず不安を抱えたままの生活になってしまいます。

知り合いの繋がりで塗装業者さんを紹介してもらうのは、一見スムーズに業者選びができると思いがちですが、実はこのようなデメリットもあるんです。

注意点3.工事金額だけで決めていないか

お家の塗装工事は、適正価格であっても高いお買い物になるので、できることなら金額は安く抑えたいですよね。

しかし、金額だけに目を奪われていると、実家の塗装工事が失敗に終わってしまう可能性があるんです。

悪徳業者にだまされてしまう

悪徳業者は、あなたのご両親から工事金額をだまし取るために、とにかく契約を交わそうとしてきます。

塗装工事は大きい金額になり、誰もが安く済ませたいと思うので、悪徳業者はその気持ちを利用して、工事金額の安さをアピールする手口が多いです。

嘘の相場を教わる嘘の相場を教えたあと、「自分たちの会社ならこんなに安くできる」と言ってくるが、実際は相場よりも高い金額となっている。
値引き前の金額が
もともと高い
「50%オフ」「30万円お値引き」など高額な値引きをするが、値引き前の金額が相場よりも高く、値引き後の金額は相場よりも安いわけではない。
足場代が無料足場代を無料にすると言ってくるが、実際はほかの工事項目に足場代が含まれていて、安くなっているわけではない。※足場代は約30坪のお家で約10~20万円ほどが相場です。

本来必要な工事が行われない

本来必要な工事とは、

  • お家のキレイで健康な状態を保つための工事
  • ご両親の暮らしに合った工事

この2つになりますが、悪徳業者でなくとも、ご両親の暮らしをあまり考えてくれず、その場の塗装工事だけを考えるような業者さんでは、本来必要な工事を提案してもらうことができません。

ただ金額を抑えることだけを重視した工事ではなく、

「汚れにくいお家にしたいな。」
「遮熱効果があると夏は涼しくて助かるわ。」
「年齢的にもこの家の塗装はこれで最後にしたいかな。」

このように、ご両親が求める暮らしに親身になって耳を傾けてくれる優良業者さんであれば、汚れに強い塗料や遮熱塗料、耐久力の高い塗料など、要望に合った塗料や工事の提案をしてくれます。

適正な金額かどうかを見極めることも大切ですが、適正価格の範囲で、必要なところには必要なお金を掛けて工事をすると、これからのご両親の暮らしがもっと豊かになるはずです。

注意点4.「いい人そう」という理由だけで決めていないか

屋根・外壁塗装の業者選びでは、塗装業者さんの人柄をよく見ることがとても大切ですが、悪徳業者は「親切で人柄の良い人」を演じるのが上手く、だまされてしまう可能性もあります。

「いい人そう」と思っても、本当にあなたのご両親を想った対応をしてくれているのか、第三者となるあなたの目からよく見てみてほしいです。

注意点悪徳業者優良業者
メリット・
デメリット
塗料の説明などは、メリットしか言わない塗料ごとに良い点・悪い点を教えてくれる
話の根拠質問すると「○○だから大丈夫ですよ」と言うが、根拠がはっきりしていない全てしっかりした根拠をもって説明することができ、専門用語ではなく分かりやすい言葉で話してくれる
考える時間「危険です」といって早く工事した方が良いと教えてくれるが、考える時間をくれない見積もりや業者選びは相見積もりを勧めてくれたり、納得するまでゆっくり考えさせてくれる

