全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

屋根塗装をするにはどの時期・季節が正解?間違えないための事前知識

屋根塗装の時期を完全にマスターすることで、大切な家(財産)を守ることができるようになります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:古賀(こが)

屋根塗装の時期と季節では知っておきたい事前知識があります。

一つ目は、屋根塗装を行った方がいい症状があり塗り替える必要がある時(時期)。
二つ目は、屋根塗装で知っておきたい季節と月のことです。

この2つの時期を把握しておくことで安心の塗装ができるようになります。時期を間違えないで塗装をするには、以下の情報見てみましょう。

一つ目の時期:屋根塗装の時期
二つ目の時期:屋根塗装の季節・月

屋根塗装の時期

屋根塗装の時期と季節は何が違う?本当の意味を知るための2つの情報

屋根塗装をした方がいい症状が出ている場合、塗装をする時期と言えます。塗装しなくてはいけない症状とはどんなものか、詳しく見てみましょう。

屋根の症状塗装した方がいい度合い詳細
雨漏りがする高い雨漏りが発生している場合、屋根の機能が失われている。ひどい場合は屋根全体をリフォームする葺き替えをすることも。
屋根(瓦・コロニアルなど)が割れている中くらい屋根材自体の耐用年数切れているか、防水機能が失われたためヒビ割れを起こしている。屋根材の交換も必要。
屋根にコケ・カビ・汚れなどがひどい状態になっている高い屋根の防水機能や塗料の効果を失っている状態。
屋根の色にバラツキ・色あせが目立つ高い屋根の防水機能や以前塗り替えた塗料の耐用年数が切れている場合があるため、塗装が必要。
金属部分の腐食が多数見られる中くらいトタン屋根など、防水機能や塗料の効果が切れているため金属の腐食が進行している状態。
                                                                                                                                                             

屋根塗装の耐用年数について

屋根塗装には次に塗り替えた方がいい時期が決まっています。屋根材別で以下の耐用年数が導き出せます。

屋根材の種類耐用年数
ストレート系(カラーベスト・コロニアル)7~8年
セメント系瓦10~15年
粘土系瓦20~30年
金属系(トタン)5~8年
金属系(ガルバリウム鋼板)20~30年
    

粘土系瓦に関しては、塗装する必要が無いほど色落ちなどもせず、とても高品質なものです。

しかし、瓦自体は問題ないですが、瓦を支えている漆喰などの補強が必要となるため、メンテナンス時期が示されています。

時期が来ても屋根塗装を行わなかったらどうなるの?

塗装時期を間違わずにきちんとメンテナンスを行う場合は塗装で問題ないのですが、塗装時期になっても塗装などのメンテナンスを行わずほったらかしにしていた場合、屋根だけでなく屋根の下にある防水シート(ルーフィング)や野地板(屋根の下に貼られている板)の腐食も進行している場合があります。

屋根が一次防水・防水シートが2次防水となり、そこを抜けて野地板まで雨水が来てしまっていた場合、野地板が腐食し家を劣化させてしまい長く暮らせる家ではなくしてしまいます。

このような場合、塗装ではもうメンテナンスができないため、葺き替え(ふきかえ)と呼ばれる屋根全体のリフォームを行わなければいけません。

塗装では直せない場合は葺き替え工事

工程としては、野地板の張替え・防水シートの敷き直し・屋根材を全て変更という形になります。古い屋根材を一旦落として新しい屋根材を上にあげる作業をして、レッカー車なども使う必要があるので大掛かりな屋根工事となります。

