• 地元密着の優良店さんの募集

4/27~5/6までは一時受付となります。

01201649170120-164-917

リフォームとリノベーション?2つの違いを解説

リフォームとリノベーションの違いを知っておくことで、あなたの今の暮らしに合ったお家の改修工事をすることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

お家に長い間住んでいると、

「お家をキレイにリフォームしたいな…。」
リノベーションしてもっと住みやすい家にしたい!」

このように、今よりも快適な暮らしを叶えるために、お家の改修工事をしたいと思うかもしれません。

しかし、お家の改修工事では、「リフォーム」や「リノベーション」という言葉をよく聞くと思いますが、この2つには一体どんな違いがあるのでしょうか?

リフォームとリノベーションには境目が曖昧なところもありますが、実は本来はっきりとした区別があるんです。

ここでは、

  • リフォームとリノベーションの違い
  • リフォームとリノベーションのメリット・デメリット
  • リフォームとリノベーションどちらをやるべきか

これらをお話させていただければと思いますので、家族と過ごす豊かな暮らしのためにも、リフォームとリノベーションについて、私と一緒に見ていきましょう。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションはよく似ていて、一般的に同じ意味として使われることが多いですが、実は大きな違いがあります。

リフォームとリノベーションの違いを、一緒に確認してみましょう。

リフォームってなに?

リフォームとは、お家を建ててから年月が経って傷みが出始めた場合、新築当時の状態に戻すための工事のこと。

その為、劣化によって今まで通りの生活ができずに困っていたり、修繕をしてこれまでの正常な状態に直したい、という場合に行う工事がリフォームということです。

リノベーションってなに?

リフォームに対してリノベーションは、お家の傷みを直して元に戻すだけでなく、今までになかった新しい機能追加する工事のことを指します。

介護目的の改修工事や二世帯住宅に建て替える工事もリノベーションのひとつですが、このためにお家の間取りを変える工事が必要になることも多く、リフォームに比べて大規模な改修工事になりやすいのが特徴です。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリットを比較

同じ意味で使われやすいリフォームとリノベーションには違いがあるので、メリットデメリットも変わってきます。

あなたに合った暮らしができるお家にするためにも、それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

リフォームのメリット・デメリット

お家の劣化した部分を戻して、建てた当時の状態に戻すという意味を持つリフォームには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

私と一緒に一つ一つ確認していきましょう。

リフォームのメリット

お家をリフォームするメリットは、以下のようなものがあります。

メリット1:愛着のある家を残せる

あなたの生活を長く支えてきたお家なので、できるだけ慣れ親しんだ形のまま残したいかもしれませんが、リノベーションをすると、内容によってはお家の雰囲気がガラリと変わってしまいます。

そのため、愛着のあるお家をそのまま残すには、リノベーションよりもリフォームのほうがオススメで、リフォームではお家の一部を改修するだけなので、住み心地も愛着のある雰囲気も変えることなく、これまでどおり住み続けることができます。

メリット2:改修期間が短い

工事内容にもよりますが、リノベーションは大きな工事になるものが多いので、リフォームの方が改修期間短く済む可能性が高いです。

お家の改修中は、普段通りの生活とはいかないこともあるので、工事期間が短いことは、不便やストレスを減らすことにも繋がります。

メリット3:仮住まいの必要がない

リノベーションはお家全体の大規模な工事になる場合もあるので、仮住まいに住む必要が出てくることもありますが、リフォームの場合は基本的に、今のお家に住んだまま工事を進めることができます。

改修する場所が限られていたり、工事期間も短いので、普段どおりの生活とほとんど変わらないままリフォームすることができます。

メリット4:総予算が安く済む

リフォームは一部分の改修なので、大きな工事になりやすいリノベーションに比べて改修費用も安く済ませることができて、仮住まいの必要がないのでその費用も必要なくなります。

費用面や生活の便といったところでも、リフォームにはメリットがあるんです。

メリット5:予算に合わせてリフォームの内容を選べる

お家の中に改修したいところが複数ある場合、予算の都合で一度に工事ができないこともありますよね。

リフォームであれば、予算に応じて1か所ずつ改修していくことができるので、徐々に改修工事を進めることができるのもリフォームの大きなメリットです。

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットには、以下のようなものがあります。

デメリット1:リフォームではできない改修がある

お家の改修といっても、大掛かりなものになるとリフォームでは対応しきれない工事になる場合があります。

たとえば、お家に住む家族が増えたり減ったりすることで部屋を増やしたり、不要になった子供部屋を別の用途に作り変えるなどの改修は、状況によってはリフォームよりもリノベーションしたほうが、効率よくできる場合があります。

部分的な改修や表面だけの工事はリフォームでも十分できますが、家の骨組みなど基礎の部分に手を入れるような大きな改修工事には向いていません。

デメリット2:リフォームを繰り返すと割高になる

基本的に、リフォームは家の一部分を改修することが多いので、予算に応じて1か所ずつ改修できるのがリフォームのメリットですが、小さな改修何度も行うと、最終的な改修費の総額がリノベーションした場合より高くなってしまうこともあります。