このように、悪徳業者の提案は一見すると親切に見えても、よくよく考えるとご両親のためになっていないことが多いです。

とくに訪問販売を使う悪徳業者の営業マンは、塗装工事や建物に関する知識は少ししかないことが多く、持っているのは「契約をさせる為だけ」の知識です。

ご両親が表面だけの親切にだまされないように、あなたも塗装業者さんとお話ししてみてほしいです。

注意点5.屋根・外壁塗装は時代と共に変化しています

ご両親は、もしかすると何度かお家の塗装工事を経験しているかもしれませんが、塗装工事は時代と共に様々なことが変化してきています。

技術の進歩によって塗料や工法が変わっている

屋根・外壁塗装に使われる道具や塗料のメーカーは、お家に住む人たちや塗装職人さん、地球環境など、いろいろな方面に対するメリットを増やして、

  • キレイで健康なお家を長く保てるような製品
  • 職人さんが効率的に作業できるような製品
  • 環境に害のないような製品

少しでもこのような製品を目指して、日々実験や開発を続けているので、道具や塗料の進化に合わせて工事の進め方が変わっている部分もあります。

あなたの実家と今の時代、両方を考えた適正な塗装工事装をすることで、塗装工事を成功させることができるんです。

悪徳業者が使う手口の種類も増えている

塗装業界は進化を遂げている反面、悪徳業者があなたやご両親をだます為に使う手口も、時代に合わせて増えています。

  • モニター価格
  • パック料金による不透明な見積もり
  • 30年もつ塗料

インターネットが普及する中で、塗装業者さんの多くは自社サイトを持つようになってきています。

そのため、自社サイトに載せる施工事例が欲しいから、モニター価格で安くしてくれるという手口があります。

施工事例は、優良業者さんでも自社サイトに掲載をしますが、それを理由に工事金額を値引くことはあまりせず、もっともらしい理由を付けるためにモニター価格などと言って契約を誘うんです。

また、今は見積書も手書きで作る塗装業者さんは減ってきており、パソコンでキレイに見やすく作ってくれますが、大きな文字を使ってカラフルに作られた見積書の中には、見た目がキレイなだけで見積りの内訳が分からない見積書もあります。

さらに、塗料の機能も進化していて、現在扱われている塗料の耐久年数は長くても20年前後ですが、これは「20年くらいまで塗料の効果が保てると期待できる」という数値であって、絶対に20年間保てるわけではありません。

しかし、「30年工事が不要です!」というように、あまりにも長い耐久年数で塗料を提案してくる悪徳業者もいます。

このように、悪徳業者は時代に合わせて、あの手この手で工事金額をだまし取ろうとしてくるので、ご両親がだまされていないか見極める必要があるんです。

もしご両親が悪徳業者にだまされてしまったら?

あの業者、典型的な悪徳業者だったのか!

どうしましょう!?200万円以上も持っていかれちゃうの!?

変なペンキを家に塗られたら困るぞ!!

私たちの家どうなっちゃうの!?ねぇケンタ!?

二人とも一旦落ち着いて!
焦っちゃうのはわかるけど、こういう時こそ冷静に対処しないと。

あれか?「くーりんぐ・おふ」ってやつか?

あれって確か期限がなかったかしら?

そうだね。契約書はもらった?
まずは書面に書かれてる内容を確認してみよう。

屋根・外壁塗装の業界では、悪徳業者による被害が多発しており、あなたの実家も狙われている可能性があります。

あなたの実家が10年以上塗装工事をしていなかったり、外壁・屋根にひび割れ色あせなどが目立っている場合は、とくに悪徳業者が狙いやすいので注意が必要です。

しかし、悪徳業者はセールストークが上手く手口も巧妙なので、だまされてしまうこともあると思います。

あなたも焦ったり不安を抱えてしまうかもしれませんが、もしご両親が契約してしまった場合は、ご両親が一番不安な状態なので、まずは落ち着いて、あなたがご両親を助けてあげてほしいです。

もし悪徳業者と契約を交わしてしまったらどうすればいいのか、私と一緒に対処法を確認していきましょう。

クーリング・オフを申請する

クーリング・オフとは、条件を満たしていれば契約を取り消すことができる制度のことで、契約をしてから8日以内であれば申請することができます。

もしご両親が7月1日に契約書類を受け取った場合、7月8日までに申請手続きを行うことでクーリング・オフが適用されますが、7月9日の手続きでは適用されません。

クーリング・オフが適用されない例は、以下のようになります。

クーリング・オフが適用されない場合

  • 契約した日から8日間を過ぎた場合
  • 自分の意志で塗装業者の事務所へ足を運んで契約した場合
  • 自分から塗装業者を家に呼んで契約した場合
  • 過去1年以内に、その業者と取引をしている場合
  • 3,000円未満の現金取引をした場合
  • 海外で契約を交わした場合

ただし、クーリング・オフの期間については、契約書類にクーリング・オフの説明が書かれていなかったり、「クーリング・オフはできません」とを付かれたり、そもそも契約書をもらっていない場合などは、申請期間を過ぎていてもクーリング・オフができる可能性があります。

