• 地元密着の優良店さんの募集

4/27~5/6までは一時受付となります。

01201649170120-164-917

トイレのリフォームどうしよう…。おすすめの業者選びや費用もまとめて確認

トイレのリフォームについて知識をつけておくことで、あなたのお家のトイレリフォームをスムーズに進めることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

あなたが暮らすお家の中でも、トイレは一日に何回も使うことが多いものなので、10年、20年と使い続けていれば、自然と不具合が出てきますよね。

お家のトイレをリフォームする場合、便座のみの交換であれば約15万円以内便器の交換まで考えるのであれば約30~50万円ほどが費用相場ですが、大規模な改修工事をする場合は50万以上になる場合もあります。

毎日使うものだからこそ、トイレのリフォームをすることであなたや家族の暮らしが快適になりますが、同時に慎重に考えなければ、後悔してしまうかもしれません。

お家のトイレリフォームを成功させるためにも、

  • トイレのリフォームの種類
  • トイレのリフォーム業者の選び方
  • トイレのリフォームにかかる費用
  • トイレをリフォームするときの注意点

これらの情報を私と一緒に確認していきましょう。

トイレのリフォームにはどんな種類がある?

お家の中でもトイレは小さなスペースですが、リフォームと一言でいってもさまざまな種類があります。

あなたのお家のトイレに必要な工事がないか確認するためにも、トイレリフォームにはどんな種類があるのか、私と一緒に確認していきましょう。

リフォーム1:トイレタンクや便器の交換

トイレの形の中でも近年増えてきているのが、タンクのないトイレ。

トイレにタンクがなくなる分、トイレ内の圧迫感がなくなりスッキリさせることができたり、壁紙や床、収納棚などと一緒にリフォームすることで、一気にオシャレな見た目に変えることもできます。

ただし、トイレタンクがなくなるということは、トイレ内で手を洗えなくなってしまうので、手洗い場所を設置する工事も一緒に考える必要が出てきます。

リフォーム2:ウォシュレットの設置

ウォッシュレットを取り付けるにはトイレ内にコンセントが必要になるので、あなたのお家のトイレ内にコンセントがない場合は、コンセントの設置工事も行うことになります。

簡単な便器の交換であれば、工事は一日で終わることがほとんどです。

リフォーム3:壁紙や床の張替え

トイレの雰囲気を変えるのに適しているのが、壁紙の張り替えです。

壁紙や床はトイレ内の面積の多くを占めているので、色やデザインを変えたり、新調するだけでもイメージがガラリと変わります。

デザインだけでなく、消臭・防汚・防カビ効果など、機能まで考えて選ぶと、毎日の掃除も楽になり快適に過ごすことができます。

リフォーム4:ドアの交換

トイレのドアが全体的に劣化している場合は、交換工事がオススメ。

ドアのみの交換と、ドア枠を含めた交換で費用も変わってきますが、立て付けが悪くなっているようであれば、ドア枠も一緒に交換しておきましょう。

また、引き戸にしたい場合は一定のスペースがなければいけないので、リフォーム業者さんとよく相談する必要があります。

リフォーム5:手洗い場所の設置

トイレ内に手洗い場所を設置すると、洗面所に手を洗いに行く手間を省くことができ、タンクのないトイレにする場合は特にオススメです。

しかし、トイレ内が狭いと圧迫されてしまうので、あなたのお家のトイレに十分な広さがない場合は、トイレ室自体の拡張工事も考えておきましょう。

トイレリフォーム業者の選び方

お家のトイレをリフォームするのはリフォーム業者さんになるので、業者さんを慎重に選ばなければ、トイレリフォームは失敗に終わってしまうかもしれません。

せっかくお金を掛けて快適なトイレにするのであれば、優良な業者さんを見つけて工事をお願いしたいですよね。

トイレのリフォーム業者さんの選び方を、私と一緒に確認していきましょう。

選び方1:詳しい見積もりを作ってくれる業者

トイレのリフォームを考えるとき、工事内容や工事費用を決める元となる「見積もり」の確認はとても大切。

見積もり内容はそのままリフォームに反映されるので、丁寧な見積書を作ってくれる業者さんは、実際の工事も丁寧なことがほとんどです。

逆に見積書が大まかに書かれている場合は、あまりいい業者ではない可能性があり、見積もりの各項目を「一式」でまとめて表記されていると、一式の中で何が行われているのか不透明になってしまいます。