そのため、改修したい箇所が2~3か所ならリフォームのほうが安く済みますが、それ以上だとリノベーションしたほうが安くなる場合もあるので、どちらで対応すべきか見極める必要があるんです。

リノベーションのメリット・デメリット

今までになかった機能を持たせるリノベーションには、どんなメリット・デメリットがあるのか、一緒に見ていきましょう。

リノベーションのメリット

リノベーションのメリットには、以下のようなものがあります。

メリット1:自由に作り変えることができる

生活の利便性を改善するために大幅な改修がしたい場合は、リノベーションがオススメ。

不便な部分を我慢して、あなたやご家族がお家に合わせて生活するのではなく、お家に住む人に合わせて改修するのが、お家本来の姿です。

リノベーションは、お家に住む家族の世代や時代に合わせて、自分の好きなようにお家をデザインし、作り変えることができます。

メリット2:新築に比べて費用が掛からない

リノベーションは大掛かりなので、リフォームと比べると新築に近い工事になりますが、新築のお家を購入するのに比べると費用は大幅に安くなります。

つまり、リノベーションすると新築並みに新しい間取りのお家を、費用を抑えて作ることができるんです。

リノベーションのデメリット

リノベーションのデメリットには、以下のようなものがあります。

デメリット1:仮住まいが必要になる

工事内容によってはリノベーションに長期間かかり、リフォームであればそのままお家に住みながら改修できる場合がほとんどですが、リノベーションでは難しくなることも。

仮住まいが必要になると、今まで通りの生活ができず不便が多くなり、家賃や引っ越し費用などのお金も必要になります。

デメリット2:敷地の広さによってはできない場合がある

リノベーションで大きな増築をする場合は、その分の敷地を確保できなければ、リノベーションすることができません。

そのため、リノベーションを考える時は、今までよりもお家の建坪が広くなる内容なのか、その場合は、十分な敷地があるかどうかをきちんと確認してほしいです。

リフォームとリノベーション、うちはどっちをやるべき?

あなたのお家をもっと住みやすく、今の生活に合った形にしたいと思っても、リフォームとリノベーションどちらを行うべきなのかは、お家の状況や住む人によっても変わってきます。

どんな場合にリフォームをすべきなのか、どんな場合にリノベーションを選ぶべきなのか、詳しく見ていきましょう。

リフォームがオススメのお家

長く住み続けている場合

お家を建ててから何十年も住んでいる場合は、リフォームを選ぶことで、長年慣れ親しんできたお家の雰囲気を壊すことなく改修工事ができます。

もし、あなたのご両親が建てたお家で一緒に暮らしているのであれば、ご両親にとってはあなた以上にお家に愛着があるはずです。

その為、できるだけお家の雰囲気を残したい場合は、壊れた部分のみを改修するリフォームがオススメです。

家そのものが丈夫な場合

築年数が古くても、まだリノベーションや建て替えの必要がない丈夫なお家であれば、壊れた箇所のリフォームに抑えておくだけにしておくと、工事費用をあまり掛けずに住むのでオススメです。

お家の改修工事はただでさえ高いお買い物になるので、部分的なリフォームで最低限の改修にしておくことで、大きな出費を少しでも抑え、不便なところはしっかり直すことができます。

リノベーションがオススメのお家

代替わりして子供が住む場合

世代をまたいで家族が受け継いで住んでいるお家は、リノベーションがオススメです。

一つのお家で何世帯にもわたって住み続けている場合は、老朽化が進んでいてあちこち改修が必要になるので、リフォームよりもリノベーションをした方が安く改修することができます。

また、築年数の古いお家は世代によっては感性が合わない可能性もあるため、将来住む子供の好みに合わせてリノベーションをさせてあげる方がいい場合もあります。

お家のイメージを一新したい場合

お家を思い切って一新したい、ガラリと変わった生活がしたいという場合は、リノベーションをすることでお家の雰囲気を大きく変えることができます。

劣化している部分が気になって改修工事を考え始めた場合は、これを機にリノベーションをすることで、劣化した部分を直すと同時に、新しい空気感のあるお家への改修も一緒にできるのでオススメです。

家の強度が心配な場合

あなたのお家の築年数が古い場合は、強度に不安が残るかもしれません。

老朽化のためにお家の強度を高めたいのであれば、補強をするためにも、リフォームによる部分的な改修ではなく、補強材を入れるような本格的なリノベーションがオススメです。

住み慣れたお家で、これからも安心した暮らしを続けるためにも、あなたの今の暮らしに合ったリノベーションを行うようにしましょう。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
リフォームとリノベーションの違いについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下のリフォーム・リノベーションに関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、リフォームとリノベーションの違いに関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん適正な方法で我が家の改修工事がしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できるリフォーム・リノベーションをお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

適正な方法での改修工事ができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「リフォーム・リノベーションの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店が選べる。