クーリング・オフの申請方法

クーリング・オフは、基本的に必要事項をハガキに書いて、契約を交わした塗装業者へ送ります。

クーリング・オフのハガキを送った証明を残すためにも、お近くの郵便局で「内容証明郵便」という方法で送るようにするのがオススメです。

注意してほしいのは、もし7月1日に契約書類を受け取った場合、クーリング・オフ期間最終日となる7月8日にハガキを送る手続きをしても、消印が9日になってしまうようであれば、適用されない可能性があります。

そのため、クーリング・オフの申請は早めに行うようにしてほしいです。

ハガキに書く内容は、以下の通りです。

  • 契約日
  • 契約金額
  • 契約した塗装業者の会社名
  • 契約した塗装業者の担当者名
  • 支払ったお金を返金してもらう内容(支払い済のお金がある場合)
  • 契約を交わした人の名前
  • 契約を交わした人の住所

消費者センターへ相談する

クーリング・オフが適用されない場合、あなたの実家の地域にある消費生活センターに相談してみましょう。

消費生活センターは各市区町村ごとに設けられており、電話での相談や、消費生活センターへ直接相談しに行くことができたり、地域によってはメールでの相談を受け付けているところもあります。

落ち着いて相談することで、被害を最小限に抑える解決方法を教えてもらえるので、ご両親の助けになってあげてほしいです。

ご両親の屋根・外壁塗装であなたが手伝うべきこと

訪問販売の会社はクーリング・オフして、新しく3社から見積もりとってみたけど、何だかよくわからないわねー…。

塗料の種類がみんなバラバラだし、B社は3パターンも提案してくれたから、こりゃあ大変だな。

業者さん呼ぶときは俺も呼んでよ!
ちょっと見積書ぜんぶ見せて。

今回は訪問販売じゃないから大丈夫よー。
この中だとC社は一番金額が高いけど、あの担当さんが一番いろいろ説明してくれて良い人そうだったわよねー。

ん?一番よく説明してくれたのはA社じゃなかったか?

あらそうでしたっけ?
一番最初に来てくれたあの業者さんよね?

一番最初に来たのはB社だったろ。
あそこはあんまり丁寧に家の調査をしてなかったぞ。

それはA社だったわよー。ねえケンター。

俺いなかったってば!
やっぱり俺も立ち会えばよかった…。

あなたの実家に住むご両親の暮らしを守るためにも、大切なお家の塗装工事は成功してほしいですよね。

後悔しない塗装工事をするためには、

  • 建物調査や見積もり説明に立ち会ってあげる
  • 相見積もりの比較も一緒に考えてあげる

これらを手伝ってあげるのがオススメです。

家族でスムーズに実家の塗装工事を進めるためにも、私と一緒に確認していければと思います。

建物調査や見積もりの説明に立ち会ってあげる

屋根・外壁塗装の見積もりを塗装業者さんにお願いする時は、まず塗装業者さんがあなたの実家の建物調査をして、お家の面積を測ったり傷みの状況を確認します。

建物調査には立ち会うのが一般的で、塗装業者さんと一緒にお家の状態を見ることで、今お家がどんな状態なのか、どんな塗料がオススメなのか、必要な工事は何なのか、塗装業者さんの詳しい説明を聞くことができます。

これは、作成した見積書を提出してもらう時の見積もり内容の説明でも、より詳しくお話ししてもらえることが多いです。

しかし、塗装業者さんによって経験してきたことが違うので、調査の仕方や必要な工事の判断などに差が出ることがあり、提案内容の違いからも塗装業者さんが自分に合っているかを見る必要があるんです。

そのため、

  • 悪徳業者ではないかどうか
  • ご両親の暮らしを考えてくれているかどうか
  • 適正価格かどうか

このように、注意するところがたくさんあり、もし3社で相見積もりをする場合は、3社をよく見なければいけないので一苦労です。

建物調査や見積もりの説明を聞くときは、あなたも一緒に立ち会ってあげることで、家族みんなでじっくり考えることができます。

相見積もりの比較も一緒に考えてあげる

屋根・外壁塗装のお見積もりは相見積もりが必要になるので、複数の塗装業者さんから見積書をもらうことになりますが、すべての塗装業者さんから見積書が出揃ったら、じっくり比較をします。

見積書を提出してもらうときに、塗装業者さんに直接会ってお話しを聞き、すべての塗装業者さんのお話しを踏まえて、見積書を改めて確認しますが、見積書は以下のように見るべきポイントたくさんあります。