そのため、トイレのリフォームは、数量や単価などを詳しく書いてくれるリフォーム業者さんにお願いしてほしいです。

選び方2:製品について詳しく知っている業者

トイレ製品は、さまざまな種類のものが開発・販売されていますが、リフォーム業者さんが詳しくなければ、リフォーム業者さんからの提案が限られてしまい、あなたが選ぶことができる種類も自然と制限されてしまいます。

トイレ製品を詳しく知っていることで、あなたの要望にしっかり応えることができるので、あまり知識のないリフォーム業者は追加工事の可能性もあり、オススメではありません。

見積もりの段階で、トイレのリフォームに関する疑問点は業者さんに質問しておき、トイレリフォームに詳しい業者さんであれば、具体的な回答ができるはずです。

尋ねたことに対して親切に答えてくれる会社を選ぶと、トイレリフォームでの失敗を防ぐことができます。

選び方3:地域密着型の業者

あなたがトイレのリフォームをお願いできる業者さんには、以下の2種類があります。

  • 自社で工事をする地域密着型のリフォーム専門会社
  • 下請け業者に工事をしてもらい、利益を受け取る大手ハウスメーカーや工務店など

下請け業者に工事を依頼する大手ハウスメーカーなどの場合、中間マージンという仲介料が発生するので、余計な工事費用を払うことになってしまいます。

工事費用に中間マージンが発生するのを防ぐためには、地域密着で営んでいるリフォーム専門業者さんにお願いするのがオススメ。

あなたがお住まいの地域に密着している業者さんであれば、下請け業者に依頼をせずに、自分たちだけで工事を行うので余計な費用が発生せず、アフターフォローもすぐに駆け付けてくれるので、何かあった時も相談しやすくなります。

トイレのリフォーム価格はいくら?

トイレのリフォームに掛かる工事価格は、便座の交換や手すりの設置程度であれば、約15万円以下、便器交換などの工事であれば、約30~50万円程が相場となっています。

あなたのお家のトイレリフォームをスムーズに考えるためにも、リフォームの種類ごとに費用相場を確認してみましょう。

   
リフォームの種類工事内容価格相場
手すり設置工事約2~3万円
便座交換工事約7,000円~15万円
壁紙・床張り替え工事約3~9万円
ウォッシュレット設置工事約1~10万円
タンク・便器交換工事約12~30万円
トイレ空間・便器トイレ空間の拡張や便器の移動約40~100万円
トイレ様式和式から洋式トイレへの交換約7~60万円
 

どんな製品を使うのか、あなたのお家のトイレ内の構造などによっても、価格は異なってくるので、あなたのお家のトイレリフォームに掛かる費用を知るためには、2、3社の優良なリフォーム業者さんで相見積もりをして、じっくり比較・検討するのがオススメです。

トイレのリフォームで注意することは?

お家のトイレをリフォームには、いくつかの注意点がありますが、注意すべきことを知らずにリフォームをしてしまうと、工事後に後悔してしまうので、私と一緒に注意点を確認してみましょう。

タンクのないトイレや大きな便器にする場合

お家のトイレのリフォームを考える時は、見栄えが悪いタンクを無くしたいと考えるかもしれませんが、タンクのないトイレにするのであれば、手洗い場を設置する必要があります。

タンクは手洗いの役割も兼ねているため、タンクのないタイプに変えると、手を洗う場所がトイレ内になくなってしまうんです。

手洗い場を設置しようにもトイレ内が狭くて難しいということもあるので、あなたがお家のトイレをタンクレスにリフォームしたい場合、手洗い場をどうするかまでしっかりと考えてほしいです。

