• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

サイディング外壁にも起きる「チョーキング」に注意!【外壁塗装の4コマシリーズ】

謎の白色表紙謎の白色

あなたのお家がサイディング外壁で作られている場合、種類によってはゴツゴツとした石材調や、カラフルなレンガ調など、オシャレなデザインになっていますよね。

しかし、サイディング外壁は新築からしばらく経つと、表面に白い粉が吹く「チョーキング現象」が起きてしまいます。

お家の外壁が傷んでいるサインなので、サイディング外壁に現れるチョーキング現象について、私と一緒に詳しく確認してもらえると嬉しいです。

4コマ漫画を通じて、サイディング外壁に起きるチョーキング現象の対処法や対策について知ることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

チョーキングとは?

チョーキングは白亜化(はくあか)とも呼ばれ、外壁の表面に白い粉が吹く現象。

お家の外壁に一体何が起きているのかというと、表面に塗装されている塗料が傷み、成分が分離した状態になっているんです。

塗料には様々な成分が含まれていますが、その中には色の素となる「顔料(がんりょう)」もあり、顔料は元々、色の付いた粉になっています。

粉末状の顔料が、ほかの成分と混ぜられることによって、トロトロとした塗料になるのですが、外壁に塗られた塗料が何年も紫外線を浴び続けると、顔料が分離して外壁の表面に出てきてしまうんです。

チョーキングは外壁からのSOS!

「粉が吹いてるだけなら別にいいよね…。」

このように、チョーキング現象をあまり深刻にとらえないかもしれませんが、実は、外壁が傷んできている立派なサイン

チョーキングは、塗料の成分が分離して起きる現象ですが、もともと外壁の塗料は、色を付けるためだけが目的ではなく、外壁を保護する役割も持っています。

そのため、塗料の成分が分離して本来の状態ではなくなると、外壁を守る力が発揮されなくなったり、塗料で出来ている保護膜そのものが、ペリペリと剥がれてきてしまうんです。

もし、あなたのお家の外壁を触ってみて、手に白い粉が付いてきたら、外壁塗装でお家のメンテナンスを行う時期と言えます。

サイディング外壁にもチョーキングは起きる!

現在、お家の外壁に使われている外壁材は、下記の二つがとても多いです。

モルタル外壁昔から一般的に使われている外壁で、泥のような材料をお家に塗り固めて作られる「塗り壁」の一種。表面がボコボコ・ザラザラしており、様々な模様がある。
サイディング外壁パネル状の外壁材を張り付けて作られる外壁で、モルタル外壁よりもあとに登場し、オシャレなデザインが豊富にあって人気。

あなたのお家がサイディング外壁の場合、石造りのような見た目や、まるで木製のようなデザインなど、「このデザインなら粉が吹いたりしないんじゃない?」と思うような見た目かもしれません。

しかし、一般的に使われているサイディング外壁の多くは、お家を建ててから長い年月が経つと、劣化現象としてチョーキングが起きるようになるんです。

4種類のサイディング外壁、すべてチョーキングするの?

サイディング外壁は、素材の違いによって4つの種類に分けることができます。

サイディングの種類特徴
窯業系サイディングセメントが主な成分で、日本のお家に使われているサイディング外壁では一番多いと考えられます。4種類の中でも一番デザインが豊富。
金属系サイディング窯業系サイディングの次に多いと考えられる種類で、軽さがあるため、お家の外壁の上から外壁材を重ね張りするカバー工法によく使われます。
木質系サイディング本物の木材で出来ているサイディング外壁。木の風合いが魅力的ですが、ほかのサイディング外壁よりもメンテナンスが少し大変で、取り扱うメーカーさんも少ないです。
樹脂系サイディング日本では数%しか普及していないと言われているサイディング外壁。塗装の必要がなく、サイディング外壁に使われるコーキング(シーリング)工事も不要ですが、デザインの種類はとても少ないです。

日本で一般的に使われているのは、窯業系サイディングや金属系サイディング。

木質系サイディングや樹脂系サイディングは、上記の2つに比べて少なめです。

この中でもチョーキングは、樹脂系サイディング以外には発生する現象で、とくにデザインが平滑でシンプルな外壁ほど、色あせたようにチョーキングの跡が目立ちやすくなります。

もし、見た目には変化がなくとも、触ってみて手が白くなればメンテナンスの時期が来ているので、お家の外壁塗装を考え始めるのがオススメです。

サイディング外壁のチョーキング対策

お家のサイディング外壁を、あなたが触ってみて、チョーキング現象が起きている場合は、外壁の塗り替え工事を行なう必要があります。

「粉が吹いているなら、洗い流せばいいんじゃない?」

このように考えるかもしれませんが、チョーキングは、サイディング外壁に塗られている塗料の機能が失われている証なので、新しい塗料でサイディング外壁に新しい保護膜を作り、健康な状態にしてあげましょう。

チョーキングに強い「ラジカル制御型塗料」で外壁塗装!

外壁塗装に使われる塗料には、紫外線や雨、コケ・カビなどからお家を守る機能が備わっていますが、「ラジカル制御型塗料」と呼ばれる塗料は、ほかの塗料に比べてとくにチョーキングに強いです。

外壁に塗られた塗料は、固まって「塗膜(とまく)」と呼ばれる薄い保護膜となりますが、紫外線が原因でラジカルという成分が発生し、ラジカルは塗膜にダメージを与えてチョーキングを起こしてしまいます。

ラジカル制御型塗料は、名前の通り、ラジカルの発生を抑えてくれるため、チョーキング現象も防ぐことができるんです。

大手三大塗料メーカーと言われる、日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研でも、ラジカル制御型塗料が人気なので、あなたのお家の外壁塗装を行なう時は、塗料についても塗装業者さんにじっくり相談してみましょう。

三大塗料メーカーのラジカル制御型塗料(一例)

塗料メーカーラジカル制御型塗料の例
日本ペイントパーフェクトトップ
エスケー化研プレミアムシリコン
関西ペイントアレスダイナミックTOP
   

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
サイディング外壁のチョーキングについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の塗装工事に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、塗装工事に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん塗装工事がしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる塗装工事をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

適正な価格や工事内容で塗装工事ができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「塗装工事の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中