建物調査建物調査の時間が短時間(5~10分)ではないか
単価・数量単価や数量が細かく書かれているか
メーカー・製品名使う塗料のメーカーや製品名が書かれているか
塗料大手メーカー製品ではなくオリジナル塗料を勧められていないか
相場価格相場価格より高すぎたり安すぎたりしないか
塗り回数塗料の塗り回数は書かれているか
必要な工事必要な工事範囲が抜けていないか
不要な工事不要な工事が入っていないか
値引き金額あまりにも高すぎる値引きがされていないか
保証内容保証内容は充実しているか・名ばかりの保証になっていないか

塗装業者さんの比較は、見積書の書面でこれらを確認することだけではなく、実際に塗装業者さんの話を聞いたり質問したりすることも大切です。

ご両親が安心できる塗装業者さんを選ぶことができるように、あなたも書面での見積もり比較をしたり、塗装業者さんに合って話を聞いて見たりしてほしいです。

ご両親の暮らしを考えた塗料の選び方

家に塗るペンキの種類もいろいろあるみたいだよ。

お母さんは茶色とベージュの2色でオシャレにしたいわー。

やっぱりツヤがあった方が新築っぽくていいだろう!

そうだね。仕上がりを想像するのもワクワクするけど、ペンキが何年くらい持つかっていうところも種類によるらしいんだよね。

そうなのか。
業者さんが勧めてくれるやつでいいんじゃないか?

あらお父さん、そしたら一番高いのを勧めてくるかもしれませんよ。

ペンキの持ちってことは、次回の塗装工事を何年後くらいにしたいかってことじゃん。

この先またペンキ工事をするってこと?
私たちの歳なら今回が最後なんじゃない?

ケンタ、ペンキはどのくらい持つもんなんだ?

えーと、一番長いのだと「無機系塗料」ってやつらしいんだけど、耐久年数が15~20年も期待できるって。

期待できるってことは、絶対に20年間持つとは限らないのね。
でもそのくらいでいいんじゃないかしら?

母さんもう64歳だからなあ(笑)

あらあなたなんてもう65歳じゃない。

とにかく!今回が最後の塗装工事にするなら、耐久年数が長めの「無機系塗料」とか「フッ素系塗料」がいいんじゃない?

屋根塗装や外壁塗装で大切な塗料選びは、今後のご両親の暮らしを考える上でも大事なものです。

ペンキを塗る工事なので、見た目がキレイになったり、今までとは違う印象のお家に変えることができたり…考えると楽しくなると思いますが、どのくらい塗装を保つことが出来るかという点も、よく考えて塗料を選ぶ必要があるんです。

塗料のグレードを把握しよう

屋根・外壁塗装に使われる塗料は、グレードと呼ばれる分類がされており、グレードは塗料の品質レベルを表しています。

グレード単価相場塗装の寿命
(次回の塗り替え時期)
アクリル系塗料約1,000~1,200円約2~3年
ウレタン系塗料約1,800~2,000円約5~7年
シリコン系塗料約2,500~3,500円約7~12年
ラジカル制御型塗料約3,500~4,000円約8~13年
フッ素系塗料約3,500~4,500円約10~15年
無機系塗料約5,000~5,500円約15~20年

上記のように、グレードが高いほど価格が高くなりますが、その分だけ長い寿命が期待できます。

逆に、グレードの低い塗料は価格が低い分、次に塗装をするまでの期間が短くなるため、頻繁に塗装工事をする必要があります。

実家の屋根・外壁塗装を今回で最後にするには?

60歳くらいの歳を迎えると、塗装工事は今回で最後にしたいと考える人も多いです。

あなたのご両親も、今回の塗装を最後に今後はもう塗装工事をするライフプランがない場合、グレードの高い塗料で屋根・外壁塗装をすることで、これからも安心して暮らしていくことができます。