その分費用も割高で、塗装であれば約30坪の建物の場合、40~80万円で済んだものが60~200万前後かかることも。

時期になったらきちんと屋根塗装を行うことで、大掛かりな屋根工事が必要なくなります。結果コストも抑えられて将来的にかかる家(財産)のメンテナンスが安くなるんです。

したがって、時期がきたらまずは屋根塗装を検討することから始めるのがいいでしょう。

屋根塗装の季節・月

塗料の乾燥が不十分になるとして、気温が5度以下の時、湿度が85%の時は塗装が行なえません。これをもとに以下の情報を見てみましょう。

季節によって変わる屋根塗装のしやすさ

季節平均気温(℃)
札幌東京鹿児島那覇
8.915.317.622.0
20.125.025.828.8
11.518.321.425.7
-1.26.19.117.0
季節平均降水量(mm)
札幌東京鹿児島那覇
252.5311.0539.0393.0
262.0533.52215.5685.0
433.0700.0458.5205.0
331.0216.5337.5186.0
季節平均日照時間(h)
札幌東京鹿児島那覇
627.6587.3433.9389.6
485.0456.7405.8594.2
410.9414.7517.1522.8
264.2534.1408.0289.4
                                                               

日本の北日本・東日本・西日本・沖縄の地域を選出しています。※2015年度気象庁の天候資料を参照

気温に関しては、地域でここまで差がでてきます。

寒い地域では平均気温が5度以下になりやすい北日本は、冬場の塗装は難しいといえます。

しかし、まったく塗装ができないというわけでなく塗料が乾燥しずらいということなので、時間を伸ばして最適な乾燥時間を見極めればできる場合もあります。※北海道の塗装業者の中には、冬場は内装塗装、それ以外の季節で屋根・外壁の塗装を行っている業者もいます。

夏場なら安心ということでもなく、塗料が揮発しやすく乾燥時間が早まるため、こちらも塗料の調整と最適な乾燥時間の見極めが大事です。※乾燥の見極めは熟練した技術がないとできません。

早朝に露(つゆ)や霜(しも)が降りる時期も、一度乾燥しないと塗装はできません。

露と霜があると塗装できない理由露が発生した場合は、大気中の水蒸気が冷えることで水滴が塗装面つくことで濡れさせてしまいます。また、霜が降りた時は0度以下に冷えた塗装面に氷の結晶がついてしまい濡れさせてしまうからです。

塗装の最適な時期は?

雨が少なく・気温も安定している・乾燥に必要な日照時間も確保できる梅雨が始まる前/span>が最適と言えます。

屋根塗装にとっては雨が天敵になるので、梅雨の時期と雨が多い季節は避けたいですね。

雨が降った場合の塗装はどうなるの?

雨が降れば塗装をすぐに中止する必要があります。塗装面が濡れた状態で塗り替えても、塗料が密着しない・乾燥しないというデメリットしかありません。

ポイント!中には雨が降ってもそのまま塗装を続ける業者がいます。例えば足場をレンタルしていて、延期した分だけ費用がかかってしまう場合や、ずさんな塗装をする業者だと、そのまま塗装を続けて早く終わらせようとします。そのような業者に当たらないためにも、信頼できる屋根塗装業者を探す必要があります。

屋根塗装の時期によって費用は変わる?

屋根塗装をする時期によって費用は変わらないです。

冬場でも適した塗料・夏場でも適した塗料など、季節によって多少違ってはきますが、それほど大きな差はなく、どの季節で屋根塗装をしたとしても費用は変わりません。

屋根塗装業者が一番忙しい時期

屋根塗装の業者が一番忙しくなるの時期は、塗装をするのに最適な時期となります。

そのため、3月・4月・5月・10月・11月が雨も少なく気温も安定しているため、塗装業者が仕事を多くこなす時期になります。

逆に言えば、見積もり依頼をしづらい時期とも言えます。屋根塗装業者への見積もり依頼は年中できますが、それでも繁忙期となるとやはり人手が足りないため、見積もりのための現場調査にくるのに時間が掛かったりします。

見積もり依頼はいつでもできますが、あなたが塗装をしたい時期に合わせて、早めに見積もり依頼だけはお願いしておきましょう。

屋根塗装の時期に関するよくあるご質問

雨漏りがあってすぐに塗装(修理)したいんだけど今の時期に頼んで大丈夫?

もし相見積もりをした場合、最低でも業者決定に一週間はかかります。普段家にいればいいのですが、いなければもっと業者の決定には時間がかかります。そのため、業者探しは今のうちから行っておいたほういいでしょう。すぐに決めようとすると、間違って悪い業者を選んでしまうこともあるので注意が必要です。

希望の塗装方法や修理をしたいけど、今の時期は自分が希望している塗装ができる時期ですか?