また、今まで使っていたものよりも大きな便器を取り付けたい場合は、トイレの清掃をするときのことも考えましょう。

便器の横や裏側が狭くなりすぎて、掃除がしにくくなってしまうケースがあり、便器の幅が数センチ大きくなるだけでも状況はだいぶ変わるので、注意が必要です。

壁紙や床材の選び方

トイレは湿気が多く、カビが生えやすい場所でもあり、匂いも気になるところなので、壁紙や床材はデザインだけを重視するのではなく、防湿・消臭効果のあるものにするのがオススメ。

また、耐水性があり、汚れの落としやすい床材にしておくことで、日々のお掃除も楽に済ませることができます。

手すりや収納棚の設置場所

介護リフォームのために手すりを設置したり、収納棚を作ったりする場合は、以下の2つの注意点があります。

トイレ内が狭くなる

設置する手すりや棚によっては、トイレ内が狭くなってしまいます。

トイレは元々狭い空間なので、お家のトイレの広さや、設置したい手すりや棚の幅・大きさなどを確認してほしいです。

設置する高さに注意

トイレ内に手すりや棚を取り付けるときは、高さを確認することが大切。

何となくで設置場所を決めてしまうと、失敗することが多く、実際に便座に座って高さを確認したり、届く高さに棚を設置しなければ、意味がなくなってしまいます。

状況別のトイレリフォーム

お家のトイレリフォームと言っても、あなたがマンションにお住まいの場合は一戸建てのお家とは状況が変わったり、最近ではDIYも充実してきています。

状況別のトイレリフォームについて注意しておきたいことを、一緒に確認しておきましょう。

マンションのトイレリフォーム

あなたがマンションにお住まいの場合は、トイレ内の拡張リフォームは難しいかもしれませんが、壁紙や床材、便器の交換であれば可能な場合が多いです。

しかし、賃貸マンションの場合は、事前に管理会社大家さん相談する必要があるので、勝手にリフォームを進めないようにしましょう。

マンションのトイレは2種類ある?

大規模な工事でなければ、リフォームにかかる費用は一戸建てとあまり差がないことがほとんどですが、マンションの場合は便器の選び方で注意が必要です。

便器の排水方法には、

  • 床からの排水・・・便器の後ろに太いパイプがある
  • 壁からの排水・・・便器の後ろに太いパイプがない(パイプが床下に隠れている)

この2つがありますが、マンションの場合は床排水であることが多いです。

しかし、あなたがお住まいのマンションが床排水方式でありながら、壁排水対応の便器を選んでしまうと、取り付けることができないというトラブルが起きてしまいます。

工事に失敗したり、打ち合わせのやり直しを防ぐためにも、きちんと知識のあるリフォーム業者さんと、しっかり相談をしてからトイレのリフォームを行ってほしいです。

DIYでトイレリフォーム

トイレのリフォームをDIYで行うことはできますが、私からはあまりオススメしません。

DIYで行うと、費用を安く抑えられると考えるかもしれませんが、専門的な技術があまりないままDIYを行ってしまうと、失敗してしまう可能性が高く、結局リフォーム業者さんにお願いすることになりかねません。

トイレ内の壁紙や床材の交換、便器の取り替えなどは、特に専門的な技術が必要になるので、リフォーム業者さんにお願いするようにしましょう。

トイレは水回りの工事にもなり、場合によっては室内が水びたしとなって大惨事になることもあるので、余計な修理費用を掛けないためにも、初めからリフォーム業者さんに工事をお任せするのが確実です。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
トイレのリフォームについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下のリフォームに関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、トイレのリフォームに関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさんトイレのリフォームがしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できるリフォームをお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

適正なトイレのリフォームができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「リフォームの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに最大3社の優良工事店が選べる。