全てのグレードの中でも、一般的なお家の屋根・外壁塗装に使われるグレードは、ほとんど以下の塗料に限られています。

  • シリコン系塗料
  • ラジカル制御型塗料
  • フッ素系塗料
  • 無機系塗料

一番人気なのはシリコン系塗料で、金額が高すぎず10年前後は持ってくれるため、1回目・2回目の塗装など、この先も塗装工事をするようなお家で選ばれます。

あなたの実家の塗装工事を今回で最後にしたい場合は、グレードの高い「フッ素系塗料」「無機系塗料」などがオススメ。

ただし、長持ちする塗料を選んでも、期待できる寿命まで持たず、早めに劣化が始まってしまうことがあります。

塗料を選ぶのはご両親やあなたでも、実際に扱うのは塗装業者さんなので、優良な塗装業者さんを選ばなければ、本来塗料が発揮できるはずの寿命や効果を、引き出すことができない場合があるんです。

長持ちする塗装であなたのご両親に安心して暮らしてもらうためにも、塗装業者さんの選び方についても、続けて見ていただけると嬉しいです。

実家の塗装をお願いする塗装業者さんの選び方

この家のペンキ工事は今回で最後になるし、とにかく今回の工事をしっかりやってもらえるといいわね。

うーん。
最後の塗装にするとしても、この工事だけで割り切っちゃうのは良くない気がするけど…。

そのペンキ屋さんと関わることなんて今回くらいだろう。

塗装工事は最後だとしても、もし今回の塗装が一週間後に剥がれてきたらまずくない?

確かに、もう一回来てもらわないといけないわね。

それに、塗装業者さんって屋根と外壁のペンキ工事だけじゃなくて、部屋の壁とか床の張り替えもやってるとこがあったり、雨漏り修理もしてくれるとこもあるんだって。

雨漏りかー。あれは厄介だよなあ。

そういう家のトラブルが起きるかもしれないじゃん?
だから、今回の塗装工事が終わっても、何かあった時にすぐ頼れるような業者さんを選んでおくと、俺が帰ってこなくても安心でしょ。

そうねー。ケンタに心配ばかり掛けていられないものね。

そういう親身になってくれる業者さんって、大手よりも地域に密着してるとこが多いんだって。

そうなのか?
やっぱりCMでやってる○○リフォーム会社とか、大きいところの方がいいんじゃないか?

有名な方がなんか安心よねえ。

大手のリフォーム会社は悪い会社ってわけじゃないんだけど、下請け業者を使うから余計なお金が掛かっちゃうんだよ。

それって、別の会社に工事を任せるってことか?

そうそう。
会社が分かれてると、管理とかはリフォーム会社がやって、工事だけ下請けがやるってなることが多いから、トラブルが多くなりやすいんだ。

塗装工事で一番重要といっても過言ではないのが、工事をお願いする業者選び

ご両親やあなたが塗料を選んでも、その塗料を使ってあなたの実家にペンキを塗るのは塗装業者さんですよね。

優良な塗装業者さんを選ばなければ、大切なお家がトラブルに巻き込まれてしまったり、ご両親が不安を抱えた生活を送るにことなってしまう可能性もあります。

あなたの実家の塗装工事装を成功させて、ご両親に安心できる暮らしをしてもらうためにも、実家の塗装工事をお願いする塗装業者さんの選び方を、私と一緒に確認していきましょう。

塗料を適正に扱える塗装業者さん

屋根・外壁塗装の職人さんは、ただ見栄え良く塗料を塗っているわけではなく、各メーカー・各製品ごとの決まりに従って塗料を扱っています。

屋根塗装や外壁塗装の塗料には、以下のことに対してそれぞれ決まりがあります。

希釈量(きしゃくりょう)

希釈量とは、塗料を薄める割合のことを言い、屋根・外壁塗装の塗料は基本的に塗料そのものだけで使わず、別の液体と混ぜ合わせて使うもので、下記のように2種類の枠組みで分けることができます。

  • 油性塗料・水性塗料
  • 1液型・2液型

特殊なシンナーを混ぜて使う塗料を油性塗料を混ぜて使う塗料を水性塗料といい、油性塗料の方が化学物質を使う分長持ちする場合が多いですが、シンナーの匂いが強くなります。

水性塗料は油性塗料に比べて科学的な匂いが押えられますが、塗装の強度は油性塗装よりも劣るものが多いです。

また、塗料は硬化剤を使わない1液型と、硬化剤を使う2液型にも分けることができ、1液型は塗料が入っている一斗缶のみで、2液型は塗料が入った一斗缶と硬化剤が入った小さな缶がセットになっています。