屋根塗装・修理・葺き替え・重ね葺き(カバー工法)など、どの工法になったとしても、雨が多い時期は避けた方がいいです。雨が降った場合、屋根の上で作業すぐのが大変危険な状態になるのと、塗装の場合は塗料が乾かなくなってしまうためです。冬場の乾燥しにくい時期と雨が多い時期以外で塗装をご検討ください。

塗装業者の決算期って忙しくて見積もり取れない?

一般的な会社の決算期は3月・12月が多いですが、決算期はこの月でないとといったものは決まっていないので、ユニクロなどは8月を決算期にしています。例え決算期だったとしても、塗装業が忙しくなるだけで、見積もりがとれないということはないため、ご安心ください。

屋根塗装業者を探し始める時期っていつがいいの?

見積もりを複数社からとって相見積もりをするのであれば、塗装希望月の約1ヶ月前には見積もり依頼をしておきましょう。また、本当に信頼できる業者へ依頼することが、屋根塗装で唯一失敗しない方法なため、見積もりの更に1ヶ月前、塗装希望月の2ヶ月前が動き出すタイミングです。あなた自身で塗装業者を探す手間を省ける、業者への一括見積もりサービスなどもあるので、こちらを利用することもお勧めです。

屋根塗装をしたい時期は、自分が忙しくて立ち会えないけど、それでも大丈夫?

はい、大丈夫です。あなた自身が在宅していない状態でも塗装は進められます。その場合、塗装の進捗具合などを自分自身で確かめることができにくいです。しかし、優良業者は今日一日の塗装状況を知らせてくれるため、報告書を作成してくれるところがあります。このようにお客様に不安がないよう配慮してくれる塗装業者を探すことが、失敗しない塗装の唯一の方法です。

屋根塗装業者の探し始めと選び方

あなたには屋根塗装をしたい希望月があるはずです。もしなければ屋根塗装をする最適な時期として3月・4月・5月・10月・11月がお勧めです。

この希望月に屋根塗装を行うためには、最低でも1ヶ月前には屋根塗装業者を探し初めなければいけません。

複数の業者を比較して最良な業者を選びたいという方であれば、希望月の2ヶ月前には業者探しを始めるべきです。

屋根塗装業者は全国で数万、あなたが暮らす地域だけでも数十存在し、どの業者が信頼できるかを判断するのには時間がかかります。

そういった場合、インターネット上の業者一括見積もりサービスや、無料相談をご利用いただくことで、時間の短縮も可能です。

サービスごとで、地域密着の業者のみ紹介・安い費用でしてくれるところだけを紹介などの特色があるので、自分の考えにあったサービスを利用してみてください。

相見積もりをした場合の注意点

相見積もりをして、業者を比較したい場合は以下の点に気をつけてください。

  • 見積もり条件は必ず全ての業者で同じにする
  • 金額の安さだけで判断しない
  • 大幅な値引きがある業者へは依頼しない

見積もりの金額算出方法は、業者ごとで違うので、相見積もりをする場合は見積もり条件を同じにしないと意味のない比較になってしまいます。

また、安さだけで比較をしてしまうと手抜き工事・すぐ剥がれる塗装になる可能性が高くなります。安さはそれだけ質を下げていると思ってください。

最後に、大幅な値引きですが、悪質・悪徳な業者がよく使う手で、金額を不当に操作して契約をさせようとしてくる手法なので気をつけてください。

家で暮らすのはあなた自身です。大切な自分の財産を守ってくれて信頼できる業者を探すことが、失敗しない塗装が唯一の方法です。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
屋根塗装の時期・季節の情報を確認できたなら、塗装時期を間違えることはもうありません。
あなたの家(財産)を守っていくために、時期を間違えない塗装を行いましょう。
屋根塗装の時期についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下のご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん屋根塗装をしたいけど、どうしたらいいか…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる屋根の塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根塗装の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「屋根塗装の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