塗料は硬化剤が入っていることで、液状だった状態から固まって薄い保護膜になることができるのですが、つまり硬化剤を混ぜない1液型には、元々硬化剤が含まれているということです。

そのため、1液型は長期間使わずにいると固まって使えなくなってしまい、2液型は硬化剤と混ぜなければ長い間保管することができます。

上記2つの枠組みをまとめると、以下のようになります。

油性塗料水性塗料
1液型塗料+シンナー塗料+水
2液型塗料+シンナー+硬化剤塗料+水+硬化剤
                   

これらを混ぜ合わせる割合は、各製品によって数値が決められており、希釈量を守らなければ、塗料が持つ機能や期待できる寿命を発揮できなくなってしまうんです。

しかし、外壁や屋根の状態によっては、決められた希釈量通りではなく、希釈の割合を変えて塗装した方が長持ちする場合もあるので、塗装をする面の状態や環境を考慮して臨機応変な対応が求められ、豊富な知識や経験が必要になります。

塗布量(とふりょう)

塗布量は、外壁や屋根に塗料を塗る量のことで、各塗料によって1㎡あたりに塗る量が決められています。

塗布量が少なすぎると下地が透けてしまったり、塗料が持つ機能を発揮できなくなってしまい、逆に塗布量が多すぎると、しっかり固まることができず、すぐに剥がれてきてしまうこともあります。

また、スレート屋根の塗装をする時に塗布量が多すぎると、本来なら空いていなければならない屋根材同士の隙間が塗料で埋まってしまい、雨水がキレイに流れず雨漏りになる可能性もあるんです。

屋根・外壁塗装は基本的にローラーで塗装をして、細かい部分は刷毛で塗りますが、どちらも微妙な力の入れ具合いで塗料の付く量が大きく変わるので、経験を積まなければ塗りムラが出来て仕上がりや耐久性にも影響が出てしまいます。

ローラーの種類交換するタイミングなどによっても塗布量が変わり、職人さんが思い通りの塗装をするためには、適切な道具の選び方・使い方も大事になります。

気温・湿度

塗装工事は天気との闘いでもあり、雨が降ってしまうと、雨が当たらない部分以外は工事を行うことすらできなくなってしまいますが、目に見える天候だけではなく、気温や湿度も塗装工事に大きく影響してくるんです。

屋根・外壁塗装は、気温が5℃以下・湿度が85%以上の場合は工事をすることができず、これは日本建築学会や国から発行されている、塗料や工事に関する仕様書にも記載されています。

屋根・外壁塗装に使われる塗料は、夏の暑い時期や空気が乾燥している冬は早く乾きますが、気温が5℃以下の場合や湿度が85%以上の時は、塗料がきちんと固まらなかったり、塗装に気泡ができて耐久力が下がる原因にもなります。

このような影響は、塗装がすぐに剥がれるといった、本来期待できる寿命を発揮できない状態にしてしまうので、あなたのご両親に今後も安心して過ごしてもらうためにも、気温や湿度まできちんと確認できる塗装業者さんにお願いする必要があります。

乾燥時間

屋根・外壁塗装の塗料は、下塗り・中塗り・上塗り3回塗りが基本で、製品によっては2回塗りの作りになっているものがあったり、屋根や外壁の状態によって4回塗りにすることもあります。

これらの塗料は、塗ったあとに乾燥させてから次の塗料を塗り重ねる必要があり、乾燥していない状態で次の塗料を塗ると、塗料がしっかり密着できず、ひび割れや剥がれがすぐに起きてしまうことに。

また、屋根・外壁塗装の中塗りと上塗りは同じ塗料を使いますが、下塗り塗料は中塗り・上塗りの機能を上げるための塗料となるので、下塗り専用の塗料となり、乾燥時間は下塗り・中塗り・上塗りでバラバラの塗料もあるんです。

さらに、塗料の乾燥時間は気温や湿度によっても変わるため、塗料ごとに決められた乾燥時間を守ることだけではなく、塗装をするときの環境をよく把握して、それに見合った判断が必要になります。

すぐに来てくれる塗装業者さん

ご両親が住む実家は、あなたが別のお家にお住まいの場合、ご両親が気軽に呼べるような塗装業者さんを選ぶのがオススメです。

また、あなたがもしご両親と一緒に実家で暮らしている場合も、旅行などで長期間あなたがいない時にお家のことでトラブルがあると、ご両親だけで対応することになる可能性があります。

そのため、実家のある地域に密着している塗装業者さんを選ぶことで、塗装工事が終わったあとも、何かあればすぐに来てもらうことができます。

突発的な雨漏りなど緊急性のある工事は、大手リフォーム会社などの大きいところでは対応が遅れることがあり、地元密着で会社を営業している業者さんであれば、すぐに駆け付けやすくなります。

自社施工の塗装業者さん

屋根や外壁の塗装工事をしてくれる会社は、大きく分けて以下の2種類になります。

  • 大手リフォーム会社
  • 地域密着型の塗装業者

この2つの大きな違いは、下請け業者を挟むかどうかという点です。

下請け業者を使う大手リフォーム会社に比べて、地域密着型の塗装業者さんはすぐに駆け付けて補修工事などを対応することができたり、情報の伝達が早く正確なものになりますが、一番大きな違いは「中間マージン」についてです。

中間マージンとは、契約手続きなどをした会社が、別の会社に工事だけ依頼することで発生する仲介料のことで、大手リフォーム会社の塗装工事は工事を下請け業者に依頼することで、このように余計な費用が発生してしまうんです。

地域密着型の塗装業者さんは、自分たちの会社で抱える職人さんや職人仲間だけで工事をしてくれることが多いので、余分な費用を発生させることなく、ご両親の要望もきちんと職人さんに伝わって反映してもらうことができます。

そのため、大手リフォーム会社と地域密着型の塗装業者さんとで相見積もりをすると、中間マージンによって金額の差が大きく開くことが多いんです。

「テレビCMなどで有名だから安心」とは限らないので、必要なところにだけお金を掛けることができる、地域密着の自社施工会社さんがオススメです。

10年20年先まで考えてくれる塗装業者さん

屋根・外壁塗装は、工事が完了した時だけ満足できればいいと考えてしまうのはオススメしません。

工事をするのは、ご両親にとってもあなたにとっても大切なお家で、あなたやご両親が、これまで長い間暮らしてきた場所であり、これからも家族みんなが集まるところだと思います。

塗装業者の中には、仕上がりだけはキレイに済ませて、上記でお話しした塗料の希釈量などを守らずに塗装をする悪い業者もいて、すぐにひび割れや剥がれが起きてしまった場合、保証で塗り直しをお願いしようとしても、工事費用だけ持って逃げられてしまうということもあります。

悪い業者さんではなくとも、経験が浅いと、「この作業をこうすると後々どんな形で響いてくるか」というところまで予測することができず、長い間キレイで健康な状態のお家にすることが難しくなります。

その場しのぎで工事を済ませてしまっては、数年後に家族みんなが不安を抱えてしまうので、ご両親の暮らしや家族みんなの場所を守るためにも、これからの事まで考えてくれる塗装業者さんを選んでほしいです。

ご両親が話しやすい塗装業者さん

実家の塗装工事をあなたがお手伝いするといっても、あなただけ納得して進めるのはオススメではありません。

もしあなたが実家を出て暮らしている場合、これからも実家で過ごすのはあなたではなくご両親なので、ご両親も納得することが出来なければ、塗装工事が成功したとは言えないからです。

あなたがすべきなのは、適正な金額や工事内容をしてくれる塗装業者さんの中から、家族みんなが、とくにご両親が納得できるような塗装業者さんを探すお手伝いをしてあげることだと思っています。

納得できる業者選びとは、工事金額工事内容に納得できるという点はもちろん、人としての相性という点がとても大切です。

あなたと塗装業者さんの馬が合っても、ご両親は何となく気軽に話しかけられないような場合、あなたが実家にいない時にご両親がお家の修理や工事をお願いしたいと思っても、気が進まず放置してしまうかもしれません。

お家のことで困ったときに、ご両親が安心して何でも相談できるような塗装業者さんをあなたが選んであげることで、あなた・ご両親・塗装業者さん、みんなの安心に繋がります。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
実家の屋根・外壁塗装についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の屋根・外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、実家の屋根・外壁塗装に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん実家の屋根・外壁塗装がしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる屋根・外壁塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

適正な価格や工事内容で屋根・外壁塗装ができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「屋根・外壁塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

業界的に悪徳業者が多いため、塗装工事に失敗したくない人だけ、こちらのページをお読みください。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)